アイフルホームの最新の評判・口コミを編集部が徹底調査!坪単価や価格は?間取りや耐震性はどう?

住宅業界で最大規模のフランチャイズメーカーであるアイフルホームは「災害から守る」「家庭内事故を防ぐ」「健康・快適」の3点にこだわり、より良い家づくりを展開しています。

この記事では、数あるメーカーの中からアイフルホームに焦点を置き、その特徴や評判について詳しく話していきます。

ローコストで高性能な住まいを検討中の人は必見です。

また、本文に入る前にあなたに一つ質問をさせてください。

「ハウスメーカーを選ぶ際に最も大事なことは何だと思いますか?」

もちろん正解は一つではありませんが、私は「しっかりとハウスメーカーの特徴や違いを理解し、比較・検討した上で絞り込むこと」だと考えています。

住宅業界で働いた経験があるような人以外は、ハウスメーカー毎にどういった違いがあるのか理解している人は少ないはずです。

それぞれの会社の坪単価やデザイン性の違い、耐震性や気密性・断熱性、購入後のアフターフォローに間取りの自由度、木造なのか鉄骨造なのかなど違いは多岐に渡ります。

事前にしっかりと情報収集を行わずに、いきなり住宅展示場等に足を運び、フィーリングで依頼するハウスメーカーを決めてしまう。

このような人は、「もっと自分の条件にあったハウスメーカーがあった・・・」と後から気づき、一生後悔するような羽目になります。

マイホームは人生でもっとも大きな買い物です。面倒だからといって事前の下調べや比較・検討を怠ることは絶対にやってはいけません。

ネットでの情報はもちろんのこと、より一次情報に近い信頼性の高い情報に多く触れるようにすることで、ハウスメーカーを選ぶ目が養われていきます。

またハウスメーカーの多くは、無料でカタログや資料請求ができるので、少しでも気になった業者からは積極的に資料を取り寄せるようにしましょう。

(カタログや資料の中には、Webサイトには掲載されていないより具体的で有益な情報が掲載されています。)

最初のころはどのハウスメーカーもそれぞれよく見えるのですが、情報を仕入れていくにつれ、それぞれの違いや自分にとっての良い・悪いが分かるようになるので。

ただし、何社ものハウスメーカーにいちいち資料請求をするのは、面倒ですし手間がかかるもの。

最近ハウスメーカーを選ぶ人の中で主流になっているサービスが、東証一部上場の「LIFULL HOME’S」が提供している「無料カタログ一括請求サービス」です。

0からハウスメーカーを絞り込まなくても、予算やローコスト住宅などのテーマ、建築予定のエリアを選ぶだけで、条件にあったハウスメーカーがピックアップされます。

利用料はもちろん無料ですし、資料請求をしたからといって、迷惑でしつこい営業に悩まされる心配もありません。

少しでも気になったハウスメーカーがあればひとまず資料を請求してみることで、最初は考えてもいなかったハウスメーカーの中に、自分の条件とぴったりマッチした出会いがあることも多いです。

大手や地場の工務店などの先入観を取り払い、フラットな目線でいろいろな情報を取り入れてみてください。

しっかりと比較・検討を重ねた上で依頼したハウスメーカーであれば、間違いなく依頼後も納得がいくはずです。

スマホやPCから3分もあれば依頼ができるので、ほんの少しの手間を惜しんで、一生後悔するようなことの無いようにしてくださいね。

LIFULL HOME’Sの公式サイトはこちら⇒

それではここから、本文に入っていきましょう。

アイフルホームで実際に購入した人のリアルな評判・口コミ・感想集めました

CMや広告などでも知名度が高いアイフルホームですが、どんな評価をされているのでしょうか。

まずはアイフルホームで実際に家を建てた人の口コミを見ていきましょう。

アイフルホームの良い評判・口コミ・感想

アイフルホームで家を建てた。サポート体制が良く、住宅ローンや地鎮祭についてもサポートが得られたので家を建てるのも楽だった。価格も安く、家の雰囲気もとても良いので大満足。営業担当の方もいろんな相談にのってくれて、希望通りの間取りができた。引き渡し日が遅れることもなく、引き渡し後もサポートをしてもらえて助かっている。素敵な外観のお洒落な家ができて本当に良かった。

ローコスト住宅という点がアイフルホームを選んだ理由。少し不安はあったが、家を建ててみるとそんな不安も払拭された。土地探しから始めたが、担当者も土地探しをしてくれたおかげで、条件のある土地が購入できた。銀行の融資の話をするときも、自宅を訪問してくれて、落ち着いた環境で話をすることができた。デザイン性はベーシックなものなので、凝ったデザインが希望の人には不向きかもしれないが、希望にあったお洒落で使い心地の良い家を設計してもらえた。着工後は何度も現場に足を運んだが、大工さんたちも対応がよかったので、気持ちよく家を建てることができた。引き渡し後のアフターサービスも大満足で、安心して暮らせている。

担当営業の方は建物に関する知識が豊富だった。自身もアイフルの家に住んでいるそうで、新築時に後悔した点などを踏まえて、バスやキッチンの仕様アップグレードなどのアドバイスをしてくれた。またアイフル設備品以外でも選べることを内緒で教えてくれて、何度も設備の打ち合わせも重ねて快適なキッチン・お風呂・リビングができた。

よく読まれてるおすすめ記事
ハウスメーカーランキング2021〜住宅メーカーの坪単価や評判と宅建士が教える選び方

最近アイフルで家を建てたが、大きな問題は現時点ではない。親会社がリクシルのため、建具やキッチンなどの設備の標準がリクシル製品になっていてお買い得。アイフルの本部が家を建てるのではなく、地元工務店がアイフルホームの名のもとで建築するので、家の出来は工務店次第。高級なハウスメーカーの展示場を見学していないが、ローコスト住宅と比べるとアイフルの家は十分立派で大満足。

室内の角が子供にやさしい丸角になっている。打ち合わせの時には毎回子供も一緒だったが、子供があきないように配慮してくれた。引き渡し後も子供向けイベントなどの案内をくれる。

アイフルホームの悪い評判・口コミ・感想

営業担当は何度も同じことを注意や指摘しても直らず、重要な連絡もしてこないが、返事だけは良い。

引き渡し後に自分の担当者が退職してしまった。後任の担当者の事務的な接客やアフターサービスがない。

アイフルホームに依頼するメリットとデメリットを徹底調査

数あるハウスメーカーの中から1つを選ぶ際には、それぞれのハウスメーカーの長所・短所が参考になります。

アイフルホームで家を建てた場合に、考えられるメリット・デメリットについて見ていきましょう。

アイフルホームに依頼するメリット

まずはたくさんあるメリットの中から2つご紹介します。

ローコストでも理想の家が建てられる

注文住宅を手掛けていますが、ライフスタイルに合わせたシリーズから選ぶことが可能です。

自由設計な上により快適に暮らせるプランを提案してくれるため、ローコストで理想の家を建てることができます。

資材などの仕入れコストや中間マージンを下げることで、リーズナブルな家を実現。

安い=粗悪と思いがちですが、アイフルホームの企業努力の結果が生み出した、安心価格です。

最新設備で快適な暮らしができる

アイフルホームは大手住宅設備会社LIXILグループであるため、住まいの設備にはLIXIL製品が導入されています。

LIXILの設備はおしゃれで使い勝手も良いことで人気があり、種類も豊富です。

そんなLIXILの最高グレード設備を安く揃えることができるのは、アイフルホームならではのメリットと言えます。

アイフルホームに依頼するデメリット

メリットがあればデメリットもあるもの。

アイフルホームの住まいに、特に大きな問題点は見られませんでしたが、1点だけ紹介します。

店舗によって対応が異なる

アイフルホームは、それぞれの地域の工務店などが加盟する「フランチャイズ(FC)システム」で全国展開をしています。

そのためアイフルホームといっても各店舗の対応には特色があり、担当者の対応やサービスに違いが出ることも。

アイフルホームの加盟店が近隣にいくつかある場合は、問いあわせをし、対応の違いを確認したうえで一番自分に合う店舗を選ぶようにしましょう。

資料をまとめて請求する⇒

アイフルホームを検討中の方へおすすめしたい特徴・こだわり

アイフルホームは知名度の高いメーカーですが、実際のところメーカー名は聞いたことがあるけれど、どんな家を建てているのかよく分からないという人も多いでしょう。

アイフルホームの住まいの特長を項目ごとに詳しく見ていきましょう。

デザイン性・外観

美しい見た目がローメンテナンスで維持できるよう、採用している素材にもこだわっています。

雨風や強い日差しにさらされる外壁には、防水・台風・耐候に優れた特殊塗料「プラチナコート」を使用。

雨で汚れが落ちやすいなどのセルフクリーニング効果も期待できます。

また屋根には経年による劣化がおきにくい3層化粧構造のスレート瓦を用いることで、紫外線の影響を受けず、美しい外観を保てるよう配慮。

ライフスタイルに合わせて、スレート瓦仕様・瓦仕様・鋼板仕様などの豊富な種類から最適なものを提案します。

スタイリッシュで飽きのこないデザインも、洋風・和風モダン・シンプルモダンなど、好みで選択可能です。

工法

剛床工法

構造体に構造用合板を一体化させた面構造。

荷重試験でも1トン以上の重さに耐えられることが確認されている、優れた剛性を持っています。

地震などの負荷がかかっても面でエネルギーを分散させ、ねじれやゆがみを防止。

基礎や構造躯体に加えて床も強化することで、耐震性もさらにアップします。

通気工法

外壁内部には室内と室外の温度差によって結露が生じやすい場所。

アイフルホームの住まいは、我部内に通気層を設け、常に空気を循環させています。

外壁・床下・小屋裏を換気することで湿気がたまりにくく、カビやダニの発生も防止。

構造材の劣化や腐食も起きにくいので、住宅も長持ちします。

耐震性

一般的な地盤調査で用いられるスウェーデン式サウンディング試験を進化させた「スクリュードライバーサウンディング試験」を採用し、より正確な地盤解析を実施。

敷地の地耐力に最適な基礎を施します。

さらに、度重なる地震にも安心して生活ができるよう、アイフルホームの住まいには優れた耐震構造が用いられています。

家の骨組み部分には、独自開発した「高耐力コア」もアレンジ仕様に採用。

従来の筋かいと比べると最大で8倍の壁倍率が期待でき、空間の設計自由度も高いのが特徴です。

また木材の接合部には高耐震・高耐久の「テクノスター金物」を使い、強度をアップ。

出来上がったプランの耐震性能は、壁量や壁の配置、接合部の強度などに問題がないか、構造設計CADシステムでしっかりチェックします。

アイフルホーム住宅の耐震性の高さは、国土交通省が定める住宅性能表示制度の耐震等級でも、最高等級の3を実現。

震度7程度の大型地震のさらに1.5倍の地震力でも倒壊しない、地震に強い住まいです。

断熱性

アイフルホームでは、予算や希望に合わせて、3種類の断熱構造を用意。

「ハイクオリティパネル断熱」は構造用面材・高性能断熱材・粘弾性体を一体化させたパネルで、高断熱・高気密にとどまらず、耐震・制震にも優れています。

「ダブル断熱」は、世界最高レベルの断熱材「フェノールフォーム」と構造用面材にグラスウールも合わせた、2重断熱材の構造。

フェノールフォームは炎にさらされても炭化するだけで燃えあがることがなく、耐火性も抜群です。

「グラスウール」断熱構造は、グラスウール断熱材を壁内に充填する方法で、不燃性が高く経年劣化も少ないのが特徴。

コストパフォーマンスに優れている点が魅力です。

さらに、外気温の影響を受けやすい窓には、高断熱性能の特殊サッシを採用。

エルスターXトリプルガラス・サーモスⅡ‐H複層ガラス・サーモスXトリプルガラスの3種類から、それぞれの家の断熱性能のバランスを考え、最適なサッシを取り付けます。

気密性

しっかりとした構造体と高性能の断熱材により、気密性にも優れた住まいを実現させました。

目には見えない気密性能も、気密測定を行うことで数値を割り出し、性能報告書を提供。

確かな性能が見て取れるため安心です。

防火・耐火性

火災も地震と同様に予測ができないため、防火・耐火性能の高い住まいが求められます。

アイフルホームの住まいは、建築基準法で定められている「準耐火構造」に準ずる耐火性能を持つ構造。

隣家が火事になっても炎が燃え移りにくく、室内で火災が起きても延焼を遅らせる作りになっています。

準耐火構造の家は、一般的な木造住宅より火災保険料が安くなるという利点もあり、安心で経済的です。

間取り

アイフルホームでは、子供基準で考えられた「キッズデザイン」をベースにすべての家づくりを進めていきます。

ゆっくり開閉する引き戸・子供の身長でも届くスイッチ・滑り止めクッション付き階段などのセーフティー仕様のほか、子供の様子がどこからも見守れる動線の間取りや、家族のだんらん時間を大切にするタタミ室など、子供がのびのびできて子育てもしやすい設計が魅力です。

また、キッズデザインは障がい者の生活から不便さを取り除くバリアフリー、高齢者・障がい者だけではなくみんなが快適に過ごせるユニバーサルデザインも考慮されていて、家族や環境を大切にする優れたデザインとしてキッズデザイン賞を10年連続受賞。

広いリビングや開放的な吹き抜け、家事動線を考慮した間取りなど、希望を取り入れた間取りを提案します。

資料をまとめて請求する⇒

アイフルホームで新築を建てたらいくらくらいになる?価格は?

マイホーム建築を購入する人の多くは、住宅ローンについても考える必要があります。

無理なく支払いを続けていける金額に抑えるためにも、アイフルホームの価格がどれぐらいなのか、だいたいの目安を知っておきましょう。

アイフルホームの坪単価は?

アイフルホームの一番の魅力とも言えるのが、リーズナブルな価格。

大手ハウスメーカーが坪単価70万以上するのに対し、アイフルホームの坪単価は平均で40~60万円。

さらにインターネット限定の「Web Housing」を利用すると、坪単価20万円台で家をたてることも夢ではありません。

とはいえ、あまり価格だけにとらわれすぎると、自分が思い描いていたような仕様にならなかったり、後で後悔したりすることになります。

価格ももちろん大切ですが、打ち合わせの際には担当者と価格の確認をしながら仕様を決めていくようにすると良いでしょう。

アイフルホームで値引きするならいくら?

公式サイトには値引きに関する情報が一切記載されていませんが、口コミや住宅関連サイトなどでいくつか見つけることができました。

値引きをしてもらえなかったという人もいれば、1~2割程度の値引きがあったという人もいるようです。

また値引きの代わりに仕様のアップグレードをしてもらったという声もあり、フランチャイズということも関係しているのか、その値引き対応はいろいろ。

値引きがなくても十分リーズナブルな価格設定になっていますが、もう少し予算内におさまるようにしたいというような場合は、直接担当者にたずねましょう。

アイフルホームと同価格帯のハウスメーカーはどこ?

桧家住宅

アイフルホームと同様に、フランチャイズで家づくりを手がけるハウスメーカー。

長年安心して住むことができるよう、構造体に通常よりも太い資材を採用するなど、高度な耐久性を重視しています。

高断熱・高気密なため一年中快適な環境や、規格住宅ながら自由度の高いプランなどが魅力です。

ユニバーサルホーム

大手メーカーと地元工務店の特長を融合させたフランチャイズで、高性能住宅を提供しています。

無垢材の床暖房や一段下がったリビングなど、快適に過ごせるアイディアが詰まったプランが魅力。

30年の長期保証や定期点検もあり、家族全員が安心して暮らせる住まいです。

アイフルホームのおすすめプラン・ラインナップを紹介

「家に合わせて暮らすのではなく、暮らしに合わせた家を建てる」を重視した、こだわりをカタチにする家「フェイボ」シリーズが充実しています。

ライフスタイルによってデザインが選べ、より快適な暮らしが実現可能です。

1:FAVO for ZEN

近年では洋風住宅が増える中、和風住宅の良さも注目されるようになりました。

日本古来の和のテイストに現代の機能性をプラスした和モダンスタイルは、落ち着いた雰囲気で、安らぎも与えてくれます。

縁側を思わせるウッドデッキやタタミの小上がりリビング、充実した収納スペースも魅力で、夜間にライトアップされる庭のシンボルツリーは四季の移り変わりを楽しませてくれます。

2:FAVO for KIDS

子供の想像力・自主性・好奇心が伸ばせる工夫や、子育てが楽になる動線が配慮されたプラン。

リビング全体が見渡せるキッチンの配置、勉強がしやすい掘りごたつ式カウンター、玄関直結の手洗いコーナー、雨の日も洗濯が干せるインナーバルコニーなど、機能的で家族全員が笑顔になれるアイディアが満載です。

3:FAVO for SKY

空を眺める解放的なプラン。

リビングの大きな窓からは空が眺められ、採光性・通気性も抜群なうえ、プライバシーも考慮されています。

リビングからは広々としたバルコニーに通じていて、家族や友人とのバーベキューや子供のプール遊び、ガーデニングなど、さまざまな用途に活用可能。

キッチン前の多目的カウンタースペースは、子供の勉強コーナーや書斎、家事コーナーなどに限らず、夫婦が楽しめるバーカウンターとしても利用できます。

平屋プラン:FAVO for HIRAYA

「平屋住宅はゆとりがない」という概念をくつがえす、空間を最大限に活用した自由度の高い住まい。

ルーフ付きウッドデッキやインナーデッキのほか、子供の勉強コーナー、書斎、独立した洗面室、大容量収納スペースなど、便利で快適に過ごせる工夫が詰まっています。

階移動のないワンフロアなので、生活動線も良く開放的です。

資料をまとめて請求する⇒

アイフルホームの保証・アフターサービスが充実!

完成引渡保証

建築途中で、万が一契約した店舗が倒産などの理由で家づくりが進められなくなっても、住まいの完成と引き渡しを100%保証します。

最長30年保証

住宅の性能を維持するためには、定期的なメンテナンスが必要となります。

アイフルホームでは、基礎・柱などの構造耐力上必要な部分と雨水の侵入を防止する部分を10年間保証。

その後は10年ごとの有料点検・有料メンテナンスをすることで最長30年まで保証の延長が可能です。

耐震補償

優れた耐震性能の住まいづくりを手がけていますが、さらに安心して暮らせるように、耐震補償付き住宅も用意。

地震の揺れを起因に家が全壊し、建て替えが必要になった場合、その費用を一部負担します。

長期継続点検

引渡しから20年間(2ヶ月・6ヶ月・1年・2年・5年・10年・15年・20年)の無料点検に加え、その後10年ごとの有料点検を受けることで、最長60年の点検を実施。

子供世代にも安心して引継ぎができます。

アイフルホームは建て替え・リフォームも行っている?

困りごと解消や不便な設備の交換などから、2世帯住宅への増築など、リフォームも建て替えも対応しています。

また子供の自立などで広いスペースが不要になったなどの理由で、2階建てから平屋への減築も可能。

まずはしっかり問題点や希望を聞き、最適なプランを提案します。

外装塗装・設備交換・内装の新調など、なんでも気軽に相談しましょう。

資料をまとめて請求する⇒

まとめ

地震や火事、台風などの災害にも負けない高性能住宅を手掛けるアイフルホームは、大手住宅設備会社LIXILグループに属するフランチャイズメーカー。

最新の住宅設備に囲まれながら快適に過ごせる住まいを、リーズナブルに叶えることができます。

ぜひ一度モデルハウスを見学してみてください。

今月の人気記事
ハウスメーカーランキング2021〜住宅メーカーの坪単価や評判と宅建士が教える選び方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\ 住宅メーカー選びで失敗しないために! /