工房信州の家の最新の評判・口コミを編集部が徹底調査!坪単価や価格は?間取りや耐震性はどう?

工房信州の家は、長野県伊那市に本社を構える「株式会社フォレストコーポレーション」が手がける木造注文住宅ブランドです。

「信州を楽しむ豊かな暮らし」をテーマに、信州の四季を快適に過ごせる住宅を提案しています。

自然エネルギーを利用した「エアパスソーラー工法」や、長野県産の無垢材や自然素材をふんだんに取り入れているのが特徴です。

そこでこの記事では、工房信州の家のリアルな評判をはじめ、メリットやデメリット、デザイン性や性能、ラインナップまで幅広くまとめました。

「工房信州の家って実際どうなの?色々気になる!」という人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

また、本文に入る前にあなたに一つ質問をさせてください。

「ハウスメーカーを選ぶ際に最も大事なことは何だと思いますか?」

もちろん正解は一つではありませんが、私は「しっかりとハウスメーカーの特徴や違いを理解し、比較・検討した上で絞り込むこと」だと考えています。

住宅業界で働いた経験があるような人以外は、ハウスメーカー毎にどういった違いがあるのか理解している人は少ないはずです。

それぞれの会社の坪単価やデザイン性の違い、耐震性や気密性・断熱性、購入後のアフターフォローに間取りの自由度、木造なのか鉄骨造なのかなど違いは多岐に渡ります。

事前にしっかりと情報収集を行わずに、いきなり住宅展示場等に足を運び、フィーリングで依頼するハウスメーカーを決めてしまう。

このような人は、「もっと自分の条件にあったハウスメーカーがあった・・・」と後から気づき、一生後悔するような羽目になります。

マイホームは人生でもっとも大きな買い物です。面倒だからといって事前の下調べや比較・検討を怠ることは絶対にやってはいけません。

ネットでの情報はもちろんのこと、より一次情報に近い信頼性の高い情報に多く触れるようにすることで、ハウスメーカーを選ぶ目が養われていきます。

またハウスメーカーの多くは、無料でカタログや資料請求ができるので、少しでも気になった業者からは積極的に資料を取り寄せるようにしましょう。

(カタログや資料の中には、Webサイトには掲載されていないより具体的で有益な情報が掲載されています。)

最初のころはどのハウスメーカーもそれぞれよく見えるのですが、情報を仕入れていくにつれ、それぞれの違いや自分にとっての良い・悪いが分かるようになるので。

ただし、何社ものハウスメーカーにいちいち資料請求をするのは、面倒ですし手間がかかるもの。

最近ハウスメーカーを選ぶ人の中で主流になっているサービスが、無料カタログ一括請求サービス」です。

 

0からハウスメーカーを絞り込まなくても、予算やローコスト住宅などのテーマ、建築予定のエリアを選ぶだけで、条件にあったハウスメーカーがピックアップされます。

利用料はもちろん無料ですし、資料請求をしたからといって、迷惑でしつこい営業に悩まされる心配もありません。

少しでも気になったハウスメーカーがあればひとまず資料を請求してみることで、最初は考えてもいなかったハウスメーカーの中に、自分の条件とぴったりマッチした出会いがあることも多いです。

大手や地場の工務店などの先入観を取り払い、フラットな目線でいろいろな情報を取り入れてみてください。

しっかりと比較・検討を重ねた上で依頼したハウスメーカーであれば、間違いなく依頼後も納得がいくはずです。

スマホやPCから3分もあれば依頼ができるので、ほんの少しの手間を惜しんで、一生後悔するようなことの無いようにしてくださいね。

 

それではここから、本文に入っていきましょう。

工房信州の家で実際に購入した人のリアルな評判・口コミ・感想集めました

まず気になるのが、工房信州の家のリアルな評判ではないでしょうか。

そこで実際に工房信州の家で建てた人の評判や口コミを集めてみました。

工房信州の家の良い評判・口コミ・感想

昨年工房信州の家で建てました。寒い家は嫌だったので、断熱性能をワンランク上げてもらい、薪ストーブを家の中央付近に設置してもらいました。そのおかげで冬の寒い朝でも暖房いらずです。無垢材の床も暖かくて、裸足で過ごせますよ。

他の住宅メーカーに比べると価格は少し高額ではありますが、定期メンテナンスやアフターフォローがしっかりしているので妥当だと思います。

工房信州の家で建てて10年になりますが、満足しています。既製品をあまり使用せずに職人さんが作ってくれる家なので、10年経った今もしっかりしていますよ。初めて家に来るお客さんにも「10年経っているようには見えない」と言われるくらいです。

こちらの希望を丁寧に聞いてくれて、予算内で実現するための方法を色々考えて提案してくださいました。スタッフの皆さん対応が良く、打ち合わせも楽しんでできたので工房信州の家にお願いすることに決めました。

工房信州の家の悪い評判・口コミ・感想

工房信州の家で建てて3年になります。満足度は高いですが、それだけ費用はかさみましたね。グレードの高い仕様を選んだので仕方ないのですが…。

土間サロンを広めにしたのですが、その分靴を脱いだりするスペースが狭くなってしまいました。広い家なら良いのかもしれませんが。掃除もしづらいので、土間サロンを検討している人は用途をしっかり考えた方が良いです。

工房信州の家に依頼するメリットとデメリットを徹底調査

工房信州の家で注文住宅を依頼するメリットとデメリットをまとめてみました。

どちらも参考にした上で、検討してみてくださいね。

工房信州の家に依頼するメリット

まずは、工房信州の家に注文住宅を依頼するメリットからご紹介していきます。

信州の気候に合った家づくりができる

工房信州の家では、長野県産の無垢材を使用した家づくりを行っているのが特徴です。

建てる土地と同じ気候・風土の中で育った木材を使用することで、その地域独特の湿度や寒暖差を吸収しやすくなるというメリットがあります。

また、工房信州の家で採用されている「エアパスソーラー工法」によって、信州の自然エネルギーや太陽光を取り入れながら、夏は涼しく冬は暖かい住まいを実現できますよ。

長期優良住宅にも対応した、高性能住宅を実現できる

工房信州の家では、全棟で「長期優良住宅」の基準をクリアし、高い住宅性能を確保しています。

  • 耐震等級3
  • 断熱等性能4
  • 劣化対策等級3
  • 維持管理対策3

※すべて最高等級

よく読まれてるおすすめ記事
ハウスメーカーランキング2021〜住宅メーカーの坪単価や評判と宅建士が教える選び方

そのため耐震性や断熱性など、「住宅性能も重視したい」という人にも、工房信州の家はおすすめですよ。

土間サロンや薪ストーブを取り入れた家づくりができる

工房信州の家の代名詞とも言える「土間サロン」は、リビングの一部でもあり、庭の一角でもある特別な空間です。

自然の豊かさを感じながら過ごせるくつろぎのスペースや、土足で気軽におもてなしができる客間として活用するなど、アイディア次第で何をするのも自由です。

また、木の温もりを感じられる「薪ストーブ」を取り入れた提案も行っています。

薪ストーブ1台で十分な暖かさを確保できるのも嬉しいポイントです。

なお、薪の供給システムも運営されているため、特別価格で薪を入手することが可能ですよ。

工房信州の家に依頼するデメリット

工房信州の家に注文住宅を依頼するデメリットについてもお話ししていきます。

やや高めの価格帯のため、予算を抑えたい人には不向き

工房信州の家のデメリットとして、価格の高さが挙げられます。

坪単価は約75〜80万円程度と、大手高級住宅メーカーと同等の価格帯なので「家づくりの予算を抑えたい」という人には不向きかもしれません。

とはいえ「予算に合わせて提案をしてくれた」という口コミもありましたので、工房信州の家が気になっている方は、まずは一度相談してみることをおすすめします。

工房信州の家を検討中の方へおすすめしたい特徴・こだわり

工房信州の家を検討している人へ向けて、工房信州の家の特徴やこだわりなどを項目別にまとめてみました。

デザイン性・外観

工房信州の家では、信州ならではの環境の良さを活かした、内にも外にも開放的な空間を実現しています。

そしてその要となるのが、工房信州の家の最大の特徴とも言える「土間サロン」です。

土間サロンとは、内でも外でもないような、あいまいで重なりのある場所のことです。

リビングでもあり庭でもある独自な設計になっており、居心地の良さを実現しています。

生活スタイルやこだわりなどに合わせて、様々な使い方ができます。

土間サロンの活用例

  • 土足で気軽におもてなしができる客間
  • 汚れを気にせずにDIYを楽しめる作業場
  • 家族みんなで団らんできるペットコーナー

また、工房信州の家では自然素材にこだわった家づくりをしているのも特徴です。

主要構造部のすべてに信州の無垢材を使用しており、木の香りや手触りの良さ、温もり、そして経年変化による味わいも楽しめますよ。

そのほか工房信州の家のデザインや外観について、施工事例をいくつかご紹介します。

  • 片流れ屋根と明るいツートンカラーによる、軽やかな外観
  • 三面彩光の大きな吹き抜けによって、広々とした空間を実現したリビング
  • フルオープンサッシの開放的な土間サロン
  • 「大正ロマン」をテーマにした、懐かしさを感じる和のテイスト
  • 愛犬との暮らしを楽しめる、開放感あるウッドデッキと土間サロン

工法

工房信州の家では、エアパスソーラー工法が採用されています。

エアパスソーラー工法とは、機械設備を使わずに自然エネルギーを利用することで、省エネ住宅が実現できる工法です。

断熱材を挟んで外側と内側に空気の層があり、そこを太陽熱で温められた空気が循環することで、夏は涼しく冬は暖かい環境を作ります。

8〜10畳ほどの部屋を暖める暖房熱源さえあれば家全体に暖かさが行き渡るので、家の中で温度差が発生する心配もありません。

耐震性

工房信州の家では、高い耐震性が確保されています。

耐震等級は最高の「3」を標準で取得していることからも、その耐震性の高さが分かります。

※耐震等級3…数百年に一度程度発生する地震力の1.50倍の力に対して、倒壊・崩壊しない程度

まず高い耐震性には欠かせない強い基礎についてですが、工房信州の家の基礎には頑丈な「スラブ基礎」が採用されています。

スラブ基礎とは、細かい間隔で基礎配線を組み、全面をコンクリートで覆う基礎のことです。

横揺れに強く、地震が起きたときでも基礎が一体となって動くため建物の損傷を抑え、不動沈下にも効果を発揮します。

また、工房信州の家で採用されている「エアパスソーラー工法」は、地震に対しても強い構造になっています。

エアパスソーラー工法は、伝統工法でもある「木造軸組工法」と「耐震パネル」を組み合わせているため、従来の在来木造住宅に比べて高い耐震性を実現しているのが特徴ですよ。

断熱性

工房信州の家では、太陽熱と自然エネルギーを利用する「エアパスソーラー工法」を取り入れることで、高い断熱性を確保しています。

エアパスソーラー工法は、以下の3つの工法の特性を併せ持つため、断熱性が高い省エネ住宅を実現することが可能になっています。

パッシブソーラーハウス

太陽熱・風・地熱といった自然エネルギーを建物に取り入れて活用。

新・外断熱工法

基礎・壁・屋根を性能に優れた断熱材ですっぽりと包む込む。

壁体内通気工法

壁体内に通気層と内壁空洞を設けて、エアパスダンパーで空気に一定の流れをつくる。

なお、工房信州の家では断熱等性能等級は最高の「4」を取得しており、高い断熱性を証明しています。

気密性

工房信州の家の気密性に関しては、残念ながら情報がありませんでした。

防火・耐火性

工房信州の家の防火・耐火性に関しては、残念ながら情報がありませんでした。

間取り

工房信州の家の間取りは、内と外、部屋と部屋との仕切りをできるだけ無くし、横にも上にも伸びていく広がりを感じさせるような、開放感のある空間が大きな特徴です。

また、自然環境を上手に住まいに取り込むことで、信州の環境を快適に過ごせる家づくりを提案しています。

参考までに工房信州の家の施工事例より、間取りをいくつかご紹介します。

  • 吹き抜けを通して家族ともコミュニケーションが取れる、2階の子供部屋
  • キッチンから脱衣所に繋がる、使いやすい家事動線
  • 土間サロンとリビングがオープンに繋がった、一体感のあるワンフロア
  • リビングとダイニングから行き来できる、ウッドデッキ

工房信州の家で新築を建てたらいくらくらいになる?価格は?

ここまで工房信州の家の特徴をご紹介しましたが、「工房信州の家で新築を建てたら、いくらかかるの?」と、価格面が気になる人もいるでしょう。

そこで、坪単価や値引き情報、同価格帯のハウスメーカーをまとめてみました。

工房信州の家の坪単価は?

工房信州の家の坪単価は、75万円~80万円程度が目安のようです。

大手高級住宅メーカーとほぼ変わらない価格帯なので、「高い」と感じる方もいるかもしれません

しかし工房信州の家では県産の無垢材や自然素材をふんだんに取り入れており、さらに耐震性や省エネ性に優れた高性能住宅を提供しているということもあって、このような価格帯になっているのでしょう。

工房信州の家で値引きするならいくら?

工房信州の家の注文住宅に関して、値引きの情報や口コミは残念ながら見つかりませんでした。

工房信州の家と同価格帯のハウスメーカーはどこ?

工房信州の家と同価格帯のハウスメーカーについて、3つご紹介します。

トヨタホーム

トヨタグループの高い技術力によって、高性能かつ高品質の住まいを実現しています。

家を建てたあとも「60年長期保証」によって、長くお客様をサポートします。

土屋ホーム

北海道札幌市に本社を構える住宅メーカーです。

「永く快適に住み続けられる住まい」をコンセプトに、住み心地が良い安全な住宅を提供しています。

自社大工による家づくりを行っており、確かな品質を確保しているのが特徴です。

アメックスホーム

長野県伊那市に本社を構える住宅メーカーです。

まるで絵本から飛び出したような、漆喰の白壁にこだわった家づくりをしています。

信州で快適に暮らすことのできる室内の機能や、美しいデザインが特徴です。

工房信州の家のおすすめプラン・ラインナップを紹介

工房信州の家では完全自由型の注文住宅を提供しており、特に決まった商品プランは存在しません。

そのためお客様の要望に柔軟に対応し、理想の住まいを実現できます。

なお、工房信州の家では「参加型の家づくり」を行っているのが特徴です。

例えば月に1回開催されている「選木ツアー」では、お客様自身で柱となる木を選び、そして自ら伐採します。

ほかにも「ひとてま工房」として、壁塗りの仕上げをお客様自身が行ったり、ご家族の手形を残したりできるなど、家族皆の思い出に残る家づくりを行うことができます。

他の住宅メーカーにはない、工房信州の家ならではの家づくりと言えるでしょう。

工房信州の家の保証・アフターサービスが充実!

工房信州の家では、住まいを引き渡した後のお客様とのお付き合いを大切にしていることから、アフターサポートもしっかりと行っています。

具体的には、次のようなアフターサポート制度を実施しています。

定期訪問

スタッフが定期訪問を行い、建物の不具合チェックや住まい方のアドバイスなどを行います(引き渡し後、1ヶ月、2ヶ月、6ヶ月目に実施)。

定期点検

住宅が完成してから1年経過してから実施されます(1年目、2年目、5年目、10年目に実施)。

担当者によって、チェック項目に従って点検が行われます。

工房信州の家は建て替え・リフォームも行っている?

工房信州の家では、建て替え・リフォームにも対応しているようです。

詳しい情報については、工房信州の家まで直接お問い合わせください。

まとめ

工房信州の家について、メリットやデメリットをはじめ、間取りやデザインの特徴、性能面などを幅広くご紹介しました。

「信州を楽しむ豊かな暮らし」をテーマに、信州の四季を快適に過ごせる住宅を提案している工房信州の家。

信州エリアで家づくりを検討している人にとっては、魅力的な住宅ブランドではないでしょうか。

工房信州の家に興味を持った方は、ぜひお近くのモデルハウスや展示場に足を運んでみてくださいね。

今月の人気記事
ハウスメーカーランキング2021〜住宅メーカーの坪単価や評判と宅建士が教える選び方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です