ウェルダンの最新の評判・口コミを編集部が徹底調査!坪単価や価格は?間取りや耐震性はどう?

ウェルダンは「真冬に裸足半袖で暮らせる家」のコンセプトで、高断熱・高気密のハイグレード住宅を手がけるハウスメーカー。

完全自由設計のため、一棟一棟丁寧に要望を聞き、理想を形にします。

この記事では、ウェルダンの家を良く知ってもらうために、住まいの特長や価格、アフターサポートなどを分かりやすくまとめました。

口コミについても触れていきますので、ぜひ参考にしてください。

また、本文に入る前にあなたに一つ質問をさせてください。

「ハウスメーカーを選ぶ際に最も大事なことは何だと思いますか?」

もちろん正解は一つではありませんが、私は「しっかりとハウスメーカーの特徴や違いを理解し、比較・検討した上で絞り込むこと」だと考えています。

住宅業界で働いた経験があるような人以外は、ハウスメーカー毎にどういった違いがあるのか理解している人は少ないはずです。

それぞれの会社の坪単価やデザイン性の違い、耐震性や気密性・断熱性、購入後のアフターフォローに間取りの自由度、木造なのか鉄骨造なのかなど違いは多岐に渡ります。

事前にしっかりと情報収集を行わずに、いきなり住宅展示場等に足を運び、フィーリングで依頼するハウスメーカーを決めてしまう。

このような人は、「もっと自分の条件にあったハウスメーカーがあった・・・」と後から気づき、一生後悔するような羽目になります。

マイホームは人生でもっとも大きな買い物です。面倒だからといって事前の下調べや比較・検討を怠ることは絶対にやってはいけません。

ネットでの情報はもちろんのこと、より一次情報に近い信頼性の高い情報に多く触れるようにすることで、ハウスメーカーを選ぶ目が養われていきます。

またハウスメーカーの多くは、無料でカタログや資料請求ができるので、少しでも気になった業者からは積極的に資料を取り寄せるようにしましょう。

(カタログや資料の中には、Webサイトには掲載されていないより具体的で有益な情報が掲載されています。)

最初のころはどのハウスメーカーもそれぞれよく見えるのですが、情報を仕入れていくにつれ、それぞれの違いや自分にとっての良い・悪いが分かるようになるので。

ただし、何社ものハウスメーカーにいちいち資料請求をするのは、面倒ですし手間がかかるもの。

最近ハウスメーカーを選ぶ人の中で主流になっているサービスが、東証一部上場の「LIFULL HOME’S」が提供している「無料カタログ一括請求サービス」です。

0からハウスメーカーを絞り込まなくても、予算やローコスト住宅などのテーマ、建築予定のエリアを選ぶだけで、条件にあったハウスメーカーがピックアップされます。

利用料はもちろん無料ですし、資料請求をしたからといって、迷惑でしつこい営業に悩まされる心配もありません。

少しでも気になったハウスメーカーがあればひとまず資料を請求してみることで、最初は考えてもいなかったハウスメーカーの中に、自分の条件とぴったりマッチした出会いがあることも多いです。

大手や地場の工務店などの先入観を取り払い、フラットな目線でいろいろな情報を取り入れてみてください。

しっかりと比較・検討を重ねた上で依頼したハウスメーカーであれば、間違いなく依頼後も納得がいくはずです。

スマホやPCから3分もあれば依頼ができるので、ほんの少しの手間を惜しんで、一生後悔するようなことの無いようにしてくださいね。

LIFULL HOME’Sの公式サイトはこちら⇒

それではここから、本文に入っていきましょう。

ウェルダンで実際に購入した人のリアルな評判・口コミ・感想集めました

まずは、ウェルダンがどんな評価をされているのか、実際にウェルダンで家を建てた人の口コミを調べました。

簡単にまとめたものをいくつか見ていきましょう。

ウェルダンの良い評判・口コミ・感想

他のハウスメーカーを見に住宅展示場に行ったが、流れでウェルダンと契約し、とても満足している。打ち合わせ担当者の知識が豊富で、知らないことがないのではと思うほど。外構工事もおしゃれな会社が担当してくれて、自慢の我が家。まさに注文住宅という感じでおすすめ。

何社か比較検討をしたが、ウェルダンにして本当に良かった。夏はエアコン1台で家中が涼しくなり、木陰にいるような優しい涼しさ。タイマーの自動設定になっていて、冬は朝と夕方に2時間ずつ床暖房を入れるだけで、一日中暖かい。

よく読まれてるおすすめ記事
ハウスメーカーランキング2021〜住宅メーカーの坪単価や評判と宅建士が教える選び方

ウェルダンを知ったのは7年以上前。社長さんの本を図書館で読んだのがきっかけだった。住んでいるところから展示場がそう遠くなかったので、自転車で行ってみた。北風が吹く寒い日だったが、玄関をあけるとすぐに暖かさに包み込まれる感覚に驚いた。スリッパをはかずに裸足で見学する理由も分かった。区画整理のため建築できるまでに7年かかってしまったが、やっとウェルダンさんに建ててもらえて良かった。建てる前に快適な家になることは分かっていたが、実際に住んでみると想像以上。以前は夜中に何度も目が覚めていたが、この家に住んでから安眠できるようになった。

以前も一戸建てに住んでいたが、冬は寒く夏は暑くだったので、快適な家を探してモデルハウスを見て回っていた時にウェルダンに出会った。モデルハウスの玄関を入るとすぐに、心地よい空気に圧倒された。12月の寒い日なのに家全体が暖かく、蓄熱式温水床暖房の快適さを実感し、夫婦で即決。住み替えを検討していたため、土地探しから始めたが、都内でありながら緑豊かな土地を見つけることができ、土地も即決した。土地の豊かな緑を生かした家をつくりたいと伝えると、設計の方との考えも合致。オープンな間取りでも、冬場に家のどこにいても寒さを感じずに快適なのは、地熱基礎をいかした蓄熱式床暖房ならでは。夏は2階ホールのエアコン1台のみで家全体が涼しい。オープンキッチンを中心に人が集まれるような間取りにしてもらったので、家族もゲストもキッチンに集まり、会話を楽しんでいる。

ウェルダンさんを知ったきっかけは、素敵な知り合いの家と同じような住まいを建てたいと、依頼先のハウスメーカーを教えてもらったこと。ウェルダンさんはデザインのほか、蓄熱式温水床暖房や24時間計画換気システムなど、取り入れたいものがたくさんあった。インテリアなどに興味を持つ自分と構造・性能に関心のある夫の希望が一致し、ウェルダンさんを知れば知るほど魅力的に思えて依頼したいと思った。家の性能、快適性、デザインと、全て大満足。これからは庭づくりを楽しんでいきたい。

ウェルダンの悪い評判・口コミ・感想

きっぱりと長期優良住宅には対応していないと言われた。

最新の工法を採用しているためか、予算を超えてしまい、かなり高額になった。もう少し話し合えば良かったが、省エネに関しては抜群の性能で、エアコンを使用する時間が予想以上に短くなった。

ウェルダンに依頼するメリットとデメリットを徹底調査

ウェルダンで住宅を建てた場合、どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。それぞれ見ていきましょう。

ウェルダンに依頼するメリット

高性能でスタイリッシュなウェルダンの住まいには、メリットも多くあります。

ここでは2つだけリストアップしました。

しっかりとした施工で安心できる家が建つ

実際に施工するのは下請け業者というケースも多いのが現状ですが、ウェルダンでは、基礎・大工・屋根・電気・床暖房・左官など、住まいの基本的な性能に関わる部分は、ウェルダンの家づくりに10年以上携わっている専任の職人が担当します。

全員がウェルダン住宅の全てを知り尽くし、確かな技術で高品質の住まいを施工。

このような職人固定制を導入することで、長年安心して暮らせる住まいを提供しています。

小屋裏も居室と同様に快適

断熱性・気密性に優れた住まいでも、夏場の小屋裏スペースが灼熱の空間になってしまうのは珍しいことではありません。

ウェルダンでは、屋根仕上材と断熱材の間に通気層を設けているため、屋根が受ける太陽熱が断熱材にこもることがありません。

小さなエアコンだけで快適な空間を維持できるので、小屋裏スペースに荷物を置いても熱で変形したり溶けたりすることもなく、ちょっとした子供のプレイエリアとしても活用できます。

ウェルダンに依頼するデメリット

次はデメリットについて見てみましょう。

ローコスト住宅を検討している人には不向き

最近はローコスト住宅を手がけるハウスメーカーも多く、坪単価30万円台から住宅性能に優れたおしゃれな家が建てられます。

それに対しウェルダンの住まいは坪単価が80万円以上。

もちろん住宅性能や機能性はトップクラスですが、とにかく安く家を建てたいという人には、予算オーバーとなるため不向きであると言えます。

資料をまとめて請求する⇒

ウェルダンを検討中の方へおすすめしたい特徴・こだわり

ウェルダンの住まいは見た目の良さだけではなく、住宅性能も優れています。

どんな特徴があるのか、デザインや工法など、項目ごとに詳しく見ていきましょう。

デザイン性・外観

ウェルダンでは、2階建て住宅はもちろん、3階建て住宅や地下室付き住宅なども手掛けていて、北欧、アメリカン、ヨーロピアン、シンプルモダン、カントリー、和風と、さまざまなスタイルに対応可能です。

どのスタイルもお洒落で、それぞれの雰囲気にあった資材を採用し、まるで海外にいるような魅力ある外観に仕上げます。

エクステリアの種類も豊富で、屋根材一つでも耐久性・対候性の高いガルバリウム鋼板や洋瓦・和瓦など、好きなカラーやスタイルで選択できるのも魅力です。

工法

  • 2×4工法/2×6工法

梁や柱を組み合わせたフレーム状の枠組みに構造用合板を用いて、屋根・壁・床を一体化させる工法。

「2×4」には38mm×89mmの構造材、「2×6」は38mm×140mmの構造材を使用します。

どちらの工法も地震などの外力を面で受けて分散させるため、高い耐震性・耐久性があります。

  • 木造軸組工法(在来工法)

日本の伝統建築工法で、柱や梁を組み合わせ、筋交い(すじかい)と呼ばれる斜めに使用する部材で、枠組を強化します。

増改築やリフォームも行いやすく、設計自由度が高いのが魅力です。

  • 重量鉄骨造

建物の骨組みに鉄骨を使い、接合部はボルトでしっかり固定。

ビルや高層マンションなどに用いられる高強度の工法です。

ウェルダンでは、防火地域にある100㎡以上の住宅や通常以上に広い間隔が必要になる間取りなどの場合に採用します。

  • RC(鉄筋コンクリート)造

鉄筋入りコンクリートで骨組みを形成。

引張力に強い鉄筋と圧縮力に強いコンクリートのメリットをいかしたつくりで、耐震性・耐火性に優れているだけでなく、遮音性も抜群。

ウェルダンでは、地下室付きの住宅の地下部分に鉄筋コンクリート造を採用しています。

耐震性

住宅の設計によって使い分けている工法は、どれも耐震性能に優れています。

構造体に地震の負荷が直接かかることがないよう、エネルギーを分散させる工夫で家の倒壊の心配もありません。

また住宅のバランスを重視し、耐力壁の配置バランスや超軽量屋根材の採用など、耐震設計にも注目しています。

断熱性

ウェルダンでは、厳しい寒さにも耐えられる、北欧や北米の断熱技術を取り入れ、一年中快適な室内環境が維持できるように施工しています。

日差しの影響を受けやすい屋根にはポリスチレンフォーム、天井にはグラスウールというように、施工する部分によって最適な断熱材を使用。

また施工方法も、建物の特徴によって充填断熱工法と外断熱工法を使い分け、ドアや窓には世界トップレベルの断熱性能が期待できる特殊樹脂のトリプルガラスサッシや木製トリプルガラスサッシ、断熱玄関ドアなどを採用。

こだわりの製品セレクトで、より高い断熱性能を実現させています。

気密性

断熱性能に優れたウェルダンの住まいは、気密性も抜群。

高断熱性の断熱材に加えて、気密シートも施工することで、外気の侵入を遮断。

窓やドアに採用されている製品はどれも気密性にも優れているため、室内には空気の流動が起きにくく、温度差の生じない安定した室温が保たれます。

住まいの劣化原因となる壁内の結露も生じる心配がありません。

防火・耐火性

ウェルダンで採用している2×4工法/2×6工法は、耐火性も高く、火災保険がお得になる省令準耐火構造。

室内で火災が起きても、キューブ状の構造が他の部屋への延焼を防ぎ、室内の延焼も抑えます。

そのため火災が大きくなるまえに消化できる可能性も高く、被害を最小限におさえることが可能です。

間取り

ライフスタイルや要望が人によって異なるように、マイホームの間取りもそれぞれです。

ウェルダンでは、2世帯住宅、3世帯住宅、店舗兼用住宅、SOHO住宅、地下室付き住宅など、用途や必要性に応じて最適なスペースをデザインします。

大きな吹き抜けやロフト、使い勝手の良い収納スペース、生活動線が考慮されたレイアウトなど、ただ生活をする空間を作るのではなく、快適で機能的な間取りを提案。

狭小地でも広々とした室内空間が実現できます。

ウェルダンは年間受注棟数を限定し、じっくり時間をかけてベストな家づくりを進めているため、規格住宅のようなスタンダードな間取りではなく、それぞれにカスタマイズされた特別な空間を提供することが可能です。

どんな小さな要望も気軽に相談しましょう。

ウェルダンで新築を建てたらいくらくらいになる?価格は?

少しでもコストを抑えて安心価格で住宅建築が進められるよう、設計・管理・施工管理の全てを自社で行っているウェルダンですが、実際にいくらぐらいあれば夢のマイホームが建てられるのでしょうか。

価格について見ていきましょう。

ウェルダンの坪単価は?

ウェルダンは、今では当たり前になっている気密性・断熱性がまだ浸透していない頃から断熱住宅を手がけています。

その超高性能の住まいはローコスト住宅などと比べると決して安いとは言えず、坪単価は80~100万円が相場。

しかし本当に必要な設備が揃った高性能住宅が確かな技術で建つのですから、相応な値段であると言えます。

ウェルダンで値引きするならいくら?

結論から言うと、ウェルダンでは詳細見積の価格から値引きをすることはありません。

住宅建築は決して安くないため、家を建てる人は「最終的にいくらになるのか」を気にしています。

そのため「概算見積」を出されても、オプションなどで価格が上がってしまうのでは意味がありません。

ウェルダンではその点を考慮し、契約を交わす前に詳細見積を提示。

建材は少しでも安く仕入れるよう日々努力を重ね、仕入れ値が下がればその分を家の価格に還元しています。

ウェルダンは「値引きをしない」のではなく、「最初から値引きをしておく」をモットーに良質な家づくりを進めるハウスメーカーです。

ウェルダンと同価格帯のハウスメーカーはどこ?

  • 住友林業

木造建築に特化した、大手ハウスメーカー。

自由度の高い設計で、こだわりのマイホームを形にしてくれることでも定評があり、スタイリッシュで高性能。

提案力もあり、アフターサポートもしっかりしています。

  • 積水ハウス

大阪に本社を構える、住宅業界のトップメーカー。

ZEHに対応しているエコ住宅にも前向きに取り組み、さまざまなニーズに応える商品ラインナップも豊富。

耐震性や断熱性に優れた快適な住宅が実現できます。

資料をまとめて請求する⇒

ウェルダンのおすすめプラン・ラインナップを紹介

全ての住宅が建てる人にとってオリジナルであるよう、希望やこだわりを取り込んで「特別」な住まいを設計しています。

そのため、ウェルダンでは標準仕様や商品ラインナップを設けていません。

どんな住まいが形にできるのかが気になる人のために、施工実例をいくつか紹介します。

1: ツートンカラーの北欧スタイル住宅

外壁に高耐久な素材を使い、1階部と2階部で色を分けたツートンカラーが特徴的な外観。

室内には無垢材のドアや板張り天井が施され、ナチュラルな居心地の良い雰囲気の中に、個性的な照明がアクセントになっていて、お洒落な空間に仕上がっています。

蓄熱式温水床暖房で冬場でも快適です。

2: 角地に建つアメリカンモダンスタイルの家

淡い色調のベルギーレンガと、ローメンテナンスの超弾性塗り壁材「スタッコ」の薄黄色が一際目を惹く洋風住宅。

室内はアメリカンモダンスタイルに統一されていて、収納も充実。

生活動線が考慮された間取りで、機能的で暮らしやすい住まいです。

3: お洒落なサイディングの二世帯住宅

外観は石目調のサイディングにバルコニー部分をウッドパネル風サイディングに張り分けた、落ち着いた雰囲気。

LIXILのシステムバスやキッチンを取り入れ、広々とした小屋裏スペースや、収納を兼ねそろえた置き型の畳スペースなどがあり、2世帯が快適に暮らせる工夫が施されています。

平屋プラン

ウェルダンでは特に平屋プランを設けていませんが、自由設計に対応していますので平屋住宅ももちろん建築可能です。

ライフスタイルやこだわりに合わせた間取りはもちろん、機能的で使い勝手の良い、最適なプランを提案。

ペットが歩きやすいように床を全室タイル仕上げにし、海外では当たり前の「靴を脱がないスタイルの家」も建築実例にあります。

ウェルダンの保証・アフターサービスが充実!

  • 住宅瑕疵担保責任保険

引渡しから10年の間、構造耐力上主要な部分や雨水の侵入を防ぐ部分に瑕疵(かし)があった場合、その補修費用が保証されます。

引き渡し時に保証書が発行されますので、無くさないよう大切に保管しましょう。

  • 地盤保証制度

敷地の地盤調査には、高精度の地盤解析を行うため、スウェーデン式サウンディング(SWS)とスクリュードライバーサウンディング(SDS)の両方を実施。

その後20年の間地盤沈下に対する補償が受けられます。

  • 定期点検

引渡しから6ヶ月・1年・5年・10年のタイミングで定期点検を実施。

その後は5年ごとに床暖房の不凍液交換やシロアリ防除工事など、必要となるメンテナンスについてのお知らせを送付しています。

資料をまとめて請求する⇒

ウェルダンは建て替え・リフォームも行っている?

ウェルダンは新築だけではなく、リフォームの実績も豊富です。

間取りの変更や増築・改築はもちろん、水回り設備の交換、温水床暖房または換気システムの設置なども行っています。

さらに住宅性能を向上させる耐震リフォーム、断熱強化リフォームにも対応可能で、内外装の美観リフォームは経年変化で古びてしまったマイホームを、まるで新築のように生まれ変わらせます。

その他にもさまざまなリフォームを行っていますので、まずはウェルダンに相談することから始めましょう。

まとめ

独自の研究と開発を続け、超高断熱・高気密の住宅づくりを手がけるウェルダンは、それぞれのライフスタイルや希望に合った理想の住まいを形にします。

家族全員が安心・快適に暮らせる家をぜひウェルダンでご検討ください。

今月の人気記事
ハウスメーカーランキング2021〜住宅メーカーの坪単価や評判と宅建士が教える選び方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\ 住宅メーカー選びで失敗しないために! /