ヘーベルハウスの最新の評判・口コミを編集部が徹底調査!坪単価や価格は?間取りや耐震性はどう?

注文住宅を建てるときに、まず決めなければいけないのが建ててくれるハウスメーカー選び。

ハウスメーカー選びで大切なのは、信頼できるハウスメーカーを選ぶこと。

CMをやっている大手のハウスメーカー、全国展開している知名度が高いハウスメーカーが良いというわけではないですが、やっぱり安心感があるのは確かです。

実績を見てもいろいろなタイプの住まいを作ってきていますし、お客様のニーズに合わせて、注文住宅を作る技術もあります。

CMでもなじみヘーベルハウスは、旭化成ホームズ(株)が展開しているハウスメーカー。

安心して長く住める耐久性の高い住まいづくりを行っている、人気のハウスメーカーです。

ここでは、ヘーベルハウスの住まいづくりの特徴、強み、性能などヘーベルハウスに関する情報を深く調べてまとめました。

また、実際に購入した方のリアルな口コミ、メリット、デメリットも紹介しますので、ヘーベルハウスに興味がある方は、参考にしてください。

また、本文に入る前にあなたに一つ質問をさせてください。

「ハウスメーカーを選ぶ際に最も大事なことは何だと思いますか?」

もちろん正解は一つではありませんが、私は「しっかりとハウスメーカーの特徴や違いを理解し、比較・検討した上で絞り込むこと」だと考えています。

住宅業界で働いた経験があるような人以外は、ハウスメーカー毎にどういった違いがあるのか理解している人は少ないはずです。

それぞれの会社の坪単価やデザイン性の違い、耐震性や気密性・断熱性、購入後のアフターフォローに間取りの自由度、木造なのか鉄骨造なのかなど違いは多岐に渡ります。

事前にしっかりと情報収集を行わずに、いきなり住宅展示場等に足を運び、フィーリングで依頼するハウスメーカーを決めてしまう。

このような人は、「もっと自分の条件にあったハウスメーカーがあった・・・」と後から気づき、一生後悔するような羽目になります。

マイホームは人生でもっとも大きな買い物です。面倒だからといって事前の下調べや比較・検討を怠ることは絶対にやってはいけません。

ネットでの情報はもちろんのこと、より一次情報に近い信頼性の高い情報に多く触れるようにすることで、ハウスメーカーを選ぶ目が養われていきます。

またハウスメーカーの多くは、無料でカタログや資料請求ができるので、少しでも気になった業者からは積極的に資料を取り寄せるようにしましょう。

(カタログや資料の中には、Webサイトには掲載されていないより具体的で有益な情報が掲載されています。)

最初のころはどのハウスメーカーもそれぞれよく見えるのですが、情報を仕入れていくにつれ、それぞれの違いや自分にとっての良い・悪いが分かるようになるので。

ただし、何社ものハウスメーカーにいちいち資料請求をするのは、面倒ですし手間がかかるもの。

最近ハウスメーカーを選ぶ人の中で主流になっているサービスが、東証一部上場の「LIFULL HOME’S」が提供している「無料カタログ一括請求サービス」です。

0からハウスメーカーを絞り込まなくても、予算やローコスト住宅などのテーマ、建築予定のエリアを選ぶだけで、条件にあったハウスメーカーがピックアップされます。

利用料はもちろん無料ですし、資料請求をしたからといって、迷惑でしつこい営業に悩まされる心配もありません。

少しでも気になったハウスメーカーがあればひとまず資料を請求してみることで、最初は考えてもいなかったハウスメーカーの中に、自分の条件とぴったりマッチした出会いがあることも多いです。

大手や地場の工務店などの先入観を取り払い、フラットな目線でいろいろな情報を取り入れてみてください。

しっかりと比較・検討を重ねた上で依頼したハウスメーカーであれば、間違いなく依頼後も納得がいくはずです。

スマホやPCから3分もあれば依頼ができるので、ほんの少しの手間を惜しんで、一生後悔するようなことの無いようにしてくださいね。

LIFULL HOME’Sの公式サイトはこちら⇒

それではここから、本文に入っていきましょう。

ヘーベルハウスで実際に購入した人のリアルな評判・口コミ・感想集めました

ハウスメーカーの特徴を知るには、公式ページで性能やこだわりを確認することも大切ですが、実際に建てた人の口コミや評判を参考にするのも大切。

ヘーベルハウスを実際に建てた方の良い評判、悪い評判をまとめました。

ヘーベルハウスの良い評判・口コミ・感想

ヘーベルハウスにしたのは、モデルハウスに行ったときにまさしく私たちの理想の住まいだと思ったから。鉄骨の頑強さ、耐震性の強さに惹かれてお願いしました。開口が広く、間取りを大きくとっても、構造がしっかりしているので安心です。実際にマイホームに住んでからは、地震があった時も前の家のように揺れを感じなくなり、大地震が来ても大丈夫だなという安心感がありますね。制振装置も標準仕様なので、揺れをかなり抑えているのだと思います。性能はどこのハウスメーカーにも負けていないトップクラスのヘーベルハウス。家は一生に一度の買い物だと思っているので、他のハウスメーカーよりも価格が高くても満足のいくマイホームを建てられたので満足しています。

営業マンの人柄、そして説得力のある説明に、納得する面が多くてお願いしました。他のハウスメーカーの営業が自信なさげに見えるほど、説得力がありましたし、クオリティも高いと思います。住まいは何樹年も住み続けるものですし、できれば子供の代まで住み続けてほしい。それには耐久性、暮らしやすさ、耐震性など住まいの性能はとても大切。私たちはマイホームの性能を一番重視してハウスメーカーを選びましたが、頑強さで言えばヘーベルハウスが一番だと思います。実際に住んでみると、建物の強さをすごく感じますし、この家だったら子供や孫の世代でも安心して住めるのではないでしょうか。

よく読まれてるおすすめ記事
ハウスメーカーランキング2021〜住宅メーカーの坪単価や評判と宅建士が教える選び方

デザインがとてもいいなと思いました。高級感のある邸宅といった美しいデザインで。流行りに流されないところが良かったですね。四角いフォルムのデザインがもともと好きだったので、モデルハウスを見て即決しました。価格は他のハウスメーカーに比べると高いかもしれないですが、木造ではなく鉄筋なので、そのくらいはすると思います。間取りの自由度も高く、大きな間取りを安心して建てられたので大満足。これからもずっと大切に住みつづけたいです。

大きな地震を経験してから、地震に対する恐怖感が強くて、建てるならば耐震性を一番に考えた住まいにしたいと思っていました。建物が地震でもびくともしない、制振装置も標準搭載のヘーベルハウスは第一候補。他にもいくつか候補がありましたが、やはり高性能という点でヘーベルハウスが頭一つ抜けていましたので、お願いすることにしました。大手のハウスメーカーなので、知名度があり、営業マンの説明もしっかりしているので安心感があります。打ち合わせの時も、要望をしっかり聞いてくれてプランに反映。対応が早く、とても頼りになりました。アフターサービスも迅速な対応をしてくれるので、これからも安心して住むことができます。

住まいづくりは初めてで、しかも高額な買い物なのでいろいろ悩みましたが、ヘーベルハウスさんの個別相談会で、いろいろ相談することができて安心。今までいろいろな家を建ててきた実績がありますので、参考になる話が多かったです。都心の土地なので狭くて変形した土地でしたが、最大限活用して開放的な住まいをプランニングしてくれ大満足。3階建ての住まいで、鉄骨構造なので広い間取りでも安定した建物なのがいいですね。プライベートも守った間取りで、安心して自然を取り入れることができています。

ヘーベルハウスの悪い評判・口コミ・感想

性能もデザインも他と比べて、ワンランク上だと思いますが、やっぱり価格が高くてかなり悩みました。せめて、もう少し値引きしてくれるといいのですが、値引きを一切受けてくれなかったのも残念でした。無理してローンを組んでも、住んでから苦労するのがわかりましたので、あきらめました。

外壁はALCコンクリートしか選ぶことができなくて、もっといろいろな素材の中から選びたかったです。デザインも素材もいいと思いますが、選択肢がないのは残念ですね。そのほかは特に不満がなく、インテリアも内装も性能も満足しています。

ヘーベルハウスの住まいは、機能的でシンプルなデザインだと思います。性能も申し分ないですが、デザインや内装をこだわりたくて、オプションでいくつか違うものを使用したら、かなり高額になりびっくりしました。もともと坪単価も安くはないので、オプションを付けるときは価格に気を付けたほうがいいと思います。

資料をまとめて請求する⇒

ヘーベルハウスに依頼するメリットとデメリットを徹底調査

ヘーベルハウスに依頼するメリット、デメリットを具体的に調査しましたので、紹介します。

ヘーベルハウスに依頼するメリット

ヘーベルハウスに依頼する場合のメリットを紹介します。

性能が高い

耐震性能、制震性能、耐火性、断熱性、トータルの性能がとてもクオリティが高いのが一番のメリット。

構造の面ではどこのハウスメーカーにも負けない頑丈な構造で、トップといってもいいでしょう。

自社で開発した高性能部材を使用し、こだわりの性能を目指しています。

長期間の保証とメンテナンス

アフターサービスと保証が充実していて、30年の長期保証、60年の無償点検など、他のハウスメーカーにはない体制です。

また、アフターサービスが迅速に行われるというのも大きなメリット。

建てる時も、住んでいる時も安心です。

ヘーベルハウスに依頼するデメリット

ヘーベルハウスのメリットは多く、おすすめできるハウスメーカーだと思いますが、デメリットも知っておきましょう。

ヘーベルハウスに依頼するときのデメリットを紹介します。

価格が高い

ヘーベルハウスの坪単価は70万円~90万円と高額。

トータルの建築費用は3,000万円を超える価格なので、やはり価格の面でやめてしまう人が多いようです。

重量鉄骨造の住まい、高い性能を考えると、決して高すぎるということはないのですが、ローコストメーカーを希望している人には、躊躇してしまう価格ですね。

デザインが四角い

ヘーベルハウスの外観デザインの特徴は、スクエア型の箱のデザイン。

品が良く、高級感があるデザインですが、この四角いデザインが嫌いという人は、ヘーベルハウスが向いていないといえるでしょう。

資料をまとめて請求する⇒

ヘーベルハウスを検討中の方へおすすめしたい特徴・こだわり

ハウスメーカーの特徴を知ることは、自分たちの住まいづくりにあっているのか、ここに頼んで大丈夫なのかを知ることにつながります。

デザイン、性能、間取りなどヘーベルハウスの特徴やこだわりを見ていきましょう。

デザイン性・外観

壁で作るといわれているヘーベルハウスの住まいは、四角い外観が特徴的です。

高級感がある邸宅といったイメージの外観で人気があり、美しいデザインが特徴的です。

工法

鉄骨系プレハブ

重量鉄骨

耐震性

ハウスメーカーの性能でチェックしたいのは、耐震性能という方は多いです。

いつか必ず起こるであろう大地震に備えた住まいづくりが大切。

ヘーベルハウスの耐震性能について詳しく紹介します。

制振フレームの搭載

地震のエネルギーを効率よく吸収する制振フレーム「ハイパワードクロス」を採用しています。

地震の揺れを効率よく吸収し、剛床システムと組み合わせることで、地震の力を吸収して受け流すシステムを確立。

ヘーベルハウスでは、この制震性能を標準仕様にしています。

鉄筋コンクリート布基礎

基礎には、鉄筋コンクリート布基礎を採用しています。

基礎全体で地震の力を分散する構造で、一部に力が集中して起きる不同沈下を防ぐ効果があります。

ロッキング工法

ヘーベルハウスでは外壁にロッキングという回転する機構を持たせることで、ひび割れや脱落を防いでいます。

ラーメン構造

大地震でも倒壊しにくいラーメン構造を採用。

高層ビルなどに使用されている最新技術オイルダンパーを住宅用にカスタマイズ。

躯体が強靭で地震に強い特徴です。

断熱性

ヘーベルハウスの断熱性能は、的確な場所に的確な断熱材を使用することにあります。

外壁と床、屋根に使用している断熱材は「へーベル」

へーベルは内部に細かい気泡を無数に含んだ断熱材で、断熱性能はコンクリートの10倍と高い性能を誇ります。

壁には次世代の断熱材と呼ばれている「ネオマフォーム」を施工。

ネオマフォームは100ミクロン未満の気泡を含んだ断熱材で、快適な居住性を実現しています。

断熱設計は、「へーベルシェルタードダブル断熱構法」を採用し、二重構造になっているので、断熱性能が高く、将来のリフォームの時にも断熱材を痛めない工法です。

気密性

気密性に関することがほとんど書かれていないので、本来の気密性能が不明。

口コミでは、気密性が悪いという口コミもありました。

防火・耐火性

火事に強い住まいとは、火が燃え広がるのを防ぎ、万一の火災の時にも耐える耐火性の高い建物のことを言います。

ヘーベルハウスでは、壁、床、屋根にALCコンクリート「へーベル」を採用することで、優れた耐火構造を実現。

へーベルは内部に豊富な気泡を持っているので、熱を伝えにくい特徴があります。

隣家で家事が出たときも、延焼を食い止め、家事をもらわずに耐える構造。

内部で失火したときも、不燃性の石膏ボードは家事の拡大を防ぐ役目があります。

様々な対策で、防火性・耐火性の高い住まいを実現しています。

耐火性の高さは、防火地域であってもヘーベルハウスが建築可能ということにも表れているでしょう。

間取り

間取りは実例の紹介ページにたくさん紹介されていて、様々な間取りを参考にすることができます。

構造が強靭なので、大開口や大きくて広い間取りも可能。

お客様の要望を叶える間取りを自由に設計できます。

資料をまとめて請求する⇒

ヘーベルハウスで新築を建てたらいくらくらいになる?価格は?

住まいづくりで必ずチェックしたいのは、やはり価格です。

新築住宅を建てた場合どのくらいになるのか、値引きはしてくれるのかなどお金に関する情報をまとめました。

ヘーベルハウスの坪単価は?

70万円~90万円

ヘーベルハウスで値引きするならいくら?

値引きについては、口コミの情報を見ると絶対にしてくれないという口コミと、社員割引で10%近く割引してくれたという口コミがありました。

口コミなので、絶対に信頼できるというものではないですが、時期や条件によっては対応してくれるかもしれません。

ヘーベルハウスと同価格帯のハウスメーカーはどこ?

大和ハウス

戸建て販売件数が3位のダイワハウスでは、鉄骨造と木造の住まいの販売を行っています。

CMでも放映しているので知名度が高いハウスメーカー。

商品ではxevoシリーズが人気で、外張り断熱通期外壁を採用した性能が特徴的です。

パナソニックホームズ

高層ビルにも採用されている、先進技術を住宅用に用いた住まいづくりを行っているパナソニックホームズ。

商品ラインナップも幅広く、パナソニックグループという大手の安心感もあり、人気のハウスメーカーです。

ヘーベルハウスのおすすめプラン・ラインナップを紹介

ヘーベルハウスにはどんな商品があるのでしょうか。

おすすめの商品、プランを紹介します。

新大地

外観の大屋根と水平ラインが特徴的な、安心感のある人気の商品です。

洗練された造形美、品格を感じるデザイン。

美しさと機能性を備えた頑強なシェルターというコンセプトで作られた、強い構造が特徴的です。

CUBIC roomy

ヘーベルハウスの代表的な商品キューブリック。

シンプルな外観のフォルム、機能的なデザイン。

勾配天井の吹き抜けの空間、ロフト収納を生み出すアシンメトリックフォルム、有効活用してできたルーミーロフトは、こだわりの空間にしたいですね。

FREX GENB

新しい3階建てのモデルFREX GENBが、都心の限られた土地に美しさとたくましさを持った住まいです。

今までの発想にはない壁から家をかたちづくるという新発想は、重鉄構造による眼鏡里自由な造形をつくります。

ヘーベルハウスの壁のこだわりがわかる新しい系譜の住まいづくりを体感してください。

平屋プラン「平屋の暮らし」

平屋プランは自然を楽しむ住まい。

自然をうまく取り入れ、窓から自然の風、光、景色を楽しむことができるプランが人気です。

資料をまとめて請求する⇒

ヘーベルハウスの保証・アフターサービスが充実!

ハウスメーカー選びでチェックしたいことの一つが、保証とアフターサービス。

建ててからのトラブル、長年快適に住むためにも、保証とアフターサービスについてみていきましょう。

ロングライフプログラム

長く快適に過ごす建物を建てるためにも、各部材の耐用年数を向上させました。

ヘーベルハウスでは、部材の交換、補修を30年目にまとめて行う「ロングライフプログラム」を実施しています。

メンテナンスコストを抑えて、60年以上の耐用を可能としています。

60年点検システム

定期点検は、住まいの情報を保存したカルテをもとに実施します。

60年先まで定期点検を実施しているのは、他のハウスメーカーにはないくらいの長期点検ですね。

いつまでも資産価値が続く住まいを提供しています。

アフターサービス

全国ネットワークのアフターサービス体制を実施。

住まいの相談、点検などを24時間受け付けています。

住まい1棟1棟の図面、仕様書、点検、補修の履歴を永久に保存。

ヘーベルハウスは建て替え・リフォームも行っている?

ヘーベルハウスでは住まいのリフォーム業務も行っています。

これはヘーベルハウスを提供している旭化成のリフォーム部門が担当。

設備や部位別のリフォーム、間取りの変更、改装など様々なリフォームメニューがありますので、相談してください。

ヘーベルハウスは期間限定のキャンペーンを実施中!

2021年1月17日11:00-15:00

限定でオンラインイベントを開催しています。

実例宅、研究所施設の紹介、普段は見ることができない1日限りのオンラインイベントは参加費無料。

アンケートに答えると、様々なオリジナルグッズプレゼントもあります。

資料をまとめて請求する⇒

まとめ

旭化成ホームズが展開しているヘーベルハウスについて詳しく見ていきました。

構造力の強さ、性能の高さは、日本のトップハウスメーカーといわれるのもわかります。

性能が高く強固なつくりなので、間取りの自由度も高く、お客様に希望の間取りやデザインを作ることができるのも人気の理由。

最新の技術を駆使した独自工法の住まいは、展示場で体感することができますので、まずは足を運んでみてください。

今月の人気記事
ハウスメーカーランキング2021〜住宅メーカーの坪単価や評判と宅建士が教える選び方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\ 住宅メーカー選びで失敗しないために! /