アイダ設計の最新の評判・口コミを編集部が徹底調査!坪単価や価格は?間取りや耐震性はどう?

夢のマイホームを建てるときに、一番悩むのがハウスメーカー選びではないでしょうか?

ハウスメーカーは大手のハウスメーカーがいいと思われる方も、大手のメーカーからどこを選べばいいのか、何を基準に選ぶのがいいのか難しいですよね。

ハウスメーカー選びの基準はいろいろありますが、価格、デザイン、性能、アフターサービスなど、いろいろな項目を見てトータルでバランスが良く、自分たちにあっているハウスメーカーを選ぶのがポイント。

大手のハウスメーカーの一つアイダ設計は、適正価格の注文住宅、こだわりの分譲住宅などお客様の住まいづくりをサポートしているハウスメーカー。

長年の実績があり、多くの人に支持されています。

ここでは、アイダ設計の住まいづくりについて、メリット、デメリット、口コミ、価格、性能、デザインなど詳しく掘り下げていきます。

また、本文に入る前にあなたに一つ質問をさせてください。

「ハウスメーカーを選ぶ際に最も大事なことは何だと思いますか?」

もちろん正解は一つではありませんが、私は「しっかりとハウスメーカーの特徴や違いを理解し、比較・検討した上で絞り込むこと」だと考えています。

住宅業界で働いた経験があるような人以外は、ハウスメーカー毎にどういった違いがあるのか理解している人は少ないはずです。

それぞれの会社の坪単価やデザイン性の違い、耐震性や気密性・断熱性、購入後のアフターフォローに間取りの自由度、木造なのか鉄骨造なのかなど違いは多岐に渡ります。

事前にしっかりと情報収集を行わずに、いきなり住宅展示場等に足を運び、フィーリングで依頼するハウスメーカーを決めてしまう。

このような人は、「もっと自分の条件にあったハウスメーカーがあった・・・」と後から気づき、一生後悔するような羽目になります。

マイホームは人生でもっとも大きな買い物です。面倒だからといって事前の下調べや比較・検討を怠ることは絶対にやってはいけません。

ネットでの情報はもちろんのこと、より一次情報に近い信頼性の高い情報に多く触れるようにすることで、ハウスメーカーを選ぶ目が養われていきます。

またハウスメーカーの多くは、無料でカタログや資料請求ができるので、少しでも気になった業者からは積極的に資料を取り寄せるようにしましょう。

(カタログや資料の中には、Webサイトには掲載されていないより具体的で有益な情報が掲載されています。)

最初のころはどのハウスメーカーもそれぞれよく見えるのですが、情報を仕入れていくにつれ、それぞれの違いや自分にとっての良い・悪いが分かるようになるので。

ただし、何社ものハウスメーカーにいちいち資料請求をするのは、面倒ですし手間がかかるもの。

最近ハウスメーカーを選ぶ人の中で主流になっているサービスが、東証一部上場の「LIFULL HOME’S」が提供している「無料カタログ一括請求サービス」です。

0からハウスメーカーを絞り込まなくても、予算やローコスト住宅などのテーマ、建築予定のエリアを選ぶだけで、条件にあったハウスメーカーがピックアップされます。

利用料はもちろん無料ですし、資料請求をしたからといって、迷惑でしつこい営業に悩まされる心配もありません。

少しでも気になったハウスメーカーがあればひとまず資料を請求してみることで、最初は考えてもいなかったハウスメーカーの中に、自分の条件とぴったりマッチした出会いがあることも多いです。

大手や地場の工務店などの先入観を取り払い、フラットな目線でいろいろな情報を取り入れてみてください。

しっかりと比較・検討を重ねた上で依頼したハウスメーカーであれば、間違いなく依頼後も納得がいくはずです。

スマホやPCから3分もあれば依頼ができるので、ほんの少しの手間を惜しんで、一生後悔するようなことの無いようにしてくださいね。

LIFULL HOME’Sの公式サイトはこちら⇒

それではここから、本文に入っていきましょう。

アイダ設計で実際に購入した人のリアルな評判・口コミ・感想集めました

アイダ設計の最新の情報を知るためには、公式ページの情報も大切ですが、口コミや感想を見るのも参考になります。

アイダ設計で実際に住まいづくりをした人の、良い口コミ、悪い口コミを紹介します。

アイダ設計の良い評判・口コミ・感想

たくさんのハウスメーカーに相談しましたが、アイダ設計の担当者の熱意は、他のハウスメーカーと比べてもダントツでした。アイダ設計に決めたのは担当の方が私たちの要望をしっかり聞いてくれて、熱心に住まいづくりにかかわってくれたことにあります。わかりにくい構造や性能の説明も、素人にもわかりやすく説明してくれましたし、設備の説明も丁寧で良かったです。狭小土地だったこともあり、収納、間取り、動線など考えるのが大変だったと思いますが、すごく考えてやってくれて感謝しています。

やはり価格の安さが決め手となり、アイダ設計にお願いすることにしました。他のハウスメーカーの場合、予算を提示するとその価格で注文住宅は無理と言われたのですが、アイダ設計さんでは予算内で注文住宅が可能と言ってくれました。だからと言って仕様や設備、性能のクオリティを下げるのではなく、納得のいく内容で予算内に収まったのは凄いと思います。間取りや収納などのアイデアが素晴らしくて、予算内に収まる自社努力を行っている会社ですね。アイダ設計さんのおかげで、満足がいく注文住宅を建てることができました。

よく読まれてるおすすめ記事
ハウスメーカーランキング2021〜住宅メーカーの坪単価や評判と宅建士が教える選び方

外装はオーソドックスなものにして、内装、デザインにこだわった私たちだけのマイホームを作ることができました。床材、壁材、間取り、収納、窓や扉までこだわり、玄関やトイレを広めに作るという私たちだけの間取りも実現してもらい大満足。理想の住まいにするためには、やっぱりイメージをしっかりと伝えることが大事ですね。アイダ設計さんの場合は、ヒアリングの時間をしっかりとってもらったおかげで、思いを具体的に伝えることができましたし、説明も丁寧でわかりやすくてよかったです。こだわりの住まいを予算内で建てられるなんて、驚きです。

土地が狭くて変形土地なので、思い通りの住まいを建てるのはちょっと難しいかなと半分あきらめていましたが、アイダ設計さんでは、狭小土地、変形土地の実績が多いので安心して頼むことができました。夫婦二人暮らしなので部屋数はいらない、開放的な間取りにして欲しいとお願いして、窓を大きくとり、天井を高くとることで、リビングがすごく開放的で気に入っています。断熱性能も高いので、エアコン一台で家全体が温まることがいいですね。工事の期間も予定通りに住みましたし、余計な予算をかけることなくスムーズに進んだのも感謝しています。工事現場には何度か足を運びましたが、丁寧に説明してくれて、現場の方も気持ちのいい方ばかりでした。

耐震性にこだわった住まいを建てたくて、アイダ設計にお願いしました。耐震性の高い構造だけではなく、制震ダンバーを搭載できるので、地震にも余震にも強い住まいが完成します。今までは大きな地震だけではなく、トラックが前を通っただけで家が揺れて不安になっていましたが、新しい家ではびくともしない強さを感じ安心して暮らしています。打合せもとても楽しく、いろいろなアイデアを出していただきましたし、素晴らしい間取りを作ってくれて感謝しています。

アイダ設計の悪い評判・口コミ・感想

設計も施工もスムーズに行って、私たちの要望通りのマイホームができて満足ですが、引渡の時に説明があると思っていた保証、アフターサービスについての説明がありませんでした。不具合があった時の連絡先だけ渡されましたが、その後の定期点検もいつあるかわからないですし、どんな保証があるのかしっかり確認することができませんでした。

営業担当は、人によって大きく違いがあると感じました。友達の紹介でアイダ設計にしたのですが、友舘の担当の営業の方は連絡もまめで不安がなく進めてくれたといっていましたが、私たちの営業担当は連絡がなかなかなくて、不安になることが多かったです。行き違いや連絡忘れも多く、その時の言い訳も多かったので本当に担当者を変えてほしいと思ったほどでした。

ローコストで予算内に建てることができると思ってお願いしましたが、オプションをミスるとかなり高額になってびっくりしました。仕様通りに作る分にはいいと思いますが、私たちのように、こだわるところをグレードアップすると、思った以上に高額になる可能性があるので注意。オプションを付けるときは必ず価格を確認しましょう。

資料をまとめて請求する⇒

アイダ設計に依頼するメリットとデメリットを徹底調査

アイダ設計が他のハウスメーカーとどう違うのか、メリットデメリットを調査しました。

アイダ設計に依頼するメリット

アイダ設計に依頼するメリット、他のハウスメーカーに比べて優れている点を紹介します。

ローコスト住宅が可能

坪単価が幅広く、ローコスト住宅にも対応しているアイダ設計。

家賃並みのローンで、注文住宅が可能なお手頃価格な住まいを提案しています。

ローコストでも性能や設備が充実していて、「暮らしやすさ」を最優先にした厳選プランを多数用意。

こだわりたいところはオプションでグレードアップ可能なところも嬉しいですね。

狭小土地・変形土地にも対応

アイダ設計は狭小土地の設計の実績も多く、設計力があるハウスメーカー。

他のメーカーには断られた、割り増し価格を撮られるという狭小土地、変形土地の設計も通常料金で効率的な間取りを設計します。

ビルトインガレージ、都市型3階建ての住まいなども多く取り扱ってきた実績があるので安心。

狭小土地、変形土地で悩んでいる方はぜひ相談してください。

アイダ設計に依頼するデメリット

メリットが多くあるアイダ設計ですが、逆にデメリットはあるのでしょうか?

アイダ設計に依頼するデメリットを拾ってみました。

安いイメージがついている

アイダ設計というとどうしてもローコスト住宅のイメージがついているので、他の人に話すときに躊躇してしまう方もいるようです。

ローコストで性能が良い住まいづくりをしていますが、高級ハウスメーカーのブランド力はないですよね。

その点でハウスメーカーを答えづらいというデメリットがあるようです。

オプションの価格は結構高い

仕様や設備が充実しているので、そのままでも十分満足ですが、こだわりたいところはオプションを付けることで対応しているアイダ設計の注文住宅。

オプションを付けることで追加料金が発生しますが、それなりに高い価格なので注意。

何でもオプションを付けるのではなく、必ず価格を確認してこだわりたいところだけオプションをつけましょう。

資料をまとめて請求する⇒

アイダ設計を検討中の方へおすすめしたい特徴・こだわり

アイダ設計を検討中の方は、まず性能や工法を知ることが大切。

項目ごとに性能を調べてまとめましたので、参考にしてください。

デザイン性・外観

デザインや外観は商品によって変わります。

高いグレードのハイベストは威風堂々として存在感のある外観、ハイグレードでデザイン性が優れた内装の商品で、人気。

キッチン、バスルーム、洗面台などの毎日使う水回りのデザイン、使いやすさにもこだわった住まいです。

他の商品も飽きがこなくて、長年愛着がわくデザインが多数。

お客様の要望にも応える仕様です。

工法

木造軸組工法

耐震性

アイダ設計の住まいは、震度7クラスの耐震実験をクリアしている、耐震性の高さを証明した住まいです。

机上の計算だけではない、実験の結果なので信頼できます。

商品の使用によっても多少の違いがあるので注意。

また、耐震性能だけではなく、制振ダンパーを搭載することによって、地震の揺れを抑えます。

制振ダンパーは「SSダンパー」を採用して、揺れを軽減するだけではなく、メンテナンスフリーなので、半永久的な効果が持続できます。

断熱性

アイダ設計の断熱性の使用は商品によっても変わりますが、最高級使用のブラーボ アイベストを参考例に紹介します。

高い断熱性と気密性を誇るウレタン吹付断熱を採用し、高い断熱性を維持。

施工方法は発砲させる断熱材なので隙間がなく施工することができて、家をすっぽりと包みます。

また、基礎内にもウレタン吹付断熱施工を行いますので、足元まで快適な断熱性能です。

気密性

アイダ設計の断熱材、ウレタン吹付断熱は気密性が高い面でもメリットがあります。

隙間なく吹き付けることで、気密性をアップ。

エアコンも効果的に早くきき、外気を入れずに快適な部屋内の空気を維持します。

防火・耐火性

アイダ設計では省令準耐火構造の燃えにくい家を作っています。

不燃材や防火サイディングを採用し、準耐火構造の基準にあった住まいを施工。

住宅に用いられる木材は木といっても硬くて太い木材なので、通常の木のイメージとは違い、火災によってすぐに燃え広がることがなく表面だけを焼いて強度が落ちずに崩れることがありません。

アイダ設計の人気商品アイベストでは、準不燃耐力面材ダイライトを使用。

耐火性にも優れた高強度の構造用面材なので、耐火性と耐震性を備えています。

間取り

間取りはお客様の要望、希望を反映するべく設計部門スタッフが、ヒアリングをとことん行います。

アイダ設計では、狭小地の設計が得意で、都会の狭い土地でも有効な範囲で広い間取りを設計します。

昔から狭小土地の設計の実績がありますので、設計料をあげることなく、希望の間取りを設計しています。

また、バリアフリーがローコスト住宅でも標準仕様というのが嬉しいですね。

資料をまとめて請求する⇒

アイダ設計で新築を建てたらいくらくらいになる?価格は?

新築の価格、また値引価格、同価格のハウスメーカーをまとめました。

アイダ設計の坪単価は?

32万円~65万円

アイダ設計で値引きするならいくら?

アイダ設計では、ローコスト住宅を取り扱っていますので、ほぼ値引きの期待はできないと考えていいでしょう。

もともと安い価格で設定されていて、オプションでグレードアップすることも可能な商品。

これ以上は下げられないというのが本音でしょう。

自由設計で1,000万円台の価格というのはかなり安いといえます。

アイダ設計と同価格帯のハウスメーカーはどこ?

アイダ設計はローコスト住宅から、ハイグレード住宅まで幅広く設計施工しているハウスメーカーですが、同じ価格帯のハウスメーカーはどこでしょうか?

同価格帯のハウスメーカーと特徴を紹介します。

タマホーム

ローコストのハウスメーカーと言えば、タマホームを思い出す人が多いのではないでしょうか。

タマホームの場合、価格が安くて標準仕様が充実しているという特徴があり、1,000万円以下の注文住宅が可能という特徴があります。

安くていいものを建てたいというお客様に人気。

アイフルホーム

アイフルホームもローコスト住宅という特徴が印象的なハウスメーカー。

耐震性の高い住まいづくり、メーターモジュールの採用などの特徴があります。

資料をまとめて請求する⇒

アイダ設計のおすすめプラン・ラインナップを紹介

アイダ設計では人気の商品プランがいくつかあり、ライフスタイル、価格、装備や設備によって選びます。

人気でおすすめのラインナップを紹介します。

ブラーボスタンダード

アイダ設計の商品の中で一番ローコストな「ブラーボスタンダート」

シンプルで必要なものだけの設計を、自分の好みに変えていく商品です。

コストをかなり抑えることが可能で、スタンダードを選んだ方の8割以上が1,000万円台で注文住宅を建てています。

規格型住宅ですが、自由な設計を取り入れてカラーやデザインなどセレクトできる幅が豊富。

施工は、ベタ基礎、剛床工法など耐震性が高く頑強な構造で、安心。

機能性が良い設備も魅力的です。

アイベスト

アイダ設計の商品の中で最高クラスの商品がこの「アイベスト」

ハイグレードな設備、住みやすい環境、強い構造など最上級なものをセレクトした住まいです。

構造躯体に使用する柱はオール4寸柱で頑強な構造を作り、天井高は2.7mと余裕のある空間。

断熱性、気密性、耐震性、遮音性など性能の高さも、暮らしやすくて安全な住まいを支えます。

震度7の耐震実験にも耐えた優れた耐震性が特徴的。

ブラーボゼネクト

安心おアイダ設計のZEH住宅です。

次世代に向けた住まいを提案し、断熱性の高さ、省エネルギー化を可能にした住まい。

ヒートショックや熱中症などのリスクの軽減、耐震性のたかさ、住まいの暮らしやすさを共存させました。

家族の健康を守り安全に快適に住むことができる、そして光熱費を抑えることも可能にしたこれからの住まいです。

平屋プラン 楽らくご長寿さん

アイダ設計では、シニア向けの平屋プランを提案しています。

高齢者の目線に合わせて、住みやすく安全に配慮したプランで、細かいところまで気遣いが行き届いているので、安心して住むことができます。

玄関の引き戸、電動シャッター、システムバス、サポートチェアなど、安心して使うことができる設計は、高齢者に優しい住まいですね。

資料をまとめて請求する⇒

アイダ設計の保証・アフターサービスが充実!

注文住宅の建物保証を35年と長期保証を付けていますので安心。

35年保証は点検を、メンテナンス工事を行う条件があります。

長期保証を実現するために、スタッフによる定期点検、定期メンテナンスを実施しています。

土地の仕入れから、建築までを自社で一括管理しているアイダ設計だから可能ですね。

アイダ設計は建て替え・リフォームも行っている?

2013年にはリフォーム課を立ち上げてリフォーム事業も行っている、アイダ設計。

リフォームに関しては、各営業所によって実施していない場合もありますので、確認してください。

アイダ設計は期間限定のキャンペーンを実施中!

2021年1月4日~1月11日まで、注文住宅相談会、現地販売会を実施しています。

キャラクターショーなども行っていますので、家族そろってお越しください。

資料をまとめて請求する⇒

まとめ

アイダ設計の住まいづくりの特徴、メリットデメリット、デザイン、性能、価格など詳しく紹介しました。

ローコストで、性能が高い、お手軽な価格で購入できる注文住宅を実現してくれるアイダ設計。

ローコストの住まいは仕様が充実していて、性能が高く、こだわりたいところはオプションを付けることでグレードアップすることができますので、自分たちの理想の住まいを作ることができます。

ローコスト商品だけではなく、ハイグレードな商品、ZEH対応商品、平屋など様々な住まいをお客様のニーズに合わせて幅広くそろえているのが特徴的。

ライフスタイルに合わせた住まいづくりが実現できます。

今月の人気記事
ハウスメーカーランキング2021〜住宅メーカーの坪単価や評判と宅建士が教える選び方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\ 住宅メーカー選びで失敗しないために! /