北洲ハウジングの最新の評判・口コミを編集部が徹底調査!坪単価や価格は?間取りや耐震性はどう?

北洲ハウジングは、宮城県と中心とした東北エリア・北関東エリアで注文住宅を展開するハウスメーカーです。

多彩な商品ラインナップが存在し、北欧テイストをはじめとした幅広いデザインの要望に応えています。

2×6工法による優れた耐震性や、W断熱システム「アルセコ外断熱システム」によって高気密・高断熱を実現。

さらに良質な素材をふんだんに取り入れて、高品質な住まいづくりを行っています。

そこでこの記事では、北洲ハウジングのリアルな評判をはじめ、メリットやデメリット、デザイン性や性能、ラインナップなどを幅広くまとめました。

「北洲ハウジングについて色々知りたい!」という人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

また、本文に入る前にあなたに一つ質問をさせてください。

「ハウスメーカーを選ぶ際に最も大事なことは何だと思いますか?」

もちろん正解は一つではありませんが、私は「しっかりとハウスメーカーの特徴や違いを理解し、比較・検討した上で絞り込むこと」だと考えています。

住宅業界で働いた経験があるような人以外は、ハウスメーカー毎にどういった違いがあるのか理解している人は少ないはずです。

それぞれの会社の坪単価やデザイン性の違い、耐震性や気密性・断熱性、購入後のアフターフォローに間取りの自由度、木造なのか鉄骨造なのかなど違いは多岐に渡ります。

事前にしっかりと情報収集を行わずに、いきなり住宅展示場等に足を運び、フィーリングで依頼するハウスメーカーを決めてしまう。

このような人は、「もっと自分の条件にあったハウスメーカーがあった・・・」と後から気づき、一生後悔するような羽目になります。

マイホームは人生でもっとも大きな買い物です。面倒だからといって事前の下調べや比較・検討を怠ることは絶対にやってはいけません。

ネットでの情報はもちろんのこと、より一次情報に近い信頼性の高い情報に多く触れるようにすることで、ハウスメーカーを選ぶ目が養われていきます。

またハウスメーカーの多くは、無料でカタログや資料請求ができるので、少しでも気になった業者からは積極的に資料を取り寄せるようにしましょう。

(カタログや資料の中には、Webサイトには掲載されていないより具体的で有益な情報が掲載されています。)

最初のころはどのハウスメーカーもそれぞれよく見えるのですが、情報を仕入れていくにつれ、それぞれの違いや自分にとっての良い・悪いが分かるようになるので。

ただし、何社ものハウスメーカーにいちいち資料請求をするのは、面倒ですし手間がかかるもの。

最近ハウスメーカーを選ぶ人の中で主流になっているサービスが、東証一部上場の「LIFULL HOME’S」が提供している「無料カタログ一括請求サービス」です。

0からハウスメーカーを絞り込まなくても、予算やローコスト住宅などのテーマ、建築予定のエリアを選ぶだけで、条件にあったハウスメーカーがピックアップされます。

利用料はもちろん無料ですし、資料請求をしたからといって、迷惑でしつこい営業に悩まされる心配もありません。

少しでも気になったハウスメーカーがあればひとまず資料を請求してみることで、最初は考えてもいなかったハウスメーカーの中に、自分の条件とぴったりマッチした出会いがあることも多いです。

大手や地場の工務店などの先入観を取り払い、フラットな目線でいろいろな情報を取り入れてみてください。

しっかりと比較・検討を重ねた上で依頼したハウスメーカーであれば、間違いなく依頼後も納得がいくはずです。

スマホやPCから3分もあれば依頼ができるので、ほんの少しの手間を惜しんで、一生後悔するようなことの無いようにしてくださいね。

LIFULL HOME’Sの公式サイトはこちら⇒

それではここから、本文に入っていきましょう。

北洲ハウジングで実際に購入した人のリアルな評判・口コミ・感想集めました

まず気になるのが、北洲ハウジングの評判ですよね。

そこで実際に北洲ハウジングで家を建てた人のリアルな評判・口コミを集めてみました。

よく読まれてるおすすめ記事
ハウスメーカーランキング2021〜住宅メーカーの坪単価や評判と宅建士が教える選び方

北洲ハウジングの良い評判・口コミ・感想

  • 北洲ハウジングで家を建てて3年になりますが、今のところ特に問題なく安心して暮らすことができています。室内の床には、歪みにくく丈夫な外国産の素材を選びました。北洲ハウジングでは上質な素材を多く取り扱っているため、良いものを住まいに取り入れられて満足しています。
  • 北洲ハウジングは、使用する素材や部材にこだわっている素晴らしい住宅メーカーだと思います。たとえば我が家ではフローリングにドイツ製の一枚板を使用していますが、強度も高く、床同士の溝にゴミがたまることもありません。
  • 3年前に北洲ハウジングで建てました。営業の方の知識が豊富だったところや、押し付けがましくないところが好印象でした。最初はデザインに惹かれて興味を持ったのですが、実際に住んでみて性能の良さも実感しています。アフターもしっかり対応してくれますよ。

北洲ハウジングの悪い評判・口コミ・感想

  • アフターフォローがイマイチだと思いました。不具合の修理依頼をしても連絡がつかず、窓口に電話しても進展がありません。

北洲ハウジングに依頼するメリットとデメリットを徹底調査

北洲ハウジングに家づくりを依頼するメリット・デメリットを徹底調査しました。

どちらも参考にしてみてくださいね。

北洲ハウジングに依頼するメリット

まずは、北洲ハウジングに依頼するメリットを3つお話ししていきます。

耐震性や断熱性など、性能の優れた住まいを実現できる

北洲ハウジングでは、耐久性に優れた「2×6工法」や、制振ダンパー「MIRAIE(ミライエ)」によって、耐震性の高い住まいを実現しています。

耐震最高等級3にも対応し、耐震性の高さをしっかりと証明しています。

さらに北洲ハウジングは断熱性が高いことも特徴。

環境先進国ドイツの断熱を取り入れた、W断熱システム「アルセコ外断熱システム」を採用することで、夏は涼しく冬は暖かい快適な住まいを実現していますよ。

好みやこだわりに合わせて選べる、豊富な商品ラインナップ

北洲ハウジングでは、「Premium(プレミアム)」と「European(ヨーロピアン)」の2つのテイストと、豊富な商品ラインナップが存在しています。

商品によってテーマやデザインがさまざまで、お客様の幅広いニーズに対応。好みやこだわりに合わせて選ぶことができますよ。

全館空調システム「エアロテック」を導入できる

北洲ハウジングでは、全館空調システム「エアロテック」を導入することが可能です。

エアロテックとは、三菱地所ホームと三菱電機が共同開発して誕生した、全館空調システムのこと。

室内機1台だけで家中の空気を換気し、常に新鮮な空気と快適な温度を保つことができるシステムです。

部屋ごとに温度設定ができるのが特徴で、家族それぞれにとって心地良い環境を実現できます。

住まいの空気環境や室内温度を重視したい人に、エアロテックはおすすめですよ。

北洲ハウジングに依頼するデメリット

北洲ハウジングに注文住宅を依頼するデメリットについて、一点お話ししていきます。

坪単価が高い

北洲ハウジングの坪単価の目安は55万円~80万円程度と、決して安いとは言えない価格帯です。

大手ハウスメーカーにも引けを取らない価格帯なので、「予算を抑えて家づくりをしたい」という人にとっては、デメリットと言えるでしょう。

資料をまとめて請求する⇒

北洲ハウジングを検討中の方へおすすめしたい特徴・こだわり

北洲ハウジングで家づくりを検討している人へ向けて、北洲ハウジングの特徴やこだわりなどを、項目別にまとめてご紹介していきます。

デザイン性・外観

北洲ハウジングでは多彩な商品ラインナップが用意されており、デザインや外観もさまざまです。

ここでは商品ラインナップごとに、デザインの特徴を簡単にご紹介します。

【Premium(プレミアム)】

贅沢な日常を叶える、ラグジュアリーな邸宅

  • WEIMAR Premium(ワイマール プレミアム):「都市に広がる居心地良い家」がコンセプトのプラン。深い軒によって作り出される陰影と、水平ラインによって洗練された美しさを演出。
  • MACKENZIE Premium(マッケンジー プレムアム):「離れ家のある趣の邸宅」がコンセプトのプラン。和モダンテイストの外観や、上質な素材を取り入れたインテリアが特徴。
  • PÖSELDORF Premium(ペーゼルドルフ プレムアム):「こころと身体をリフレッシュさせる住まい」がコンセプトのプラン。上質な素材をふんだんに取り入れて非日常を演出し、癒しの空間を実現。

【European(ヨーロピアン)】

住むほどに愛着が増していく、北欧・ヨーロッパテイストの住まい

  • Alsace(アルザス):長年にわたって受け継がれる、大屋根の家。ファサードが陰影を作り出す、印象的な外観。出窓や煙突、ドーマーで味わいを演出します。
  • Wales(ウェールズ):街並みに溶け込む、品格ただよう伝統的な外観。やわらかな窓の配置が特徴的で、穏やかな暮らしを想像させる住まいに。
  • Weimar(ワイマール):シャープなラインが印象的な、スタイリッシュなモダンデザイン。
  • あたたかいひらや:シンプルでありながら美しい、暖かさを感じさせる平屋。
  • Noah:狭小地でもゆとりをもって暮らせる、都市型の3階建て住宅。慎ましやかで気品のあるデザイン。

工法

北洲ハウジングでは、「2×6(ツーバイシックス)工法」が採用されています。

2×6工法は「枠組み壁工法」がベースとなっており、屋根・床・壁が一体となる強固なモノコック構造をつくり上げます。

地震や台風といった外力を「面」で受け止めて分散するため、災害に強いメリットがあります。

そして2×6工法は、一般的な2×4工法よりもサイズの大きい構造材を使用しているので、より強い構造を実現します。

耐震性

北洲ハウジングでは、耐震最高等級3が標準仕様となっており、高い耐震性を確保しています。

北洲ハウジングの地震に強い理由は、工法と制振ダンパーにあります。

【地震に強い「2×6工法」】

北洲ハウジングでは、屋根・床・壁が一体となるモノコック構造を実現する「枠組み壁工法」がベースの「2×6工法」を採用しています。

地震の衝撃を面で受け止めて分散するため、地震に強いという特徴があります。

【制振ダンパー「MIRAIE(ミライエ)」】

北洲ハウジングでは、制振ダンパー「MIRAIE(ミライエ)」を住まいに標準搭載しています。

地震の揺れをゴムによって最大95%も吸収し、繰り返し起こる余震にも高い効果を発揮します。

断熱性

北洲ハウジングでは、W断熱システム「アルセコ外断熱システム」を標準採用し、高い断熱性を確保しています。

【アルセコ外断熱システム】

環境先進国であるドイツの「アルセコ社」の外張り断熱(ロックウール・ラメラ)を、躯体である2×6充填断熱に付加する工法。

ドイツではトップクラスのシェアを誇る、優れた断熱です。

気密性

北洲ハウジングでは気密性を高めるために、次のような取り組みを行っています。

  • 気密工事に適した構造と言われている、2×6工法を採用
  • 気密性や断熱性に優れている木製窓「Dフェンスターネイチャー」を採用
  • 壁と窓の隙間に断熱材(ウレタン)を吹き付けて、さらに気密テープをその上から施工

これらの取り組みによって家のわずかな隙間をなくし、しっかりと気密性を確保しています。

防火・耐火性

北洲ハウジングの防火・耐火性について、残念ながら情報がありませんでした。

間取り

北洲ハウジングは基本的に自由設計の家づくりを行っているため、幅広い間取りの要望に応えています。

参考までに、北洲ハウジングが手がけた間取りをいくつかご紹介していきます。

  • 階段をのぼった2階部分に、雨の日でも部屋干しができるランドリースペースを配置
  • 玄関〜パントリー〜キッチンをスムーズに行き来できる、家事がしやすい導線
  • 屋根の勾配を活用した、2階のフリースペース
  • シアタールームとしても活用可能な、ダイナミックな吹き抜けを設けたリビング
  • L字に配置したダイニングとリビングの間に、ウッドデッキを配置

北洲ハウジングで新築を建てたらいくらくらいになる?価格は?

「北洲ハウジングで新築を建てたら、いくらかかるの?」と、価格が気になる人も多いでしょう。

そこで、北洲ハウジングの坪単価や値引き、近い価格帯のハウスメーカーをまとめてみました。

北洲ハウジングの坪単価は?

北洲ハウジングの坪単価は、55万円~80万円程度が目安のようです。

口コミなどの情報を参考にすると60万円台で建てている人が多く、一般的なハウスメーカーと比べると高めの坪単価と言えるでしょう。

ただし坪単価は商品プランやオプションなどによっても異なりますので、あくまでも目安として参考にしてみてくださいね。

北洲ハウジングで値引きするならいくら?

北洲ハウジングの値引きについてですが、残念ながら情報がありませんでした。

北洲ハウジングと同価格帯のハウスメーカーはどこ?

北洲ハウジングと同価格帯のハウスメーカーを2つご紹介します。

【エコ・ビレッジ】

エコ・ビレッジは、福島県いわき市に本社を置くハウスメーカーです。

木材会社からスタートしたハウスメーカーということもあって、木材にこだわった住まいづくりが特徴。

人にも環境にも優しい、良質な住宅を提供しています。

【四季工房】

四季工房は、福島県郡山市に本社を置くハウスメーカーです。

国産材や自然素材をふんだんに取り入れた家づくりをしています。

熟練の大工が手作業で丁寧に加工した木材をしっかりと組み上げることで、耐久性と品質を兼ね備えた住まいを実現します。

資料をまとめて請求する⇒

北洲ハウジングのおすすめプラン・ラインナップを紹介

北洲ハウジングには「Premium(プレミアム)」と「European(ヨーロピアン)」の大きく2つのテイストが存在し、それぞれ豊富な商品プランが用意されています。

ここでは特におすすめの商品プランを3つご紹介していきます。

1:WEIMAR Premium(ワイマール プレミアム)

「都市に広がる居心地よい家」がコンセプトのプランです。

深い軒によって作り出される陰影と、水平ラインによって洗練された美しさを演出します。

リビングとダイニング、そしてプライベートバルコニーがゆるやかにつながることで、家族それぞれが自由にくつろげる空間を実現。

また、近年進むテレワークにぴったりのホームオフィスを設けたり、暮らしやすい生活動線などの工夫がなされていたりすることも特徴です。

ニューノーマルな都市生活を送るのにふさわしいプランと言えるでしょう。

2:Mackenzie Premium(マッケンジー プレミアム)

「離れ家のある趣の邸宅」がコンセプトのプランです。

コンセプトの通り、住まいに「離れ家」を取り入れているのが特徴。

ゲストルームやオーディオ・シアタールーム、アトリエやレッスン室など、あらゆる用途に活用できます。

また、リビングヌックや広々としたダイニングルームによって、家族みんながくつろげる空間を実現。

さらに高品質なオーダーメイドキッチンや浴室全体がスピーカーになる浴室など、設備も充実。豊かな暮らしを叶える邸宅プランになっています。

3:Alsace(アルザス)Series

時代を超えて受け継がれる家をイメージした、三角屋根が印象的な「Alsace(アルザス)Series」。

力強さと美しさ、そして懐かしさを兼ね備えたテイストが特徴です。

オープンキッチンやリビング階段で、家族とコミュニケーションがとりやすい間取りを実現。

また、プライベートガーデンを設けることで、外からの視線を遮りながらも開放的な空間を楽しめますよ。

平屋プラン

北洲ハウジングでは、平屋プラン「あたたかいひらや」によって、平屋のニーズにも応えています。

シンプルでありながら使い勝手の良さを実現。屋根面が玄関側にある、水平ラインを強調した「平入り」の屋根や、ダブルファサードが印象的な外観になっています。

北洲ハウジングの保証・アフターサービスが充実!

北洲ハウジングでは、「30年保証・60年点検制度」によって、住まいの引き渡し後もお客様を長くサポートします。

【30年保証・60年点検制度】

構造体・防水・防蟻について10年間保証。

それ以降は5年ごとに更新することで、最長30年まで保証を受けられます。

また、30年目まで計9回の無償定期点検を実施し、31年以降から60年目までは、5年ごとに有償にて点検サポートを行います。

資料をまとめて請求する⇒

北洲ハウジングは建て替え・リフォームも行っている?

北洲ハウジングでは、リフォーム部門の「北洲リフォーム」にて、幅広くリフォームにも対応しています。

北洲リフォームには、次のようなリフォームメニューがあります。

  • 戸建まるごとリノベーション「1階全部リフォーム」
  • 水まわり空間リフォーム
  • LDKバージョンアップ「部屋ごとリフォーム」
  • 我が家のレベルアップ

など

まとめ

北洲ハウジングのリアルな評判をはじめ、メリットやデメリット、デザイン性や性能、ラインナップなどを幅広くご紹介しました。

北欧テイストなどの幅広いデザインに対応し、優れた耐震性や、高気密・高断熱を実現している北洲ハウジング。

高品質な住まいを実現したい人にとっては、非常に魅力的なハウスメーカーでしょう。

北洲ハウジングの公式ホームページでは「バーチャルモデルハウス」を体感したり、実際の展示場の来場予約をしたりすることが可能です。

北洲ハウジングに興味を持った方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

今月の人気記事
ハウスメーカーランキング2021〜住宅メーカーの坪単価や評判と宅建士が教える選び方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\ 住宅メーカー選びで失敗しないために! /