ブルースホームで家を建てる!ブルースホームの注文住宅の 9つの特徴と坪単価

ブルースホームは輸入注文住宅のハウスメーカーです。

また、ブルースホームは、東証一部上場のJKホールディングスのグループ会社であり、東京に本社を持ち関東圏を中心に全国で21店舗の加盟店を有しています。

輸入注文住宅であるブルースホームは、先進的な高いデザイン性が大きな特徴の1つ。

アメリカの建築デザイン事務所とブルースホームは密接な関係にあり、美しい魅力的な外観を実現しています。さて、ブルースホームをもっと知りたくなりませんか?

今回はブルースホームの注文住宅について特徴や坪単価、評判など詳しく見てまいりましょう。

また、本文に入る前にあなたに一つ質問をさせてください。

「ハウスメーカーを選ぶ際に最も大事なことは何だと思いますか?」

もちろん正解は一つではありませんが、私は「しっかりとハウスメーカーの特徴や違いを理解し、比較・検討した上で絞り込むこと」だと考えています。

住宅業界で働いた経験があるような人以外は、ハウスメーカー毎にどういった違いがあるのか理解している人は少ないはずです。

それぞれの会社の坪単価やデザイン性の違い、耐震性や気密性・断熱性、購入後のアフターフォローに間取りの自由度、木造なのか鉄骨造なのかなど違いは多岐に渡ります。

事前にしっかりと情報収集を行わずに、いきなり住宅展示場等に足を運び、フィーリングで依頼するハウスメーカーを決めてしまう。

このような人は、「もっと自分の条件にあったハウスメーカーがあった・・・」と後から気づき、一生後悔するような羽目になります。

マイホームは人生でもっとも大きな買い物です。面倒だからといって事前の下調べや比較・検討を怠ることは絶対にやってはいけません。

ネットでの情報はもちろんのこと、より一次情報に近い信頼性の高い情報に多く触れるようにすることで、ハウスメーカーを選ぶ目が養われていきます。

またハウスメーカーの多くは、無料でカタログや資料請求ができるので、少しでも気になった業者からは積極的に資料を取り寄せるようにしましょう。

(カタログや資料の中には、Webサイトには掲載されていないより具体的で有益な情報が掲載されています。)

最初のころはどのハウスメーカーもそれぞれよく見えるのですが、情報を仕入れていくにつれ、それぞれの違いや自分にとっての良い・悪いが分かるようになるので。

ただし、何社ものハウスメーカーにいちいち資料請求をするのは、面倒ですし手間がかかるもの。

最近ハウスメーカーを選ぶ人の中で主流になっているサービスが、東証一部上場の「LIFULL HOME’S」が提供している「無料カタログ一括請求サービス」です。

0からハウスメーカーを絞り込まなくても、予算やローコスト住宅などのテーマ、建築予定のエリアを選ぶだけで、条件にあったハウスメーカーがピックアップされます。

利用料はもちろん無料ですし、資料請求をしたからといって、迷惑でしつこい営業に悩まされる心配もありません。

少しでも気になったハウスメーカーがあればひとまず資料を請求してみることで、最初は考えてもいなかったハウスメーカーの中に、自分の条件とぴったりマッチした出会いがあることも多いです。

大手や地場の工務店などの先入観を取り払い、フラットな目線でいろいろな情報を取り入れてみてください。

しっかりと比較・検討を重ねた上で依頼したハウスメーカーであれば、間違いなく依頼後も納得がいくはずです。

スマホやPCから3分もあれば依頼ができるので、ほんの少しの手間を惜しんで、一生後悔するようなことの無いようにしてくださいね。

LIFULL HOME’Sの公式サイトはこちら⇒

それではここから、本文に入っていきましょう。

ブルースホームの間取りや外観 9の特徴

ブルースホームの特徴にはどのようなものがあるのでしょうか。

早速ブルースホームの特徴を見て見ましょう。

こだわりの5つのコンセプト

ブルースというのはBRUSEという5つのコンセプトの頭文字をとって出来ています。

それぞれは次の通りです。

・Beautiful・・・高いデザイン性
・Reliable・・・安全性
・Universal・・・耐用年数実績
・Comfortable・・・快適な居住空間
・Ecology・・・省エネ/高断熱・高気密

こちらのコンセプトについては次よりご紹介してまいります。

高いデザイン性

ブルースホームの輸入注文住宅は、プロフェッショナルなデザイナー、プランナーと一緒に作り上げて行くという、優れたデザイン性を誇っていることが大きな特徴。

世界に1つだけの家づくりを実現出来るのがブルースホームです。

よく読まれてるおすすめ記事
ハウスメーカーランキング2021〜住宅メーカーの坪単価や評判と宅建士が教える選び方

家族の理想とするイメージをカタチにします。

耐震性

先ずブルースホームでは、在来の工法のような柱や梁で住宅を支えるような点と線ではなく、壁、床、天井などで支える六面体構造の2×4、2×6工法となっています。

地震や台風などで外力がかかっても、そのエネルギーを分散することで地震に強い構造躯体が確保。

また、家づくりの要は基礎から。

ブルースホームの注文住宅の基礎はべた基礎が標準です。

底盤が厚さ150㎜で、その外周部分は壁の厚みのある2×6工法にも対応という安心仕様。

耐火性・耐久性

ブルースホームの注文住宅の耐火性は、ファイヤーストップ構造が採用されています。

火の通り道となる要所要所に構造材を置くことで延焼をくい止めるのです。

そして、ブルースホームは「省令準耐火構造」にも適合しており、一般木造住宅よりも火災保険が安くなっています。

住宅の腐りのもとは湿気から。

ブルースホームの注文住宅では、防湿シートと厚さ150㎜の防湿コンクリートを採用。

床下を腐らす原因をもとからシャットアウト。

また、基礎パッキング工法も採用。

それは、基礎と土台の間に硬質ゴムのパッキングを一定間隔で置くことで、換気口が出来るために淀みのない空気の通り道が確保されます。

ブルースホームには工法が多くありますが、もう1つ湿式モルタル通気工法によって、外壁内の結露対策もバッチリです。

天然素材

ブルースホームでは、健康面、安全面の配慮も細やかに行き渡っています。

壁材にはナノサイズの良質で調湿効果の高い珪藻土を使用。

インテリアの塗料には有機溶剤を一切含まない水性塗料であるケリーモアペイントを採用。

また、健康塗料として植物由来の自然塗料が使われており、その塗料を扱っているドイツのリボス社は自然塗料のパイオニアと称されているほど。

子どもが舐めたり飲みこんでも安全な安心塗料なのです。

天然建材

フローリングにも本物の天然建材である無垢材を使用。

ブルースホームで用意されている無垢材には、レッドパイン、ダグラスファー、イエローバーチなどがあります。

その家のイメージに合う無垢材を選ぶことが可能。

24時間換気システム

ブルースホームの注文住宅では、24時間換気システムも採用されている徹底ぶり。

健康的で快適な空気環境が保てるので、住まいにも人にも優しく省エネともなり家計にも優しいのです。

高断熱・高気密

ブルースホームの注文住宅では、断熱や気密効果も抜群。断熱材として高性能のグラスウールを採用しています。

最上階の天井には厚さ200㎜、壁には140㎜を充填。

ブルースホームでのグラスウールは、袋入りのままではなく裸のグラスウールを使用しているところがこだわり。

その方が自立性、弾力性が強いのです。

また、床下の断熱材には押出法ポリスチレンフォームが使用されています。

小さな気泡なので、床下からの湿気を寄せ付けず結露を防止。

そして、ブルースホームのサッシは樹脂枠サッシを採用。窓枠の結露を防ぎ、カビの発生も防止します。

ガラスはトリプル仕様の2枚のLow-Eガラスとアルゴンガスを封入した2層が、高い断熱性・遮熱性を発揮。

ブルースの商品

ではブルースホームの商品には何があるのかを特徴の最後に見て行きましょう。

リビングにこだわった家

開放感のある吹き抜けのリビングのある家。優しい光が射し込みます。

多角形のパノラマリビングは上質な空間を演出していますし、コミュニケーションの取りやすいリビング階段もあります。

収納が少なくなりがちなリビングにロフトを作り、しっかりとした収納場所を確保。リビングは家族の憩いの場に。

洗面室にこだわった家

高級感漂う化粧室、上品なタイル貼りの洗面室カウンターと、女性にとってはまるで憧れの女優のようなひと時が送れます。

収納にこだわった家

収納スペースは多い方が何かと便利。

ブルースホームではワークスペースを自由自在に配置出来、万能空間となります。そして、雑多になりがちな玄関にはシューズインクローク・玄関クローゼットを確保。

趣味を楽しむ家

自宅で思い切り趣味を楽しみたい方にはぴったり。

バイクやサーフボードなどの収納や手入れの出来るスペース、防音室を作れば楽器演奏も思いのまま。

薪ストーブや囲炉裏のある部屋、バーカウンター、サロンスペースなどなど趣味の楽しみは無限大。

ガーデニングにこだわった家

庭のある家の中でもガーデニングにこだわった家は、輸入注文住宅の家とマッチした洋風ガーデンの世界。

おしゃれな椅子やテーブルを置いたり、自由に庭いじりを楽しみたいものです。

資料をまとめて請求する⇒

ブルースホームの注文住宅の坪単価や平均相場はいくら?

ブルースホームの注文住宅の坪単価は45万円~60万円と言ったところ。

ブルースホームの公式サイトの中に、価格の相場という項目がありました。

そちらを参考にしますと、ブルースホームの注文住宅の平均相場は、40坪程度の家とすると2000万円~3000万円前後となっています。

大体2000万円台から輸入注文住宅は建てられますが、様式が変わると幅が出てきまして4000万円程度かかることもあるようです。

ブルースホームは値引きやキャンペーンはしているの?

ブルースホームの値引きについての情報は、いろいろ調べた中ではありませんでした。

一般的にハウスメーカーや工務店での値引きはしないのが原則となっていますので、ブルースホームも同じではないかと推察されます。

その中でブルースホームに決めるか他社と迷っているという他社競合作戦が、一番手っ取り早い方法かと。

もしも値引き交渉するならば、そのタイミングは契約の前であることがポイント。

契約をして値引きの話をしても良いのではないかと思われている方も多いかも知れませんが、契約をする前にきちんと話をつけておくことが値引き術の1つです。

ブルースホームのキャンペーンは各加盟店によっていろいろのようです。

あるところではゴールデンウィークキャンペーンと題して、モデルハウスに来場してアンケートに答えると豪華賞品が当たるというキャンペーンやあるところではモデルハスのリニューアルキャンペーンが開催されたりしています。

ブルースホームの公式サイトにてお知らせやイベント情報といった掲載も見れますが、各ブルースホームの店舗のHPに詳しいイベントやキャンペーンのお知らせがありますので、そちらの方が分かりやすそうです。

お近くのブルースホームの店舗の案内をチェックして見て下さい。

ブルースホームのカタログを資料請求する方法

ブルースホームではカタログの資料請求は、ブルースホームの公式サイトにて簡単に出来ます。

資料請求ボタンを押して個人情報などの内容を入力。

そこから確認内容画面に移り確認すれば完了です。

ブルースホームの場合は、カタログの内容は表示されていません。

なので、主ないくつかの資料請求を送られてくるか、カタログ内容に希望があるようでしたら問い合わせ内容として空欄が設けてありますのでそちらに記入した方が良いようです。

しっかりした資料請求項目があるのですが、どのようなカタログがあるのかがわからないのは少し残念なところでしょうか。

資料をまとめて請求する⇒

ブルースホームの注文住宅は完成するまでどのくらい期間がかかる?

ブルースホームで注文住宅を建てますと、引き渡しから大体4ヶ月~6ヶ月を目処にされると良いでしょう。

ブルースホームの注文住宅で、夢が完成するまでとしてレポートされていた記事がありましたので、ここで順を追っていきます。

建物の配置確認から地鎮祭、基礎工事へ。

基礎構造が出来れば上棟式が行われ、次に内装や設備工事へ。

外装工事を整えて、ブルースホームの美しい外観の憧れの家が完成となる訳です。

長いような短いようなドキドキワクワクの完成までの日々。

そして、新しい生活が楽しくスタートします。

ブルースホームの注文住宅の実例はどこでみる?

ブルースホームには施工事例として注文住宅の実例を掲載。全部で89件の施工事例で、外観からこだわりのポイントが写真満載で紹介されています。

ブルースホームの注文住宅は、輸入住宅を誇るだけあってその外観はその全てが実に美しく、そこだけ日本ではないような感覚も味わえるのです。

外観だけでなく内観もおしゃれな洋風に包まれ、住む人に帰りたいと思わせる暖かい住空間をブルースホームの輸入注文住宅は提供しています。

ブルースホームの良い口コミと悪い評判

ブルースホームのコンセプトや家づくりへのこだわりを思うと評判は上々ではないかと推察出来るのですが、果たして実際の良い口コミや悪い評判はどのようになっているのかを見てまいります。

良い口コミ

・担当の方の接客態度が素晴らしい、親身になって相談に乗ってくれる

・高性能でデザインも良くそれでいて比較的安く家を建てられた

・自由度が高いので思い描くこだわりの家を建てることが出来て大満足

・日本の気候風土にあっているのかと不安に思っていたが、耐震性・断熱性などの性能の説明を受け納得した

悪い評判

・加盟店によって当たり外れが大きい

・玄関ドアに高機能な鍵を付けられないなどのドアに関する不安意見が多かった

加盟店によって変わってしまうのは、加盟店方式を扱うところではよく聞かれる声です。

そこ個々での加盟店の担当の方と話し合いを密に持つよう心掛けましょう。

また、玄関ドアに関して日本製の頑丈な鍵に変えてもらえず、変えるとしたら玄関ドア全てを変えなければならないと言われたという声もありました。

ですが、希望すれば日本製のドアも選べるようですし、特に問題はないという意見もあるのは事実です。

やっぱり気になることは、担当の方にとことん聞くことが大事ではないでしょうか。

そして、ここでのブルースホームの総合的評価は高いと結論付けます。

それはブルースホームの注文住宅の性能、技術力、設計力、顧客対応まで信頼がおけるという声の方が多く見受けられたからです。

資料をまとめて請求する⇒

ブルースホームの住宅展示場やショールームはどこにある?

ブルースホームでは最初にありますように、全国に21の加盟店があります。

ここではブルースホームの販売店がどこにあるのかを地域別に全てご紹介しましょう。

・東京都:ブルースホーム東京西(東村山)

・神奈川県:横浜ハウジングフォーラム

・千葉県:JKホーム本社・千葉北ハウジングフォーラム(どちらも同住所)、柏ハウジングフォーラム、ブルースホーム木更津

・栃木県:ブルースホーム宇都宮東

・埼玉県:ブルースホーム久喜

・新潟県:ブルースホーム新潟西

・長野県:ブルースホームMIYATA(長野市)、ブルースホーム佐久

・岐阜県:ブルースホーム岐阜中央(瑞穂市)

・静岡県:ブルースホーム伊豆

・愛知県:ブルースホーム名古屋西、ブルースホーム三河中央(名古屋市)、ブルースホーム半田中央、ブルースホーム三河(岡崎市)

・大阪府:ブルースホーム南大阪(泉佐野市)

・兵庫県:ブルースホーム神戸西

・奈良県:ブルースホーム大和中央(磯城郡)

・福岡県:ブルースホーム小倉

Jkホームでは、ブルースホームのモデルハウスと紹介されているのは、横浜ハウジングフォーラムと千葉北ハウジングフォーラム、柏ハウジングフォーラムとなっていましたが、モデルハウスは各加盟店ごとで運営されていますので、お近くのモデルハウスでブルースホームの家を体感してみてはいかがでしょうか。

ブルースホームは建売住宅の販売も行っている?

ブルースホームでは注文住宅を中心として販売しており、建売住宅も存在するかも知れませんが、ブルースホームとしてお勧めしているのは断然注文住宅です。

輸入住宅に興味のある方にとって、ブルースホームの欧米風注文住宅は魅力的。

資料をまとめて請求する⇒

ブルースホームで注文住宅を建てた人のブログ

さて、ブルースホームで実際注文住宅を建てた方の真実の声はどういうものがあるのでしょうか。

それを知る手っ取り早い方法は、ブルースホームで注文住宅を建てた人のブログを見ること。

そこでここではブルースホームで注文住宅を建てた人のブログやハウスメーカー・工務店内でブログを立ち上げているのをよく見かけるのですが、ブルースホームでもスタッフブログとして掲載されていますので、そちらも紹介しておきます。

ブルースホーム建築奮闘記ブログ

こちらではブルースホームで建築した詳細がカテゴリーも豊富に掲載されているブログです。

どのテーマでも写真満載で、説明も書かれているので分かりやすい。

ブルースホームでの家づくりが丸わかりですし、ちょっとしたお役立ち情報もあり、こちらの幸せ家族っぷりも垣間見れて楽しいブログなので是非ご覧ください。

http://blog.livedoor.jp/megalodon_2011/

ブルースホーム伊豆 吉村工務店ブログ

家を建てた人のブログではないのですが、ブルースホームで多く見られる加盟店スタッフのブログです。

ブルースホームで建てた家の様子や進行状況を見ることが出来ます。

写真も満載で刻々と出来上がっていく様子が手に取るように分かる本当に分かりやすく見やすいブログ。

ブルースホームで家を建てた人のブログよりも加盟店スタッフでのブログの方が多くなっていてその1つとお考え下さい。

ご興味のある方は、他の加盟店でのスタッフブログ巡りもされてはいかがでしょうか。

http://t-yoshimura.com/blog/

ブルースホームのスタッフブログ

各加盟店での情報やちょっとしたお役立ち情報がまとめてある、盛りだくさんのブルースホーム公式サイト内のブログです。

カテゴリーがなく、1ページに9記事掲載され2019年2月現在で14ページに渡って記事が掲載されている点は、少し見づらいかも知れません。

コンパクトな記事内容ではありますが、上手くまとまっていますのでブルーホームを検討されている方にとって、参考になること間違いなしですのでおすすめします。

https://www.bruce.co.jp/category/staffblog/

ブルースホームのアフターサービスや保証内容について

ブルースホームでのサポート体制は万全。

ブルースホームでは全棟に安心の完成保証システムが用意されています。

フランチャイズ方式ですと尚更の問題として、万が一建設会社が倒産したら、経営が悪化したらどうなるのかという不安が付きもの。

そこで、ブルースホームには完成保証制度がありますから、何の不安も問題も起こらないという訳です。

また、ブルースホームでは10年間の瑕疵担保責任保険に加入。

20年間の地盤保証も付けることが可能です。

そして、ブルースホームの定期点検は3ヶ月、1年、2年の3回。

5年目、10年目も無料で第三者による定期点検が実施されています。

資料をまとめて請求する⇒

まとめ

ブルースホームの実例集を見ても、何はともあれ注文住宅の外観の美しさは圧巻です。

外だけでなく中身も高性能で、健康面にも十二分に配慮され、各所にこだわりを持って建てられる家、それがブルースホームの注文住宅。

これを機会に、永く快適に暮らすことが出来、理想的で飽きの来ないデザインである世界に1つだけの家を提案してくれるブルースホームの注文住宅を検討してみませんか?

今月の人気記事
ハウスメーカーランキング2021〜住宅メーカーの坪単価や評判と宅建士が教える選び方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\ 住宅メーカー選びで失敗しないために! /