アイダ設計で家を建てる!アイダ設計の注文住宅4つの特徴や評判と坪単価

アイダ設計は、埼玉県さいたま市に本社を置くハウスメーカーです。

注文住宅にて印象に残るのは何といってもテレビCMではないでしょうか。

アイダ設計では、アイダ設計のこだわりを感じさせるアイダ設計らしさを前面に押し出している俳優の小泉孝太郎を起用しています。

それでは、気になるアイダ設計の注文住宅での特徴や、坪単価を詳しく見てまいりましょう。

また、本文に入る前にあなたに一つ質問をさせてください。

「ハウスメーカーを選ぶ際に最も大事なことは何だと思いますか?」

もちろん正解は一つではありませんが、私は「しっかりとハウスメーカーの特徴や違いを理解し、比較・検討した上で絞り込むこと」だと考えています。

住宅業界で働いた経験があるような人以外は、ハウスメーカー毎にどういった違いがあるのか理解している人は少ないはずです。

それぞれの会社の坪単価やデザイン性の違い、耐震性や気密性・断熱性、購入後のアフターフォローに間取りの自由度、木造なのか鉄骨造なのかなど違いは多岐に渡ります。

事前にしっかりと情報収集を行わずに、いきなり住宅展示場等に足を運び、フィーリングで依頼するハウスメーカーを決めてしまう。

このような人は、「もっと自分の条件にあったハウスメーカーがあった・・・」と後から気づき、一生後悔するような羽目になります。

マイホームは人生でもっとも大きな買い物です。面倒だからといって事前の下調べや比較・検討を怠ることは絶対にやってはいけません。

ネットでの情報はもちろんのこと、より一次情報に近い信頼性の高い情報に多く触れるようにすることで、ハウスメーカーを選ぶ目が養われていきます。

またハウスメーカーの多くは、無料でカタログや資料請求ができるので、少しでも気になった業者からは積極的に資料を取り寄せるようにしましょう。

(カタログや資料の中には、Webサイトには掲載されていないより具体的で有益な情報が掲載されています。)

最初のころはどのハウスメーカーもそれぞれよく見えるのですが、情報を仕入れていくにつれ、それぞれの違いや自分にとっての良い・悪いが分かるようになるので。

ただし、何社ものハウスメーカーにいちいち資料請求をするのは、面倒ですし手間がかかるもの。

最近ハウスメーカーを選ぶ人の中で主流になっているサービスが、無料カタログ一括請求サービス」です。

0からハウスメーカーを絞り込まなくても、予算やローコスト住宅などのテーマ、建築予定のエリアを選ぶだけで、条件にあったハウスメーカーがピックアップされます。

利用料はもちろん無料ですし、資料請求をしたからといって、迷惑でしつこい営業に悩まされる心配もありません。

少しでも気になったハウスメーカーがあればひとまず資料を請求してみることで、最初は考えてもいなかったハウスメーカーの中に、自分の条件とぴったりマッチした出会いがあることも多いです。

大手や地場の工務店などの先入観を取り払い、フラットな目線でいろいろな情報を取り入れてみてください。

しっかりと比較・検討を重ねた上で依頼したハウスメーカーであれば、間違いなく依頼後も納得がいくはずです。

スマホやPCから3分もあれば依頼ができるので、ほんの少しの手間を惜しんで、一生後悔するようなことの無いようにしてくださいね。

それではここから、本文に入っていきましょう。

アイダ設計の間取りや外観4つの特徴

先ずはアイダ設計の特徴をご紹介します。

プレカットシステムでローコスト

アイダ設計と言えば「555万円の家」で一躍有名になりました。

今この商品はありませんが、考えられない価格でアイダ設計は大丈夫なのかと、安心面・技術面が心配になるのは当たり前の心情でしょう。

では、アイダ設計は何故そこまでローコストが可能なのか、その理由の1つに自社でプレカット工場を保有していることが挙げられます。

構造躯体のプレカットは自社で行うというコンセプトのもと、千葉と埼玉に2つの工場が設けられています。

コンピューターによって高性能な木材を作ることが出来、ミリ単位の繊細な作業が行えることを誇りとしているアイダ設計。

これによって大幅に現場での効率化が図られますし、コストダウンも可能と言う訳です。

自社一貫体制でローコスト

アイダ設計でのローコストのこだわりは群を抜いており、プレカットシステムの他にも自社一貫体制という特徴があります。

土地の仕入れから土木・設計・資材・建設・アフターサービスまで、アイダ設計が全て一貫して対応しているのです。

そうすることで責任の所在は明らか。

縦のつながり、横のつながりも明確なので、意思の疎通が図れずトラブルになったということもありません。

高い耐震性

アイダ設計の公式サイトでは、家づくりの性能についての記載があまりありませんでしたが、その中で耐震性には自信があり、震度7クラスの揺れにも耐えられるという耐震実験をクリアしています。

災害、それも大災害が多くなっている日本において、家を建てる際により耐震性には敏感に反応してしまうのは当然のこと。

以前大きな社会問題となった耐震性問題発覚から、耐震性に関して厳しい目が注がれてきました。

さまざまなハウスメーカー・工務店でも研鑽されてきたことでしょうが、アイダ設計は低価格の中でも高性能な耐震性を実現可能にしているのです。

注文住宅の商品説明

では、具体的にアイダ設計ではどのような注文住宅の商品があるのか、主要な商品をいくつかご紹介しましょう。

アイダ設計の特徴がお分かり頂けるはずです。

ブラーボスタンダード

アイダ設計の注文住宅と言えばブラーボシリーズです。

その中でも人気の商品がこちらのブラーボスタンダード。

アイダ設計の基本理念が自由設計となっていますので、外観も内観も思いのままであることは言うまでもありません。

では、アイダ設計の標準装備としてのキッチンやバスルームなどがどうなっているのかをご紹介。

システムキッチンはクリナップKTシリーズ採用。

素材やデザインなど、お気に入りのキッチンを選ぶことが出来ます。

バスルームは何といっても清潔さと使い心地。

リラックスタイムとなるバスルームは癒される空間となってほしいもの。

よく読まれてるおすすめ記事
ハウスメーカーランキング2021〜住宅メーカーの坪単価や評判と宅建士が教える選び方

アイダ設計のバスルームでは、面倒な浴室掃除を少しでも楽にと考えられた工夫があちこちに。

例えば、その都度簡単に掃除できる壁面。

乾きやすい床面。

渦を巻いて排水してくれて、シンプル形状で掃除しやすい排水口。

ずっと綺麗に使い続けて行こうと思わせてくれることでしょう。

洗面台の扉部分のカラーバリエーションも豊富で、好きなカラーがきっと見つかるはず。

トイレは超節水のエコトイレとなっています。

ブラーボコンフォート

ワンランク上の住まいとしてのブラーボコンフォート。

性能についての記載があまりなかった中で、ここでは高性能さを前面に押し出されています。

高性能さを等級数で見ると、主な性能の等級が最高等級となっていました。

  • 耐震等級3
  • 断熱等性能等級4
  • 劣化対策等級3
  • 維持管理対策等級3
  • 省エネルギー等級4

他にも24時間全熱交換換気システムで空気環境にも配慮されており、末永く安心に快適な住まいづくりを提供してくれていることが分かります。

また、設備装備もプレミアムなのですが、例えば次の通りです。

他にもドアにカードキーが採用されていたり、防災に強い粘土瓦を使用していたりと、アイダ設計の気配りが細部にまで行き渡っています。

アイベスト

更に上を行くハイレベルな注文住宅がアイベスト。

高い耐震性・断熱性は基より、設備装備も贅沢感満載。

家のどこにいても快適さやリラックスを実感出来るのは理想的な暮らしぶり。

その理想を手に入れることが可能なアイダ設計の注文住宅、アイベストです。

アイダ設計の注文住宅の坪単価や平均相場はいくら?

555万円の家が話題となったアイダ設計ですが、そこからバージョンアップ形として売り出されたのが888万円の家。

28坪と決まっているので計算をしますと、坪単価32万円弱となります。

価格破壊のような設定に驚くアイダ設計。

アイダ設計の坪単価の平均相場は、30万円から大体50万円までとされていますが、アイダ設計の注文住宅シリーズによっては、40万円~60万円ということもあり得ます。

アイダ設計は値引きやキャンペーンはしているの?

安さが売りのアイダ設計ですから、もともと低価格であることを忘れてはいけません。

なので、低価格からの更なる値引きは期待しない方が良いでしょう。

アイダ設計では自社で施工、自社のプレカットシステムなどで中間マージンを抑えるという企業努力が徹底しています。

そんなアイダ設計に値引き交渉は少々酷のような気もします。

それでも、どうしても値引きをしてほしいという場合は、とことん担当者に相談することです。

アイダ設計でのキャンペーン情報としては、2018年10月1日から2019年3月31日まで【住宅大王キャンペーン】が開催されています。

出来るだけ高く住まいを買い取るというもの。

また、分譲住宅ですがこちらを購入した場合、1,000,000円分のインテリアをプレゼントとなっています。

時期によってアイダ設計ではキャンペーンが行われるようです。

気になる方はアイダ設計の公式サイトのピックアップニュースを随時チェックして見て下さい。

公式サイト:アイダ設計

アイダ設計のカタログを資料請求する方法

アイダ設計での資料請求をする場合は、アイダ設計の公式サイトから簡単に出来ます。

先ず、アイダ設計の資料請求・お問い合わせのボタンを押すと、注文住宅・資料請求フォームの画面が出てきます。

そこから情報入力(STEP1)をしましょう。

ご希望内容の欄に資料請求の選択肢があるので、そこにチェックを入れます。

あとは名前・住所・メールアドレス・電話番号などを入力(STEP2)していきます。

次に情報確認(STEP3)を行えば完了です。

選択肢の中には資料請求と来店予約というのもありますので、併せて来店を検討されているのでしたらこちらの方が良いでしょう。

ちなみに注文住宅を検討している方のお問い合わせ先もご案内します。

問い合わせのフリーダイヤルは、0120-983-567となっていますので、すぐに聞きたいと思われる方はフリーダイヤルにて問い合わせをして見て下さい。

アイダ設計の注文住宅は完成するまでどのくらい期間がかかる?

先ほどもありましたが、プレカットシステム(木材を現場で組み立てやすいように予め切って置くシステム)採用なので、アイダ設計の工期は短縮されます。

ここでアイダ設計の家づくりの流れを見て見ましょう。

改めてこれだけの工程を経て念願のマイホームは出来上がると再認識されたのではないでしょうか。

肝心の完成するまでの期間ですが、アイダ設計の公式サイトには数字を明確に記載されていませんでした。

そこで、アイダ設計の家を建てましたという方の声をいろいろ拾い集めまして、ここでの結論を発表します。

大体4ヶ月くらいを目安とするのが良いでしょう。

では、一般的に注文住宅の完成までにはどのくらいの期間がかかるのかと言えば、着工から竣工までで3~4ヶ月かかるようです。

計画から引き渡しまでとなると、半年くらいかかると見て間違いないでしょう。

そのことを思えば、アイダ設計の注文住宅の工期は短い方ではないかと言えるのではないでしょうか。

アイダ設計の注文住宅の実例はどこでみる?

アイダ設計の公式サイトでは、注文住宅の項目がきちんと設けられています。

そちらからお客様の声をご覧になると、写真付きでアイダ設計の注文住宅の実例を2件見ることが出来ます。

間取り4LDKの家

1階は18畳のリビング、4畳分の洋室、キッチン、浴室、洗面、トイレ、駐車スペース。

2階は6畳の洋室2間と約8畳の寝室、トイレ、吹き抜け、バルコニー。

吹き抜けがあるので開放感に溢れていますし、明るく綺麗な内観です。

また、街に溶け込んだシンプルな明るい外観は落ち着いた雰囲気を醸し出しています。

南欧風の間取り4LDKの家

詳しい数字はわかりませんが、広いリビング、リビングの一角に畳の一間、キッチン、浴室、洗面、トイレ。

2階は3つの洋間と手づくりされたウッドデッキとトイレ。

小さいお子さんのことやご主人の趣味のことなどを考慮して、使い勝手の良い造りとなっています。

これも自由設計ならでは。

奥さまの要望は可愛い南欧風。

外観も赤茶色の瓦と真っ白な壁が正しく南欧風のステキな佇まいです。

2階建ての場合、トイレは必須だと感じるのですが、2軒とも2階にトイレを設置されているので納得。

どちらとも住まれている方のインタビューもご覧になれますので、是非ご参考になさって下さい。

アイダ設計の良い口コミと悪い評判

それでは、アイダ設計の口コミ評価にはどのようなものがあるのか、良い・悪いに分けていくつかご紹介します。

良い口コミ

悪い口コミ

アイダ設計の住宅展示場やショールームはどこにある?

アイダ設計でのモデルハウスやショールームは、22都府県にて次の通りに設けられています。

東北エリア

関東エリア

甲信越エリア

東海エリア

九州エリア

アイダ設計はやはり関東圏が中心なので、西日本側は大変少なく関西エリアでも店舗のみとして京都店が存在するだけ。

中四国エリアは店舗も全くないので、九州エリアか東海エリアか、足を延ばすついでにという感覚で関東エリアまで出向かなければなりません。

ですが、夢のマイホームのことですから、その距離も楽しいのかも知れません。

アイダ設計は建売住宅の販売も行っている?

アイダ設計の公式サイトを見ますと、分譲住宅と注文住宅、賃貸経営という見出しはありますが、建売住宅はありませんでした。

自由設計が売りのアイダ設計ですので、自由度が縛られてしまう建売住宅の販売はないのか?と思ったのですが、住宅サイトを見ますと、アイダ設計は建売も販売していると言う記載がありました。

また、注文住宅よりも建売の方が評判が良いとも。

ここでは建売住宅も多少なりとも「販売を行っている」と結論付けました。

アイダ設計で注文住宅を建てた人のブログ

さて、アイダ設計で注文住宅を建てたという生の声を聞くのに打ってつけの方法がブログ。

あまりの低価格なので、実際アイダ設計で注文住宅を建てた人の声は聞きたいものです。

詳細に分かりやすく書かれたマイホーム日記ブログをみつけましたので、こちらをご紹介します。

RPmamaさんの「M家のローコスト注文住宅ブログ」です。

基礎、大工、内装、外部工事と項目が分けられ、ほぼ毎日現場レポが記されています。

写真付きで見やすく、その時その時の迷い、悩み、ワクワク感が伝わりますし、入居後の様子も赤裸々に掲載されてます。

マイホームを検討されている方にとって、とても参考になるブログではないでしょうか。

アイダ設計のアフターサービスや保証内容について

アイダ設計では、保証期間が35年の長期保証となっています。

一般的な法定期間の10年間保証は遥かに超えた保証なので安心。

他社でよく見られる何か月、何年の定期点検・メンテナンスという具体的な掲載はありませんでしたが、専門スタッフによる定期点検・メンテナンスが実施されることは間違いありません。

緊急時の補修も迅速に対応してくれるということで、アイダ設計に全てお任せです。

まとめ

低価格、高品質、長期保証と至れり尽くせりのアイダ設計は、2018年のサイトのイメージ調査に置いて、価格満足度・自由設計満足度・お客様満足度と3部門で第1位に輝いています。

全てはお客様に満足の行く注文住宅を提供したいという一心のアイダ設計だからこその結果が目に見えて表れていると言えるでしょう。

マイホーム検討中の方々、任せて安心のアイダ設計はいかがですか?

今月の人気記事
ハウスメーカーランキング2021〜住宅メーカーの坪単価や評判と宅建士が教える選び方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です