ロイヤルハウスの最新の評判・口コミを編集部が徹底調査!坪単価や価格は?間取りや耐震性はどう?

注文住宅の良さは、建売と違って自分たちで間取りやデザイン、設備などを考えて、自分たちだけの住まいづくりができること。

しかし、いくら自由に住まいの設計ができるといっても、ハウスメーカーによって間取りの自由度が違いますし、使っている素材が違うので、本当に自分好みの住まいにこだわりたい方はハウスメーカー選びが大切。

自分たちにあったハウスメーカーを選ぶことで、住まいづくりが成功するといっていいでしょう。

ハウスメーカーには、だれでも知っている大手のハウスメーカー、地域密着の地方の工務店など様々あります。

これから紹介するロイヤルハウスは、全国展開のフランチャイズ形式のハウスメーカー。

クオリティの高い木造住宅を、地域の暮らしを知る地元加盟店が施工しています。

ロイヤルハウスの特徴、強み、こだわりなど詳しくまとめました。

また、本文に入る前にあなたに一つ質問をさせてください。

「ハウスメーカーを選ぶ際に最も大事なことは何だと思いますか?」

もちろん正解は一つではありませんが、私は「しっかりとハウスメーカーの特徴や違いを理解し、比較・検討した上で絞り込むこと」だと考えています。

住宅業界で働いた経験があるような人以外は、ハウスメーカー毎にどういった違いがあるのか理解している人は少ないはずです。

それぞれの会社の坪単価やデザイン性の違い、耐震性や気密性・断熱性、購入後のアフターフォローに間取りの自由度、木造なのか鉄骨造なのかなど違いは多岐に渡ります。

事前にしっかりと情報収集を行わずに、いきなり住宅展示場等に足を運び、フィーリングで依頼するハウスメーカーを決めてしまう。

このような人は、「もっと自分の条件にあったハウスメーカーがあった・・・」と後から気づき、一生後悔するような羽目になります。

マイホームは人生でもっとも大きな買い物です。面倒だからといって事前の下調べや比較・検討を怠ることは絶対にやってはいけません。

ネットでの情報はもちろんのこと、より一次情報に近い信頼性の高い情報に多く触れるようにすることで、ハウスメーカーを選ぶ目が養われていきます。

またハウスメーカーの多くは、無料でカタログや資料請求ができるので、少しでも気になった業者からは積極的に資料を取り寄せるようにしましょう。

(カタログや資料の中には、Webサイトには掲載されていないより具体的で有益な情報が掲載されています。)

最初のころはどのハウスメーカーもそれぞれよく見えるのですが、情報を仕入れていくにつれ、それぞれの違いや自分にとっての良い・悪いが分かるようになるので。

ただし、何社ものハウスメーカーにいちいち資料請求をするのは、面倒ですし手間がかかるもの。

最近ハウスメーカーを選ぶ人の中で主流になっているサービスが、無料カタログ一括請求サービス」です。

0からハウスメーカーを絞り込まなくても、予算やローコスト住宅などのテーマ、建築予定のエリアを選ぶだけで、条件にあったハウスメーカーがピックアップされます。

利用料はもちろん無料ですし、資料請求をしたからといって、迷惑でしつこい営業に悩まされる心配もありません。

少しでも気になったハウスメーカーがあればひとまず資料を請求してみることで、最初は考えてもいなかったハウスメーカーの中に、自分の条件とぴったりマッチした出会いがあることも多いです。

大手や地場の工務店などの先入観を取り払い、フラットな目線でいろいろな情報を取り入れてみてください。

しっかりと比較・検討を重ねた上で依頼したハウスメーカーであれば、間違いなく依頼後も納得がいくはずです。

スマホやPCから3分もあれば依頼ができるので、ほんの少しの手間を惜しんで、一生後悔するようなことの無いようにしてくださいね。

それではここから、本文に入っていきましょう。

ロイヤルハウスで実際に購入した人のリアルな評判・口コミ・感想集めました

ロイヤルハウスの住まいを知るには、公式情報だけではなく、現場のリアルな声を知ることも大切。

実際にロイヤルハウスで住まいを購入した方の評判、口コミを紹介します。

よく読まれてるおすすめ記事
ハウスメーカーランキング2021〜住宅メーカーの坪単価や評判と宅建士が教える選び方

ロイヤルハウスの良い評判・口コミ・感想

独自の工法でいろいろなアイデアを提案してくれる、ハウスメーカーだと思いました。施工は地元の工務店やハウスメーカーが行う、フランチャイズ方式で、材料は一括仕入れなどでローコスト住宅を提案しています。私たちも見積もりを見てびっくりしたほど、他のハウスメーカーではありえない価格ではないでしょうか。おもしろい空間の使い方の間取りも多く、私たちはプラステージと言われる1階と2階の中間にプラス空間がある間取りに注目。夫婦とも趣味が多くて物が多いので、収納は多く作りたいなという思いがあったのですが、これだとかなりの大きさとることができて便利ですね。リビングの開放的な吹き抜けも気に入っています。

耐震性能、断熱性能など性能が良くて、デザインもとてもおしゃれ、それでコストが安いので、最初に見学したときに、ここにしようと決めました。設計力や提案力が、他のハウスメーカーとは違って、将来を見据えた間取りを考えてくれるハウスメーカーだと思います。商品ラインナップも豊富で、いろいろなニーズに合わせて機能的な住まいが並んでいるので住まいづくりがワクワクしますね。木の良さを感じる住まいで、梁や柱を見せるデザインにしましたが、木造住宅にしてよかったなぁと毎日実感しています。

営業の方が熱心で、私たちの要望を叶えてくれ、さらに上の提案をしてくれたのが良かったです。大手の技術や性能と、地元の加盟店の技術力、対応力が合わさった、安心の住まいづくりが可能だと思います。私たちも、最初は大手のハウスメーカーばかり見てきましたが、営業さんの対応が良くなかったですし、地元のことをよく知っている企業は信頼できます。アフターサービスに来た時も、いろいろ相談にのってくれて、これからもずっと付き合っていきたい会社だと思いました。

展示場と完成見学会を見て、ロイヤルハウスで建ててみようという気持ちが固まりました。展示場だけだと、豪華な作りなのでマイホームをイメージできないのですが、完成見学会は、実際に住む人がいるのでイメージできおすすめです。設備や仕様も、自分達とは違うものを見ることができて、新鮮で参考になります。実際に住んでみると、何かしら反省点が出そうなものですが、今のところ後悔なく住むことができているのは、やっぱり打ち合わせをしっかり行ったからでしょう。間取りも収納も、動線も使いやすいように考えられていて、デザインも私たちの好きなデザイン。毎日癒されていますし、愛着も沸いています。

デザインがモダンでおしゃれで、個性的過ぎずにモダンな雰囲気なのが気に入っています。木と自然素材をたくさん使ったナチュラルな住まいですが、ナチュラルすぎずにモダンな様子が入っているのがいいですね。外観や内装にこだわって、自由設計の注文住宅にして本当に良かったと思います。子供たちは、無垢の木のフローリングが気に入って、年中裸足で過ごしています。断熱性と気密性が高いので、冬でも部屋の中はとても暖か。窓の結露もなく、快適な住まいです。

ロイヤルハウスの悪い評判・口コミ・感想

ロイヤルSSS構法以外の家では、点検保証が付かないので気を付けなければいけません。あとは実際に施工やアフターサービスを受け持つ地元の工務店次第だと思います。フランチャイズ制のハウスメーカーはどうしても、対応にばらつきがあるので、あまり口コミが参考にならないなと思いました。

標準仕様の価格だとかなり安いと思いますが、私たちはどうしても安っぽく見えてしまうのが嫌で、オプションを付けてグレードアップしました。そうなると、価格が上がってしまい、結局他のハウスメーカーとあまり変わらない価格になりました。オプションを付けるときは、価格のチェック、確認したほうがいいと思いますよ。

建ててから5年経ちますが、住まいの住み心地に関しては特に問題なく、暮らしやすいと思います。建てる時も、要望を聞いてくれて熱心に提案してくれて、良い印象しかないです。建ててからのアフターサービスだけが、どうしても不満。こちらから連絡しないと来てくれないですし、それでも連絡がないことがあります。忙しいのかもしれないですが、アフターサービスまでしっかりやって欲しいと思います。

ロイヤルハウスに依頼するメリットとデメリットを徹底調査

ロイヤルハウスと他のハウスメーカーの違い、依頼するときのメリット、デメリットを紹介します。

ロイヤルハウスに依頼するメリット

ロイヤルハウスの強み、メリットをまとめました。

確かな品質と地元をよく知る加盟店によるフランチャイズネットワーク

ロイヤルハウスでは、打ち合わせ、設計、施工、アフターサービスまで地域密着の加盟店が直接担当しています。

その土地のことをよく知る地元の加盟店なので安心ですし、アフターサービスの対応も迅速。

検査を第三者機関がしっかり行うことで品質が高い住まいづくりを行い、加盟店に万が一何かあった場合もロイヤルハウス加盟店会が、完成までを保証してくれます。

デザイン性の高さ

ロイヤルハウスの特徴、強みの一つがデザイン性の高さです。

グッドデザイン賞は7年連続受賞。

暮らしやすく、発想力があるデザインで、お客様のニーズに合わせたデザインを作り続けています。

ロイヤルSSS構法

ロイヤルハウスの住まいづくりと言えば、木の良さを生かした耐震性の高いロイヤルSSS構法で建てる住まいです。

基本的な工法は日本で昔から住まいづくりに使われている木造軸組工法。

これをベースに耐震強度を高めるために接合部分に「引き寄せの技」を加えることで、木造住宅を強く進化させました。

木造住宅の弱点として経年経過すると気が痩せて、構造が弱くなるという欠点を、木が痩せて内側に締まるほどにSSS構法の住まいは強固になることに変えました。

ロイヤルハウスに依頼するデメリット

メリットだけではなく、デメリットを知ることも大切。

ロイヤルハウスに依頼するデメリットをまとめました。

加盟店によって対応にばらつきがある

ロイヤルハウスの場合、施工やアフターサービスを行うのは地域の加盟店ですので、どうしてもお店によって対応にばらつきがあります。

特にスタッフの対応、アフターサービスで違いが出る可能性があります。

口コミを参考にする場合は、何処の加盟店が施工しているのかを確認して参考にしましょう。

また、保証や定期点検も提携先の別途申し込みが必要な場合があります。

完成保証はロイヤルハウスオリジナル構法限定

安心して建てるための完成保証制度ですが、完成保証証書を発行したロイヤルハウスオリジナル工法に限定されますので、注意が必要です。

また、申し込みも別で手続きを行わなければいけません。

ロイヤルハウスを検討中の方へおすすめしたい特徴・こだわり

ハウスメーカーの性能、デザイン、間取りはしっかり押さえて会社選びをしましょう。

ロイヤルハウスの特徴を項目ごとにまとめました。

デザイン性・外観

ロイヤルハウスの作る住まいはデザイン性が高く、またお客様の要望する様々なデザインに対応しています。

12作品でグッドデザイン賞を受賞。

その後マ多彩な企画デザイン、革新的なデザインなど何度もグッドデザイン賞を受賞している実力があります。

工法

ロイヤルSSS構法

木造軸組工法

耐震性

木の強さを生かしたSSS構法で確かな耐震性を実現している、ロイヤルハウスの住まいづくり。

具体的な耐震性能について紹介します。

結合部分の強化

地震の時に負担がかかるのが、梁や柱の結合部分です。

ロイヤルSSS構造の場合、柱と梁をがっちりと結合することで、地震の時に負荷がかかっても安心です。

引き寄せの技

木造の住まいの場合、年月が経過してくると気が収縮して接合部分の金物ががたつくという欠点がありました。

ロイヤルSSS構造の特徴は樹の芯の部分で引き寄せ、がっちりと結合しているので、木が痩せることでさらに結合の強度がアップします。

断面欠損の低減

今までの木造軸組工法では、接合部分に大きな断面欠損がありましたが、ロイヤルSSS構法ではこの欠損を最小限にして、木の強さを生かした住まいづくりを行っています。

水平剛性25倍

ロイヤルSSS構造では1階と2階の床を厚さ28mmの構造用合板と直張りしています。

これをプラットホーム構造といい、水平剛性は従来に比べると6.25倍の強さ。

地震の時の建物の変形、ゆがみを防止する効果があります。

鉄筋コンクリートベタ基礎

建物をいくら強くしても、建物を支える基礎が弱くては、地震の時に倒壊につながります。

ロイヤルハウスでは、鉄筋コンクリートベタ基礎を標準採用。

地震の力を面で受け止めて効果的に衝撃を逃しています。

地盤の改良

ロイヤルハウスの住まいはスウェーデン式サウンディング試験で地盤の調査を実施、地盤の強度に合わせて正しい地盤改良を実施しています。

断熱性

快適な暮らしのために欠かせない断熱性ですが、室内の温度、使途度を良好に保つためにも断熱材の厚みや質が大切です。

ロイヤルハウスのロイヤルSSS構法では、壁、天井部分にグラスウール断熱材を使用。

断熱効果だけではなく、保温、耐熱、防音性に優れた断熱材で、夏の暑い時期も、冬の寒い時期も家の中では快適に過ごすことができます。

また、全国展開しているロイヤルハウスでは、地域の気候や風土に合わせて断熱材厚みを変えています。

気密性

Low-E複層ガラスサッシは優れた断熱性と、気密性を発揮して、エアコンの効果を高めます。

室内外の温度差でできる結露も防止しますので、耐久性もアップします。

防火・耐火性

ロイヤルハウスで使用されているグラスウール断熱材は、耐火性の高い素材です。

長時間高温にさらされても燃えにくいので、延焼を抑え、有毒ガスなども発生させません。

間取り

ロイヤルハウスでは、自由設計の住まいづくりをデザインしていますので、敷地形状に合わせて、自由な間取りが可能です。

確かな設計力、提案力でオンリーワンの住まいづくりを行っています。

ロイヤルハウスで新築を建てたらいくらくらいになる?価格は?

ロイヤルハウスを新築で建てた場合の価格、値引額など、気になる価格に関することを紹介します。

ロイヤルハウスの坪単価は?

32.1万円~50万円

ロイヤルハウスで値引きするならいくら?

値引きの情報は公式ページにも、口コミにもありませんでした。

ローコストメーカーは元の価格が安いので、値引きは行わないのかもしれないです。

ロイヤルハウスと同価格帯のハウスメーカーはどこ?

ロイヤルハウスと同価格帯のハウスメーカーを紹介します。

レオハウス

レオハウスはローコストのハウスメーカーとして有名。

坪単価は25万円~とかなりのローコストで、タマホームを超えるローコストメーカーではないでしょうか。

商品のバリエーションも多く、様々なスタイルのデザインに対応しています。

ロビンスジャパン

坪単価30万円~60万円とローコストな住まいを提案しているロビンスジャパン。

本格的な輸入住宅を手が届く価格で販売していて、人気があるハウスメーカーです。

輸入住宅が気になる方におすすめです。

ロイヤルハウスのおすすめプラン・ラインナップを紹介

ロイヤルハウスでは幅広い商品ラインナップを提案しています。

ロイヤルハウスのおすすめ商品を紹介します。

1:木心地のいい家「木ころ」

お気に入りで着心地のいい洋服があるように、木に包まれた住み心地のいい家。

木が本来持っている強さ、やさしさ、美しさを引き出した木心地のいい家「木ころ」を提案しています。

吹き抜けの開放感があるリビングは、わざと梁の出すデザイン「あらわし梁」には木の美しさと強さを感じます。

接合金物が露出しない木組みの美しさ、木の本来の良さを十分に感じる工法とデザインの人気商品です。

2:小さな家「イーサイズ」

ロイヤルハウスでは、単身世帯、夫婦二人暮らし、子供が一人など承認数世帯に対応する、コンパクトな住まいを提案しています。

イーサイズは、土地の広さにマッチしたちょうどいいサイズの家をローコストで提案。

簡単7つのステップから作ることができるマイホームは、短期間で完成し、スタイルも様々な規格型住宅。

都会の狭小地に、プライベートを守ったおしゃれでモダンな住まいが人気です

3:空間活用「プラスステージ」

プラスステージは、収納力があるホームトランクがある家。

1階と2階の中間部分に高さ1.4mの収納空間を設けることで、ちょっとした小部屋になり、収納ハモリトン、子供も大人も遊べる自由空間が誕生。

重いものでも簡単に片づけることができ、趣味を楽しむ部屋としても活用することができます。

平屋プラン「グランドワン」

平屋建ての住まいは、最近若い方から高齢者まで人気のプランで、フルフラットにつながるゆとりの間取りが使いやすく、美しいと話題。

グランドワンはデザインにこだわりたい方にもおすすめで、和テイストの落ち着いたデザインからコンテンポラリースタイル、南欧スタイルなど幅広く展開しています。

ロイヤルハウスの保証・アフターサービスが充実!

建ててから安心して住み続けるためにも、アフターサービスの充実と保証は大切。

ロイヤルハウスのアフターサービスと保証を詳しく紹介します。

ロイヤルハウス住宅完成保証制度

ロイヤルハウスの場合、実際に施工するのは地元の加盟店が行います。

万が一加盟店が倒産することがあっても、完成保証がありますので完成までサポートします。

アフターメンテナンス

住まいの引き渡し後は、1か月、3か月、6か月、12か月、18ヵ月、24ヵ月の定期点検を実施しています。

アフターサポートを行うのは地元の加盟店なので、迅速に対応。

シロアリ保証と定期点検

ロイヤルハウスでは、シロアリ保証10年間実施。

新築後、3年目、5年目、8年目、10年目の4回、定期点検を実施しています。

また、シロアリの防除剤には人やペットに無害の薬剤を使用しているので安心です。

ロイヤルハウスは期間限定のキャンペーンを実施中!

Stay Home Designフェア

期間:2020.10.1~2021.3.31

新生活様式にフィットした新しいデザイン、住まいづくりを提案しています。

この期間中に成約した方には以下2つの特典。

① プラズマクラスター付き浴室換気乾燥暖房機 無償アップグレード

② ミラブルplusプレゼント

詳しくはロイヤルハウス加盟店にお尋ねください。

まとめ

全国展開のフランチャイズシステムをとっている、ロイヤルハウスの住まいづくりについて詳しく紹介しました。

クオリティが高い木造注文住宅を、ローコストで、地元のことをよくわかっている加盟店が建てる安心感は、30年の累計実績19,000棟以上という数字にも表れていますね。

木の強さ、しなやかさを生かしたロイヤルSSS構法は、耐震性、断熱性能が高く1,000万円台からという驚きの価格です。

ロイヤルハウスの住まいづくりがもっと知りたい方は、公式ページから資料請求を行ってみてください。

今月の人気記事
ハウスメーカーランキング2021〜住宅メーカーの坪単価や評判と宅建士が教える選び方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です