ゼロキューブで家を建てるなら知っておきたい評判・口コミを5つ厳選紹介【2021年版】

持ち家が欲しいと考えた時に、CMで見聞きしたフレーズを思い出すことはよくありますよね。「ゼロキューブ」も、耳馴染みの良い音楽と共に一度は聞いたことのあるフレーズでしょう。

そこで今回は、ゼロキューブについて徹底解説!

ゼロキューブとは、ライフレーベルが手掛けるハウスメーカーの商品名です。この記事ではゼロキューブで家づくりをした人のクチコミ・特徴・デメリットから、よく比較されるヤマト住建との違いまで。

ゼロキューブについて知りたい人は、参考にして下さいね。

また、本文に入る前にあなたに一つ質問をさせてください。

「ハウスメーカーを選ぶ際に最も大事なことは何だと思いますか?」

もちろん正解は一つではありませんが、私は「しっかりとハウスメーカーの特徴や違いを理解し、比較・検討した上で絞り込むこと」だと考えています。

住宅業界で働いた経験があるような人以外は、ハウスメーカー毎にどういった違いがあるのか理解している人は少ないはずです。

それぞれの会社の坪単価やデザイン性の違い、耐震性や気密性・断熱性、購入後のアフターフォローに間取りの自由度、木造なのか鉄骨造なのかなど違いは多岐に渡ります。

事前にしっかりと情報収集を行わずに、いきなり住宅展示場等に足を運び、フィーリングで依頼するハウスメーカーを決めてしまう。

このような人は、「もっと自分の条件にあったハウスメーカーがあった・・・」と後から気づき、一生後悔するような羽目になります。

マイホームは人生でもっとも大きな買い物です。面倒だからといって事前の下調べや比較・検討を怠ることは絶対にやってはいけません。

ネットでの情報はもちろんのこと、より一次情報に近い信頼性の高い情報に多く触れるようにすることで、ハウスメーカーを選ぶ目が養われていきます。

またハウスメーカーの多くは、無料でカタログや資料請求ができるので、少しでも気になった業者からは積極的に資料を取り寄せるようにしましょう。

(カタログや資料の中には、Webサイトには掲載されていないより具体的で有益な情報が掲載されています。)

最初のころはどのハウスメーカーもそれぞれよく見えるのですが、情報を仕入れていくにつれ、それぞれの違いや自分にとっての良い・悪いが分かるようになるので。

ただし、何社ものハウスメーカーにいちいち資料請求をするのは、面倒ですし手間がかかるもの。

最近ハウスメーカーを選ぶ人の中で主流になっているサービスが、「無料カタログ一括請求サービス」です。

0からハウスメーカーを絞り込まなくても、予算やローコスト住宅などのテーマ、建築予定のエリアを選ぶだけで、条件にあったハウスメーカーがピックアップされます。

利用料はもちろん無料ですし、資料請求をしたからといって、迷惑でしつこい営業に悩まされる心配もありません。

少しでも気になったハウスメーカーがあればひとまず資料を請求してみることで、最初は考えてもいなかったハウスメーカーの中に、自分の条件とぴったりマッチした出会いがあることも多いです。

大手や地場の工務店などの先入観を取り払い、フラットな目線でいろいろな情報を取り入れてみてください。

しっかりと比較・検討を重ねた上で依頼したハウスメーカーであれば、間違いなく依頼後も納得がいくはずです。

スマホやPCから3分もあれば依頼ができるので、ほんの少しの手間を惜しんで、一生後悔するようなことの無いようにしてくださいね。

それではここから、ゼロキューブついて、詳しく解説をしていきましょう。

ゼロキューブで家を建てた人のリアルな評判・口コミまとめ

まずは、ゼロキューブで実際に家づくりを行った人からの、リアルな口コミを確認してみましょう。

「ゼロキューブのほか、同じようなローコスト住宅を扱うハウスメーカーと比較していました。最終的な決め手は、施工が早いことと四角形のデザインを家族が気に入ったのでゼロキューブに。もともとのプランでは和室があったところを台所に変更したり、居間を広く取るなどカスタマイズを施し1,400万程度で完成できてよかったです。」

「外観がシンプルで装飾の少なさに惹かれました。実際に住んでみると、2階の部屋はちょっと暑くて、オプションで高くなっても断熱材を増量すればよかったと思っています。外気温の影響を受けるので、施工段階では多少値段が上がっても後悔なくオプションを付けた方がおすすめです。」

「正方形に近い形が元々好きで、家をつくるならゼロキューブっぽいデザインにしたいと思っていました。間取り変更も自分たちが希望する範囲では実現できたし、基本的には満足です。ローコスト住宅なだけあり、金額も安く済んだのでこれならローン返済も早く終わりそう。ただ、雨音が大きく聞こえます。屋根がないから軒下もなく、雨や風が窓に直撃します。強い雨の日だと夜中に起きることもあるので、音に敏感な人は大変かも。」

「1,000万円で家が建てられるようなことを書いていますが、実際に1,000万では無理です。少しカスタマイズするだけで金額が上がっていくので、最終的には1,600万越えに。この価格なら他のハウスメーカーでもよかった気もします。」

「シンプルと言えばシンプルだけど、安いんだろうなという雰囲気はぬぐえない。価格帯からも高級感は求めない人にはいいかも。ただ、今後何十年と住み続けるのには不安がある。建て替え前提じゃないとちょっと心配。」

よく読まれてるおすすめ記事
ハウスメーカーランキング2021〜住宅メーカーの坪単価や評判と宅建士が教える選び方

ゼロキューブのここがすごい!3つの強みとメリットを徹底解説

次に、ゼロキューブの特徴やメリットを解説します。

1.フランチャイズ形式なので全国各地で対応してもらえる

ゼロキューブとは、ライフレーベルが手掛ける商品ブランドのひとつです。TVCMでも放送されているように、ライフレーベル商品内でも人気のメイン商品になります。

本社から支店を設ける形式ではなく、全国各地にフランチャイズ契約を結び、許諾を与える方法で販売。

支店を建てるよりも、もともと地域に根付いた工務店や建築会社にブランド販売権利を委託することで、地元密着の工務店の良さと全国対応ハウスメーカー商品のいいとこどりを可能にしています。

2.規格型住宅なのでローコストでの家づくりを実現

ゼロキューブシリーズのなかにも、予算や変更度の違いで多くのバリエーションを用意。

規格型住宅をベースに、カスタマイズ性を楽しむことも可能です。また、とにかくローコストに抑えたい人にも人気な、本体価格1,000万円台のラインナップも。

大手ハウスメーカーとは違う規格型住宅ならではの切り口で、若年層のファミリー世帯でも購入しやすい商品が豊富です。

3.必要な物だけをオプションで追加

ゼロキューブの基本プランは非常にシンプルです。基本プランをベースに、間取りをカスタマイズしたりオプションを追加していくので、本当に必要な物だけを付けられます。

標準仕様で使わない設備が付くこともなく、オプションごとで費用もハッキリしているので各明細が分かりやすいのも特徴です。

ゼロキューブのここは注意!弱みやデメリットも隠さず紹介

メリットだけでなくゼロキューブのデメリットも、同時に知っておきましょう。

1.良くも悪くも価格相応の品質

ローコストが魅力のゼロキューブですが、ハイコスト住宅と比べて見劣りする部分はどうしてもあります。

コストを抑えながらもコスパが特別良いというわけではなく、あくまでも無駄を省き極限までシンプルな家を追求したのがゼロキューブです。

オプション項目で機能を付帯することも出来ますが、高品質高性能を求める人には不向きでしょう。

2.保証期間が短く、延長保証にも対応していない

2021年時点では、初期保証10年のみのアフターサービスになっています。無料点検は保証期間終了後も実施してくれますが、不備が見つかった場合は問答無用で有償工事が必須。

初期保証10年も法律で定められた最低限の期間のみで、今では一般的になった延長保証も不可なのはデメリットと言えるでしょう。

3.耐震性・防水性・断熱性に心配が残る

耐震性を数値発表をしておらず、各加盟店にゆだねている部分が大きいため、担当工務店ごとに差が出ます。

また、屋根がせり出していない四角形の外観はスタイリッシュな反面、雨や風が窓に直撃してしまうことになります。自然災害の多い地域では特にデメリットとして挙げられるでしょう。

ゼロキューブの坪単価・価格はいくら?商品ラインナップごとに紹介

実際に、ゼロキューブでの坪単価について商品ラインナップとあわせて確認してみましょう。

1.ゼロキューブファン

ゼロキューブファンの特徴と坪単価の平均価格は以下の通りです。

商品名 ゼロキューブファン
特徴
  • 本体価格1,000万円から
  • ゼロキューブシリーズの基本商品
  • グッドデザイン賞受賞
坪単価(平均) 40万円

 2.ゼロキューブシンプルスタイル

ゼロキューブシンプルスタイルの特徴と坪単価の平均価格は以下の通りです。

商品名 ゼロキューブシンプルスタイル
特徴
  • 最もコストの低い商品
  • シンプルでスマートな家
坪単価(平均) 38万円

 3.ゼロキューブミニ

ゼロキューブミニの特徴と坪単価の平均価格は以下の通りです。

商品名 ゼロキューブミニ
特徴
  • 狭小地向け商品
  • 縦に空間を活かした家
坪単価(平均) 40万円

4.ゼロキューブカイ

ゼロキューブカイの特徴と坪単価の平均価格は以下の通りです。

商品名 ゼロキューブカイ
特徴
  • 間取りの中央に庭を配置した商品
  • 自然が感じられる設計が特徴
坪単価(平均) 48万円

 5.ゼロキューブステップフロア

ゼロキューブステップフロアの特徴と坪単価の平均価格は以下の通りです。

商品名 ゼロキューブステップフロア
特徴
  • ステップフロア付き商品
  • 空間を活かした間取りや収納力が魅力
坪単価(平均) 50万円

6.ゼロキューブマリブ

ゼロキューブマリブの特徴と坪単価の平均価格は以下の通りです。

商品名 ゼロキューブマリブ
特徴
  • ゼロキューブと海外工務店とのコラボ商品
  • カリフォルニアデザインが人気
坪単価(平均) 55万円

 ゼロキューブに向いているのはこんな人!おすすめの人の特徴を解説

メリットやデメリットも踏まえ、ゼロキューブを利用するならこんな人がおすすめです。

1.ローコストで本体価格1,000万円台から検討したい人

ゼロキューブの家は、本体価格1,000万円前後からの商品ラインナップが充実しています。ただし、トータル費用1,000万円で家がつくれるのではなく、本体価格にプラスして工事代や諸経費がかかるので要注意。

それでも、本体価格は他ハウスメーカーと比較してもとびぬけてコストが低いので、建物の費用を抑えたい人には検討する価値は十分あります。

2.地元業者にサポートして欲しい人

各地域の工務店が加盟店なので、不具合が生じた際にはすぐに駆けつけてくれる安心感があります。地元の工務店が施工もアフターサポートも行ってくれるため、信頼できる業者に当たれば地域密着の心強さも。

また、各地域ごとで異なる気候風土も熟知しているので、土地ごとに合ったオプションを提案してくれます。

3.建売住宅よりも多少カスタマイズ性を求めている人

ゼロキューブは規格型住宅ですが、価格帯は建売住宅とほぼ同じ程度。そのため、予算的には建売住宅しか検討の余地がないけれども、多少カスタマイズ性や選ぶ楽しみを味わいたい人にゼロキューブはおすすめ。

大幅な間取り変更はできませんが、収納を増やしたり玄関の位置をズラすことは可能です。

ゼロキューブVSヤマト住建はどっちがおすすめ?特徴や違いを項目別に紹介

ゼロキューブを検討する時、ヤマト住建と比較検討する人が非常に多いです。

各社の比較結果も紹介します。

デザイン性

ゼロキューブは名前の通り、どの商品も四角形をベースにした外観が特徴です。

一般的な住宅よりもスタイリッシュで、前衛的な印象を与えます。ただ、シンプルにしすぎるとややプレハブ感は否めない部分も。

それでも、グッドデザイン賞を受賞した商品や、コラボ商品でおしゃれなデザインに仕上げた家もあり、選択肢は充実しています。

ヤマト住建も、四角形をベースにしたスクエアタイプや、海外風デザインなどラインナップは充実。基本的には馴染みやすくもおしゃれさもある、シンプルでモダンテイストを含んだデザインが多めです。

坪単価・価格

ゼロキューブの平均坪単価は、およそ40万から55万円。国内ハウスメーカーのなかではかなり安い部類に入ります。

ただし、ゼロキューブ商品の提示価格はあくまでも本体価格のみ。実際には、本体価格にオプション代や工事費用が上乗せされるため、平均より高くなる可能性も。

ヤマト住建の平均坪単価は、50万から65万円程度。ローコストながら、どちらかと言えばコスパ重視なため、ゼロキューブと比較すると値段は高めです。

より坪単価の安い商品もありますが、価格を重視するか機能性も求めるかで意見は分かれるところでしょう。

坪単価平均 40坪の合計額
ゼロキューブ 35万~55万円 1,400万~2,200万円
ヤマト住建 50万~65万円 2,000万~2,600万円

 耐震性

ゼロキューブの基本工法はツーバイ工法です。ツーバイ工法は木造住宅で用いられ、自信を想定した実代実験でも高い耐震性が証明された工法。

しかし、耐震等級をしめす構造計算費用が高額のため、ゼロキューブをはじめローコストを重視した商品ではハッキリとした耐震等級を示さない事が多く、ゼロキューブも例外ではありません。

また、ゼロキューブは全国にフランチャイズ形式で展開されているため、各地域各業者によっても耐震等級への注力度が変わってきます。オリジナルサービスとして耐震等級3相当の耐震性を付帯する業者もあれば、ゼロキューブの基本性能までとするところまで。

そのため、検討時には対応地域の施工会社へ事前に確認しておくのが良いでしょう。

ヤマト住建では、昔ながらの木造軸組み工法をベースに、パネル工法や金物工法で強化し耐震性を高めています。また、揺れに耐えるだけではなく、制震ダンパーを搭載することで、揺れを吸収し屋内被害を最小限に抑える工夫も。

耐震等級
ゼロキューブ 等級1~3※施工業者による
ヤマト住建 等級3相当

※数値が高い方が、耐震性が高いことをあらわします。

耐火性・気密性

ゼロキューブは気密性の目安に杏るC値、断熱整数値のQ値の公式発表はありません。耐震性と同じで請け負う加盟店によっては、数値測定を実施してくれるケースも。

全加盟店に同じ数値を確保するのは困難なため、あえて公式では発表していないと考えた方が良いでしょう。それでも、ゼロキューブの基本工法であるツーバイ工法は、木造住宅の中でも気密性に優れているのが特徴。

なお、地域ごとで気温や気密性の重要度も変わってくるため、加盟店によっては断熱材に工夫をしたり独自技術で断熱材を増量するところも。

フランチャイズシステムにより一概に性能レベルを統一できないもどかしさもありますが、逆に考えれば地元の気候を熟知した業者が、土地に適した断熱性・気密性を提案してくれるのはメリットとも考えられます。

耐火性においても、各工務店ごとで炎症を抑える資材を用いたり、省令準耐火構造をオプションで対応。ただし、こちらも各加盟店ごとで対応が異なるので事前確認が必須です。

一方、ヤマト住建では気密性と断熱性には大変注力しており、実際の数値も非常に優れた値を示しています。

商品によって気密性レベルは前後しますが、最高級クラスになると北海道の冬でも暖かく過ごせるほどの高い気密性・断熱性を保持。

C値を公式発表しているハウスメーカーは非常に数少ないですが、そのなかでもヤマト住建は自信を持って数値発表をしているのもこだわりポイント。

また、耐火性を高める延焼遅延の工夫や、省令準耐火仕様にも対応するなど対策を行っています。

断熱性能数値(Q値) 気密性能数値(C値)
ゼロキューブ 公式発表なし 公式発表無し
ヤマト住建(エネージュSE) 1.6 1.0以下

※数値が低いほど性能が高いことをあらわしています。

間取りの自由度

ゼロキューブ商品はどれも規格型住宅です。

ある程度の枠組みや基本間取りを統一することで、コストを抑えています。しかし、既定の範囲内であれば多少の間取り変更は可能です。台所の位置をずらしたり、隣にパントリーを増やすなど。

完全自由設計の間取り自由度には及びませんが、全く間取り変更が出来ないほどの厳しさではありません。

そしてヤマト住建では、商品タイプによって間取り変更の自由度は変わります。

例えば、機能性を重視した商品だと、高性能を維持するための制約が多いため間取り変更の領域は少なめ。反対に、コスパ重視の商品だと規制が少し緩和されるので、間取り変更度も高まるというわけです。

アフターサービス

ゼロキューブの初期保証期間は、法律で定められた10年のみ。10年過ぎた後の延長保証には、基本対応していません。

ただし、無料の定期点検は保証期間とは別で、5年ごと最長45年まで実施しています。

アフターサービスは施工を行う加盟店・工務店が引き続き行うため、担当地域の加盟店の保証内容をしっかり確認しておきましょう。

一方ヤマト住建でも初期保証は同じく10年。その後、10年ごとに有償工事を施した場合に限り、最長30年目まで保証が延長されます。

しかし、点検期間は短いデメリットも。ヤマト住建の無料点検は初期保証と同じ10年目まで、10年目以降は延長保証を受けた場合のみ点検可能。

また、無料点検期間の頻度も他ハウスメーカーよりも少なく、点検期間に関してはゼロキューブの方が安心感がありますね。

初期保証期間 最長保証期間
ゼロキューブ 10年 なし
ヤマト住建 10年 30年

※最長保証期間を受ける場合、ハウスメーカーが設けた条件つき

ゼロキューブの会社情報

ゼロキューブに興味を持った方には、より詳細な会社情報を紹介します。

公式サイトや施工対象都道府県など、チェックしてみましょう。

ゼロキューブの会社概要

ゼロキューブの会社概要は以下の通りです。

会社名 株式会社ベツダイ
本社住所 大分県大分市向原東2丁目2番30号
設立 昭和38年3月7日
資本金 100,000,000円
住宅構造 木造住宅
従業員数 210名
公式サイトHP 公式サイト

 ゼロキューブが対応しているエリア

ゼロキューブが施工を行う対象エリアを紹介します。

ゼロキューブはフランチャイズ形式で展開されているため、全国各地で対応可能です。2021年時点では、福井県と沖縄県を除く各地域で相談窓口が用意されています。

対象エリア 北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県・茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・新潟県・富山県・石川県・山梨県・長野県・岐阜県・静岡県・愛知県・三重県・滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県・徳島県・香川県・愛媛県・高知県・福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県

まとめ

ゼロキューブはライフレーベルが手掛けるブランド名。そして、ゼロキューブの販売形式はフランチャイズシステムで、全国の加盟店ごとに施工を行います。

建売住宅と同程度の価格で、規格型住宅のカスタマイズ性を楽しめたり、地元工務店で家を建てたい人に特におすすめ。

今回ゼロキューブのメリット・デメリットを知り気になった人は、対応地域ごとで加盟店が異なるので、会社概要にある公式サイトで窓口を調べてみて下さいね。

今月の人気記事
ハウスメーカーランキング2021〜住宅メーカーの坪単価や評判と宅建士が教える選び方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です