パパまるハウスの最新の評判・口コミを編集部が徹底調査!坪単価や価格は?間取りや耐震性はどう?

パパまるハウスは「Z空調」で知られるヒノキヤグループのハウスメーカー。

高品質住宅を驚きのローコストに抑え、家のローンに縛られることなく人生が楽しめる家づくりを進めています。

この記事では、そんなパパまるハウスの特徴や評判について詳しくお話していきますので、ぜひ参考にしてください。

マイホーム建築は高いとあきらめていた人も必見です。

また、本文に入る前にあなたに一つ質問をさせてください。

「ハウスメーカーを選ぶ際に最も大事なことは何だと思いますか?」

もちろん正解は一つではありませんが、私は「しっかりとハウスメーカーの特徴や違いを理解し、比較・検討した上で絞り込むこと」だと考えています。

住宅業界で働いた経験があるような人以外は、ハウスメーカー毎にどういった違いがあるのか理解している人は少ないはずです。

それぞれの会社の坪単価やデザイン性の違い、耐震性や気密性・断熱性、購入後のアフターフォローに間取りの自由度、木造なのか鉄骨造なのかなど違いは多岐に渡ります。

事前にしっかりと情報収集を行わずに、いきなり住宅展示場等に足を運び、フィーリングで依頼するハウスメーカーを決めてしまう。

このような人は、「もっと自分の条件にあったハウスメーカーがあった・・・」と後から気づき、一生後悔するような羽目になります。

マイホームは人生でもっとも大きな買い物です。面倒だからといって事前の下調べや比較・検討を怠ることは絶対にやってはいけません。

ネットでの情報はもちろんのこと、より一次情報に近い信頼性の高い情報に多く触れるようにすることで、ハウスメーカーを選ぶ目が養われていきます。

またハウスメーカーの多くは、無料でカタログや資料請求ができるので、少しでも気になった業者からは積極的に資料を取り寄せるようにしましょう。

(カタログや資料の中には、Webサイトには掲載されていないより具体的で有益な情報が掲載されています。)

最初のころはどのハウスメーカーもそれぞれよく見えるのですが、情報を仕入れていくにつれ、それぞれの違いや自分にとっての良い・悪いが分かるようになるので。

ただし、何社ものハウスメーカーにいちいち資料請求をするのは、面倒ですし手間がかかるもの。

最近ハウスメーカーを選ぶ人の中で主流になっているサービスが、無料カタログ一括請求サービス」です。

0からハウスメーカーを絞り込まなくても、予算やローコスト住宅などのテーマ、建築予定のエリアを選ぶだけで、条件にあったハウスメーカーがピックアップされます。

利用料はもちろん無料ですし、資料請求をしたからといって、迷惑でしつこい営業に悩まされる心配もありません。

少しでも気になったハウスメーカーがあればひとまず資料を請求してみることで、最初は考えてもいなかったハウスメーカーの中に、自分の条件とぴったりマッチした出会いがあることも多いです。

大手や地場の工務店などの先入観を取り払い、フラットな目線でいろいろな情報を取り入れてみてください。

しっかりと比較・検討を重ねた上で依頼したハウスメーカーであれば、間違いなく依頼後も納得がいくはずです。

スマホやPCから3分もあれば依頼ができるので、ほんの少しの手間を惜しんで、一生後悔するようなことの無いようにしてくださいね。

それではここから、本文に入っていきましょう。

パパまるハウスで実際に購入した人のリアルな評判・口コミ・感想集めました

まずパパまるハウスがどんな評価をされているのかを知るため、実際にパパまるハウスで家を建てた人の口コミを調べてみました。

良い口コミと悪い口コミの両方を見ていきましょう。

パパまるハウスの良い評判・口コミ・感想

Z空調で初めて迎える夏だったが、とても快適。キッチンでもお風呂上りでも暑くないし、家の中で汗をかくことがないぐらい。つけっぱなしにしているが、暑さで寝苦しくて起きることもなく、玄関入ってすぐに感じる涼しさは本当に快適。家に遊びに来る友達からは、なんでこんなに涼しいの?と言われないことがないぐらい。

パパマルさんの家はシンプルで無駄がなく快適。土地が高くても便利な場所に住みたいという希望があり、パパマルさんのおかげで駅から徒歩5分の30坪の土地に家を建てることができた。壁紙は安価なものだからか、キズが付きやすいが、いつか張り替えればいい。床がきしんだり、断熱性が低かったりということもない。パパマルさんの家は物干し部屋があり、雨でも洗濯物が濡れる心配もなく、見えない場所に干せるのが最高。シンプルでも工夫がされていて、ローコストで家の購入を考えている人に良い。

よく読まれてるおすすめ記事
ハウスメーカーランキング2021〜住宅メーカーの坪単価や評判と宅建士が教える選び方

2週間前に引き渡しで、今のところ快適。暑い日は家へ帰るとひんやりしている。2週間前に肌寒い日があったが、エアコンをつけたらすぐに家中が暖まった。冬になれば床暖も付けるようになるため、暖かさが違うのだろうと楽しみにしている。以前住んでいた家も戸建てだったが古かったので、今はなおさら過ごしやすく最高。オプションで食洗器や室内物干し場を付けたおかげで、以前より家事にかかる時間が短縮され、共働きで子供が多い我が家に家族団らんの時間が作れるようになった。

担当の営業さんは、マンション売却の手続きをしてくれたり、余ったお金を火災保険の支払いにまわしたり、引っ越し費用を残してくれたりと、とてもよくやってくれた。あの営業さんに頼んで良かったし、家も希望通りに仕上げてくれて大満足。こんなに暑いのに、玄関を開けると中はひんやりしている。

現在建築中でもうすぐ引き渡しになる予定。マイホーム建築を検討する際に大手ハウスメーカーを見学して話を聞いたり、ネットで口コミを調べたりして、どこのメーカーに頼んでもヒューマンエラーによる施工ミスはゼロにはならないと思った。パパまるハウスで契約したのは、価格はもちろん、担当さんが好印象だったこと。完全注文住宅のハウスメーカーと比べると、間取りの自由度がないが、ある程度は変更ができる。直接相談をすると、オプションカタログ以外にも出来ることもある。選んだプランにはリビングと和室の収納が少なかったので増やしたり、施工業者を昔からお世話になっている会社にしてもらったりと、他のハウスメーカーでは断られたことにも対応してくれた。施工現場には毎日のように足を運び、注文通りではないところはすぐに対応してくれたり、ミスが多かったお詫びにケーキを届けてくれたり、外構の砕石をプレゼントしてくれたり、とても良くしてくれている。ブランドネームで「安かろう、悪かろう」と思っていたが、契約しても真摯に対応してくれているのでこのメーカーに決めて正解だった。

パパまるハウスの悪い評判・口コミ・感想

担当者は引き渡しが済んでから一度も顔を出さない。売ってしまったら関係ないというような態度は不愉快。アフターメンテナンスを頼んでも1ヶ月以上も連絡がなく、クレームを入れるとチェックもせずに許容範囲内だと言う。事前に調べてから建てれば良かったと後悔の毎日。

住み始めて1年経った。住んでから不具合が生じることはどのメーカーでも必ずあり、職人さんによって多かったり少なかったりする。不具合があった時に修繕や対応をしてくれれば、パパまるの家は値段的にも良いと思う。ただ自分のエリアにある支店はあまりおすすめできない。入居してすぐは対応もまともだったものの、しばらくたった今は不具合があって見に来てから約半年経つが、まだ処理してもらえない。入居してすぐに指摘した部分も、手つかずになっている所もある。あくまで自分の担当支店での経験なので、他の支店の対応は分からない。やっと建てたマイホームだから、パパマルの家は気に入っている。

パパまるハウスに依頼するメリットとデメリットを徹底調査

実際にパパまるハウスで家を建てた場合、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。順に見ていきましょう。

パパまるハウスに依頼するメリット

いくつもあげられるメリットですが、ここでは2つだけ紹介します。

標準装備が充実している

住宅建築を進める際によく聞くのが「気が付いたら価格が上がっていた」という点。

住宅には標準装備があり、その内容はかなりスタンダードなものがほとんどです。

そのため、理想に近づけるためにオプションを付け、設備や仕様をグレードアップする必要があります。

パパまるハウスの住まいは、標準仕様がすでに充実した内容となっているので、価格を抑えながら快適な環境を整えることが可能です。

手すりやバリアフリーを採用した安全設計や、TV付モニターを用いた防犯対策、吸音効果の高い天井、高断熱性のサッシや高品質な水回り設備など、通常はオプションとなるものも含まれ、お手軽価格でハイグレードな住まいが実現できます。

次世代空調システムの家もリーズナブル

経済的で機能的な全館空調「Z空調(ぜっくうちょう)」を導入した家がリーズナブルに建てられるのも、パパまるハウスの魅力。

寒がりのお母さんがいる1階は温度を高めに設定し、暑がりの家族の部屋がある2階は温度を低めにするなど、階ごとに温度設定を変えることも可能です。

また各部屋の風量・風向きの調節もできるため、個人に合わせて快適な状態をつくることができます。

Z空調はオプション仕様になりますので、覚えておきましょう。

パパまるハウスに依頼するデメリット

人によって感じ方が違うため、デメリットと思える点もそれぞれです。

ここであげるポイントが必ずしもデメリットというわけではありませんが、1つだけリストアップしました。

デザインがシンプル

パパまるハウスの充実した商品ラインナップはどれもスタイリッシュ。

シンプルながらも飽きの来ないデザインになっていますが、最近は建築家がデザインする家を手がけるメーカーなどもあり、アーティスティックで個性的な家が注目されています。

美術館のような美しいフォルムの外観や、インダストリアルスタイル、アメリカンスタイルなどの個性的な家を求める人には、少し物足りなく感じるかもしれません。

パパまるハウスを検討中の方へおすすめしたい特徴・こだわり

リーズナブルに夢のマイホームが実現できるというだけでも魅力的ですが、パパまるハウスにはさまざまな特長があります。

項目ごとに詳しく見ていきましょう。

デザイン性・外観

街の景観に溶け込む、シンプルながらもスタイリッシュな外観で、土地や周辺環境に合わせたデザインになっています。

外壁にはセルフクリーニング機能のあるものを採用。

汚れが付着しても雨で流れ落ちるため、メンテナンスの手間も省けます。

スタイルやカラーも豊富なため、イメージ通りの外観に仕上げられます。

工法

  • ベタ基礎

建物の底面全体を鉄筋入りコンクリートで覆い、面全体で建物を支えるため、高い耐震性が期待できます。

また不同沈下も起こりにくく、害虫の侵入や地面からの湿気も防ぐという利点があり、多くの住宅建築に採用されている工法です。

  • 剛床工法

家の骨組みとなる構造躯体に構造用合板を加えることで、床と梁を一体化させる工法。

外部から加わる水平力に強く、横揺れやねじれによる負荷にも動じないという特長があり、台風や地震が起きても安心な住まいを維持します。

  • ハイブリッド工法

梁や柱に面材を組み合わせた、従来の軸組工法より強度の高い工法。

面で地震や台風の負荷を受けてエネルギーを分散させるため、構造体にかかる負荷が軽減されます。

耐震性

地震の多い日本だからこそ、安心して暮らせる住まいを実現させるために耐震性能にも力もいれています。

土台となる基礎には、地震だけでなく不動沈下にも強いベタ基礎工法を採用。

構造体に壁倍率が2.7倍あるオリジナル耐力面材を使用したり、梁や柱の接合部分に、短冊金物・ホールダウン金物・柱接合金物・筋かい接合金物などの特殊接合パーツを用いたりすることで、耐震性をさらに高めています。

断熱性

高い断熱効果を得るため、パパまるハウスでは次世代断熱材「アクアフォーム」を標準装備としています。

硬質ウレタンフォームを水の力で現場発泡させて吹き付けるタイプで、安全性が高く、どんな隙間にもしっかり密着。

また熱の出入りが多い窓には、特殊樹脂サッシとLow-E複層ガラスを使用し、国内でも最高レベルの断熱性を維持しています。

外からの熱気や冷気が室内に伝わることがないうえに、紫外線や結露も防止。

外気温に影響されない環境づくりのため、さまざまな工夫で高い断熱性能を実現させています。

気密性

断熱性能の高い断熱材を採用することは、気密性を高めることにもつながります。

パパまるハウスのアクアフォーム断熱材は発泡性の断熱材で、気泡内には空気を大量に含んでいます。

そのため気密性も高く、壁や天井、床などから隙間風が入り込むことがなく、室内は快適空間を保つ魔法瓶のよう。

気密性に優れたオリジナル耐力面材も構造躯体に採用し、底冷えのしない住まいに仕上げます。

防火・耐火性

地震と同様に予測できないのが火事ですが、万が一火災が起きても被害を最小限に抑える工夫がされています。

採用している断熱材「アクアフォーム」は、高温にさらされても溶けることがなく炭化し、キューブ状の構造体が炎の通り道をふさぐため、火災が燃え広がることもありません。

間取り

パパまるハウスでは、ただ生活ができる空間ではなく、暮らしを満喫できる空間を提案しています。

多目的に使用できる土間やウッドデッキ、解放感のある吹き抜け、小屋裏収納スペース、猫のためのキャットウォーク、夫婦でお酒を楽しめるバーカウンターなど、ライフスタイルや希望に合わせたレイアウトが実現可能。

生活動線も考慮されているので、家事や子育てもしやすく、プライベートと共有スペースを分けることもできます。

パパまるハウスで新築を建てたらいくらくらいになる?価格は?

ローコスト住宅を手がけるパパまるハウスですが、いくらぐらいで家が建つのか気になる人は多いでしょう。

坪単価や値引きなど、価格について調べてみました。

パパまるハウスの坪単価は?

パパまるハウスには、770万円から家が建てられる最安プランもあり、1,000万円以内で25~30坪という平均的な広さのマイホーム建築を実現することができます。

ホームページ上に記載されている価格や住宅関連サイトの施工事例などを参考にすると、平均的な坪単価は30~40万円と大変リーズナブルです。

住宅性能や機能性に優れた家をこの価格で建てられるハウスメーカーは、そう多くはないでしょう。

パパまるハウスで値引きするならいくら?

住宅建築は決して安い買い物ではないため、値引きがあると家計も助かります。

そこでパパまるハウスで値引きが得られるのか調べてみましたが、具体的な記載はホームページ上にはありませんでした。

しかし、口コミサイトなどでは「値引きはない」「パパまるハウスは値引きをしないメーカー」などのコメントと同時に「オプションを少し安くしてもらった」という内容も見受けられました。

もともとギリギリまで価格を抑えているため、値引きがなくてもお得にマイホーム建築が進められるメーカーですが、気になる人は担当者に直接たずねましょう。

パパまるハウスと同価格帯のハウスメーカーはどこ?

  • アイダ設計

「555万円」「888万円」といった驚きの低価格で知られる、CMでもお馴染みのハウスメーカー。

2世住宅やZEH対応住宅も手掛けていて、品質や性能を良質に保ちながらも徹底したコストダウンで安心価格を実現させています。

  • オープンハウス

コスト削減でリーズナブルな注文住宅を提供しているハウスメーカー。

土地の仕入れから販売までも手掛け、所有物件も豊富です。

設計士が勧める「参考プラン」をもとに、こだわりの間取りがカスタマイズできます。

パパまるハウスのおすすめプラン・ラインナップを紹介

価格面の負担を軽減するため、パパまるハウスでは豊富な企画型住宅プランを用意しています。

それぞれに違った魅力があり、ライフスタイルや好みに合わせて選択可能です。

中でもおすすめのプランを3つご紹介しましょう。

1: パパまる

無駄のない設計で、広いリビングや充実した収納スペースなどを設けたオリジナルプラン。

シンプルでも飽きのこないデザインは、ナチュラルで居心地の良い空間を演出しています。

環境に優しく経済的で、人気の高いプランです。

2: パパまる カラフル

家族の一員であるペットと快適に過ごせるプラン。

ペットがゆっくりできる空間はもちろん、パパの書斎やママ専用スペースなどもあり、家族全員が居心地のよい暮らしができるよう、さまざまな配慮がされています。

3: パパゼロ

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)仕様の住宅で、高い断熱性・気密性のほかに省エネ・創エネ設備などを採用した経済的な住まい。

充実した標準仕様や電気の使用量が管理できるシステムが魅力です。

平屋プラン

  • パパまる 平屋

生活動線が考慮されたワンフロアの空間は、シンプルながらもとても快適。

それぞれのスペースを確保しながらも、家族をいつでも身近に感じることができます。

屋根の勾配をいかした屋根裏収納や贅沢な雰囲気が満喫できるプラン「Hiraya Luxury軽井沢の家」も魅力的です。

パパまるハウスの保証・アフターサービスが充実!

  • 最長30年の保証延長

さまざまな点検を実施し、長期に渡って家の状態をチェック。

1ヶ月・6ヶ月・1年・2年・5年・10年は営業担当者や施工担当者が訪問し、基礎や構造躯体、雨漏り、水漏れ、建具、電気配線、給排水など、細かな点検を行います。

また5年目には防蟻点検も実施し、安心して暮らせる住まい維持をサポート。

10年目以降は有償のメンテナンスを受けることでさらに10年保証が延長され、最長で30年まで保証が続きます。

  • 住まいのコンシェルジュデスク

引渡し後も安心して暮らせるように、パパまるハウスではサポートデスクを設けています。

365日24時間利用可能で、住まいに関する疑問や不具合、急なトラブルなどに電話で対応。

夜間でも休日でももちろん対応可能ですので、どんな時にも安心して相談することができます。

パパまるハウスは建て替え・リフォームも行っている?

建て替えやリフォームを実施しているかについて調べてみましたが、ホームページにも他の住宅関連サイトにも該当するような情報が見当たりませんでした。

とはいえ、たいていのハウスメーカーがリフォームを行っていますし、メンテナンスにも対応しているため、パパまるハウスでも対応していることが予想されます。

リフォームを検討している人は、直接問いあわせをするのが確実です。

まとめ

パパまるハウスは、衝撃のローコストで快適なマイホーム建築を手がけるハウスメーカー。

追加オプションなしでも標準仕様が充実している点も魅力で、シンプルながらもスタイリッシュなマイホームが実現できます。

モデルハウスはもちろん、実際に建てた家の見学会も開催していますので、ぜひ一度足を運んでみてください。

今月の人気記事
ハウスメーカーランキング2021〜住宅メーカーの坪単価や評判と宅建士が教える選び方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です