JPホームの最新の評判・口コミを編集部が徹底調査!坪単価や価格は?間取りや耐震性はどう?

長寿命な住まいとして知られる鉄筋コンクリート住宅を手がけるJPホームは、高松建設の住宅ブランド。

一棟一棟がカスタマイズされていて、自分だけのオンリーワン住宅が実現できます。

この記事では、現在ハウスメーカー探しをしている人の参考になるよう、JPホームの住まいの特長や評判について詳しくお話していきます。

また、本文に入る前にあなたに一つ質問をさせてください。

「ハウスメーカーを選ぶ際に最も大事なことは何だと思いますか?」

もちろん正解は一つではありませんが、私は「しっかりとハウスメーカーの特徴や違いを理解し、比較・検討した上で絞り込むこと」だと考えています。

住宅業界で働いた経験があるような人以外は、ハウスメーカー毎にどういった違いがあるのか理解している人は少ないはずです。

それぞれの会社の坪単価やデザイン性の違い、耐震性や気密性・断熱性、購入後のアフターフォローに間取りの自由度、木造なのか鉄骨造なのかなど違いは多岐に渡ります。

事前にしっかりと情報収集を行わずに、いきなり住宅展示場等に足を運び、フィーリングで依頼するハウスメーカーを決めてしまう。

このような人は、「もっと自分の条件にあったハウスメーカーがあった・・・」と後から気づき、一生後悔するような羽目になります。

マイホームは人生でもっとも大きな買い物です。面倒だからといって事前の下調べや比較・検討を怠ることは絶対にやってはいけません。

ネットでの情報はもちろんのこと、より一次情報に近い信頼性の高い情報に多く触れるようにすることで、ハウスメーカーを選ぶ目が養われていきます。

またハウスメーカーの多くは、無料でカタログや資料請求ができるので、少しでも気になった業者からは積極的に資料を取り寄せるようにしましょう。

(カタログや資料の中には、Webサイトには掲載されていないより具体的で有益な情報が掲載されています。)

最初のころはどのハウスメーカーもそれぞれよく見えるのですが、情報を仕入れていくにつれ、それぞれの違いや自分にとっての良い・悪いが分かるようになるので。

ただし、何社ものハウスメーカーにいちいち資料請求をするのは、面倒ですし手間がかかるもの。

最近ハウスメーカーを選ぶ人の中で主流になっているサービスが、無料カタログ一括請求サービス」です。

 

0からハウスメーカーを絞り込まなくても、予算やローコスト住宅などのテーマ、建築予定のエリアを選ぶだけで、条件にあったハウスメーカーがピックアップされます。

利用料はもちろん無料ですし、資料請求をしたからといって、迷惑でしつこい営業に悩まされる心配もありません。

少しでも気になったハウスメーカーがあればひとまず資料を請求してみることで、最初は考えてもいなかったハウスメーカーの中に、自分の条件とぴったりマッチした出会いがあることも多いです。

大手や地場の工務店などの先入観を取り払い、フラットな目線でいろいろな情報を取り入れてみてください。

しっかりと比較・検討を重ねた上で依頼したハウスメーカーであれば、間違いなく依頼後も納得がいくはずです。

スマホやPCから3分もあれば依頼ができるので、ほんの少しの手間を惜しんで、一生後悔するようなことの無いようにしてくださいね。

 

それではここから、本文に入っていきましょう。

JPホームで実際に購入した人のリアルな評判・口コミ・感想集めました

口コミや評判は、ハウスメーカーを選ぶ際にとても参考になります。

そこでJPホームで実際に家を建てた人がどんな評価をしているのか、調べました。

JPホームの良い評判・口コミ・感想

住み始めて5年になるが、特に不満なく過ごしている。鉄筋の良さは、子供が2階や3階で暴れても丈夫なこと。鈍く音が響くがさほど不快ではない。

自分達の意見をきちんと反映してくれて、細かな部分も妥協することなく家づくりを進められて嬉しかった。外からはプライバシーが守られていて、部屋の中は開放的。鉄筋コンクリート構造の安心感と期待通りの仕上がりでとても満足している。

よく読まれてるおすすめ記事
ハウスメーカーランキング2021〜住宅メーカーの坪単価や評判と宅建士が教える選び方

現在建築中。いろいろあったが希望通りの家ができた。週に何度も現場に足を運び、日々の変化を楽しんでいる。自分は一般の人よりも建設や内装に少し詳しいが、最大限の面積が設計できた。JPホームに感謝している。

昨年完成。営業担当さんも現場監督さんも、とても素晴らしく信用できたので、第三者監理を利用せずに任せた。現場にはあまり行かなかったが、何も言わなくても工事中の写真をたくさん撮影し、後で渡してくれた。レポートも2週間おきに頂け、何かで連絡をすればすぐに返事があったので不安要素はなかった。エクステリアもJPホームさんにお願いし、満足している。

現場打ちRC造の割にリーズナブル。コンクリートパネル造なので遮音性も良く、真夜中にガレージ内で車のエンジンをかけても気にならない。仕上がりもスムーズで、曲面なども自由にデザインできた。外観デザインが凝ったものでも特殊形状の土地でも、こだわりが詰まった快適な住まいが建てられる。

JPホームの悪い評判・口コミ・感想

家が完成したら、定期点検も契約通りに実施してもらえない。いい加減で約束を守ってくれない。入居時に不具合があった箇所についても、何度も連絡をしているが、いまだにそのままにされている。納期も遅れ、残念だが信頼できる会社ではない。

現場監督はほとんど現場に来ることがなかった。現場は職人任せになっていて、墨だしも行ってもらえず、鉄筋工方がメジャーで測定して主筋をいれていた。

JPホームに依頼するメリットとデメリットを徹底調査

理想のマイホーム建築を実現させるためには、事前にハウスメーカーのメリット・デメリットを知っておくことが大切です。

JPホームで家を建てるとどんなメリットやデメリットがあるのか、順にお話ししていきましょう。

JPホームに依頼するメリット

JPホームのメリットとなるポイントは、たくさんあります。

その中から2つだけリストアップしました。

おしゃれな鉄筋コンクリート住宅が建てられる

JPホームの一番の魅力は、鉄筋コンクリート住宅が専門という点。

耐震性や耐久性が高いのももちろんですが、コンクリートの素材感はとにかくおしゃれ。

さらにはコンクリート住宅というと四角いフォルムのありきたりな外観を想像しがちですが、JPホームの住まいは、曲線美を生かした個性的なフォルムも実現可能。

頑丈でおしゃれな鉄筋コンクリート住宅を求めている人に最適です。

静かでストレスフリーな生活ができる

普段の生活の中には、テレビの音や音楽、楽器演奏の音、話し声などの生活音が存在し、それらが隣人とのトラブルを引き起こすこともあります。

JPホームの鉄筋コンクリート住宅は、抜群の遮音性を誇り、外の騒音が聞こえてくることがないばかりか、室内の音が外に漏れることもありません。

もちろん、子供が2階で元気に走り回っても、下の階はとても静か。

プライバシーも守られ、静かでストレスのない生活が実現できる住宅です。

JPホームに依頼するデメリット

人それぞれ感じ方が違うため、デメリットと取れるポイントにも違いがあります。

ここでは比較的不便と思える点を1つだけあげました。

ある程度の予算が必要

最近はローコスト住宅を手がけるハウスメーカーも多く、1,000万円かからずにマイホーム建築が実現できるようにもなりました。

ローコスト住宅がツーバイフォー工法やパネル工法などを採用しているのに対し、JPホームでは手間も時間もかかる鉄筋コンクリートの壁式工法を採用しています。

そのため、どうしても価格は高めになってしまい、ある程度の予算が必要です。

JPホームを検討中の方へおすすめしたい特徴・こだわり

高級感のある佇まいが特徴的なJPホームの住まいには、さまざまな魅力があります。

項目ごとに詳しく見ていきましょう。

デザイン性・外観

JPホームの住まいは、完全自由設計。

それぞれのライフスタイルや好み、こだわりを詰め込んだオンリーワン住宅を、高いデザイン力のある鉄筋コンクリート住宅専門の建築士が設計します。

キューブ状や曲線的・直線的なフォルムなど住宅形状もさまざまで、和風、ヨーロピアン、モダンなど、スタイルも自由。

外壁はコンクリート仕上げからタイル貼り、天然石仕上げなど、スタイルに合わせたおしゃれなエクステリアで仕上げます。

工法

・RC造

鉄筋の枠にコンクリートを流し込んだ、強度に優れた鉄筋コンクリート構造。

耐久年数は約130年と言われ、地震や台風などの自然災害が起きても倒壊する心配がありません。

・壁式工法

鉄筋コンクリート構造に使われる工法で、パネル状の床と壁で作られる構造。

基礎と一体化させるため、非常に高い耐震性能が期待できます。

柱や梁を必要としないので、室内空間もすっきりするのが特徴。

・高松フラットベース(TFB)工法

耐震性が高いことで多く採用されるのがベタ基礎ですが、JPホームではさらに優れたオリジナル工法である「TFB工法」を採用しています。

鉄筋コンクリート構造のため、通常必要となる床組が不要で、床下の湿気対策も必要なくコスト削減や工期短縮が可能です。

また基礎・土台・壁の全てが一体化され、つなぎ目のない気密性能の高い家が実現できます。

耐震性

住宅の寿命が30年と言われているのに対し、JPホームのRC造住宅は約130年という驚異的な長寿命。

通常だと基礎の上に土台を組むため、どうしてもつなぎ目ができてしまいますが、JPホームではオリジナルの工法で基礎と建物本体が一体化した、つなぎ目のない建物を施工しています。

また、床・壁・天井が鉄筋コンクリートで一体化している構造は、地震の負荷にも変形する心配がありません。

JPホームの住まいは、さまざまな工夫でより高い耐震性を実現させた、安心・安全住宅です。

断熱性

JPホームの鉄筋コンクリート住宅は、一年を通して安定した室内環境が維持できる作りになっています。

建物の内側に断熱材を吹き付ける「内断熱」を採用していて、断熱性能に優れているだけではなく、冬場でも結露が発生しにくく、建物の劣化も防ぎます。

また、コンクリートが持つ優れた蓄熱性をいかし、外気との温度変化を小さくすることで、冷暖房だけに頼らずとも快適な室温を保つことが可能です。

気密性

基礎はもちろん、壁や天井、床の全てが一体化した隙間のない構造は、気密性にも優れています。

JPホームでは24時間換気システムも導入し、気密空間の空気を常に換気してきれいな空気を維持。

空気の流動が室内で起きにくいため、家のどこにいても温度差を感じにくいのが魅力です。

防火・耐火性

高い耐火構造も鉄筋コンクリート住宅の特長の一つです。

鉄筋コンクリートは炎にさらされても体に悪影響を及ぼす有毒ガスが出ることもなく、2時間経っても住宅構造の強度がなくなり崩壊することもありません。

木材は260度で発火し、鉄骨は540度で変形するのに対し、鉄筋コンクリートは1000度になっても安心の高耐火。

予測できない火事が起きても、被害を最小限に抑えて財産と家族を守ります。

間取り

JPホームの住まいは、それぞれがオリジナルティにあふれ、スタイリッシュ。

生活動線や機能性が考慮された間取りで、家事や子育ても楽になります。

中庭や屋上、ビルトインガレージなどのある住宅はもちろん、店舗や事務所などの事業用空間を兼ねた「併用住宅」も対応可能で、ライフスタイルに合った、暮らしを満喫できるベストな間取りを提案します。

JPホームで新築を建てたらいくらくらいになる?価格は?

高性能でお洒落な住まいが理想ですが、一番気になるのは価格。

JPホームで新築を建てる場合、どれぐらいの予算が必要になるのでしょうか。

JPホームの坪単価は?

完全自由設計のため、坪単価は決まっていませんが、だいたい60~80万円を目安に考えると良いでしょう。

最近は坪単価が30万円台で建てられるローコスト住宅も数多く、そういったハウスメーカーと比べるとJPホームは決して安くはありません。

しかしJPホームが手がけているのは鉄筋コンクリート住宅。

木造住宅と比べると手間やコストがかかりますが、シロアリ被害も起きにくく、何より長寿命という利点があります。

多少初期費用としてはかかりますが、実際に住み始めてからかかる維持費や修繕費などの「ライフサイクルコスト」を考えれば、木造住宅よりお得です。

JPホームで値引きするならいくら?

少しでも費用を抑えてマイホーム建築を進めたいと思う人は多いでしょう。

そこでJPホームで値引きを行っているか調べましたが、ホームページや関連サイトには値引きに関する情報が見つかりませんでした。

「値引きがある」とも「値引きがない」とも記載されていないので、どちらとも言えませんが、気になる人は直接JPホームにたずねることをおすすめします。

JPホームと同価格帯のハウスメーカーはどこ?

・メープルホームズ

東京に本社を置き、輸入住宅を手がけているハウスメーカー。

パリスタイル・ニューヨークスタイル・フレンチスタイル・赤毛のアンの家など、どれも映画に出てくるようなスタイリッシュな外観が魅力で、住宅性能も抜群。

こだわりの自然素材も心地よく、理想のマイホームが実現できます。

・リンダルシーダーホームズ

アメリカの輸入住宅メーカーで、森林保護も積極的に行っています。

手がける住まいには耐久性・保湿性に優れシロアリ被害にも強い「ウェスタンレッドシーダー」というヒノキ科の木材を使用。

森林浴と同じようにリラックス効果も期待できます。

コンテンポラリー、トラディショナル、サミットなど、コテージ風の佇まいにオリジナルティあふれる魅力がたっぷりつまった住まいです。

JPホームのおすすめプラン・ラインナップを紹介

JPホームは自由設計のRC住宅を手がけていますが、事業用スペースのある住宅や医院併用の住宅なども対応可能です。

1: RC戸建住宅

完全オーダーメイドの鉄筋コンクリート住宅で、地震や火事などの災害にも強く、安心して暮らせる住宅が実現できます。

コンクリートの素材をいかしたお洒落なデザインは、他にはないオリジナルティに溢れ、和風、洋風、モダンと、スタイルもさまざまです。

2: 医院・歯科医院建築

医院や歯科クリニックとして患者を迎えるにふさわしく、機能性と高いデザイン力のある建物を手がけています。

外観はおしゃれで個性的でも、どこか安心感も持てるようなデザインで、高性能・高品質。

ランドマークのような存在として愛される、医院併用住宅です。

3: RC併用住宅

フラワーショップや美容院など、自宅の一角を事業用スペースに活用できるのがRC併用住宅。

JPホームでは壁式一体構造を採用し、住宅スペースよりもより高い強度が求められる事業用スペースにも対応しています。

頑丈で安全な上にスタイリッシュな併用住宅は、住む人はもちろん、訪れる人も安心できる建物です。

平屋プラン

プランとしてはありませんが、自由設計のため平屋住宅にももちろん対応しています。

ワンフロアの空間を生活動線やこだわりを考慮して最適なレイアウトを提案してくれるのはもちろん、とにかくお洒落な平屋住宅ができること間違いなしです。

JPホームの保証・アフターサービスが充実!

JPホームの保証やアフターサービスについて調べてみたところ、ホームページには具体的な内容が記載されていませんでした。

しかしJPホームのスタッフブログや住宅関連サイトなどでアフターサービスについて記載されているものがありました。

定期点検は引き渡しから3ヶ月・9ヶ月・1年・2年と実施され、50年保証もあるようです。

また点検内容はかなり細かく、屋上の防水層チェック、サッシや建具、室内設備、外部設備、配管など、現場を担当した工事課長立ち合いのもとで行われます。

その他の保証やアフターサービスについては、直接担当者にたずねましょう。

JPホームは建て替え・リフォームも行っている?

ホームページを調べたところ、建て替えやリフォームについての記載は見当たりませんでした。

しかしRC戸建住宅ブランド「JPホーム」を立ち上げている高松建設では、高松コンストラクショングループである「高松テクノサービス」がリフォーム工事に対応しています。

RC造のため構造体の建て替えが必要になるほど老朽化することはありませんが、インテリアや住宅設備の交換、塗装、タイルの修復など、さまざまなリフォームに対応可能です。

まとめ

鉄筋コンクリート住宅専門の建築士が手がけるJPホームの住まいは、高性能な上にスタイリッシュ。

その個性あふれるデザインは一棟一棟にカスタマイズされ、ライフスタイルに合わせた間取りで暮らしやすい空間に仕上げます。

住宅建築を検討中の人は、ぜひ一度JPホームの展示場に足を運んでみてください。

今月の人気記事
ハウスメーカーランキング2021〜住宅メーカーの坪単価や評判と宅建士が教える選び方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です