大和ハウス工業の最新の評判・口コミを編集部が徹底調査!坪単価や価格は?間取りや耐震性はどう?

マイホームを考えたときは、どんな住まいにするのか具体的にイメージを固めることから始めましょう。

現在住んでいる住まいの不満を書き出して、新しい家に反映させることから始め、どんな家がいいのか、機能やデザイン、設備なども考えていきましょう。

自分たちの理想のマイホームを考えたら、それを実現してくれるハウスメーカー選びが大切です。

大和ハウス工業は注文住宅だけではなく、分譲住宅、建売住宅、不動産売買など様々な不動産業務を行っているハウスメーカー。

ここでは、大和ハウス工業の注文住宅のデザイン、特徴、こだわりなど詳しく見ていきましょう。

また、本文に入る前にあなたに一つ質問をさせてください。

「ハウスメーカーを選ぶ際に最も大事なことは何だと思いますか?」

もちろん正解は一つではありませんが、私は「しっかりとハウスメーカーの特徴や違いを理解し、比較・検討した上で絞り込むこと」だと考えています。

住宅業界で働いた経験があるような人以外は、ハウスメーカー毎にどういった違いがあるのか理解している人は少ないはずです。

それぞれの会社の坪単価やデザイン性の違い、耐震性や気密性・断熱性、購入後のアフターフォローに間取りの自由度、木造なのか鉄骨造なのかなど違いは多岐に渡ります。

事前にしっかりと情報収集を行わずに、いきなり住宅展示場等に足を運び、フィーリングで依頼するハウスメーカーを決めてしまう。

このような人は、「もっと自分の条件にあったハウスメーカーがあった・・・」と後から気づき、一生後悔するような羽目になります。

マイホームは人生でもっとも大きな買い物です。面倒だからといって事前の下調べや比較・検討を怠ることは絶対にやってはいけません。

ネットでの情報はもちろんのこと、より一次情報に近い信頼性の高い情報に多く触れるようにすることで、ハウスメーカーを選ぶ目が養われていきます。

またハウスメーカーの多くは、無料でカタログや資料請求ができるので、少しでも気になった業者からは積極的に資料を取り寄せるようにしましょう。

(カタログや資料の中には、Webサイトには掲載されていないより具体的で有益な情報が掲載されています。)

最初のころはどのハウスメーカーもそれぞれよく見えるのですが、情報を仕入れていくにつれ、それぞれの違いや自分にとっての良い・悪いが分かるようになるので。

ただし、何社ものハウスメーカーにいちいち資料請求をするのは、面倒ですし手間がかかるもの。

最近ハウスメーカーを選ぶ人の中で主流になっているサービスが、無料カタログ一括請求サービス」です。

0からハウスメーカーを絞り込まなくても、予算やローコスト住宅などのテーマ、建築予定のエリアを選ぶだけで、条件にあったハウスメーカーがピックアップされます。

利用料はもちろん無料ですし、資料請求をしたからといって、迷惑でしつこい営業に悩まされる心配もありません。

少しでも気になったハウスメーカーがあればひとまず資料を請求してみることで、最初は考えてもいなかったハウスメーカーの中に、自分の条件とぴったりマッチした出会いがあることも多いです。

大手や地場の工務店などの先入観を取り払い、フラットな目線でいろいろな情報を取り入れてみてください。

しっかりと比較・検討を重ねた上で依頼したハウスメーカーであれば、間違いなく依頼後も納得がいくはずです。

スマホやPCから3分もあれば依頼ができるので、ほんの少しの手間を惜しんで、一生後悔するようなことの無いようにしてくださいね。

それではここから、本文に入っていきましょう。

大和ハウス工業で実際に購入した人のリアルな評判・口コミ・感想集めました

大和ハウス工業の情報は、公式ページで知ることができますが、公式ページでは知ることができない情報も参考にしたいです。

実際に建てた人のリアルな感想や口コミ、評判をまとめました。

大和ハウス工業の良い評判・口コミ・感想

マイホームづくりの技術も一流ですし、スタッフの提案力や対応も一流で、ダイワハウスが建てる住まい以外考えられなくなり、契約しました。特に耐震性能、断熱性能などの性能の高さは、他のハウスメーカーよりもひとつとびぬけている感じがします。リビングや窓を広く、大きくとりたいと思っていましたが、耐震性能を考えるとどうなんだろうと相談。独自の技術による高い耐震性、間取りの自由度を可能にしたプランを提案していただき、説明は素人にもわかるように丁寧にわかりやすく説明してくれるので、安心できました。理想の邸宅を作ることができて満足です。

よく読まれてるおすすめ記事
ハウスメーカーランキング2021〜住宅メーカーの坪単価や評判と宅建士が教える選び方

一生に一度の大きな買い物、高額をかけるわけですから、安心、安全の信頼感は、やはり大手のハウスメーカーが違うと思います。大手のハウスメーカーだとどうしてもコストが高くなり、ダイワハウスも決して安くはないですが、それだけの価値がある建物を作ってくれます。住まいのこだわりが多くて、色々要望を伝えましたが、毎回素敵なプランを作ってくれるので打ち合わせはとても楽しかったです。夫の趣味が楽器演奏で、絶対作りたいといっていたのが防音室。防音室というと、狭くて暗いというイメージでしたが、ダイワハウスノ防音室は、広くて高い天井、明るい防音室を作っていただき、夫が大満足しています。

天井が高いので、高級感があり開放的、それに天井が高いのは部屋が広く見えますね。白い壁は清潔感があり、アクセントに素材が違うタイルなどを使うことで、おしゃれでスタイリッシュな印象。一番気に入っているのは、こだわったキッチンで収納力、動線、キッチンから、子供たちがいるリビングまで見渡せるのも安心。水回りは清潔感があり、掃除のしやすさも気に入っています。要望に対応してくれて、様々なアイデアを出してくれたスタッフの方に感謝しています。

完全に和風というわけではなく、和と洋を泡さえた和モダンのデザインが気に入っています。リビングは吹き抜けにすることで、明るい日差しが家全体に差し込んでくるので気持ちがいいですね。LDKの一角には和室を設けて、日本的なスペースも作りましたが、子供がお昼寝によく使っていますし、私も休憩するときは和室が安らぎます。やっぱり日本の良さを感じるものを取り入れてよかったと思いますし、和と洋を組み合わせることで、モダンでおしゃれなデザインになり、友達も褒めてくれます。住まいのデザインは、本当に悩みましたが、いろいろなタイプの住まいづくりをしてきたダイワハウスさんだからこその提案。打合せから施工、完成まで満足で納得のいく住まいづくりができました。

断熱性がとても高いと住んでいて感じます。xevoにしましたが、外張り断熱外壁が標準装備で、住まいを丸ごと断熱材で包み込んでいますので、冬の暖かさが全く違いました。耐火性、遮音性、耐震性などすべての性能のレベルが、他のハウスメーカーとは違うと思います。これも大手のハウスメーカーの強みではないでしょうか。もちろん、その分価格が上がりますが、それに見合った住まいを作っていると思います。住まいは一生に一度の高額な買い物、そして家族を守る城なので、後悔がない住まいづくりができて納得価格でした。

大和ハウス工業の悪い評判・口コミ・感想

他の商品よりも安い木造住宅のグランウッドにしました。色々欲張ってオプションを付けたらかなり高額になってしまった。最終的には、鉄骨でも行けるのではというくらい高額になったので、ちょっと後悔しています。オプションを付けるときは、予算オーバーしないように気を付けたほうがいいですね。

大和ハウスか、セキスイハウスか悩んでいて最終的に大和ハウスにしました。住み心地はとてもよく、部屋の室温の差がない、夏でもひんやり涼しいと1年を通して快適に暮らすことができます。メンテナンス費用が少し高いのが気になりました。他の工務店の見積もりより高いので、他でやってもらおうかとも思いましたが、調べると一度でも他に依頼すると、大和ハウスの保証が切れるということでやめました。

設計士の方ともっと打ち合わせを密にしたかったです。契約した後に設計士との打ち合わせがなくなり、要望は営業担当を通して行いました。大和ハウスは全国に店舗があり、店舗やスタッフによっても対応が違うという印象でした。

大和ハウス工業に依頼するメリットとデメリットを徹底調査

ハウスメーカーによってこだわりや特徴が違うように、メリットとデメリットがあります。

大和ハウス工業に依頼するメリットとデメリットを紹介します。

大和ハウス工業に依頼するメリット

大和ハウス工業に依頼するメリットは何でしょうか?具体的にまとめました。

長期保証

住んでからの安心した暮らしのための、長期保証が可能なのがメリット。

住宅の瑕疵に関する初期保証30年というのも充実しています。

多くのハウスメーカーの場合、長期保証が可能なのは同じですが、大和ハウス工業の場合、初期保証は10年のメーカーがほとんど。

初期保証30年の間は定期点検が無料でコストを抑えることができます。

耐震性の高さ

大和ハウス工業は、木造から鉄骨など様々な工法で住まいづくりを行っています。

それだけに耐震に対する考えも、各工法によって違うのが特徴的。

優れた耐震性能を可能にしたのは、日ごろの研究、実験、検証、を繰り返しているから。

最新の技術を搭載して地震に強い住まいを作っています。

工法がいろいろある

ハウスメーカーの中でも多くの工法から選ぶことができるのは、大和ハウスのメリット。

木造住宅を希望する人、鉄骨住宅を希望する人、また工法について迷っている人にも、ヒアリングしながら、マイホームの最適な工法を提案しています。

大和ハウス工業に依頼するデメリット

大和ハウス工業に依頼するデメリットをまとめましたので参考にしてください

コストがかかる

性能が高く、デザイン性も高い大和ハウスのマイホームはどうしてもコストが上がります。

特に木造住宅以外の住まいは坪単価が高くなってしまいますので、無理のない資金計画で立てることが大切。

しかし、それだけの価値がある住まいを建てていると自信を持っています。

地域によって対応が違う

これはどこのメーカーにも言えることかもしれませんが、大和ハウスの口コミを見ても、営業マンの対応が良かった、悪かったとバラバラです。

営業所によって対応が違い、強引な営業が嫌だった、契約後に態度が変わったなど、悪い口コミもありました。

担当と合わないと感じる場合は、担当を変えてもらうことも可能です。

大和ハウス工業を検討中の方へおすすめしたい特徴・こだわり

大和ハウス工業の住まいづくりの特長、こだわりを項目ごとにまとめました。

デザイン性・外観

優れたデザイン、設計を行う「ハウジングマイスター」認定制度を取り入れて、お客様の要望を生かしながら、それを超えるアイデアを提案。

他にはない高いデザイン性の住まいを建てます。

また内装やインテリアは、高い能力を備えた「エクセレントインテリアコーディネーター」が在籍していますので、お客様の住まいづくりをサポートします。

工法

木造軸組工法

鉄骨系プレハブ

重量鉄骨

耐震性

ダイワハウスの住まいづくりのコンセプトの一つが「強い家をつくろう」。

強さは色々ありますが、地震に強い家を作るというのも、大切なことです。

研究、実験、検証を繰り返して品質の性能を高めました。

耐震性能について商品ごとに紹介します。

xevoシリーズの耐震性能

Σは、独自のエネルギー吸収型耐力壁のD-NΣQST(ディーネクスト)を標準で搭載しています。

大きな揺れに耐えるだけではなく地震のエネルギーを吸収して建物の揺れを早く収集させる効果があります。

そしてもう一つが持続型耐震構造。

建物自体の重さ、家具などの重さによる縦方向から加わる力は、梁と柱が支えます。

地震や台風などによる横方向に加わる力は、耐力壁が受け止める構造です。

木造住宅の耐震性能

構造躯体には耐震性能が高い構造用集成材を採用しています。

木造の場合は接合部分に負荷がかかりますが、接合金物を採用することで地震に強い建物が完成。

接合金物にはダイワハウス独自のものを使用して、断面欠損を大幅に減らしました。

木の強さ本来の力を生かした工法です。

スカイエの耐震性能

スカイエシリーズは重量鉄骨の住まいで、建物の強さと自由度を兼ね備えた住まいです。

また地盤に合わせて基礎の構法を変えることで、強固な基礎を作ります。

制振パネルにはΣ型制振装置を搭載。揺れを軽減し、建物の変形を低減。

間口方面、奥行き方向にバランスよく配置することで、高い制振効果を発揮しています。

鉄骨の耐震性能

鉄骨の商品シリーズでは、平屋、2階建て、3階建てと建物の形によって、適した耐震対応をしています。

断熱性

大和ハウスのスタンダード商品xevoΣでは、天井、外壁、床を高断熱の断熱材で隙間なく包み込んで住まい全体を高断熱化することを実現しました。

また、多くの商品で外張り断熱通気外壁を採用し、冬は暖かく、夏は涼しい快適な室内環境を作ります。

気密性

いくら断熱性能が高くても、気密性が低ければ住まいの快適な空気は外に逃げてしまいます。

xevoΣでは、様々な部位へ気密対策を行い、建物の隙間をなくして外への熱漏れを防止しています。

防火・耐火性

xevoシリーズで採用されている高性能の耐火構造外壁は、840℃の炎にも耐える、高いん防耐火性能の外壁です。

また独自構造の軒裏、火災警報器の標準装備なども耐火性、防火性の高い住まいを可能にしました。

間取り

注文住宅の場合は、間取りを自由に設計できるのでライフスタイルに合った間取りを考えるのが大切。

どんな暮らしがしたいのかをコンセプトに間取りを考えましょう。

大和ハウス工業で新築を建てたらいくらくらいになる?価格は?

大手のハウスメーカーはコストが高く設定されていますが、大和ハウスの新築の価格はいくらでしょうか。

坪単価、値引き、同価格帯のハウスメーカーについて紹介します。

大和ハウス工業の坪単価は?

坪単価70万円~100万円

 大和ハウス工業で値引きするならいくら?

リアルな口コミによると、値引き率は5~7%と、一般的なハウスメーカーと変わらない値引き率です。

大和ハウス工業と同価格帯のハウスメーカーはどこ?

大和ハウスと同じくらいの価格帯のハウスメーカーはどこでしょうか。

同価格帯のハウスメーカーと比較検討してみましょう。

ウィザースホーム

坪単価50万円~100万円。

地球と家族にやさしい住まいづくりを目指し「人も家もロングライフ」というコンセプトに100年時代を見据えたライフサイクルコストを追求した住まいづくりです。

つい刑25,000棟の実績、ノウハウを生かした自由設計のプランづくりです。

三井ホーム

坪単価60万円~100万円と大和ハウスと同価格帯のハウスメーカー。

ツーバイフォーの木造住宅を独自の技術で進化させた、高耐震、高断熱の、プレミアム・モノコック構法を採用しています。

先進の構造技術、高いデザイン性が特徴的です。

大和ハウス工業のおすすめプラン・ラインナップを紹介

大和ハウス工業では、デザイン、コンセプト、そして工法によって、様々な商品を提案しています。

大和ハウス工業のおすすめ商品ラインナップを紹介します。

1:xevo Σ

大和ハウスのスタンダードモデルのxevoΣ。

天井高2m72cmと開放感のある間取りと持続型耐震、外張り断熱が特徴です。

工法は鉄骨系プレハブで、坪単価は70万円台、80万円以上の人気のラインナップです。

大空間、大開口の開放的な住まいは、家族が集まる広いLDKを可能と士、柱が少なく自由度の高い設計と自由度がアップしました。

2:xevo ADVANCE

持続型耐震、ZEH基準の断熱性能、防水・高対候性と、独自のテクノロジーを使用した注文住宅を作っているxevo ADVANCE。

印象的な外観が多く、長年愛されるデザインで個性も演出。

ライフスタイルに合わせて選べる外壁が特徴的です。

3:skye

ダイワハウスノ重量鉄骨住宅のシリーズskyeは3.4.5階建て頑強なマイホームを実現しました。高強度、高耐震、高耐久と安心安全のテクノロジーは、大和ハウスの技術を結集。

マイホームだけではなく、賃貸マンション、店舗や医院などの複合利用も可能な商品ラインナップです。

xevoGranWood -平屋暮らし

昔ながらの日本の技術と、ダイワハウスノ進化した技術作る、平屋住宅。

勾配の天井は天井が高く開放感あふれる間取り。

横の広がりだけではなく、小屋根裏を有効活用することで、平屋でも殺陣の広がりがある開放的な空間を実現しています。

シリーズには空間の提案は4つありますので、お好みのものを選択してください。

大和ハウス工業の保証・アフターサービスが充実!

ハウスメーカー選びでチェックしておきたいことの一つが、保証とアフターサービス。

建てた後のこともしっかりチェックしておきましょう。

初期保証30年

構造耐力上主要な部分、雨水の侵入を防止する部分の初期保証は30年。

他の多くのハウスメーカーは初期保証10年に設定していることが多く、初期保証から長期保証と言えるでしょう。

また防蟻保証は、初期保証10年。

この3つの保証は初期保証が終わって有料メンテナンス工事を行うことにより、保証が延長、最長60年と長期保証が可能です。

定期点検

1か月、6か月、12か月、24ヵ月、5年、10年、15年、15年、20年、25年、30年と定期点検を無料で実施。

その後保証を延長することで5年ごとの有料点検を実施します。

住宅設備機器保証

設備機器の保証はメーカーサイドで通常1年~2年の保証が行われますが、住宅設備機器7品目に関して、大和ハウス工業では10年保証を実行しています。

60年以降も診断・保障

住まいは長期間住む、子供の世代になっても住む場合、60年保証でも足りないかもしれません。

60年以降は、お客様の要望によって、耐久性能調査を実施。

耐久性能診断書を作成し、有料で必要間メンテナンス工事の項目と保証年限を提示しています。

アフターサポート

お客様センターを設置して24時間365日受付を行っています。

また、ダイワファミリークラブという会員限定WEBサイトをつくり、住まいをサポート。メンテンナンス情報などメールで発信しています。

※保証に関しては商品プランによっても変わりますので、公式ページをご確認ください。

大和ハウス工業は建て替え・リフォームも行っている?

不動産関連事業を幅広く行っている大和ハウス工業ですが、リフォーム業務ももちろん行っています。

年間のリフォーム件数は100,930件と、実績もあり、様々なリフォームに対応。

キッチン、トイレ、浴室など水回り、外壁など部位から選択することも可能。

そしてバリアフリー、二世帯住宅、耐震や断熱など性能のリフォームも実施しています。

まとめ

大手で信頼できるハウスメーカー大和ハウスの、特徴、こだわり、性能など詳しく紹介しました。

耐震性、断熱性が高いxevoシリーズは、大和ハウスのスタンダード商品。

自由な設計と耐震性の高さを両立させた技術は、長年独自の技術の研究によって可能になった住まいです。

そのほかにも様々な工法、幅広い商品ラインナップがありますので、多くのお客様から支持されているのも納得。

大和ハウスの住まいづくりが知りたい方は、展示場でおすすめの商品を体感してみてくださいね。

今月の人気記事
ハウスメーカーランキング2021〜住宅メーカーの坪単価や評判と宅建士が教える選び方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です