グッドリビングの最新の評判・口コミを編集部が徹底調査!坪単価や価格は?間取りや耐震性はどう?

マイホームの夢は各家庭によって違います、10組の家族がいれば10の理想のマイホームがあるでしょう。

マイホームの夢をかなえるためには、自分たちにあったハウスメーカーを選ぶことが大切。

ハウスメーカー選びは、何を基準に選んだらいいのかわからないという方は、まずいろいろなハウスメーカーの特徴や強み、こだわりを知ることから始めましょう。

これから紹介するグッドリビングというハウスメーカーは、浜松市を拠点に神奈川、静岡、愛知、岐阜県の注文住宅を設計施工している地域密着のハウスメーカーです。

グッドリビングについてコンセプト、特徴、性能、デザインなど詳しく紹介します。

実際にグッドリビングで注文住宅を建てた方の口コミや評判も集めていますので、参考にしてください。

また、本文に入る前にあなたに一つ質問をさせてください。

「ハウスメーカーを選ぶ際に最も大事なことは何だと思いますか?」

もちろん正解は一つではありませんが、私は「しっかりとハウスメーカーの特徴や違いを理解し、比較・検討した上で絞り込むこと」だと考えています。

住宅業界で働いた経験があるような人以外は、ハウスメーカー毎にどういった違いがあるのか理解している人は少ないはずです。

それぞれの会社の坪単価やデザイン性の違い、耐震性や気密性・断熱性、購入後のアフターフォローに間取りの自由度、木造なのか鉄骨造なのかなど違いは多岐に渡ります。

事前にしっかりと情報収集を行わずに、いきなり住宅展示場等に足を運び、フィーリングで依頼するハウスメーカーを決めてしまう。

このような人は、「もっと自分の条件にあったハウスメーカーがあった・・・」と後から気づき、一生後悔するような羽目になります。

マイホームは人生でもっとも大きな買い物です。面倒だからといって事前の下調べや比較・検討を怠ることは絶対にやってはいけません。

ネットでの情報はもちろんのこと、より一次情報に近い信頼性の高い情報に多く触れるようにすることで、ハウスメーカーを選ぶ目が養われていきます。

またハウスメーカーの多くは、無料でカタログや資料請求ができるので、少しでも気になった業者からは積極的に資料を取り寄せるようにしましょう。

(カタログや資料の中には、Webサイトには掲載されていないより具体的で有益な情報が掲載されています。)

最初のころはどのハウスメーカーもそれぞれよく見えるのですが、情報を仕入れていくにつれ、それぞれの違いや自分にとっての良い・悪いが分かるようになるので。

ただし、何社ものハウスメーカーにいちいち資料請求をするのは、面倒ですし手間がかかるもの。

最近ハウスメーカーを選ぶ人の中で主流になっているサービスが、無料カタログ一括請求サービス」です。

 

0からハウスメーカーを絞り込まなくても、予算やローコスト住宅などのテーマ、建築予定のエリアを選ぶだけで、条件にあったハウスメーカーがピックアップされます。

利用料はもちろん無料ですし、資料請求をしたからといって、迷惑でしつこい営業に悩まされる心配もありません。

少しでも気になったハウスメーカーがあればひとまず資料を請求してみることで、最初は考えてもいなかったハウスメーカーの中に、自分の条件とぴったりマッチした出会いがあることも多いです。

大手や地場の工務店などの先入観を取り払い、フラットな目線でいろいろな情報を取り入れてみてください。

しっかりと比較・検討を重ねた上で依頼したハウスメーカーであれば、間違いなく依頼後も納得がいくはずです。

スマホやPCから3分もあれば依頼ができるので、ほんの少しの手間を惜しんで、一生後悔するようなことの無いようにしてくださいね。

 

それではここから、本文に入っていきましょう。

グッドリビングで実際に購入した人のリアルな評判・口コミ・感想集めました

ハウスメーカー選びの時に実際にそのハウスメーカーで建てた人の声は、リアルな様子がわかるのでとても参考になります。

グッドリビングで住まいづくりをした方の、口コミ、評判を集めました。

グッドリビングの良い評判・口コミ・感想

子供がまだ小さいうちにマイホームを建てたくて、展示場をまわり、どのハウスメーカーにしようかと比較検討していました。住まいづくりで一番大切にしたのが、子育てをしやすい環境を作りたいということ。子供が小さいうちは家事をしていても子供から目を離すことができません。そんな時にグッドリビングさんの、「コトハグ」の住まいを知り、まさにこんな家に住みたいと思い、相談しました。営業の方は私がどんな家にしたいのか、という話をしっかり聞いて適切なアドバイスをしてくれましたし、ご自身の子育て体験も話してくれて、一気に打ち解けることができました。コトハグは、コストもお手頃ですし、家族とコミュニケーションがとりやすい間取り、家事がしやすい動線、たっぷりの収納など住みやすくて、本当に快適です。

モミの木の住まいが気になって「momi」の商品をお願いしました。見学会でmomiを体験したときに、匂いの良さ、部屋の空気の快適さや爽やかな感じ、モミの木のフローリングの肌触りの良さを感じて、子供たちも気に入ったのが理由です。無垢の木のフローリングよりもとても感触が良く感じましたし、さらっとしています。営業の方の説明では、断熱性や耐震性などの性能も高いということでしたが、確かに住んでみて、夏は涼しくて、冬は暖かいので、温度が快適。冷暖房器具をあまり使わなくなったので、以前よりも光熱費が抑えられています。

平屋の住まいに興味があって、夫婦で多くのハウスメーカーの平屋の住まいについて調べていました。ハウスメーカーの見学も、平屋の商品がそろっているところを主に見学。機能的で住みやすそうだなぁ、と感じたのが、グッドリビングの平屋の住まいです。平屋の住まいは意外にコストがかかる家が多かったですが、グッドリビングの商品はコストを抑えられています。間取りをいろいろと提案してもらったのですが、無駄がない間取りで暮らしやすそうだと思い決めました。実際に住んでみた、無駄なスペースがなく、動線も考えられていて、暮らしやすさを夫婦で実感。窓から見える庭の自然を感じながら、広いリビングで食事していると、この家にしてよかったなぁと思います。

自然素材にこだわった住まいにしたかったので、グッドリビングの住まいづくりは私たちにあっていると思いました。裸足で歩いた時の肌の感覚がいいですし、冬でも床暖房が入っているように暖かいので、はだしで過ごしています。無垢の木の素材を使っているハウスメーカーは多いですが、モミの木はグッドリビングの特徴ですね。部屋の空気が梅雨の時期でも爽やかなのは、モミの木の効果ではないでしょうか。営業の方も知識が深くて、性能についてもわかりやすく説明してくれて、信頼できました。

予算内で、希望通りの住まいを作ることができ、他のハウスメーカーでは無理と言われたことも、グッドリビングさんが実現してくれました。ローコストの住まいだと性能が心配になりますが、性能も高くて住みやすく、快適。これだけ高品質でローコストな住まいは、他のハウスメーカーでは、なかなかないと思います。無理なローンを組まなかったことで、生活にゆとりがあるのが嬉しいです。

よく読まれてるおすすめ記事
ハウスメーカーランキング2021〜住宅メーカーの坪単価や評判と宅建士が教える選び方

グッドリビングの悪い評判・口コミ・感想

グッドリビングにお願いしたのは、地元で大きなハウスメーカーで実績が多く、コストが安かったからです。営業の方の対応も良くて、注文住宅の住み心地も満足。アフターサービスは、最初の3年間は定期点検などのお知らせが来ていましたが、その後はこまめに連絡が来なくなり、自分たちから連絡するようになりました。

グッドリビングは地元のハウスメーカーですが、それなりに大きな会社で、施工範囲も広いですね。私たちの土地でも施工してくれるとなり、どうせ頼むなら実績がある地元の会社がいいと思いお願いしました。実績や口コミを見る限りでは、評判がいいので安心していましたが、現場に関しては地域差があると実感。対応が良くなくて、聞いても曖昧な返事をされるので疑問に思いました。出来上がった家や営業の方に不満がなかっただけに、そこだけが残念に思います。

営業担当の対応が良くなかった。質問してもすぐに対応してくれない、返信が遅いなど、不安に思ったので結局変えてもらった。次の担当は、知識が深く、わかりやすい説明でとても安心。もっと早い段階で営業を変えてもらえばよかったと思っています。

グッドリビングに依頼するメリットとデメリットを徹底調査

グッドリビングに依頼するときのメリット、デメリットはどんなことでしょうか?

口コミや評判、公式情報をもとに調査してまとめました。

グッドリビングに依頼するメリット

グッドリビングは他のハウスメーカーとどのような違いがあるのでしょうか。

依頼するメリットを紹介します。

商品ラインナップが幅広い

自由設計の住まいから、子育てを育む住まい、コスパがいい平屋の住まい、自然素材の家など、商品ラインナップが幅広いので、いろいろなお客様が要望する住まいづくりが可能です。

100組の家族があれば100通りの住まいがあるというほど、家庭によって理想とするマイホームは違います。

様々な住まいのラインナップで、予算内で理想の住まいを作ることができます。

モミの木の素材

自然素材の家「momi」は、グッドリビングの代表的商品の一つ。

momiの特徴は、モミの木という素材を使用していることですが、無垢の木や杉の木とも違うモミの木ならではのメリットが沢山あります。

特に調湿効果や消臭力が高い素材なので、部屋の空気をさわやかに保つことができる素材です。

コストが安い

グッドリビングの人気の理由の一つは、コストが安くマイホームを建てることができることです。

ローコストで性能が悪いというわけではなく、性能もクオリティが高い住まいづくりを行っているのがグッドリビングに依頼するメリット。

どうしてローコストが実現するのかというと、創業以来40年間の施工実績で、計画的に仕入れを行う企業努力、徹底的なコストカットによるものです。

グッドリビングに依頼するデメリット

メリットがわかったところで、デメリットについても調べてみました。

営業所によって対応が違う

口コミから感じるのは、営業所によって営業マンの知識の差がある、対応が違うということです。

人によって感じ方も違いますので、ある程度はしょうがないと思いますし相性もあります。

合わないと感じた方は、早めに担当営業マンを変えてもらいましょう。

グッドリビングを検討中の方へおすすめしたい特徴・こだわり

ハウスメーカー選びのためには、そのメーカーの特徴やこだわりを知っておくことが大切。

グッドリビングのデザイン、間取り、性能について詳しくまとめました。

デザイン性・外観

自然素材で何十年という長く暮らしていける住まいづくりを、コンセプトにしているグッドリビングの家づくり。

もみの木を使用した住まいでは、樹齢を重ねたもみの木を使用するなど、素材ひとつひとつまでこだわりを持って住まいづくりを行っています。

デザインはお客様の好み、商品によってどんなタイプにも対応。

ナチュラル、シンプルなキューブ型、洋風、和風など様々なデザインに対応しています。

工法

木造軸組工法

2×4工法

耐震性

地震があっても、倒れない、壊れない家。

そのためにも耐震性の高さは大切です。

グッドリビングの耐震性能について紹介します。

制震ダンバー搭載

グッドリビングでは、αダンバーEXⅡという制振装置を搭載し、建物の粘り強さをグレードアップ。

制振装置は繰り返し手で起こる揺れを吸収して建物の損傷を抑える働きをします。

地震の時に、何度もくりかえし起こる余震にも対応して、揺れの力を吸収。

建物の変形を1/2に抑え、損傷を軽減する効果があります。

ベタ基礎の採用

建物を支える基礎は、耐震性にも大きく感消します。

グッドリビングでは、コンクリートを前面に敷いたベタ基礎を採用し、建物をしっかり支えます。

地震だけではなく、台風などの自然災害の時にも強い基礎は安心です。

断熱性

グッドリビングの住まいは、2020年の省エネ基準に対応しています。

断熱材には、高性能グラスウールを採用。

断熱性能を高くすることで、部屋間の温度差をなくして冬場のヒートショックのリスクを軽減。

断熱性能は、過ごしやすさだけではなく健康面でも安心して住むことができる家を実現します。

気密性

断熱性、気密性能をアップするために、開口部分にLow-E複層ガラスを採用しました。

外の気温に室内が影響されることなく、気密性を高くして住まいの断熱性能を下げない効果。

また、結露の発生も抑えますので、住まいの耐久性もアップします。

防火・耐火性

自然素材の中でも素材を厳選して、耐火性の強い燃えにくい気を選ぶなどのこだわりの素材選びが特徴的です。

間取り

間取りは、商品ラインナップによってさまざまな間取りが可能。

プラス・ワンの住まいでは、家族のライフスタイルによって、様々な間取りが可能。

規格住宅ではなく、自由設計のプランの場合は家族のスタイルによって間取りを暮らしやすく変更します。

グッドリビングで新築を建てたらいくらくらいになる?価格は?

ハウスメーカー選びで大切なポイントの一つが、価格です。

資金計画を立てて、無理のないローンを組むためにもどのくらいの価格で建てることができるかを押さえておきましょう。

グッドリビングの坪単価、そして値引きはしてくれるのかなど調べました。

グッドリビングの坪単価は?

坪単価32.5万円~45.2万円

グッドリビングで値引きするならいくら?

グッドリビングの値引きに関する口コミはありませんでした。

ローコスト住宅なので値引きは対応していないのかもしれませんね。

グッドリビングと同価格帯のハウスメーカーはどこ?

グッドリビングと同じくらいのハウスメーカーをあげて、比較してみましょう。

タマホーム

ローコストメーカーと言えば、一番に名前があがるタマホーム。

大手メーカーならではの徹底したコストダウンで、ローコスト高品質な住まいづくりを可能としました。

良質な国産材の仕様、長期優良住宅を上回る品質など、人気があるのも納得です。

レオハウス

レオハウスも坪単価が安く、タマホームと似たプランとコストから比較されることが多いです。

大手メーカーですが、営業マンが親身になってシンプルで素朴な住まいづくりを行っています。

グッドリビングのおすすめプラン・ラインナップを紹介

グッドリビングのおすすめプラン、ラインナップを紹介します。

1:コトハグ

コトハグのコンセプトは「育む家」

様々なシチュエーションの「育む」を大切にして、住まいが住んでいる人を包み込む住まいです。

「こどもを育む」・・子育てをしている家族に、子どもを育む巣を作ります。

子育てを暖かく見守るということが、子供の成長を見届ける安心できる空間。

子供のためだけではなく、親もゆったりでき、ストレスなく子育てができる環境を作ります。

「家族の愛を育む」・・夫婦、親子、祖父母、そしてペットまで家族の人間関係を潤滑にして、愛があふれた住まいにします。

「自然に育まれる」・・ガーデニング、菜園など、季節の自然を楽しむ、自然の恵みをいただく住まい。

2:momi

Momiはもみの木を素材としたナチュラルな住まいづくりです。

家に使われている木材は、杉やヒノキが有名ですが、モミの木にも優れた性能がたくさんあります。

木のぬくもりと肌触りの良さ、森の香り、調湿効果があり空気がさわやか、消臭力が高くて室内の空気をきれいに保つなど、様々な効果あり。

素材だけではなく、家の設備にもこだわり、水回りの設備など使いやすいものをそろえています。

3: プラス・ワン

シンプルなスクエア型のデザインは、飽きがこなくて周りに溶け込むデザイン。

住む人のこだわりをプラスした住まいづくり、オンリーワンの住まいを作っています。

部屋の空気の改善、快適なフローリング、住まいの素材にこだわることで、ランニングコストを抑えた住まいづくりを実現しました。

耐震性、断熱性などの性能の高さも注目です。

平屋生活

機能性と経済性に優れた平屋のプランです。

住む人の幸せを追い求めた家は、間取りを工夫することで快適なくらいが可能。

フラットで使いやすい生活動線、自然を感じる間取り、地震と災害に強い平屋建てのメリットを体感することができます。

グッドリビングの保証・アフターサービスが充実!

住まいづくりの場合、建てるときのことだけではなくて、住んでからのアフターケア、メンテナンスについても考えなければいけません。

グッドリビングではどんな保証があって、アフターサービスはどうなっているのでしょうか?

60年長期保証

ハウスジーメンの住宅瑕疵担保責任保険によって、60年の長期保証を全棟で採用しています。

※60年の長期保証は、10年ごとの有償メンテナンスの実施が条件です。

グッドリビングは建て替え・リフォームも行っている?

グッドリビングでは、リフォーム業務も行っています。

スタッフブログには、リフォームの様子が書かれていますが、様々なリフォーム業務を受けていますので、リフォームを考えている方は、ホームページよりお問い合わせください。

グッドリビングは期間限定のキャンペーンを実施中!

期間限定で行っているイベントについて紹介します。

WELCOME to ZERO-CUBE

場所:グッドリビング西尾店

日にち:2/5~2/8

時間:10:00~19:30(完全予約制)

内容:モデルハウス見学会開催。

取りのこと、ローンのことで心配な方が気軽に相談できます。

WEB予約限定来場特典

① 商品券4,000円分

② 小学生以下のお客様対象でお菓子に詰め合わせをプレゼント

土地・ローン相談会

場所:グッドリビング半田店

日にち:2/5~2/8

時間:10:00~19:30

内容:土地、ローンに関する相談会を実施します。

半田店にあるモデルハウスは「ZERO-CUBE+BOX STORAGE」

WEB予約限定来場特典

① 商品券4,000円分

② 小学生以下のお客様対象でお菓子に詰め合わせをプレゼント

まとめ

浜松市に会社構える、グッドリビングについてどんな住まいづくりをしているのか、こだわりや特徴を詳しくまとめました。

グッドリビングは創立40周年の地域密着の会社で、静岡県だけではなく、近隣県のも施工範囲に入っています。

「いい家を、より安く。」というコンセプトで住まいづくりを行っていて、今までの実績からも信頼できるハウスメーカーと言えるでしょう。

グッドリビングに住まいづくりをもっと知るためには、お近くのモデルハウスを見学してください。

今月の人気記事
ハウスメーカーランキング2021〜住宅メーカーの坪単価や評判と宅建士が教える選び方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です