日本ハウスホールディングスで家を建てる!日本ハウスホールディングスの注文住宅4つの特徴と坪単価や口コミ・評判

どのハウスメーカーよりも檜という素材にこだわった、檜100年住宅の住まい作りを行う日本ハウスホールディングス。

創業50周年を迎えた、歴史と実績がある大手のハウスメーカーで2015年より前は「東日本ハウス」という名前でした。

日本ハウスホールディングスの住まいは、檜の家にこだわり、環境にもこだわり、安全安心にもこだわった3つのこだわりの、人に優しい住まいです。

では具体的に檜にこだわることで、住まいの性能はどうなるのか、環境にこだわった家作りとは何なのか、説明していきます。

日本ハウスホールディングスの住まい作りの特徴、坪単価、口コミ、展示場、商品など詳しく紹介していきます。

また、本文に入る前にあなたに一つ質問をさせてください。

「ハウスメーカーを選ぶ際に最も大事なことは何だと思いますか?」

もちろん正解は一つではありませんが、私は「しっかりとハウスメーカーの特徴や違いを理解し、比較・検討した上で絞り込むこと」だと考えています。

住宅業界で働いた経験があるような人以外は、ハウスメーカー毎にどういった違いがあるのか理解している人は少ないはずです。

それぞれの会社の坪単価やデザイン性の違い、耐震性や気密性・断熱性、購入後のアフターフォローに間取りの自由度、木造なのか鉄骨造なのかなど違いは多岐に渡ります。

事前にしっかりと情報収集を行わずに、いきなり住宅展示場等に足を運び、フィーリングで依頼するハウスメーカーを決めてしまう。

このような人は、「もっと自分の条件にあったハウスメーカーがあった・・・」と後から気づき、一生後悔するような羽目になります。

マイホームは人生でもっとも大きな買い物です。面倒だからといって事前の下調べや比較・検討を怠ることは絶対にやってはいけません。

ネットでの情報はもちろんのこと、より一次情報に近い信頼性の高い情報に多く触れるようにすることで、ハウスメーカーを選ぶ目が養われていきます。

またハウスメーカーの多くは、無料でカタログや資料請求ができるので、少しでも気になった業者からは積極的に資料を取り寄せるようにしましょう。

(カタログや資料の中には、Webサイトには掲載されていないより具体的で有益な情報が掲載されています。)

最初のころはどのハウスメーカーもそれぞれよく見えるのですが、情報を仕入れていくにつれ、それぞれの違いや自分にとっての良い・悪いが分かるようになるので。

ただし、何社ものハウスメーカーにいちいち資料請求をするのは、面倒ですし手間がかかるもの。

最近ハウスメーカーを選ぶ人の中で主流になっているサービスが、無料カタログ一括請求サービス」です。

 

0からハウスメーカーを絞り込まなくても、予算やローコスト住宅などのテーマ、建築予定のエリアを選ぶだけで、条件にあったハウスメーカーがピックアップされます。

利用料はもちろん無料ですし、資料請求をしたからといって、迷惑でしつこい営業に悩まされる心配もありません。

少しでも気になったハウスメーカーがあればひとまず資料を請求してみることで、最初は考えてもいなかったハウスメーカーの中に、自分の条件とぴったりマッチした出会いがあることも多いです。

大手や地場の工務店などの先入観を取り払い、フラットな目線でいろいろな情報を取り入れてみてください。

しっかりと比較・検討を重ねた上で依頼したハウスメーカーであれば、間違いなく依頼後も納得がいくはずです。

スマホやPCから3分もあれば依頼ができるので、ほんの少しの手間を惜しんで、一生後悔するようなことの無いようにしてくださいね。

 

それではここから、本文に入っていきましょう。

日本ハウスホールディングスの間取りや外観4つの特徴

日本ハウスホールディングスの家作りの特徴、商品の間取りや外観について紹介します。

3つのこだわりがある日本ハウスホールディングス、こだわりを紹介します。

檜・構造のこだわり

・日本ハウスホールディングスで使用する檜の特徴

一番の特徴というとやっぱり、檜のこだわりです。

日本の家にふさわしい骨太の檜を使用。

昔から神社仏閣に使われてきた檜は伐採後、200~300年でもっとも強度が高くなる特徴があります。

骨太の檜を使うことで、耐久性がアップし何年も住むことができる住まいになります。

また、檜にはフィトンチッド成分が含まれていて、家にいながら森林浴をしているような爽快な香り。

自律神経の安定、リラックス効果で家にいるのが楽しくなりそうですね。

日本ハウスホールディングスでは、檜の中でも厳選してより品質の高いものを使用。

所謂、血統書つきの檜を使用して、より強固な住まいをつくります。

そして、内装も標準仕様で檜をふんだんに使用しています。

・地震に強い家

注文住宅を建てるときに、多くの人が望むのが「地震に強い家」です。

[グッドストロング工法]

日本ハウスホールディングスのやまとシリーズには、グッドストロング工法が採用されています。

檜の無垢柱は一般的な柱よりも断面積で1.3倍太く、より安全にしっかりと家を支えます。

また柱の4面に切り溝を入れることで、強度と耐久性がアップ。

ストロング床組は、2回の床構造を強化、体力壁で床と一緒に建物を支えます。

建物自体の耐震性を高めるだけではなく、制震パネルを設置することで、度重なる余震にも強い家になります。

[J・エポック工法]

昔ながらの工法、木造軸組工法とツーバイフォー工法の良いところを合体させた「J・エポック工法」。

モノコック構造は、耐震性と気密性の高い工法。

負荷が一番かかかる接合部分には、ノンボルト金物工法でしっかりと接合します。

・高耐久住宅

日本ハウスホールディングスでは孫の代まで、住み続けることができる高い耐久性能の住まい作りを行っています。

奨励準耐火構造使用で万が一火災が起こったときにも、燃え広がるのを遅らせて逃げる時間、消火する時間を稼ぎます。

・長期優良住宅

国で定められている長期優良住宅の基準をクリア。

長期優良住宅は税金の面でも有利になります。

・100年基礎

日本ハウスホールディングスの基準による高耐久コンクリート基礎で、建物をしっかりと支えます。

エネルギーのこだわり

限りあるエネルギーを無駄にしない。

高性能な住まいはエアコンに頼らない生活で、お財布にもやさしいですね。

日本ハウスホールディングスのエネルギーのこだわりを具体的に紹介します。

・高性能グラスウール

柱との間に高性能な断熱材を充填します。

断熱材は高性能グラスウールです。

木造住宅は構造材の檜にも断熱効果がありますので、そこに断熱材をプラスすることでさらに高い断熱性能が実現します。

・断熱性の高いサッシ

サッシは熱が逃げる部分で、サッシの機能も断熱性には深くかかわりがあります。

トリプルガラス、樹脂フレーム、Low-e遮熱複層ガラス、アルミ樹脂複どう窓で、トップクラスのサッシの断熱です。

・省エネルギー

地域にあわせた省エネルギー対策を行っています。

熱交換型ダクトレス換気システムでは、換気したときにせっかく暖めた空気が冷えてしまわないように、空気の入れ替えを行います。

ヒートポンプ式九兆期を使用した高効率の給湯器、寒冷地仕様ではさらに効果的な、高効率給湯暖房機を使用して、別を有効利用しています。

よく読まれてるおすすめ記事
ハウスメーカーランキング2021〜住宅メーカーの坪単価や評判と宅建士が教える選び方

電気を見える化したHEMS、LED照明、高効率エアコンなど、省エネルギーのために設備が整っています。

何よりも高い断熱性は、エアコンを使う時間を短くして、省エネルギーに貢献しています。

・創エネルギー

太陽光発電システムを日本で始めて本格的に開発した住宅メーカーは、実は日本ハウスホールディングスです。

日中のエネルギーは太陽光発電を利用、あまった電力は売電にまわすこともできます。

通年でエネルギーの収支がゼロになるのを目指します。

安全性と安心

日本ハウスホールディングスが作る家は、ユニバーサルデザインの家。

1メーターモジュールの住まいにすること、そしてバリアフリー設計で、余裕があり安全な住まいを作ります。

商品ラインナップ

日本ハウスホールディングスの商品ラインナップを紹介します。

・やまとシリーズ

人気のやまとシリーズは、檜の骨太柱、昔ながらの木造軸組工法で建てられた住まいです。

こだわりのデザインでは、内装にも檜をふんだんに使い、美しく快適に過ごすことができる空間を実現。

また、遊び心と機能性を持った住まい作りで、モダンな住まいを造ります。

・やまとシリーズ「館」

家作りにこだわる人の住まい「館」。

檜4.5寸の柱と骨太百年の家です。

太陽光発電、確かな断熱性で高性能な住まい、デザインは和風を中心に現代に合わせたモダンなデザインも可能です。

・やまとシリーズ「華」

華は柱が檜4寸、孫の代まですみ続けることができる檜百年住宅です。

和風ではなく現代的なデザインで様々な外観は、とても華やか。

大空間、吹きい抜けで開放的なリビングが可能です。

・やまとシリーズ「彩」

檜3.5寸の柱で作る家は耐久性が高く長持ちする家。

ZEHが標準仕様なので、環境にもお財布にもやさしい住まいですね。

【Jステージ・シリーズ】

Jステージは選ぶことができる木造提案住宅です。

木造と面構造が合わさったモノコック構造を採用することで、地震に強い家が可能になりました。

2×4工法の高い機密性も確保。

間取りが自由に組むことができますし、将来リフォームするとき、間取りを変えるときも簡単でリフォーム代の節約になります。

内装は標準で檜の家使用なので、高性能で檜を存分に感じることができる住まいです。

・J-SUNSHINE 太陽光発電の家

創エネルギーとして太陽光発電を搭載した住まいは、エネルギーの収支が0になる住まい。

断熱性が高く、サッシはペアガラスと樹脂サッシと最高級の断熱性で地域によって、Low-eガラスを採用します。

ムリのない快適なエコライフを過ごすことができるのがいいですね。

・J-CERAMIC 高級タイルの家

外壁がタイルの住まいは、外観に趣があっておしゃれですよね。

決して景観を損なうことなく個性を主張するデザインです。

タイルの良いところはデザインだけではありません、太陽光、雨、風にさらされても美しさを保ち、劣化することなく趣が出てくるところ。

メンテナンス製に優れていますので、メンテナンスコストがかからないところも魅力的ですね。

外壁のタイルは様々な色、形から選ぶことができます。

・J-WARM 高断熱・高気密の家

夏は涼しく、冬は暖かい、一年を通して快適な暮らしを行うことができる住まいです。

断熱材には高性能グラスウールを採用、トリプルガラス、樹脂フレームの断熱性の高い住まいです。

・都市型狭小住宅 NEW URBAN VALUE

都会の狭小土地でも可能性を広げ、土地を有効利用する2階建て、3階建ての住まいです。

・Avance ― アヴァンス

HEMSを搭載した省エネの住まいは、節電だけではなく地球の環境も考えた住まいです。

2階タイプと3階タイプに別れ、土地を建てに有効利用します。

・Vert ― ヴェール

都会の緑化に配慮した住まいです。

緑は、人にとっても癒しの効果がありますよね。

庭だけではなく屋上ガーデニングがある暮らしです。

こちらも2階タイプと3階タイプに分かれます。

・Secura ― セキュラ

セキュリティを特に考慮した安心の住まいです。

毎日安心して暮らすために最新のセキュリティシステムを搭載しています。

・グランジェス

50代60代のお客様に最適な素敵な暮らし方のスタイル。

プランは趣味、娯楽などを大切にする「かたらいプラン」。

子供や孫に囲まれて楽しい毎日を送りたい「ささえあいプラン」。

賃貸住宅経営でその後の人生をゆとりある暮らしにする「ふれあいプラン」。

この3つに分かれますので、ライフスタイルに合わせて選んでください。

日本ハウスホールディングスの注文住宅の坪単価や平均相場はいくら?

日本ハウスホールディングスは様々な商品がありますので、仕様、商品、設備によって坪単価は変わります。

口コミによると、坪単価55万円前後からあります。

やまとシリーズの坪単価は以下のとおり。

やまとシリーズ「館」70万円~85万円
やまとシリーズ「華」65万円~80万円
やまとシリーズ「彩」60万円~75万円

Jステージシリーズになると、もう少し安くなります。

坪単価はハウスメーカーによっても基準が違いますし、一概に言えないところがありますので、必ず見積もりを取って不明な点は営業に確認してください。

また、他のハウスメーカーにも見積もりを頼んで比較検討することが大切です。

日本ハウスホールディングスは値引きやキャンペーンはしているの?

家を建てるときに値引き交渉は不可欠といわれていますが、日本ハウスホールディングスではどうなのでしょうか。

値引きについて

口コミを見ると、あまり値引き交渉を行わないほうがいいという口コミを見ました。

値引きは3%前後しかしてくれないという口コミもありましたので、大幅な値引きは期待しないほうがよさそうです。

キャンペーンについて

50周年記念として2019年2月1日~3月24日まで春の特別販売フェアを行っています。

日本ハウスホールディングスのカタログを資料請求する方法

日本ハウスホールディングスのカタログは、ホームページから簡単に行うことができます。

ホームページの「資料請求」をクリック。

注文住宅とリフォームを選ぶページにいきますので、注文住宅のカタログ請求フォームをクリック。

カタログは選ぶことができないので、そのまま住所・氏名などの個人情報を記載して送信します。

送られてくるカタログは、「施工事例集」「檜についての冊子」「コンセプトガイド」の3点です。

今はカタログを請求して展示場にいくと銀河高原ビールのプレゼントというキャンペーンも行っています。

日本ハウスホールディングスの注文住宅は完成するまでどのくらいの期間がかかる?

日本ハウスホールディングスでは、相談、設計、工事、完成まで同じ営業マンが担当してくれます。

連絡がスムーズに行われるので、施工もスムーズに行われますね。

具体的な完成までの期間は、商品によってもかわりますが施工期間が3ヶ月から4ヶ月、その前の土地探し、間取り設計などを合わせると1年から1年半は見ておいたほうがいいでしょう。

あせって納得のいかない家になると後で後悔してしまいます。

家は一生に1回あるかないかの買い物です、じっくり家作りに取り組んで納得のいく住まいを建ててください。

日本ハウスホールディングスの注文住宅の実例はどこでみる?実際の間取りとオプションについて

日本ハウスホールディングスが実際に建てた住まいは、ホームページから見ることができます。

「施工事例」から見ることができ、様々なタイプの住まいが写真、設計のポイント、各部屋の間取りなどとても詳しく掲載。

住んでいる人の感想を見ることができるので参考になりますね。

また、外装やインテリアを見たい方は、玄関、子供部屋など項目別に見ることができるので便利。

たとえば収納だけを、まとめてみることができます。

日本ハウスホールディングスの良い口コミと悪い評判

実際に立てた人の情報は、良いことも悪いこともとても参考になります。

日本ハウスホールディングスの口コミについて調べてみました。

良い口コミ

・保障が長いので安心できるなと思い選びました。

間取り設計に関しては私たちの希望でいろいろ柔軟に対応してくれてとても良かったです。

メンテナンスも定期的に行っているので長くすむことができます。

・檜の住まいがすばらしいです。檜にこだわっているのが良くわかります。

それほど高品質な木を使っていると思います。

営業の方の対応も良くて選んでよかったと思っています。

・価格も適正価格で住まいは純和風の希望通りの住まいができました。

これから長く住むことを考えると性能が高くて保障がしっかりしているのは安心です。

・私たちの要望に一番近い見積もりとプランを出してくれました。

工事の様子を何回か見に行きましたがとても好感が持てました。

悪い口コミ

・やはり他に比べると高いし、値引きもほぼありませんでした。

外観、間取り、檜の家には大変満足しています。

・もう少し安くてもいいかなと思う性能です。

担当の方の対応もあまりよくありませんでした。

高いという声もありますが、性能を考えると適正価格に感じます。

悪い口コミもありますが、圧倒的に良い口コミが多いかったので、たくさんの口コミを見て参考にしてほしいですね。

日本ハウスホールディングスの住宅展示場やショールームはどこにある?

日本ハウスホールディングスの展示場は全国に展開されています。

ホームページから「お近くの展示場」クリックすると日本地図がでてきて、見たい地域に展示場があるかを調べることができます。

日本ハウスホールディングスの展示場がどこにあるのか、一覧にしました。

北海道エリア

札幌市中央区、北24条、平岡、札幌豊平、華プラザ、宮の沢、苫小牧、豊平、東五条、旭川、函館、室蘭、釧路、帯広、

東北エリア

青森県:青森市、八戸市

秋田県:秋田市、秋田東

岩手県:盛岡市津志田、盛岡市本宮、北上、一関、大船渡

山形県:山形市

宮城県:名取市、仙台市宮城野区、仙台市若林区

福島県:福島市飯坂町、福島市西、太平寺、合図若松、郡山朝日、郡山南、いわき市

甲信越・北陸エリア

新潟県:新潟南、新潟西、新潟東、長岡、上越

山梨県:甲府昭和

長野県:松本市、長野市

富山県:富山市

石川県:金沢市

福井県:福井市

関東エリア

東京都:瀬田、練馬、錦糸町

神奈川県:横浜市西区、横須賀市、厚木市、相模原市、藤沢市、

埼玉県:春日部市、大宮北、所沢市、新座市

千葉県:柏市、市原市

茨城県:水戸市、つくば市

栃木県:宇都宮市、小山市、宇都宮市東、西川田

群馬県:伊勢崎市、高崎市、前橋市

東海エリア

愛知県:一宮市、春日井市、豊田市、豊橋市、日進市

岐阜県:岐阜市

静岡県:静岡市、浜松市

三重県:四日市市、鈴鹿市

近畿エリア

大阪府:吹田市千里

京都府:京都五条

兵庫県:姫路市

奈良県:橿原市、奈良市

中国・四国エリア

岡山県:岡山市北区、岡山市南区

広島県:福山市

香川県:高松市

愛媛県:松山市

九州エリア

福岡県:福岡市

佐賀県:佐賀市兵庫北

大分県:大分市

宮崎県:宮崎市

鹿児島県:鹿児島市

どこの展示場に行けば、どの商品の家が見ることができるかは、ホームページ上で確認してください。

日本ハウスホールディングスは建売住宅の販売も行っている?

日本ハウスホールディングスでは、分譲住宅、土地の販売も行っています。

ホームページの分譲住宅、土地の項目から見ることができます。

分譲住宅については、物件は少なく感じます、マンションのほうが多いですね。

注文住宅をメインに販売しているハウスメーカーです。

日本ハウスホールディングスで注文住宅を建てた人のブログ

口コミよりも実際に家を建てた方のブログは、詳しく書いているのでとても参考になります。

日本ハウスホールディングスで実際に家を建てた方のブログを紹介します。

のんの妄想日記

https://ameblo.jp/brizide/entry-12056570904.html

図面、間取りの写真が載っていますのでわかりやすかったです。

日常の話も多いですが、日本ハウスホールディングスの家作りについては、「家作り」の項目に書かれています。

資金0から2世帯住宅を建てる!

https://blogs.yahoo.co.jp/aroo_co_jp/20933661.html

間取りと見積もりのことを書かれています。

日本ハウスホールディングスのアフターサービスや保証内容について

引渡し後から始まるのが本当のハウスメーカーとの付き合いなのかもしれません。

日本ハウスホールディングスでは、引渡し後から感謝訪問として、感謝の気持ちを表す訪問を行っています。

引渡し後、3ヶ月、6ヶ月、1年、2年、5年までは年2階の訪問。

6~9年目までは年1回の訪問。

その後は10年~60年まで年1回以上の巡回訪問を行っています。

住まいの点検だけではなく、アドバイスも行ってくれ様々な相談にのってくれるのが心強いですね。

また24時間対応してくれるコールセンターも設置しています。

まとめ

日本ハウスホールディングスの住まい作りの特徴について紹介しました。

なんといっても檜にこだわった住まい作りが特徴的でしたね。

檜は家作りには最適な構造材、商品のスタイルによって檜柱の太さを変えて、工法も変え檜の特性を生かした最適な住まいを造ります。

また省エネのこだわり、安全へのこだわりも、日本ハウスホールディングスの大きな特徴ですね。

太陽光発電システムを住まいに取り入れたのは、日本ハウスホールディングスが最初。

それだけパイオニアの会社ですし、省エネに関しても熟知しています。

展示場は全国展開していますので、興味のある方はぜひいってみてはいかがでしょうか。

今月の人気記事
ハウスメーカーランキング2021〜住宅メーカーの坪単価や評判と宅建士が教える選び方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です