オスカーホームの家の最新の評判・口コミを編集部が徹底調査!坪単価や価格は?間取りや耐震性はどう?

家族が安心して、安全に、そして快適に暮らすことができる住まい。

理想のデザイン、間取りは家族によって違うかもしれないですが、住まいの基本となる、安心・安全・快適は、どの家族も共通して望むことではないでしょうか。

そして、理想のマイホームを叶えてくれるのは、ハウスメーカー。

マイホームづくりにハウスメーカー選びは、とても大切というのがわかります。

ここでは、富山県富山市に会社を構え、注文住宅の設計、施工、リフォーム事業を行っている、オスカーホームの住まいづくりについて紹介します。

オスカーホームの特長、デザイン、間取りなど詳しく紹介、また、実際にオスカーホームでマイホームを建てた人のリアルな口コミも紹介していますので、参考にしてください。

また、本文に入る前にあなたに一つ質問をさせてください。

「ハウスメーカーを選ぶ際に最も大事なことは何だと思いますか?」

もちろん正解は一つではありませんが、私は「しっかりとハウスメーカーの特徴や違いを理解し、比較・検討した上で絞り込むこと」だと考えています。

住宅業界で働いた経験があるような人以外は、ハウスメーカー毎にどういった違いがあるのか理解している人は少ないはずです。

それぞれの会社の坪単価やデザイン性の違い、耐震性や気密性・断熱性、購入後のアフターフォローに間取りの自由度、木造なのか鉄骨造なのかなど違いは多岐に渡ります。

事前にしっかりと情報収集を行わずに、いきなり住宅展示場等に足を運び、フィーリングで依頼するハウスメーカーを決めてしまう。

このような人は、「もっと自分の条件にあったハウスメーカーがあった・・・」と後から気づき、一生後悔するような羽目になります。

マイホームは人生でもっとも大きな買い物です。面倒だからといって事前の下調べや比較・検討を怠ることは絶対にやってはいけません。

ネットでの情報はもちろんのこと、より一次情報に近い信頼性の高い情報に多く触れるようにすることで、ハウスメーカーを選ぶ目が養われていきます。

またハウスメーカーの多くは、無料でカタログや資料請求ができるので、少しでも気になった業者からは積極的に資料を取り寄せるようにしましょう。

(カタログや資料の中には、Webサイトには掲載されていないより具体的で有益な情報が掲載されています。)

最初のころはどのハウスメーカーもそれぞれよく見えるのですが、情報を仕入れていくにつれ、それぞれの違いや自分にとっての良い・悪いが分かるようになるので。

ただし、何社ものハウスメーカーにいちいち資料請求をするのは、面倒ですし手間がかかるもの。

最近ハウスメーカーを選ぶ人の中で主流になっているサービスが、無料カタログ一括請求サービス」です。

 

0からハウスメーカーを絞り込まなくても、予算やローコスト住宅などのテーマ、建築予定のエリアを選ぶだけで、条件にあったハウスメーカーがピックアップされます。

利用料はもちろん無料ですし、資料請求をしたからといって、迷惑でしつこい営業に悩まされる心配もありません。

少しでも気になったハウスメーカーがあればひとまず資料を請求してみることで、最初は考えてもいなかったハウスメーカーの中に、自分の条件とぴったりマッチした出会いがあることも多いです。

大手や地場の工務店などの先入観を取り払い、フラットな目線でいろいろな情報を取り入れてみてください。

しっかりと比較・検討を重ねた上で依頼したハウスメーカーであれば、間違いなく依頼後も納得がいくはずです。

スマホやPCから3分もあれば依頼ができるので、ほんの少しの手間を惜しんで、一生後悔するようなことの無いようにしてくださいね。

 

それではここから、本文に入っていきましょう。

オスカーホームの家で実際に購入した人のリアルな評判・口コミ・感想集めました

オスカーホームの家で実際に購入した人の口コミは、公式ページで知ることができない情報が多いので、参考になります。

リアルな口コミを、悪い面、良い面で集めました。

オスカーホームの家の良い評判・口コミ・感想

実は家づくりは初めてではなく、2回目の家作りでした。以前にお願いしたハウスメーカーの対応には不満があって、いつも後悔していたので、ハウスメーカー選びはかなり慎重に行ったと思います。今まで暮らしてきて何が不満で、何が必要なのかはかなりはっきりしていましたね。オスカーホームにお願いしたのは、モデルハウスに行ったときにかなり丁寧で詳しい説明をしてくれたことと、自分たちがどのような目的で住まいを作っているのかがわかりやすかったことです。欲しかったインナーガレージ、スキップフロア、デザインは北欧タイプにして、妻も夢がかなったと大喜びしています。

色々なタイプのデザインの家を設計していること、デザインがスタイリッシュでおしゃれで私の好みに合っていたので、モデルハウスを何件か回り、見学会にも参加して納得がいったので、依頼することにしました。内装は自然素材をふんだんに使用してナチュラルな雰囲気が好きですね。子供がまだ小さいことを考えてくれて、動線は家事がしやすく、間取りは子供の様子を見やすい間取りで、住んでみて本当の良さがわかるなと思います。全体的に白の印象で内装を考えたのですが、やっぱり部屋が軽く感じていいですね。部屋の空気もクリーンでさわやかに感じますし、家に帰って家族とくつろぐのが癒しの時間です。

性能が良くて価格が安いコスパが高い住まいだと思って、決めました。営業の方の対応も良かったですし、打ち合わせに満足が行くまで時間をとってくれたのも良かったです。他のハウスメーカーも検討していたのですが、営業の方と相性が合わなくてやめました。ハウスメーカーの造る家を気に入っても、人との相性が合わないと納得のいく住まいづくりはできないし、ストレスがたまりそう。その点、オスカーホームのスタッフの方はとてもやさしくて話しやすかったので、何でも相談することができました。現場監督も私たちが見学に行くと、いろいろ説明してくれて、家づくりがずっと楽しかったです。

インナーガレージがある家にあこがれていて、実現させたいと思っていたのですが、どうしても価格が高くなります。それに、耐震性能が落ちるのではないかという心配もあり躊躇していました。営業の方にいろいろ相談して、構造計算を行っていて耐震性も考えられていることなど丁寧に答えてくれて、納得ができたのでお願いすることにしました。私たちが頼んだ営業所は、営業の方が設計士も兼ねていたので、要望がそのまま伝わって設計に反映されるのが良かったです。友達は設計士と打ち合わせすることができなくて、営業に伝えてそれを設計士に伝えるという伝聞形式で、思ったことがなかなか伝わらなかったといっていました。完成したときは、自分たちの理想のマイホームができて本当に嬉しかったです。

雪が多い地域に合わせた住まいづくりをしてくれる、地域密着のハウスメーカーさんの安心感があると思います。耐震実験も雪が積もった条件にして行っていると聞いて安心しました。断熱性能、気密性能が高いというのは、住んでみるとよくわかります。冬はとても暖かくて、特に足元が冷えないのがいいですね。気密性や断熱性が高い住まいだと、換気がとても大切になります。24時間換気を搭載することで24時間、どの季節も部屋の温度は快適ですね。オスカーホームさんは、地元の気候と風土に合わせた住まいづくりをしてくれるので嬉しいです。

オスカーホームの家の悪い評判・口コミ・感想

インナーガレージがいいなぁと思ってお願いしましたが、コストがかなり高くなりました。それに、意外とかかるのがメンテナンス費用です。オスカーホームの部品で作っているのでメンテナンスもオスカーで行いますが、あとからお金がかかってしまいました。でもやっぱりインナーガレージはとても便利なので、つけてよかったと思います。これからつけようと思う人は、メンテナンス費用が掛かることを頭に入れておくといいです。

よく読まれてるおすすめ記事
ハウスメーカーランキング2021〜住宅メーカーの坪単価や評判と宅建士が教える選び方

営業所によっても違うと思いますが、間取りや設計を営業の方が考えています。設計士の方が別にいたほうが、もっとセンスがいい家ができたのではないかと思いました。要望をダイレクトに設計にできるのはいいです。間取りは、自分たちでいろいろ考えて積極的に提案したほうが、満足のいく間取りになるということを学びました。

標準仕様でも十分だと思ったのですが、いくつかオプションを付けました。床暖は冬の寒さに合わせて絶対つけたかったので、オプションで搭載。このオプションの価格が他のハウスメーカーよりも高額だと感じました。その分標準仕様を充実させて、オプションの必要性をなくしているのかもしれないですね。オプションを付けるときは価格をチェックして、必要がない所では無理につける必要がないと感じました。

オスカーホームの家に依頼するメリットとデメリットを徹底調査

オスカーホームの家に依頼する場合、メリットやデメリットは何でしょうか。

具体的に紹介します。

オスカーホームの家に依頼するメリット

オスカーホームの家では、他のハウスメーカーに比べてどんなメリットがあるのか紹介します。

商品プランが多彩

家族構成、生活プランデザイン、仕様によって商品プランが多彩に用意されているのがメリット。

長期優良住宅が標準仕様

オスカーホームの家では長期優良住宅を標準仕様としています。

断熱性、メンテナンス性、耐震性、耐久性の高い住まいのために様々な取り組みを行い、何世代にもわたり住み継がれる、価値のある住まいづくりを行っています。

コストパフォーマンスが高い

性能がいい、デザイン性が高い住まいは価格が高くなってしまいますが、オスカーホームでは、構造の設計、生産・施工を規格化、標準化することでコストの削減を行っています。

さらに材料経費の削減、工期の短縮を図ることで優れたコスパを実現しています。

オスカーホームの家に依頼するデメリット

メリットだけではなく、デメリットを抑えておくことも大切。

オスカーホームの家のデメリットを紹介します。

ベースが2×4工法なので間取りの自由度が在来工法よりない

パネルを組み合わせて作るスペースフレーム工法は、在来軸組工法に比べると間取りの自由度がありません。

でも、施工事例を見る限りは、かなり自由な間取りをとっている家が多いと感じます。

間取りは積極的に提案してみましょう。

オプションの価格が高い

こだわった住まいを作りたいという場合、標準仕様では満足することがなく、オプションを付ける傾向にありますが、オスカーホームではこのオプションが高いという口コミが目立ちました。

しかし、標準仕様が充実していますので、オプションをつけなくても満足する人が多いです。

オプションを付ける場合は、必ず価格をチェックして搭載しましょう。

オスカーホームの家を検討中の方へおすすめしたい特徴・こだわり

ハウスメーカーを選ぶときに、そのハウスメーカーの特長、こだわり、性能を知っておくことはとても大切。

オスカーホームの家の特長を項目ごとに紹介します。

デザイン性・外観

美しさにこだわった外観、木のぬくもりを感じる北欧スタイルの住まい、自然素材にこだわったナチュラルな家など様々なスタイルに対応するオスカーホーム。

そのほかにも、フレンチスタイル、ジャパニーズスタイル、モノトーンスタイルの住まいは、モデルハウスで見学することができます。

洗練されたデザイン性の高さがオスカーホームの家の魅力です。

工法

スペースフレーム工法

2×4工法をベースとして、独自に開発された工法。

耐震性の高さ、住まいの頑強さが特徴。

耐震性

住まいの耐震性で大切なのは、大きな地震があった時に倒壊しないだけではなく、その後も安心して住み続けることができる住まいです。

オスカーホームの家では、耐震等級が最高ランクの3、制振装置が標準仕様と、安心して住み続けられる住まいを提案しています。

雪の多い地域でも耐えられる耐震性

オスカーホームは、富山、石川、新潟で注文住宅を施工しています。

地域の特性として雪の多さ、住まいにかかる雪の重みも計算して耐震性が考えられています。

耐震実験では、1.5mの積雪を想定して同じ条件での実験を行い、震度6~7の規模の地震では損傷がなかったという実験結果を出しています。

雪の多い地域での大きな地震にも耐えられる強い構造です。

モノコック構造の耐震性

スペースフレーム工法では、塚と壁天井を一体化させ6面体にしたものコック構法を採用。

地震の力が建物にかかっても6面体で受け止めて力をバランスよく分散します。

揺れを抑える高い耐震性能を発揮しました。

耐力壁配置設計のバランス

耐力壁をバランスよく配置することで、外からの力にダメージを集中することなく配慮して作られています。

大開口の車庫は耐震性が低下する可能性があるので、構造計算を行って安全性を確認します。

ダイヤフラム

モノコック構造を作る面は、面材と枠組材を釘で緊結した構造パネルの「ダイヤフラム」で作られています。

ダイヤフラムの特徴は揺れに対してねじれが生じないこと、梁や柱の接合部分に力が集中しないことで建物の倒壊を防ぎます。

制振装置

耐震だけではなく、制振性能もプラスすることで建物の揺れを抑え、繰り返し起こる余震にも対応できる建物にします。

安全をプラスするために、3M社のFRダンパーを採用しています。

FRダンパーの特徴は小さな揺れから効果を発揮し、繰り返しの余震の損傷を軽減。

揺れを抑えることで揺れ疲れを軽減する効果があります。

断熱性

オスカーホームの家では、屋根、壁、床と家全体を断熱材で施工する、フル断熱構法が標準仕様。

部屋間の温度を一定に保ち、ヒートショックを防ぐ効果があります。

それぞれの断熱材について紹介します。

壁断熱

壁には45mm厚の高性能フェノールフォール断熱材を使用。

世界最高レベルの断熱材と言われ、細かい独立した気泡で高い断熱効果があります。

また、経年変化が少なく燃えにくい特徴があります。

屋根断熱

屋根には浮きつけウレタンフォーム断熱材を採用。

木材に直接吹き付けて、隙間なく施工することで結露が発生しにくくなります。

遮熱シート

断熱に遮熱シートをプラスすることで、太陽の熱を効果的に使うことができます。

サッシ断熱

サッシから熱を逃げにくくすることで断熱効果がアップします。

開口部のガラスは複層ガラスサッシで断熱。熱還流率は1.31wと国内最高レベルの断熱性です。

気密性

オスカーホームの2×4工法をベースにしたスペースフレーム工法は、枠組材の間に断熱材を充填して施工しますので、気密施工が容易にできるメリットがあります。

また外壁、床、屋根と各部位に最適な断熱材を採用することで気密性をアップ。

また窓には複層ガラスサッシを使用し、室内の快適な温度を逃さず、外の気温に影響されない気密性を実現しました。

オスカーの家のSとは約約0.8cm²/m²と優れた気密性を実施しています。

防火・耐火性

万が一家事が出たときには、火の延焼を抑えること、そして近隣のかじをもらわないことが大切。

オスカーホームの家の耐火性、防火性について紹介します。

ファイヤーストップ構造

在来工法の場合、壁の内側を火が伝わって延焼がすぐに広がってしまいます。

スペースフレーム工法の場合、火の通り道の壁の構造材が、ファイヤーストップ材となっていますので、空気の流れを遮断して、火事が燃え広がるのを抑えます。

初期消火の可能性が高くなる工法です。

省令準耐火構造

木造の住まいでありながら、省令準耐火構造に適合。約50%の保険料の軽減がされています。

防火サイディング

外壁材には防火サイディングを採用。国土交通断人認定の不燃順不燃材の外壁材を標準採用しています。

隣家のもらい火に強い素材で、高い防火性を発揮します。

不燃性石膏ボード

12.5mmの不燃性石膏ボードを壁と天井に、そして9mmのボードを二重張りにして石膏ボードを施工しています。

石膏ボードは火災の時に水蒸気を放出し、温度の上昇を20分間にわたって抑える効果があります。

間取り

インナーガレージ、家事が楽になる動線など、ライフスタイルや家族の要望に合わせた間取りを設計しています。

オスカーホームの家で新築を建てたらいくらくらいになる?価格は?

ハウスメーカー選びで価格はとても気になるところですね。

坪単価、値引額、同価格帯のハウスメーカーについて紹介します。

オスカーホームの家の坪単価は?

坪単価50万円~70万円

オスカーホームの家で値引きするならいくら?

オスカーホームのホームページでは、「一切の値引きをしない」という方針を明確に打ち出しています。

その分品質を上げてローコストで提供している、適正価格で提示していると書かれています。

値引きは基本的にないと考えていいでしょう。

オスカーホームの家と同価格帯のハウスメーカーはどこ?

ハウスメーカー選びでは、候補に挙がったメーカーを比較検討することが大切。

同価格帯のハウスメーカーを比較してみましょう。

優樹工房

優樹工房では、無垢材や珪藻土などの自然素材をふんだんに使用した住まいづくりを行っています。

基礎、構造の部分までこだわり、安心して住める健康な家づくりを実施。

また、打ち合わせを密度が高いことで、施主からも信頼されています。

ジブログデザイン

自然を取り入れた、光と風が織りなす幻想的なデザインが特徴的。

個性豊かなデザインは、他のどこにもないオンリーワンの住まいとして、施主にも人気があります。

木にこだわりがあり、独自ルートで鳥取より良質な木材を手ごろ価格で仕入れています。

オスカーホームの家のおすすめプラン・ラインナップを紹介

オスカーホームの家では、ライフスタイルに合わせた商品プラン、自由設計のプランなど様々商品ラインナップをそろえています。

その中でもおすすめのプランを紹介します。

1:Me・tasu(ミ・タス)

外観は直線ラインを意識した印象的でモダンなスタイル。

開放感あふれるリビング、家事が捗る動線など、快適にくつろげる空間を設計したモデル。

玄関の横にマルチウォールを作ることで、出かけるときの定番アイテムを収納できるなど、細かいところまで工夫がされています。

2:凛 りん

「凛々しく、美しく 」コンセプトにした、和モダンのデザインが美しい佇まいのプラン。

外観のアレンジもあり、住まいの印象に変化がありますので、お好みの外観を選ぶことができます。

プランによって、様々な間取りが可能で、例としては家事楽動線、ただいま動線など働くままに配慮した家事楽な家を提案しています。

3:Twin ツイン

オスカーホーム2世帯住宅プラン。

家族によって2世帯の形が変わりますが、住まいのプランも同じ。

オスカーホームでは、同居、半同居、独立した住まいの3パターンを用意して、暮らし方に合わせたプランを提案しています。

新・平屋住宅 ひらりん

長期優良住宅に対応した平屋建ての住まい「ひらりん」。

平屋の魅力である家事のやりやすさを、家事動線の無駄をなくすことでさらに効率よく家事ができます。

また、ガーデニング、家庭菜園を提案し、目線に緑が見え自然を感じることができる住まいを提案。

光と風を効率よく取り込める平屋の魅力満載の設計です。

オスカーホームの家の保証・アフターサービスが充実!

住まいは建てるときのことばかりではなく、その後に住み続ける保証とアフターサービスも大切です。

オスカーホームの保証、アフターサービスについて紹介します。

コールセンター

オスカーホームではコールセンターを設置していて、24時間」365日受付を行っています。

夜中の急なトラブルなど何かあった時に最適な対応をするので安心です。

定期点検

引き渡し後3か月目に問診点検。

1年、2年、4年、6年、8年、10年の計7回の点検を実施。

住宅診断

10年目には住宅診断を実施。診断結果に基づき補修工事をした場合、構造躯体の保証は延長できます。

オスカーホームの家は建て替え・リフォームも行っている?

オスカーホームでは、建て替えやリフォーム事業も行っています。

富山県、石川県、新潟県でリフォーム事業を行っていて、14.2万件の施工実績、有資格者が多数在籍していて、安心、安全のリフォームを行っています。

キッチン、浴室、トイレなどの水回りのリフォーム、外装、内装のリフォーム。

そして、耐震リフォーム、断熱リフォームなど、性能をグレードアップさせるリフォームも幅広く実施。

生活の変化に合わせて住まいを変える、リ・スタイルも人気。

アフター保証も充実していますので、リフォームを考えている方は、相談してください。

まとめ

オスカーホームの家の住まいづくりの特徴や強み、こだわりについて紹介しました。

長期優良住宅が標準仕様、耐震性、断熱性、耐火性など性能に優れた住まい、そして会社努力によってコストを削減した、コストパフォーマンスに優れた家が魅力です。

商品ラインナップも多彩で、インナーガレージがある住まいは多くの人に選ばれています。

モデルハウスによって、住まいのスタイルが違いますので、見学するときは事前に調べて自分たちが建てたい商品プランのモデルハウスに行くのがおすすめ。

モデルハウスでオスカーホームの家の性能、デザイン、素材、そして営業マンの対応を体感してください。

今月の人気記事
ハウスメーカーランキング2021〜住宅メーカーの坪単価や評判と宅建士が教える選び方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です