ウェルダンノーブルハウスの最新の評判・口コミを編集部が徹底調査!坪単価や価格は?間取りや耐震性はどう?

住宅資材商社であるジューテックが手がけるウェルダンノーブルハウスは、フルオーダーメイドの高機能・高性能住宅。

北欧スタイルのお洒落な外観はもちろん、他社ではオプションとなるような設備も標準装備で提供するなど、他社にはない魅力もたっぷりです。

この記事では、そんなウェルダンノーブルハウスの特徴を詳しく紹介していきます。

口コミやメリット・デメリットにもふれていきますので、ぜひホームメーカー選びの参考にしてください。

また、本文に入る前にあなたに一つ質問をさせてください。

「ハウスメーカーを選ぶ際に最も大事なことは何だと思いますか?」

もちろん正解は一つではありませんが、私は「しっかりとハウスメーカーの特徴や違いを理解し、比較・検討した上で絞り込むこと」だと考えています。

住宅業界で働いた経験があるような人以外は、ハウスメーカー毎にどういった違いがあるのか理解している人は少ないはずです。

それぞれの会社の坪単価やデザイン性の違い、耐震性や気密性・断熱性、購入後のアフターフォローに間取りの自由度、木造なのか鉄骨造なのかなど違いは多岐に渡ります。

事前にしっかりと情報収集を行わずに、いきなり住宅展示場等に足を運び、フィーリングで依頼するハウスメーカーを決めてしまう。

このような人は、「もっと自分の条件にあったハウスメーカーがあった・・・」と後から気づき、一生後悔するような羽目になります。

マイホームは人生でもっとも大きな買い物です。面倒だからといって事前の下調べや比較・検討を怠ることは絶対にやってはいけません。

ネットでの情報はもちろんのこと、より一次情報に近い信頼性の高い情報に多く触れるようにすることで、ハウスメーカーを選ぶ目が養われていきます。

またハウスメーカーの多くは、無料でカタログや資料請求ができるので、少しでも気になった業者からは積極的に資料を取り寄せるようにしましょう。

(カタログや資料の中には、Webサイトには掲載されていないより具体的で有益な情報が掲載されています。)

最初のころはどのハウスメーカーもそれぞれよく見えるのですが、情報を仕入れていくにつれ、それぞれの違いや自分にとっての良い・悪いが分かるようになるので。

ただし、何社ものハウスメーカーにいちいち資料請求をするのは、面倒ですし手間がかかるもの。

最近ハウスメーカーを選ぶ人の中で主流になっているサービスが、東証一部上場の「LIFULL HOME’S」が提供している「無料カタログ一括請求サービス」です。

0からハウスメーカーを絞り込まなくても、予算やローコスト住宅などのテーマ、建築予定のエリアを選ぶだけで、条件にあったハウスメーカーがピックアップされます。

利用料はもちろん無料ですし、資料請求をしたからといって、迷惑でしつこい営業に悩まされる心配もありません。

少しでも気になったハウスメーカーがあればひとまず資料を請求してみることで、最初は考えてもいなかったハウスメーカーの中に、自分の条件とぴったりマッチした出会いがあることも多いです。

大手や地場の工務店などの先入観を取り払い、フラットな目線でいろいろな情報を取り入れてみてください。

しっかりと比較・検討を重ねた上で依頼したハウスメーカーであれば、間違いなく依頼後も納得がいくはずです。

スマホやPCから3分もあれば依頼ができるので、ほんの少しの手間を惜しんで、一生後悔するようなことの無いようにしてくださいね。

LIFULL HOME’Sの公式サイトはこちら⇒

それではここから、本文に入っていきましょう。

ウェルダンノーブルハウスで実際に購入した人のリアルな評判・口コミ・感想集めました

まずはウェルダンノーブルハウスがどんな家づくりをしているのかを知るために、実際に家を建てた人の口コミを見ていきましょう。

ウェルダンノーブルハウスの良い評判・口コミ・感想

他社のモデルルームを見て、ウェルダンノーブルハウスの建築現場も見学した。個人的な意見を述べると、ウェルダンのほうが価格は安いので、買うとしたらウェルダンを選ぶというのが結論。使用する木材量が違うし、柱や梁の太さや量もウェルダンの方が多いため、その分家が頑丈という印象だった。大手の建築材輸入会社だから安くできるのだと思う。窓も木製や表がアルミなど、選択肢も多い。

現在建築中。夫が好きなハウスメーカーで見積もりやプランを作成してもらったが、予算と合わずに断念。そこで家にあった住宅雑誌の広告にあったウェルダンノーブルハウスに資料請求をしたのがきっかけ。夫が気に入っていたハウスメーカーと同じように見積もりを頼んだが、営業担当者の方も嫌な顔一つせずに引き受けてくれて、総額が20%は安かった。1番の気に入った点は高気密・高断熱な性能と床暖房。完成した家の見学にいき、その家の家族の話も聞けて、ウェルダンノーブルハウスにしようと決断した。資材会社だからか、バスやキッチンなどの設備が安くて、他社よりもグレードの高い設備を付けることができた。毎日のように現場へ足を運んでいるが、現場監督さんも良くて、特に不満もない。

入居から3カ月がたった。外構工事も終わり、精神的に落ち着いてきた。引っ越し後は寒い日もあったので、引っ越ししてすぐから床暖房が大活躍で、快適さは最高。床暖房は蓄電式のため、稼働していない時でも暖かく、2歳の子供を1階で昼寝させようと思ったが、暑いようで汗をたくさんかく。最近では外が暑くても外気温の影響を受けにくいようで、家の中は涼しい。真夏がどうなるのか、これからが楽しみ。トリプルサッシは結露が発生せず、断熱性は抜群。

ウェルダンノーブルハウスで家を建て2年住んでみて、建て替え前の築26年の家と比べ居住性が良いのは当たり前だが、予想以上だった。特に冬の断熱性能と床暖房は格別で、魔法瓶のよう。他社で建てた親類の新築に訪問し、自分の家と同じ感覚で泊まったら風邪を引いた。メンテナンスは特に優れているわけではないが、対応は良い。

よく読まれてるおすすめ記事
ハウスメーカーランキング2021〜住宅メーカーの坪単価や評判と宅建士が教える選び方

北欧系住宅ということもあり、寒い季節の住環境がとても良い。明け方に1位時間半、夕方に1時間床暖房を入れ、20~22度の室温を保っている。夏場も北欧系ではない住宅と比べて暑いこともなく、冷房を入れるとすぐに涼しくなる。冷房を切ってもいつまでも室内が涼しいというわけではないが、それは他社の家でも同じだと思う。以前住んでいたマンションでは、就寝時には冷房と扇風機を併用していたが、タイマーが切れると暑さで寝ていられなくなり、また冷房を入れるということがあった。しかし新居は猛暑の中、就寝中に冷房がタイマー切れになっても、扇風機だけで朝まで寝ていられた。日中はあまり冷房をつかわないので、間取りを決める時は通気性に配慮した窓の配置にした。

ウェルダンノーブルハウスの悪い評判・口コミ・感想

人手が足りないのか、メンテナンスが悪く、外部委託業者しかこない。

夜間に室内より外のほうが涼しい時があり、少し不満を覚えた。窓の開口部が小さく、風があまり通らない。

資料をまとめて請求する⇒

ウェルダンノーブルハウスに依頼するメリットとデメリットを徹底調査

後悔のないマイホーム作りを進めるためにも、ホームメーカーのメリット・デメリットを知ることは大切です。

ウェルダンノーブルハウスに住宅建築を依頼した場合のメリットとデメリットはどんな点にあるのでしょうか。

ウェルダンノーブルハウスに依頼するメリット

ウェルダンノーブルハウスに依頼するメリットはたくさんあります。

今回はその中から、2つに絞ってご紹介します。

リーズナブルで種類の多い高品質設備

住宅関連資材商社であるジューテックグループが手掛けているため、高品質の建材や設備を直接入手できる調達力があります。

そのため中間マージンをカットできて他のメーカーよりも安い価格で提供することが可能です。

種類も豊富なため、自分の好みにぴったりなものを見つけられるのも魅力。

間取りやプランの自由度が高い

建築家を交えてプランニングを行い、理想を形にします。

型にはまったデザインではなく、それぞれがオリジナルティのある家づくりを進められるため、こだわりが実現できる理想の住まいに仕上がります。

ウェルダンノーブルハウスに依頼するデメリット

デメリットに関しては、人によって考え方や感じ方が違うため、それをデメリットととらえるかどうかはそれぞれです。

こちらも2つ紹介しましょう。

種類が多すぎて悩む

資材や設備の種類が多い点をメリットにあげましたが、中には多すぎることでなかなか決められず、それをデメリットととらえる人もいるようです。

マイホーム建築には自分好みのベストな設備を選びたいのは当然のこと。

どれにしたらよいのか決めかねる場合は、家族の意見も参考にしましょう。

知名度が低い

必ずしも有名な大手ホームメーカーが良いというわけではありませんが、知名度が低いと少し不安になる人もいます。

ウェルダンノーブルハウスは新しいホームメーカーというわけではありませんが、「名前を聞いたことがなかった」という口コミも見られるよう、一般的にはまだ名前がよく知られてはいないようです。

あまり良く分からないため、サポート体制や建築中の倒産など、いろいろな点が心配になるというデメリットも考えられます。

資料をまとめて請求する⇒

ウェルダンノーブルハウスを検討中の方へおすすめしたい特徴・こだわり

蓄熱式温水床暖房

エアコンなどの暖房機は、空気中に舞うホコリやチリが気になるという方も多いでしょう。

そんな心配も払拭できるのが、蓄熱式温水床暖房。

人肌の暖かさで床下から部屋を暖めるシステムで、フロア全面床暖房が標準装備になっています。

全部屋の温度差が生じないため、トイレやバスでヒートショックの心配もなく、赤ちゃんからお年寄りまで快適に過ごせる室内環境。

ガス式・電気式のどちらかを選択でき、従来の暖房システムと比べて光熱費も安くなり、省エネ効果も抜群です。

健康にも配慮

頭痛やめまい、吐き気などを引き起こすシックハウス症候群は、建材や家具に含まれる化学物質が引き起こす健康障害として、重要視されています。

ウェルダンノーブルハウスでは、有害な化学物質を吸収分解するハイクリンボードを全室に標準採用。

細菌や花粉なども防ぐ、空気洗浄機能付き換気システムも導入し、いつでもきれいな空気環境で安心です。

ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)

政府も推進している、エネルギーの自給自足ができるZEH(ゼッチ)に対応。

太陽光発電やオール電化などのハイクオリティーな設備はもちろん、スマートフォンでエネルギー使用状況が確認できるホーム・エネルギー・マネジメント・システムも備わっています。

エネルギーの使用量によって節電運転の自動制御も可能です。

節水・省エネで光熱費もお得になります。

デザイン性・外観

ウェルダンノーブルハウスの住まいは、注文住宅の中でも、特に自由度が高く、好みに合わせた外観や内装に仕上げることが可能です。

北欧スタイルのデザインが特徴的なホームメーカーですが、同じデザインの家は2つとなく、北欧スタイルはもちろん、別荘風、ログハウステイスト、シンプルモダンなど、それぞれがオリジナルティに溢れています。

さらに2×6工法の高い設計自由度をいかし、ルーフバルコニーなどに活用できる1階部が2階部よりせり出ている形状の「セットバック」、ガレージ空間になる1階部が2階部より奥まった形状の「オーバーハング」、高耐震・耐久構造のもとに作られる「地下スペース」など、建物自体の形状も選択可能です。

工法

フルベース基礎

家の土台となる基礎は、事前に綿密な地盤調査を行い、その土地の地盤によって「ベタ基礎」と「布基礎」を分けて施工。

床下全面を150mmの厚さの鉄筋コンクリートで覆うことで、基礎全体が一体化し、高強度の基礎を実現させました。

耐震性や防湿・防結露にも優れ、シロアリの侵入も防ぎます。

2×6工法

もともと新幹線やスペースシャトルに使われている工法で、その耐震性・耐久性・耐火性の高さから、現在では多くの住宅建築にもちいられるようになりました。

骨組みに構造用合板を張り付け、床・壁・屋根の6面体を構成するため、地震などの外部からかかる負荷を面全体で受けて力を分散させます。

断熱・気密性にも優れているばかりか、従来の木造軸組工法に比べて工期も短いという利点もあります。

2×8ダブル遮熱構造

特に夏の熱い日差し対策に有効な工法で、屋根に遮熱防水フィルムとアルミ反射フィルムをダブルで採用。

幅遮熱を遮断し、さらにマシュマロ断熱材が外気の熱伝達をしっかり防ぎます。

一般的な工法の住宅より室温は10度も低く、熱侵入率も50%抑えることに成功していて、夏場でも快適な空間を保ちます。

耐震性

ウェルダンノーブルハウスの住まいには、地震などの天災にも安心して暮らせる、ハイレベルな耐震性があります。

通常の2×4工法よりも2.5倍の曲げ強度を誇る2×6工法を採用し、枠組に面材をはめ込んだ立体盤面で外部からかかる力を吸収・分散。

室内の揺れも抑えられ、家具や家財の被害も最小限に抑えることが可能です。

この優れた耐震性能は、過去に起こった震度7レベルの大地震でも崩壊した例はなく、地震保険も割安になります。

断熱性

冬の冷気や夏の日差しの照り付けなどを遮断する、高断熱性能の2×6工法に加え、断熱効果の高いさまざまな資材や工法を採用しています。

壁面に断熱材が施されているだけではなく、外気温の影響を一番受けやすい開口部にも着目。

窓には気密性・断熱性の高い木製トリプルガラスサッシや樹脂製トリプルガラスサッシを採用し、快適な室温を維持。

玄関にはナチュラルな木の風合いのある特殊木製断熱ドアで、さらに断熱性能を高めています。

気密性

採用されている2×6工法は、断熱性に優れているばかりか、気密性も極めて高いことで知られています。

キューブのような面構造が外気の侵入をしっかり防ぎ、少しの隙間風も感じることがありません。

さらに開口部にも高い気密性が保てるよう工夫がされているため、家全体が常に快適な環境になります。

防火・耐火性

地震と同様に予測が不可能な火事は、住宅の性能次第では延焼をくいとめ、被害を最小限に抑えることが可能です。

ウェルダンノーブルハウスでは、防火・耐火性にも注目し、さまざまな工夫で高い防火・耐火性を実現させました。

標準採用されている2×6工法は、床・壁・屋根の6面にファイヤーストップ材が採用されていて、火の燃え広がりを防ぐ「ファイヤーストップ構造」になっています。

また構造材として使用されている木材は、火災が起きても表面が炭化するだけで、内部までは火が進行しません。

さらに壁内部の断熱材にも耐火性の高いものを採用。

隣家が全焼しても外壁に損傷が見られるだけで、構造体や室内には影響がなかったという実例からも、ウェルダンノーブルハウスの高い耐火性能がうかがえます。

間取り

建築家を交えてプランニングを行い、希望の間取りを叶える自由設計が魅力。

また敷地の形状なども考慮しながらも、内部空間を無駄なく、かつ理想通りに作り上げます。

充実した収納スペースがあるのはもちろん、リビングを中心におくことで家族間の絆が深まるレイアウトや、小さな子供の様子が家のどこからでも見える安心レイアウトなど、生活スタイルや家族形態に合わせた間取りが可能です。

また、高気密・高断熱でありながら間取りや開口部の位置などを意識し、エアコンに頼らなくても快適な空間が保てるようなパッシブデザイン(通風設計)も魅力。

自然の光と風を肌で感じられる、心身ともに癒される住まいに仕上がっています。

資料をまとめて請求する⇒

ウェルダンノーブルハウスで新築を建てたらいくらくらいになる?価格は?

口コミも高評価が多く、高機能・高性能住宅であることが分かりましたが、気になる価格についてはどうなのでしょうか。

ウェルダンノーブルハウスの坪単価は?

あまり価格の記載をホームページ上でしていないホームメーカーが多い中、ウェルダンノーブルハウスのウェブサイトには、目安となる価格が記載されていました。

オーダーメイド住宅の価格例としてあげられていた3件を参考にすると、価格が2,380~3,350万円、坪単価は単純計算をすると74~86万円ということになります。

少し高いという印象を持ってしまうかもしれませんが、リーズナブルなパッケージプラン「ジェイブリッサ」では価格が2,040万円からとあり、坪単価は59万円から戸建て住宅を建てることが可能です。

ただし、この価格には外構工事や照明器具などが含まれていません。

また選ぶ仕様によってはそれよりも高くなることも。

最終的な価格については、事前に担当者に問い合わせましょう。

ウェルダンノーブルハウスで値引きするならいくら?

ホームページや住宅関連サイトを調べてみましたが、残念ながら具体的な値引きに関する記載は見つかりませんでした。

しかし、大手住宅設備メーカーの水回りが割引になるという口コミもあり、住宅資材商社であるジューテックだからこそ得られる特典であることがうかがえます。

ウェルダンノーブルハウスと同価格帯のハウスメーカーはどこ?

セルコホーム

カナダ輸入住宅を手掛ける神奈川県のホームメーカー。

良質な資材を採用し、高気密・高断熱・高性能な上に、デザインも多彩です。

多角形の塔が特徴的な英国由来のクイーンアンスタイルやイギリス伝統ジョージアンスタイル、小さな三角屋根付きの窓がアクセントのアーリーヴィクトリアンスタイルなど、スタイリッシュでひときわ目を引くデザインが魅力です。

優樹工房

神奈川県で自然素材にこだわった、木のぬくもりが心地よい住宅づくりを展開。

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)仕様のため、高断熱・高気密・省エネ・創エネの全てが揃った快適な住まいで、素材のこだわりは目に見えない細部にまで至り、住み続けるほどに愛着が湧きます。

資料をまとめて請求する⇒

ウェルダンノーブルハウスのおすすめプラン・ラインナップを紹介

設計自由度も高く、自分の理想の住まいを形にできるウェルダンノーブルハウスは、完全注文住宅のため、特にプランやラインナップがありません。

しかしリーズナブルに家を建てたいという人のために、セレクトオーダーパッケージ「ジェイブリッサ」を販売しています。

ウェルダンノーブルハウスの完全注文住宅の機能は残しつつ、住宅設備を厳選することでコストを抑えたセレクトオーダー。

年間に対応できる棟数には制限があり、打ち合わせ回数も5回まで(それ以上は有料)と決まっています。

住宅資材の専門商社ジューテックグループだからこそ実現できる、好みに合わせて選択できる豊富なラインナップも魅力です。

ジェイブリッサ「スカンジナビアンスタイル」

北欧の伝統的なスタイルを実現。大きな屋根と風格のある外観が特徴的で、室内は木の香りやぬくもりが優しい雰囲気を演出しています。

ウェルダンノーブルハウスの注文住宅に引けをとらない高性能住宅。

ジェイブリッサ「ツインファミリースタイル」

共有スペースとプライベートスペースのバランスがとれた2世帯住宅。

将来の用途変化にも対応可能です。耐震性や耐久性に優れているのはもちろん、高気密・高断熱で耐火・遮音性能も抜群の快適住宅。

ジェイブリッサ「ナチュラルスタイル」

都市景観に調和するナチュラルスタイルの家。

木製サッシの窓や木製バルコニーがアクセントになっていて、心地よい暖かみのあるデザインです。

高性能でデザインのバリエーションも豊富なため、理想の住まいになること間違いなしです。

資料をまとめて請求する⇒

ウェルダンノーブルハウスの保証・アフターサービスが充実!

引き渡し後も安心して過ごせるよう、保証やアフターサービスも充実しています。

それぞれにカルテを作成し、引き渡しから3カ月・12ヶ月・2年・5年・7年・10年のタイミングで無料定期点検を実施。

住宅の重要部分に瑕疵が生じた場合に10年間その修復費用が補償される「優良住宅瑕疵保証」や、万が一工事中に倒産した場合に負担を最小限に抑えて住宅を完成させる「完成保証」もあるため安心です。

ウェルダンノーブルハウスは建て替え・リフォームも行っている?

新築の状態がずっと続くのが理想ですが、そうではないのが現実です。

経年とともにハウスケアが必要になったり、家族形態やライフスタイルの変化でリノベーションが必要になったりすることもあります。

そんなニーズに答えてくれるのが、リフォームブランド「ウェルリフォーム」。

ホームメーカーだからこそ、その家を熟知し、最適な提案と対応が可能です。

戸建てリフォームはもちろん、キッチン・浴室・トイレ・洗面などの水回りや内装・外装のリフォーム、エコ・省エネ設備のリフォームなど幅広く対応します。

資料をまとめて請求する⇒

まとめ

スタイリッシュで高性能な北欧の家として知られるウェルダンノーブルハウスは、間取りの設計自由度も高いため、理想を形にできる住まいです。

他社ではオプションになるような高機能設備が標準仕様になっている点も魅力で、充実した種類の中から内装・外装・設備を選ぶことができます。

妥協はしたくないという人はぜひ一度、ウェルダンノーブルハウスの展示場に足を運んでみてください。

今月の人気記事
ハウスメーカーランキング2021〜住宅メーカーの坪単価や評判と宅建士が教える選び方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\ 住宅メーカー選びで失敗しないために! /