アートホームの家の最新の評判・口コミを編集部が徹底調査!坪単価や価格は?間取りや耐震性はどう?

住まいづくりはハウスメーカー選びで決まる、といってもいいくらいに、ハウスメーカー選びはとても大切になります。

デザインや間取りが自由設計、性能、価格など、トータルで自分たちにあっているハウスメーカーを選択することで理想の住まいづくりが可能。

また、建てた家に満足するだけではなく、建てている時も楽しく、満足できる住まいづくりがしたいですね。

これから紹介するアートホームでは、出来上がった家が良いものだけではなく、良い思い出に残る住まいづくりを提案してくれる、ハウスメーカーです。

「家は器」というコンセプトを掲げる、アートホームの家の住まいづくりの特徴、強み、こだわりについて詳しく紹介していきます。

北海道で注文住宅を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

また、本文に入る前にあなたに一つ質問をさせてください。

「ハウスメーカーを選ぶ際に最も大事なことは何だと思いますか?」

もちろん正解は一つではありませんが、私は「しっかりとハウスメーカーの特徴や違いを理解し、比較・検討した上で絞り込むこと」だと考えています。

住宅業界で働いた経験があるような人以外は、ハウスメーカー毎にどういった違いがあるのか理解している人は少ないはずです。

それぞれの会社の坪単価やデザイン性の違い、耐震性や気密性・断熱性、購入後のアフターフォローに間取りの自由度、木造なのか鉄骨造なのかなど違いは多岐に渡ります。

事前にしっかりと情報収集を行わずに、いきなり住宅展示場等に足を運び、フィーリングで依頼するハウスメーカーを決めてしまう。

このような人は、「もっと自分の条件にあったハウスメーカーがあった・・・」と後から気づき、一生後悔するような羽目になります。

マイホームは人生でもっとも大きな買い物です。面倒だからといって事前の下調べや比較・検討を怠ることは絶対にやってはいけません。

ネットでの情報はもちろんのこと、より一次情報に近い信頼性の高い情報に多く触れるようにすることで、ハウスメーカーを選ぶ目が養われていきます。

またハウスメーカーの多くは、無料でカタログや資料請求ができるので、少しでも気になった業者からは積極的に資料を取り寄せるようにしましょう。

(カタログや資料の中には、Webサイトには掲載されていないより具体的で有益な情報が掲載されています。)

最初のころはどのハウスメーカーもそれぞれよく見えるのですが、情報を仕入れていくにつれ、それぞれの違いや自分にとっての良い・悪いが分かるようになるので。

ただし、何社ものハウスメーカーにいちいち資料請求をするのは、面倒ですし手間がかかるもの。

最近ハウスメーカーを選ぶ人の中で主流になっているサービスが、無料カタログ一括請求サービス」です。

0からハウスメーカーを絞り込まなくても、予算やローコスト住宅などのテーマ、建築予定のエリアを選ぶだけで、条件にあったハウスメーカーがピックアップされます。

利用料はもちろん無料ですし、資料請求をしたからといって、迷惑でしつこい営業に悩まされる心配もありません。

少しでも気になったハウスメーカーがあればひとまず資料を請求してみることで、最初は考えてもいなかったハウスメーカーの中に、自分の条件とぴったりマッチした出会いがあることも多いです。

大手や地場の工務店などの先入観を取り払い、フラットな目線でいろいろな情報を取り入れてみてください。

しっかりと比較・検討を重ねた上で依頼したハウスメーカーであれば、間違いなく依頼後も納得がいくはずです。

スマホやPCから3分もあれば依頼ができるので、ほんの少しの手間を惜しんで、一生後悔するようなことの無いようにしてくださいね。

それではここから、本文に入っていきましょう。

アートホームの家で実際に購入した人のリアルな評判・口コミ・感想集めました

ハウスメーカー選びには、そのハウスメーカーで実際に建てた人の口コミを参考にするのが大切。

全てを鵜呑みにする必要はありませんが、実際に建てた人だからわかるリアルな声を聴いてみましょう。

アートホームの家の評判、口コミ、感想をまとめました。

よく読まれてるおすすめ記事
ハウスメーカーランキング2021〜住宅メーカーの坪単価や評判と宅建士が教える選び方

アートホームの家の良い評判・口コミ・感想

北海道で注文住宅を建てるならば、地元の会社の方が北海道の風土や気候にあった住まいづくりをしてくれると思い、地域密着型のハウスメーカーを中心に調べていました。その中でもナチュラルなデザイン、無垢材を使用した住まいづくりが気になってアートホームさんの見学会に参加。丁寧な対応も良かったですし、温かみのある木材を使用したデザインに惹かれてお願いしました。ハウスメーカーによって、見積もりをもらっても最終的には見積もりの金額より大幅にオーバーしたという話をよく聞きますが、アートホームさんの「mini prot」は価格がわかりやすくて、プランの種類も多くていいと思います、こだわるところはこだわり、抑えるところはしっかりと抑えることができ、満足の住まいづくりができました。

北海道という地域なので、とにかく冬が暖かくてストレスがない環境がいいと思い、それを基準に探しました。ハウスメーカーは大手から、小さい工務店までいろいろ見学しましたがどれもピンとくることがなく、最後に見学会に参加したのが、アートホームの住まいでした。なるべく自然素材で、自然を取り入れた住まいにしたいという私たちの希望に近い間取りやコンセプトだったので、依頼。スタッフの方の対応は丁寧でいろいろな相談にのってくれて、安心して任せることができました。断熱材で家をすっぽりと包む魔法瓶のような断熱工法なので、冬の寒い時も部屋の中はとても暖かいです。一番気に入っているのが家の中に自然を感じることができる中庭。最初に間取りに驚きましたが、中庭を囲んで間取りが作られている設計に今は、とても癒されています。

車が大好きな主人のために、室内から車を眺めることができるビルドインガレージの住まいをリクエストしました。私たち家族はどうしても要望が多くなってしまうのですが、一つ一つの要望をしっかり聞いてくれて、無理なところは無理とはっきり言ってくれるので、信頼して家づくりを行うことができました。無理な場合でも代替案をだしてくれ、私たちも納得することが多かったですね。おかげさまで間取りも、性能も、デザインも納得のいく家が完成。友達が良く遊びに来るのですが、いつも家をほめてくれるので嬉しいです。

知り合いから紹介してもらって、アートホームさんに依頼しました。自然素材をたくさん使った、ナチュラルなデザインを希望したのですが、とても素敵な内装に、作り付けの家具まで作っていただいて、理想の我が家になりました。床の無垢材は、冬でも肌触りが暖かくて柔らかいので、はだしになりたくなりますね。そして冬なのに裸足でも快適な断熱性能。木のナチュラルな雰囲気が大好きなので、家具やインテリアも木目のデザインで統一しました。アフターサービスも手厚いですし、保証も充実していますので、建ててからも安心して暮らしています。

アートホームを知ったのは、見学会に参加したのがきっかけです。木目のデザインは、ほっとしますし癒し効果も抜群で、毎日過ごす家だから、ただおしゃれなのではなく、疲れが取れて癒される家がいいなぁと思い、アートホームにお願いしました。スタッフの方もとても対応が良くて、設計、施工、引き渡しまでスムーズに進んだのが嬉しいです。コストも予算内に住みましたし、見積金額からあまり変わらなかったので、資金計画通りでよかったです。アートホームさんが気になっている方は、まずは見学会に行って、アートホームの家を体感してみてください。

アートホームの家の悪い評判・口コミ・感想

性能をアップしたくて、オプションでいろいろつけていたら、いつの間にかコストがかなり掛かってしまいました。もう少しオプションの価格が安いといいですね。ローコストと思っていただけに、予算をかけすぎてしまいました。

企画住宅はプランがたくさん用意されていますが、窓の位置など細かい所の要望は決めることができず、住んでから不満が出てきました。色々な組み合わせから、自分たちのこだわりを叶えたつもりでしたが、実際に住むといろいろ不満は出てくるものですね。完全自由設計の注文住宅にすればよかったなぁと、ちょっと後悔しています。

断熱性能にはかなり期待していたのですが、思ったより暖かさを感じないですし、エアコン、暖房器具は冬欠かせなくて、光熱費もあまり変わりませんでした。色々調べたら、断熱材の性能はいいですが薄いという口コミを見て納得。この辺はもっと調べて、オプションで強化するべきだったと思います。

アートホームの家に依頼するメリットとデメリットを徹底調査

ハウスメーカーによって強みがあり、得意なこと、不得意なことがあります。

アートホームの家のメリット、デメリットについて詳しく見ていきましょう。

アートホームの家に依頼するメリット

アートホームに依頼するとどんなメリットがあるのでしょうか、メリットについて詳しくまとめました。

1,000万円台が可能なmini prot

アートホームの人気の商品プラン「mini prot」は、ローコスト住宅で1,000万円台も可能な規格型住宅。

企画型というといろいろ自由にできないと思うかもしれないですが、mini protは間取りにオプションを組み合わせながら作るので、自分のこだわりを反映することができます。

6つの間取りタイプで34通りのプランが選択可能という幅広いプランも魅力的ですね。

高い断熱性

北海道の会社ならではの高い断熱性能と気密性能がメリットです。

断熱材には高性能フェノールフォームを使用、断熱性の高さに、確かな工法、外張り断熱工法を採用し、開口部以外の外壁面は100%断熱材ですっぽり覆いました。

家の中のどこにいても温度差がなく、快適な室温を維持します。

アートホームの家に依頼するデメリット

アートホームの家に依頼するデメリットは何でしょうか。

デメリットについて詳しく紹介します。

オプションの価格の設定が高め

アートホームのデメリットは、他のハウスメーカーに比べて、オプションの価格が高めに設定されているということ。

オプションの内容にもよりますが、こだわってオプションをどんどんつけて行くと、最終的に層が買うが高くなってしまったという口コミもありました。

標準仕様が充実しているので、オプションをあまりつける必要がないという声もあります。

オプションを付けるときは、価格をチェックしながら予算オーバーにならないようにつけましょう。

床の無垢材は傷つきやすい

フローリングで使用されている無垢材は、肌触りが良くて温かみのある素材ですが、柔らかい分傷つきやすい素材です。

経年を経過するごとに、傷だらけになってしまう可能性があるので注意。

アートホームの家を検討中の方へおすすめしたい特徴・こだわり

ハウスメーカー選びの時に、そのハウスメーカーの造る住まいの性能、デザイン、間取りはきっちり抑えておきましょう。

アートホームの家の特徴とこだわりを紹介します。

デザイン性・外観

お客様の要望による自由なデザイン。間取りとオプションを組み合わせながら、ローコストで家づくりを行う規格型住宅ミニプロとなど、プランによってさまざまなデザインを実現しています。

また無垢材などの自然素材をふんだんに使った内装もおしゃれでナチュラル。

造作家具でデザインに合わせた、オリジナルの家具を作ることも可能です。

工法

木造軸組工法

耐震性

アートホームの家では、北欧フィンランドのホワイトウッドを構造集成材として使用しています。

ホワイトウッドは厳しい気候で育まれた強度が高い木材で、建物の強さをアップし耐久性が高い住まいを実現。

さらに、接着剤には強度と環境に配慮した「黒のり」を使用。

在来軸組工法の弱点と言われている梁と柱の接合部分。

地震の時にはこの接合部分に負荷がかかり、建物が倒壊する可能性がありますが、この接合部分を接合金物「TEC-ONE」で接合。

木材欠損を極力減らして、木材の「継手」や「仕口」をテックワンで接合、緊結。

これによって高い耐震性が可能となります。

テックワンは、阪神淡路大震災規模の揺れでも頑強さが評価されています。

断熱性

暑い時期も、寒い冬も快適に過ごすためには、住まいの断熱性能が大切です。

特に北海道の厳しい寒さに耐える断熱性能を、アートホームの家では提案しています。

高性能フェノールフォーム

アートホームの家では断熱材に「高性能フェノールフォーム」を採用しています。

素材は、熱に強くて硬化する人工的に合成されたプラスチック素材。

一般的に使用されているグラスウールと比較すると2倍以上の断熱効果を発揮。

最高性能の断熱材です。

外張り断熱構法

高い断熱性能のためには、断熱材だけではなく工法も大切。

アートホームの家では外張り断熱工法を採用し、柱と梁の外側から断熱材を貼り、住まいをすっぽり断熱材で覆う工法。

開口部以外の外壁面は100%断熱材で覆われますので高い断熱効果を発揮。

部屋間の室温さもなく、1日中部屋の温度が快適です。

気密性

外張り断熱工法で断熱材が隙間なく施工されているアートホームの家は、気密性も高い住まいです。

防火・耐火性

アートホームの家で使われている断熱材、高性能フェノールフォームは燃え広がらない素材。

また、フロン系ガスを一切使用しない断熱材で、万が一火事が発生した場合も安心です。

間取り

フリープランな間取り、予算に合わせた設計など、設計や間取りの自由さも人気です。

アートホームの家で新築を建てたらいくらくらいになる?価格は?

アートホームの家の気になる坪単価、値引きはされるのなどコストについて紹介します。

アートホームの家の坪単価は?

坪単価58万円~86万円

アートホームの家で値引きするならいくら?

アートホームの値引きの口コミを見つけることができませんでした。

企画型住宅は値段がはっきりしているので、値引きされる可能性が低いですね。

アートホームの家と同価格帯のハウスメーカーはどこ?

アートホームの家と同じ価格帯のハウスメーカーを紹介しますので、比較検討してみましょう。

リブスタイル

札幌市に会社を構えるイブスタイルは、ライフスタイルに合わせて、性能、デザイン、コストのバランスを重視した住まいづくりを行っている会社です。

創業62年、地域に密着した住まいづくりを行っているリブスタイル。

設計士と一から住まいづくりをスタートし、お客様の声を住まいづくりにダイレクトに反映させます。

イワクラホーム

北海道で50年、累計16000棟以上の実績がある、地域密着のハウスメーカー、イワクラホーム。

品質、機能、デザインのバランスが取れた家づくり、そして北海道の風土に合わせた住まいづくりが人気です。

家事がしやすい動線、立体的な間取りなど子育てを考えた住まいづくりを行っています。

アートホームの家のおすすめプラン・ラインナップを紹介

アートホームの家では予算や要望に合わせて、幅広い商品プランを用意しています。

アートホームの家のおすすめの商品ラインナップを紹介します。

1:mini prot

予算に合わせてプランを選び、組み合わせ、こだわりを実現する人気のプラン、mini prot。

あらかじめ決まっている間取りにこだわりたいところはオプションで組み合わせていき、自分らしい住まいを示現します。

価格が明確でローコストな住まいを実現できるので、安心して住まいづくりをスムーズに進めることが可能。

価格は1,000万円台から可能で、性能は耐震等級2仕様、省エネ対策等級4を備えた品質の高い住まいです。

グッドデザイン賞を受賞したデザイン性の高さも魅力ですね。

2:重量気骨の家

耐震性能が高いSE構法で建てた住まいは、間口の広さ、カーポートを実現しました。

頑強な住まいは、長期優良住宅に認定されていて、耐震等級3、UA値0.27という性能の高い住まいです。

3:ツツノイエ

箱で構成されているツツノイエは、箱の大きさや高さを変えることで、快適な住まいを作ります。

様々な土地に対応することができ、段差を変えることで、庭の見方も変わります。

庭の風景を楽しむ窓の作り方にも注目です。

アートホームの家の保証・アフターサービスが充実!

ハウスメーカーを選ぶときは、建てる時だけではなくて住み始めてからサポートをどれくらいしてくれるのかを確認しておくことも大切です。

アートホームの保証と、アフターサービスについて紹介します。

安心の保証

住宅瑕疵担保責任保険は法人のJIOと提携。

引き渡し後10年間、建物の基本構造に関する不具合、補修等に係る日長が保証されます。

また、ジャパンホームシールド株式会社による、地盤保証は20年間です。

アフターメンテナンス

住まいを引き渡し後、1年、3年、5年、15年、25年、35年と定期点検を実施します。

加盟店によって点検年数は異なりますので、詳細はお問い合わせください。

まとめ

北海道札幌市を中心に住まいの設計と施工を行っている、アートホームについて性能、デザイン、価格、アフターサポートを詳しく紹介しました。

「家は家族が生活する器。決して主張しすぎてはいけない」というコンセプトのもと、お客様側にたった住まいづくりを長年続けているハウスメーカー、アートホーム。

大切に長年住み続けて、愛着が生まれる素敵な住まいを作っています。

アートホームの家がもっと知りたいという興味を持たれた方はぜひ、見学会、モデルハウス、オープンハウスに行ってみてください。

今月の人気記事
ハウスメーカーランキング2021〜住宅メーカーの坪単価や評判と宅建士が教える選び方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です