東栄住宅の最新の評判・口コミを編集部が徹底調査!坪単価や価格は?間取りや耐震性はどう?

東栄住宅は、東京都西東京市に本社を構える住宅メーカーです。

「まっすぐまじめな家づくり」をコンセプトに、高性能かつ住み心地の良い住宅を適正価格で提供しています。

注文住宅「趣暮(しゅくら)」では、完全自由設計でフルオーダーの家を提供。

お客様の要望に柔軟に対応した、満足度の高い家づくりを行っています。

そこでこの記事では「東栄住宅について色々知りたい!」という人に向けて、東栄住宅の評判、メリットやデメリット、デザイン性や性能、ラインナップなどを幅広くまとめました。

東栄住宅で実際に家を購入した人の口コミも交えながら紹介していくので、是非参考にしてみてくださいね。

また、本文に入る前にあなたに一つ質問をさせてください。

「ハウスメーカーを選ぶ際に最も大事なことは何だと思いますか?」

もちろん正解は一つではありませんが、私は「しっかりとハウスメーカーの特徴や違いを理解し、比較・検討した上で絞り込むこと」だと考えています。

住宅業界で働いた経験があるような人以外は、ハウスメーカー毎にどういった違いがあるのか理解している人は少ないはずです。

それぞれの会社の坪単価やデザイン性の違い、耐震性や気密性・断熱性、購入後のアフターフォローに間取りの自由度、木造なのか鉄骨造なのかなど違いは多岐に渡ります。

事前にしっかりと情報収集を行わずに、いきなり住宅展示場等に足を運び、フィーリングで依頼するハウスメーカーを決めてしまう。

このような人は、「もっと自分の条件にあったハウスメーカーがあった・・・」と後から気づき、一生後悔するような羽目になります。

マイホームは人生でもっとも大きな買い物です。面倒だからといって事前の下調べや比較・検討を怠ることは絶対にやってはいけません。

ネットでの情報はもちろんのこと、より一次情報に近い信頼性の高い情報に多く触れるようにすることで、ハウスメーカーを選ぶ目が養われていきます。

またハウスメーカーの多くは、無料でカタログや資料請求ができるので、少しでも気になった業者からは積極的に資料を取り寄せるようにしましょう。

(カタログや資料の中には、Webサイトには掲載されていないより具体的で有益な情報が掲載されています。)

最初のころはどのハウスメーカーもそれぞれよく見えるのですが、情報を仕入れていくにつれ、それぞれの違いや自分にとっての良い・悪いが分かるようになるので。

ただし、何社ものハウスメーカーにいちいち資料請求をするのは、面倒ですし手間がかかるもの。

最近ハウスメーカーを選ぶ人の中で主流になっているサービスが、無料カタログ一括請求サービス」です。

0からハウスメーカーを絞り込まなくても、予算やローコスト住宅などのテーマ、建築予定のエリアを選ぶだけで、条件にあったハウスメーカーがピックアップされます。

利用料はもちろん無料ですし、資料請求をしたからといって、迷惑でしつこい営業に悩まされる心配もありません。

少しでも気になったハウスメーカーがあればひとまず資料を請求してみることで、最初は考えてもいなかったハウスメーカーの中に、自分の条件とぴったりマッチした出会いがあることも多いです。

大手や地場の工務店などの先入観を取り払い、フラットな目線でいろいろな情報を取り入れてみてください。

しっかりと比較・検討を重ねた上で依頼したハウスメーカーであれば、間違いなく依頼後も納得がいくはずです。

スマホやPCから3分もあれば依頼ができるので、ほんの少しの手間を惜しんで、一生後悔するようなことの無いようにしてくださいね。

それではここから、本文に入っていきましょう。

東栄住宅で実際に購入した人のリアルな評判・口コミ・感想集めました

まず気になるのが、東栄住宅の評判ですよね。

そこで実際に東栄住宅で家を購入した人のリアルな評判・口コミ・感想を集めてみました。

東栄住宅の良い評判・口コミ・感想

大手ハウスメーカーにも相談しましたが、大幅な予算オーバーのため断念。その点東栄住宅では一つ一つの仕様を吟味して選ぶことができたので、予算内に収めることができました。浮いた予算で新しい家電も購入できたので満足しています。

営業担当さんの対応が良かったです。何度かメールでも相談させてもらいましたが、その都度すぐに返信をいただけたので安心感がありました。また、こちらの細かい要望にも一つ一つ丁寧に対応してもらえて、大変感謝しています。

色々な住宅展示場やハウスメーカーを見て回りましたが、東栄住宅が一番柔軟に対応してくれました。営業所での打ち合わせでは営業担当さんだけでなく、所長さんや設計担当さんも同席してくださったことから、チームワークの良さを実感。安心してお任せできると判断しました。

複数の住宅メーカーに見積もりとプランをお願いしましたが、予算・プラン内容が良く、連絡もスムーズだった東栄住宅で家を建てることにしました。特に予算に関しては、後からいろいろ追加されることを避けたい旨を伝えましたが、しっかりと予算内に収めてもらえましたよ。

東栄住宅の悪い評判・口コミ・感想

壁紙がすぐに剥がれてしまいます。爪で少し引っ掻くだけですぐに傷付いてしまうので、張り替えてもらいたいです。

よく読まれてるおすすめ記事
ハウスメーカーランキング2021〜住宅メーカーの坪単価や評判と宅建士が教える選び方

東栄住宅に依頼するメリットとデメリットを徹底調査

東栄住宅で注文住宅を依頼するメリットとデメリットについて、徹底調査しました。

メリットはもちろんですが、デメリットも踏まえた上で検討してみてくださいね。

東栄住宅に依頼するメリット

まずは、東栄住宅に注文住宅を依頼するメリットからご紹介していきます。

完全自由設計のフルオーダー住宅が実現できる

東栄住宅の注文住宅は、商品プランのない完全自由設計のフルオーダー住宅となっています。

そのため、お客様のこだわりや予算に合わせた最適な提案をしてくれるのが特徴。

間取りは細部までこだわることができ、設備や仕様なども予算や希望に合わせて柔軟に調整可能です。

また、ベースとなるコンセプト作りにしっかりと時間をかけてくれるため、満足度の高い家づくりを実現できますよ。

確かな住宅性能をしっかりと比較できる

東栄住宅は「長期優良住宅」と「住宅性能評価」を標準で取得しており、高い住宅性能を実現しています。

第三者機関によるチェックを実施した上で、住宅性能を等級や数値で分かりやすく表示しているため、客観的に性能を判断することが可能です。

  • 耐震等級3
  • 断熱等性能等級4
  • 劣化対策等級3
  • 維持管理等級3

※上記4つはすべて最高等級を取得

そのため「住宅性能をしっかりと確認・比較したい」という人にとっては安心できるポイントでしょう。

コストパフォーマンスが良く、予算内でこだわりを実現できる

東栄住宅は住宅性能の高さと自由度の高い設計に加え、現実的な価格プランを提案してくれるのが特徴です。

特に東栄住宅では適正価格を実現するための試みとして、

  • 広告宣伝費の削減
  • モデルハウスへの出展を控え、自社の土地で「街角リアルモデル」を展開
  • 多く仕入れて多く作ることで、経費削減

などが行われています。

そのためコストパフォーマンスが良く、限られた予算内でも理想の家づくりを実現できるのです。

東栄住宅に依頼するデメリット

東栄住宅に注文住宅を依頼するデメリットについてもお話ししていきます。

注文住宅は完全自由設計のフルオーダーのみ

東栄住宅のデメリットをあえて1つ挙げるとすれば、注文住宅は完全自由設計のフルオーダーのみで、決まった商品プランがないことでしょう。

フルオーダー住宅は自由度の高い設計が魅力ですが、逆に「ある程度決まったプランの中から選びたい」「家づくりに時間をかけられない」という人にとってはデメリットにもなりえます。

ちなみに東栄住宅には分譲住宅を早期契約することによって、床や扉、外観のカラーなどを変更できる「セミオーダー形式」にも対応していますので、そちらを検討してみても良いでしょう。

東栄住宅を検討中の方へおすすめしたい特徴・こだわり

東栄住宅で家づくりを検討している人へ向けて、東栄住宅の特徴やこだわりなどを項目別にまとめてみました。

デザイン性・外観

東栄住宅の注文住宅プラン「趣暮(しゅくら)」では、完全自由設計でフルオーダーの家づくりを行っており、幅広いデザインや外観の要望に応えています。

間取りは細部までオーダー可能で、仕様・オプションは標準仕様を基準に予算やこだわりに合わせて選ぶことができます。

参考までに、東栄住宅の施工事例をいくつかご紹介します。

  • 暮らしやすさも兼ね備えた、洗練されたデザイン住宅
  • 広めのウッドデッキや吹き抜けのリビングを実現した、開放感のある家
  • 将来の介護のことも想定した、広々とした「和モダン」住宅
  • 白を基調とした、リゾート風のシンプルモダン住宅

工法

東栄住宅では、「木造軸組工法」と「2×4工法」が採用されています。

木造軸組工法

日本に古くから伝わる工法で、「在来工法」とも呼ばれています。柱や梁といった軸組で建物の構造を支えます。

間取りの自由度が高く、窓を大きく取れるのが特徴。

幅広い設計が可能なので、注文住宅に適した工法と言えるでしょう。

2×4工法

北米から輸入された工法で、床・壁・天井の「面」で建物の構造を支えます。

地震や強風などの衝撃を面で受け止めて分散。

さらに万一出火した場合でも延焼しにくいという特徴があります。

そのため災害に強い工法と言えるでしょう。

耐震性

東栄住宅では面を強化する「耐震構造」が採用されており、地震に強い構造を実現しています。

東栄住宅の耐震構造

耐力壁や接合金物などを用いて、地震や台風などの「横」からの力に抵抗。

さらに基礎には地震に強い「ベタ基礎」を採用しており、土台からしっかりと建物を支えます。

東栄住宅の全ての建物が、耐震等級で最高の「3」を取得していることからも耐震性の高さが分かります。

断熱性

東栄住宅では、全棟が断熱等性能の最高等級である「4」を標準で取得しており、高い断熱性を確保しています。

住宅を断熱材ですっぽりと包み込むことで、隙間なく断熱性能を発揮。

さらに窓枠には「樹脂アングル」を、窓ガラスには「Low-E複層ガラス」をそれぞれ採用しているのが特徴です。

樹脂アングル

アルミアングルよりも熱伝導率が低いので、温暖差から発生する結露を防止。

住宅の長寿命化にも貢献します。

Low-E複層ガラス

採光性を確保しながら、紫外線を69%カットします。

さらに室内側のガラスにコーティングした特殊金属膜によって一般的な単層ガラスのおよそ2倍の断熱性能を発揮。

省エネ効果も期待できます。

気密性

東栄住宅では家全体を断熱材ですっぽりと包み込む工法がとられているため、断熱性だけでなく高い気密性が確保されています。

そのため家全体で冷暖房効率が良く、部屋ごとの温度差も小さいため「一年中どこにいても過ごしやすい家」を実現することができるでしょう。

防火・耐火性

東栄住宅の防火・耐火性についてですが、公式ホームページによると「建築基準法で定められた内容を担保しています」という記述がありました。

そのため最低限の耐火性能は確保されているようですが、詳しいことについては残念ながら情報がありませんでした。

間取り

東栄住宅の注文住宅プラン「趣暮(しゅくら)」では、完全自由設計でフルオーダーの家づくりを行っています。

そのため間取りは細部までオーダー可能となっており、幅広い要望にも対応しています。

参考までに東栄住宅の施工事例から、特徴的な間取りをいくつかご紹介します。

  • 将来2つに分けることも可能な、大きな居室
  • リビングを見下ろすことができる、広々としたロフト
  • 階段下のスペースに設置した、パソコンスペース
  • 来客用と家族用で分けて使用できる玄関
  • 浴室とバルコニーの間に設置した、動線重視のウォークインクローゼット

東栄住宅で新築を建てたらいくらくらいになる?価格は?

「東栄住宅で新築を建てたら、いくらかかるの?」と気になる人もいるでしょう。

そこで、坪単価や値引き、同価格帯のハウスメーカーについてまとめてみました。

家づくりの予算を考える際に、参考にしてみてくださいね。

東栄住宅の坪単価は?

東栄住宅の坪単価は、50万円~70万円程度が目安のようです。

一般的なハウスメーカーの中では、平均的な坪単価と言えるでしょう。

ただし坪単価は建物の大きさや仕様、オプションなどによって変わってくるので、あくまでも目安として参考にしてみてください。

東栄住宅で値引きするならいくら?

東栄住宅の注文住宅に関して、値引きやキャンペーンの情報は残念ながらありませんでした。

東栄住宅と同価格帯のハウスメーカーはどこ?

東栄住宅と同価格帯のハウスメーカーを3つご紹介します。

ヤマダホームズ

2018年に「ヤマダ・エスバイエルホーム」と「ヤマダ・ウッドハウス」が合併して誕生した、ヤマダホールディングスグループの住宅メーカーです。

確かな技術によって、安心かつ安全な住まいを適正価格で提供しています。

サンヨーホームズ

「クボタリフォーム関西株式会社」と「三洋エステート」が統合した住宅メーカーです。

安全・安心で環境に優しい住まいを提供しているのが特徴。

設計の自由度が高く、幅広い外観やインテリアの要望に応えています。

無添加住宅

「身体に良くないものは使わない」というコンセプトのもとに、究極の健康住宅を提供している住宅メーカーです。

本物の天然素材によって作られた家は一年中快適で、デザインや素材感、経年変化による味も楽しむこともできます。

東栄住宅のおすすめプラン・ラインナップを紹介

東栄住宅には、完全自由設計のフルオーダー住宅と、分譲住宅の早期契約によるセミオーダー住宅、そして分譲住宅の3つのラインナップがあります。

ここでは、それぞれのラインナップの特徴を詳しく紹介していきます。

1:完全自由設計のフルオーダー住宅「趣暮(しゅくら)」

東栄住宅の注文住宅プラン「趣暮(しゅくら)」では、完全自由設計のフルオーダー住宅を実現することが可能です。

「趣暮」の特徴は以下の通りです。

  • 第三者機関によって住宅性能をしっかりと評価
  • フルオーダー住宅でありながら、コストパフォーマンスの良さを実現
  • コンセプトづくりにしっかりと時間をかけて、満足度の高い家づくりをサポート

性能面、価格面、こだわりの面すべてにおいて、バランスに優れているのが大きな特徴です。

特に東栄住宅では適正価格を実現するために、無駄なコストをできるだけ抑えた家づくりを行っているので「限られた予算内で、理想の家を実現したい」という人にはぴったりでしょう。

もちろんフルオーダー住宅なので、間取りは細部までオーダー可能。

お客様一人ひとりのコンセプトづくりからしっかりと時間をかけて、幅広い要望にも柔軟に対応しています。

2:分譲住宅の早期契約によるセミオーダー形式

東栄住宅では分譲住宅を早期契約することによって、床や扉、外観などを無料でお好みのカラーに変更することができます。

※内容によっては有料になることもあります。いわゆる「セミオーダー形式」といわれる家づくりです。

変更できる箇所には

  • フロア、ドア、階段
  • 玄関ドア、ドアタイル
  • キッチン、吊り戸棚
  • 外壁
  • お風呂

などが挙げられます。

豊富なカラーバリエーションが用意されており、最大288種類の組み合わせを実現できます。

なお、注文した期間によってオーダーできる箇所が少なくなりますので、早めに契約することをおすすめします。

3:分譲住宅「ブルーミングガーデン」

東栄住宅では、分譲住宅「ブルーミングガーデン」を提供しています。

ブルーミングガーデンは全棟で住宅性能評価がついており、長期優良住宅にも対応。

確かな品質を保証しているのが特徴です。

さらに品質だけでなく、土地・価格・間取りなど全てにおいて優れているのでトータルバランスの良い分譲住宅と言えるでしょう。

平屋プラン

東栄住宅の自由設計では平屋にも対応しています。

参考までに、東栄住宅の平屋の施工事例をご紹介します。

  • 1階に生活空間を全て集約
  • 天井を高く設計し、広々とした空間を実現
  • 平屋だからこそ実現できる、スムーズな生活動線の設計
  • 屋根を目一杯活用した、太陽光発電パネル

東栄住宅の保証・アフターサービスが充実!

東栄住宅では、保証やアフターサービス制度もしっかりと整っています。

無料定期点検を実施

無料定期点検は、3ヶ月、2年、5年、10年、15年、20年、25年目の最大7回実施されます。

最大30年間の保証制度

10年間の保証期間後は、延長保証点検および有料メンテナンス工事を実施することで10年間の延長が可能です。

最大30年まで保証を受けられます。

※基礎や構造躯体などの長期保証部位のみ対応。

引き渡し後の相談にも随時対応

顧客管理システム(電子カルテ)により、お客様の問い合わせに迅速に対応可能です。

定期点検以外にも、何か不具合が発生した場合には迅速かつ的確に対応します。

東栄住宅は建て替え・リフォームも行っている?

東栄住宅では、グループ会社の「東栄ホームサービス株式会社」がリフォームにも対応しています。

東栄ホームサービスは、東栄住宅のアフターサービス部門から独立した会社ということもあり、豊富な実績と経験を持ち合わせているのが特徴です。

特に分譲住宅を長持ちさせるためのリフォームを得意としていますが、注文住宅のリフォームも行っています。

東栄ホームサービスのリフォームメニューは下記の通りです。

  • お住まい長持ちリフォーム
  • 室内リフォーム
  • 室外リフォーム

また、東栄住宅の「趣暮(しゅくら)」では、完全自由設計の注文住宅だけでなく建て替えにも対応していますよ。

東栄住宅は期間限定のキャンペーンを実施中!

東栄住宅が属する飯田グルーポホールディングスでは、2020年11月20日(土)から全国公開中の映画『STANDBYMEドラえもん2』とのタイアップキャンペーンを実施中です。

タイアップにともない、東栄住宅では来場したお客様にオリジナルグッズ(マスクケース、メモ、シール)をプレゼントしています。

グッズの数には限りがあり、なくなり次第終了となります。

そのためグッズを希望される方は、東栄住宅の営業所や公式ホームページから問い合わせされることをおすすめします。

まとめ

東栄住宅の評判、メリットやデメリット、デザイン性や性能、ラインナップなどを幅広くご紹介させていただきました。

性能、価格、こだわりの実現力などのトータルバランスに優れている東栄住宅。

住宅メーカーの候補として検討してみてはいかがでしょうか。

東栄住宅に興味を持った方は是非公式ホームページをチェックして、お近くの「街角リアルモデル」に足を運んでみてくださいね。

今月の人気記事
ハウスメーカーランキング2021〜住宅メーカーの坪単価や評判と宅建士が教える選び方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です