ロイヤルハウスで家を建てる!ロイヤルハウスの注文住宅の4つの特徴と坪単価

<記事の情報は、2022年5月1日時点のものです>

ロイヤルハウスは、上質な木造住宅を建てる安心の工務店ネットワークです。

設立は1986年で愛知県名古屋市に本社のあるフランチャイズシステムのロイヤルハウス。

北は北海道から南は九州・沖縄まで全国約110の加盟店があり、地域密着型工務店として注文住宅を提供しています。

ロイヤルハウスでは、共同仕入れ・ダイレクト販売・コスト削減によって、コストだけではなく輸送距離の短縮で環境にも配慮するなど、ロイヤルハウスのこだわりは満載。

そこで今回は、ロイヤルハウスの特徴や坪単価、評価などをご紹介してまいります。

またここで1つ、本文に入る前に重要な質問をさせてください。

「注文住宅や建売住宅といったマイホームを購入するとき、最優先でしなければいけないことは何かわかりますか?」

土地の調達でしょうか?住宅ローンの設定でしょうか?

もちろんこれらも非常に重要ですが、さらに重要なことがあります。

それが「ハウスメーカーを徹底的に比較検討する」こと。

多くの人が、「知名度が高い」とか、「価格が安い」とかいう理由で比較検討せずにハウスメーカーを決定してしまいますが、実はこれ非常に危険

特に多いのが、住宅展示場に足を運んだ際に、言葉巧みな営業マンに流されてその場で契約をしてしまうパターン。住宅展示場の住宅モデルはオプションがフル装備されていることが多いため、住宅展示場の家と実際に建てた家のギャップにがっかりする人も多いんです。

これだと、大金を払ったて建てた家が大きな損になってしまいます。

そうならないためにも、事前にハウスメーカーを徹底的に比較検討することが大事になってきます。

しかしながら、「全国に無数にあるハウスメーカーに1つずつ連絡をするわけにもいかないし、そもそもたくさん比較するなんて無理!」と思ってしまう人もいるのではないでしょうか?

そんなあなたに編集部がぜひおすすめしたいサービスがあります。それがハウスメーカーのカタログ一括請求サービス(無料)です。

特におすすめなのがSUUMOカタログ一括請求サービス

SUUMOカタログ一括請求サービスのすごいポイントは、住宅を建てたい地域を入力するだけで、その地域でおすすめのハウスメーカーのカタログを一括で取り寄せることができるところ。

またカタログ請求をする際には、知名度等にかかわらず、すべて取り寄せてみることをおすすめします。これまで存在すら知らなかったハウスメーカーが、あなたの希望に合ったマイホームを実現してくれる!といったこともありますよ。

またSUUMOの他にも、 LIFULL HOME'Sのカタログ一括請求サービスを併用することで、より多くの比較材料を集めることが可能。

MEMO

SUUMO・・・工務店のカタログ中心

HOME'S・・・ハウスメーカーのカタログ中心

利用料金は無料なので、カタログを取り寄せしっかりと比較検討して、理想のハウスメーカーを見つけてくださいね!

【おすすめ】SUUMOのカタログ一括請求サービスも見てみる⇒

LIFULL HOME'Sでカタログ一括請求をしてみる!⇒

一生に一度のマイホーム作り。面倒くさがらずに今すぐカタログ一括請求サービスで資料集めから始めてみましょう!

それではここから本文に入っていきますよ。

ロイヤルハウスの間取りや外観 4つの特徴

それでは早速ロイヤルハウスの注文住宅の特徴にはどのようなものがあるのかを徹底的に深掘りしていきましょう。

ロイヤルSSS(スリーエス)構法

ロイヤルハウスの注文住宅には、安心のロイヤルSSS構法が魅力の1つ。

そこには数々の特徴がありますのでその1つ1つをご紹介します。

住宅性能表示7項目で最高等級に対応

ロイヤルSSS構法は、住宅の品質に関する品確法の住宅性能表示7項目で最高等級に対応しています。

その7項目とは、耐震等級・耐風等級・劣化対策等級・維持管理対策等級・ホルムアルデヒド発散等級・断熱等性能等級の7つで、住まいの基本性能を備えているから安心です。

長期優良住宅対応

ロイヤルハウスの注文住宅は、 国土交通省が推進する長期優良住宅認定制度に適合しています。

ロイヤルハウスの施工技術が随所に光る丁寧な家づくりを実現。

H28年省エネ基準

ロイヤルSSS構法は省エネ性能を備えたH28省エネ基準を上回る高気密・高断熱住宅。

家全体が高性能断熱材グラスウールで暖かく包み込まれた省エネ仕様です。

エネルギー消費を抑え、冷暖房のランニングコストを低減しCO2の排出を抑制。

地球温暖化防止にも貢献出来るのがロイヤルハウスの注文住宅。

より詳しい内容としては、2枚のガラスと空気層の3層構造からなるLow-E複層ガラスサッシの採用や24時間換気システムも完備。

家の中の空気環境はキレイでありたいもの。

その点ロイヤルハウスでは、24時間自動で空気の入れ替えを行い快適な空間をキープします。

また、シックハウス対策も万全で全ての内装建材に最高等級のホルムアルデヒド発散建築材料F☆☆☆☆建材が標準採用です。

ロイヤルハウスでは運搬時の配慮も忘れません。

システム化やユニット化によって運搬回数を減らすことで、合理的な荷積みを実現。

CO2削減に貢献していますからこのことからも省エネ性の高さを知ることが出来ます。

木造合理化認定取得

公的機関の審査を経て木造合理化システムとして認定されているのがロイヤルSSS構法。

家づくりに関する体制や性能から注文住宅の完成後の充実したアフターサービスなど、安心のブランドであるという証明となっています。

結合部の強化や引き寄せの技

ロイヤルSSS構法は木の内部に金物を埋めて接合部を強化。

革新的な技術と言えるもので、柱と梁がガッチリ結合した引き寄せの技なのです。

また、引き寄せの技というのは木の内部の接合部が時間経過と共に引き締まって強固になること。

耐震強度を高めることに繋がります。

グッドデザイン賞

ロイヤルハウスでは2012年から2018年までの7年間連続でグッドデザイン賞を受賞。

見た目だけではなく、機能性、提案力、革新性などの優れたデザイン力が認めらてこそのグッドデザイン賞なので、7年間連続というのはロイヤルハウスの評価の高さを物語っています。

APS工法(ロイヤルSSS構法のベース)

素材の美しさを活かし、高耐震性能で大空間をデザインするというその通りに造られたのが、埼玉県所沢市の木造体育館建築。

よく読まれてるおすすめ記事
ハウスメーカーランキング2021〜住宅メーカーの坪単価や評判と宅建士が教える選び方

この時に開発されたのがAPS工法で、ロイヤルSSS構法のベースとなっています。革新的なテクノロジーを戸建て住宅に応用したもの。

このAPS工法は、国土交通省から3年連続で住宅・建築関連先導技術開発助成金事業として採択されており、世界からも注目されているとのことです。

商品ラインナップ

ロイヤルハウスの注文住宅には豊富な商品があります。全商品は次の通りです。

木心地のいい家 木ころ

木組みの美しさが際立つロイヤルSSS構法の家。

6つのインテリアスタイルから選べる「Be Riche」。

オーガニックなナチュラルインテリアのstyle green。都会的な優しいメイプルのインテリアのstyle Carf・Chic。

アンティークな南欧風インテリアのstyle Timeless。

ベリッシュホワイトの白を基調にしたインテリアのstyle Flare。

ブラックウォルナットの上品で大人なインテリアのstyle Chambray。

杉ガラ床で造る和モダンインテリアのstyle nagomi。

こちらの木ころはグッドデザイン賞を受賞した注文住宅です。

ZEH(ゼッチ)ゼロエネルギーの家

ZEHの家の特徴は、高断熱省エネ仕様、創エネ太陽光発電と節電アイテムの3つ。

住宅におけるエネルギー収支のゼロ以下を目指します。

節電アイテムには最新のナビゲーションシステムHEMSで電力の見える化採用。

他にもエコキュート、キッチン、IHクッキングヒーター、タッチレス水栓、高効率エアコン、断熱バスルーム、エアインワンストップシャワー、LED照明などでしっかりと消費を抑制します。

コンパクトな小さな家

小さくても楽しく暮らせるようにと用意されている小さな家の種類は2つ。

60㎡から98㎡の小さい空間で17,244通りのスタイルが実現するイーサイズと小さく建てて大きく暮らす外暮らしの家の2種類です。

子育ての家

子育ての夫婦が楽しく暮らせるアイデアが20も提案されている人気のCOMUNIはアイデア満載の家。

他にも子育て中でもキレイに暮らせるCOMUNI美ファインや子供の成長を見守る家のCOMUNI GROWもあります。

家族の絆大切に 二世帯の家

ロイヤルハウスの二世帯の家では、オアシスの広間のあるヘリテイジやたっぷり収納が出来て広く暮らせるプラステージを提案。

家族が心地よく過ごせることが出来れば、暮らしにゆとりが生まれることでしょう。

ペットに対応する家

家族の一員であるペットとの暮らしにも配慮しているロイヤルハウスの注文住宅。

人とペットの暮らしを快適にする15の工夫を提案しています。

三階建ての家

ロイヤルハウスの三階建てには、都市を楽しむモダンキューブな外観を持つアーバンステージが人気。

またガレージのある家、ビルトインガレージのある家もあります。

平屋の家 グランドワン

家族のスタイルに合わせた自由設計の平屋の家は、外観がフラットスタイルや南欧スタイルなどお好みで選べて間取りも自由自在。

【おすすめ】SUUMOのカタログ一括請求サービスも見てみる⇒

LIFULL HOME'Sでカタログ一括請求をしてみる!⇒

ロイヤルハウスの注文住宅の坪単価や平均相場はいくら?

ロイヤルハウスの注文住宅の坪単価は、30万円~50万円と言ったところ。

先にもありますように、ロイヤルハウスではコスト削減にこだわりを持っており、ローコストで夢の注文住宅が建てられるというだけあって坪単価も安い部類に入ります。

それでいて確かな品質・性能を兼ね備えた家づくりをロイヤルハウスは実現しているのです。

1000万円台で立派な注文住宅が建てられるとすれば理想的な家づくりの実現と言えるでしょう。

ロイヤルハウスは値引きやキャンペーンはしているの?

ロイヤルハウスでの値引きに関する記載がなかったのですが、もともとがローコストな注文住宅を提供してくれるロイヤルハウスですから値引きは難しいかも知れません。

それでも値下げ交渉次第では少しでも価格が下がるかも知れませんので、ロイヤルハウスのスタッフの方と要相談です。

ロイヤルハウスの住宅商品であるCOMUNIは、2018キッズデザイン賞を受賞しました。

そこでロイヤルハウスではキッズデザイン賞受賞記念フェアを開催しています。

ロイヤルハウスの公式サイトにはキャンペーンという項目が設けられており、簡単に情報収集することが出来るので便利。

こちらの情報はそこに紹介されていたものです。

内容はフェア期間中に、キッズデザイン賞受賞記念モデルである「コムニLimited 2018」を期間限定販売するというもの。

そこには限定特別仕様のキッチンや洗面化粧台、シャワートイレなどの人気アイテムが付いてきます。

中でもバスルームにてテレビで話題となったミクロの泡「美バブル」は、お風呂に入るだけで美肌になれるとのこと。

女性にとって興味津々のアイテムではないでしょうか。

成約の特典として、先着100棟に美顔器シャワーをプレゼント。

同時に美バブルを体感出来るハンドスパの体験会もあるようですので、気になる方は一度お近くのロイヤルハウスに足を運んでみて下さい。

ロイヤルハウスのカタログを資料請求する方法

ロイヤルハウスでの資料請求は至って簡単。

ロイヤルハウスの公式サイト内のカタログ請求ボタンを押して情報入力するだけです。

ロイヤルハウスには13冊のカタログが用意されています。

各商品のご案内からロイヤルハウスガイドやプラン集などで、その中から1冊のみ選ぶことが出来、そこから個人情報を入力の運びへ。

【おすすめ】SUUMOのカタログ一括請求サービスも見てみる⇒

LIFULL HOME'Sでカタログ一括請求をしてみる!⇒

ロイヤルハウスの注文住宅は完成するまでどのくらい期間がかかる?

ロイヤルハウスは各加盟店での施工となりますので加盟店によって、またその土地の状態や物件によっても差が出る可能性があります。

一般的に4ヶ月から6ヶ月とされる注文住宅の工期ですが、ある加盟店でのQ&Aを参考にしますと特に問題がなければ着工から完成まで大体4ヶ月のようです。

工務店と知れば早い方ではないでしょうか。

ロイヤルハウスの注文住宅の実例はどこでみる?

ロイヤルハウスの公式サイトには5件と少ないですが、建築実例を掲載。

数枚の写真と注文住宅の基本情報ときっかけや選んだ理由を簡単に紹介されています。

他の有名住宅サイトでも調べて見ましたが、そこには2件のみでロイヤルハウスでの注文住宅の実例は残念ながらあまり見当たりませんでした。

ロイヤルハウスの良い口コミと悪い評判

ロイヤルハウスでの評判にはどのようなものがあるのかを見て見ましょう。

ロイヤルハウスは総体的に評価が高いと位置づけます。

よく見られるのは、ロイヤルハウスの技術力の高さ、気軽に相談出来る信頼性の高さ、アフターフォローもしっかりして安心という声です。

それでは良い口コミと悪い評判をそれぞれご紹介します。

良い口コミ

・地震の被害にあいましたが技術力の高さか被害がほとんどありませんでした。

何か不具合が起こってもすぐに対応してくれて安心して住むことが出来ます。

・地元の建設会社の施工でしたが技術力も高く、親身な打ち合わせでいろいろな提案をしてくれました。

そのお陰で思い描いた家が建ちました。

何でも相談に乗ってくれます。

悪い評判

・フランチャイズなので店舗によって差があると感じます。

・担当者の態度が悪い。

この担当者でなければ本当に満足出来るのにと思いました。

ある住宅口コミサイトで、ロイヤルハウスはアフターサービスが酷いというのがありました。

ですがよく見ると同じ人ではないかと思う節が。

前述しましたように、ロイヤルハウスの注文住宅はアフターフォローがしっかりしていて購入後も安心という声がありますので、その人その人の受け取り方の可能性も。

また、店舗によって差があるのはどうしても避けられないこと。

夢のマイホームですから打ち合わせも気持ち良くしたいものです。

最初が肝心ですので、担当スタッフの方との綿密な話し合いが必要ではないでしょうか。

【おすすめ】SUUMOのカタログ一括請求サービスも見てみる⇒

LIFULL HOME'Sでカタログ一括請求をしてみる!⇒

ロイヤルハウスの住宅展示場やショールームはどこにある?

ロイヤルハウスにてモデルとなる場所については、ここでは全国各店舗名をご紹介します。

北海道・東北エリア

北海道 音更店・札幌北店、青森県 青森店、岩手県 花巻店、福島県 福島南店・会津北店

関東エリア

茨城県 高萩店・日立店・水戸店・つくば南店・常総店、栃木県 小山店、群馬県 伊勢崎店、埼玉県 春日部店、千葉県 木更津店、東京都 調布店

甲信越エリア

新潟県 新潟中央店・新発田店、長野県 長野中央店・松本店

東海・中部エリア

静岡県 伊東店・伊豆下田店・富士中央店・島田店・浜松中店・浜松西店、愛知県 豊川店・岡崎店・名古屋北西店・江南店、岐阜県 岐阜北店・大垣店、三重県 鈴鹿東店・鈴鹿店

近畿・北陸エリア

石川県 加賀店・金沢店、福井県 福井嶺南店、滋賀県 敦賀店・滋賀中央店、京都府 福知山店、大阪府 北摂店・北河内店、兵庫県 篠山店・姫路しらさぎ店・淡路店、和歌山県 和歌山北店・和歌山南店

中国・四国エリア

鳥取県 米子店、島根県 出雲店・松江店、岡山県 津山店、広島県 三原店・呉店・広島北店・広島南店・廿日市店、山口県 岩国店、徳島県 徳島中央店、香川県 高松店・香川西店、愛媛県 新居浜店・今治店・松山中央店

九州・沖縄エリア

福岡県 穂波店・小倉北店・飯塚店・福岡南店・福岡中央店・大牟田店・福岡西店、熊本県 熊本西店・熊本中央店、大分県 大分中央店・日田店、長崎県 佐世保店・長崎県央店、宮崎県 宮崎店・都城店、鹿児島県 大隅鹿屋店・薩摩川内店・奄美店鹿児島中央店、沖縄県 那覇店・沖縄東店・沖縄南店・豊見城店・宮古島店・八重山店

ロイヤルハウスは建売住宅の販売も行っている?

ロイヤルハウスは注文住宅のイメージが強いのですが、建売住宅ということで見て見ますと例えば、熊本中央店にて新築建売住宅の案内が1件掲載されていました。

建売住宅の販売も加盟店によってはないこともないようですが、やはり注文住宅の割合の方が高い印象です。

【おすすめ】SUUMOのカタログ一括請求サービスも見てみる⇒

LIFULL HOME'Sでカタログ一括請求をしてみる!⇒

ロイヤルハウスで注文住宅を建てた人のブログ

ロイヤルハウスで注文住宅を建てた人のブログに関しては見当たりませんでした。

また、一般的にはハウスメーカーや工務店の公式サイトでのスタッフブログというのがよくあるのですが、ロイヤルハウスにはスタッフブログもありません。

いろいろ調べていきますと、各加盟店のサイトにてブログを立ち上げているところはありました。

例えば、福岡西店の株式会社おひさま不動産によるブログです。

とは言え2018年の9月にスタートして、次記事は2019年1月になっていますので長い目で見て行く必要があるようです。

また、呉店の株式会社エイシンでもブログ発見。

やはり記事数は少なく更新も2018年7月で止まっています。

ですがお知らせ情報とすれば、こういうこともあるというヒントにはなりそうです。

http://royal-fukuokanishi-ohisama.co.jp/category/blog/(おひさまブログ)

http://www.eisin-denka.com/blog/(エイシンブログ)

ロイヤルハウスのアフターサービスや保証内容について

ロイヤルハウスでのアフターサービスは充実しています。

定期点検が1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月、18ヶ月、24ヶ月で実施。

また、白アリに関しては10年保証があり、3年目、5年目、8年目、10年目と4回の定期点検が行われます。

家族が安心して末永く暮らしていくことが可能です。

そして、フランチャイズシステムの場合特に気になるのは、ロイヤルハウスの加盟店への信頼度。

地域密着型で安心とは言っても何が起こるかわからない現代。

加盟店に万が一のことがあっても、ロイヤルハウスでは住宅完成保証制度によってどこまでも安心を保証してくれます。

全棟において、ロイヤルハウスが保証書を発行しますので、この点も安心サポートです。

【おすすめ】SUUMOのカタログ一括請求サービスも見てみる⇒

LIFULL HOME'Sでカタログ一括請求をしてみる!⇒

まとめ

ローコストであることが信じられないくらいの高性能で安心・安全なロイヤルハウスの注文住宅。

商品ラインナップも豊富で充実していますので、ロイヤルハウスの注文住宅にご興味のある方は先ずはカタログ請求から始めませんか?

今月の人気記事
ハウスメーカーランキング2021〜住宅メーカーの坪単価や評判と宅建士が教える選び方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\ 住宅メーカー選びで失敗しないために! /