ネクストハウスの最新の評判・口コミを編集部が徹底調査!坪単価や価格は?間取りや耐震性はどう?

「長期優良住宅」の基準を満たすネクストハウスの住まいは、高性能なうえに快適で、デザインも豊富。

こだわりの間取りも実現できるため、ネクストハウスを検討している人も少なくないでしょう。

この記事ではネクストハウスを取り上げ、住まいの特長や口コミなど、詳しく紹介します。

ぜひハウスメーカー選びの参考にしてください。

また、本文に入る前にあなたに一つ質問をさせてください。

「ハウスメーカーを選ぶ際に最も大事なことは何だと思いますか?」

もちろん正解は一つではありませんが、私は「しっかりとハウスメーカーの特徴や違いを理解し、比較・検討した上で絞り込むこと」だと考えています。

住宅業界で働いた経験があるような人以外は、ハウスメーカー毎にどういった違いがあるのか理解している人は少ないはずです。

それぞれの会社の坪単価やデザイン性の違い、耐震性や気密性・断熱性、購入後のアフターフォローに間取りの自由度、木造なのか鉄骨造なのかなど違いは多岐に渡ります。

事前にしっかりと情報収集を行わずに、いきなり住宅展示場等に足を運び、フィーリングで依頼するハウスメーカーを決めてしまう。

このような人は、「もっと自分の条件にあったハウスメーカーがあった・・・」と後から気づき、一生後悔するような羽目になります。

マイホームは人生でもっとも大きな買い物です。面倒だからといって事前の下調べや比較・検討を怠ることは絶対にやってはいけません。

ネットでの情報はもちろんのこと、より一次情報に近い信頼性の高い情報に多く触れるようにすることで、ハウスメーカーを選ぶ目が養われていきます。

またハウスメーカーの多くは、無料でカタログや資料請求ができるので、少しでも気になった業者からは積極的に資料を取り寄せるようにしましょう。

(カタログや資料の中には、Webサイトには掲載されていないより具体的で有益な情報が掲載されています。)

最初のころはどのハウスメーカーもそれぞれよく見えるのですが、情報を仕入れていくにつれ、それぞれの違いや自分にとっての良い・悪いが分かるようになるので。

ただし、何社ものハウスメーカーにいちいち資料請求をするのは、面倒ですし手間がかかるもの。

最近ハウスメーカーを選ぶ人の中で主流になっているサービスが、無料カタログ一括請求サービス」です。

 

0からハウスメーカーを絞り込まなくても、予算やローコスト住宅などのテーマ、建築予定のエリアを選ぶだけで、条件にあったハウスメーカーがピックアップされます。

利用料はもちろん無料ですし、資料請求をしたからといって、迷惑でしつこい営業に悩まされる心配もありません。

少しでも気になったハウスメーカーがあればひとまず資料を請求してみることで、最初は考えてもいなかったハウスメーカーの中に、自分の条件とぴったりマッチした出会いがあることも多いです。

大手や地場の工務店などの先入観を取り払い、フラットな目線でいろいろな情報を取り入れてみてください。

しっかりと比較・検討を重ねた上で依頼したハウスメーカーであれば、間違いなく依頼後も納得がいくはずです。

スマホやPCから3分もあれば依頼ができるので、ほんの少しの手間を惜しんで、一生後悔するようなことの無いようにしてくださいね。

 

それではここから、本文に入っていきましょう。

ネクストハウスで実際に購入した人のリアルな評判・口コミ・感想集めました

本当の住まいの性能の良さは、実際に住んでみなければ分からない場合も多いですが、ネクストハウスはどうなのでしょうか。

あまり多くは見つけられませんでしたが、ネット上に公開されている、ネクストハウスで家を建てた人の口コミを見ていきましょう。

ネクストハウスの良い評判・口コミ・感想

好きなレイアウトが叶えられる自由設計の家を希望していた。予算にあうよう費用を抑えつつ、しっかりした住まいが建てられる建築会社を探し、10社ほどから資料を取り寄せ、ネクストハウスに決めた。何社かで直接話を聞いたが、価格を落とすと標準装備もそれなりになるところが多く、希望通りにするとオプションだらけになり坪単価も倍近くになったこともあった。しかしネクストハウスは標準仕様がしっかりしているので、断熱性能や建材の質を落とす必要がなく、こだわりの間取りが実現できることが分かって安心した。担当の方は感じが良く、家づくりを進めていきたいと思った。土地探しから建築まで、親身に対応してくれて、とても納得できる家ができた。引き渡し後のアフターサービスも担当の方がしっかり点検してくれて、内容の説明も分かりやすい。

スタッフ全員が親切丁寧で、一緒に良い家づくりをしてくれる熱意を感じる。デザインセンスやアイディアも良く、気を使ってくれて予算内におさめることができた。大きな家が欲しい人には不向きかもしれないが、ライフステージに合わせた高品質・低価格のちょうどよい大きさの家を求める人には最適。モデルハウスの第一印象で決めて良かった。

良いハウスメーカー。サッシのグレードアップをしてもらい、屋根や外壁はネクストハウス指定の物でも問題はない。かなり無理を聞いてくれるが、購入者は素人なので、プロの意見はもっと主張したほうが良い。

モデルハウスをいくつかまわり、気に入った間取りや機能は写真におさめていた。土地探しからだったので予算など不安だったが、ネクストハウスは自分達の要望に応えてくれて、予算のハードルも超えてくれた。入居から4年が経つが、こだわり空間の心地よさはもちろん、性能が住み始めた頃と変わらず、驚いている。断熱性・気密性が十二分に機能しているため、冬場は空調を少し付けるだけで部屋中が暖かく、夏は28度ぐらいの設定でも涼しくて快適。結露も全くない。コスパに優れたネクストハウスで家を建てられて、とてもラッキーだった。

ネクストハウスの悪い評判・口コミ・感想

現場監督がダメな人で、営業の人も残念な人だった。引き渡し日も楽しみにしていたのに台無しにされた。オプションなどを抑えたのに、坪40万円台には収まらず、かなり超えた。

ネクストハウスに依頼するメリットとデメリットを徹底調査

どんなハウスメーカーにもプラスな点とマイナスな点があります。

ネクストハウスで家を建てると、どんなメリット・デメリットがあるのか、順に見ていきましょう。

ネクストハウスに依頼するメリット

断然多いほうが良いメリットですが、ネクストハウスの住まいにもメリットとして挙げられる点がたくさんあります。

今回はその中から2つだけリストアップしました。

ZEH仕様の家が低コストで建てられる

政府も推進するZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)は、省エネと創エネの両方が可能な次世代住宅。

太陽光パネルで電力を創り、省エネ設備で無駄な消費を防止。

リチウムイオン蓄電システムを組み合わせれば、電力を蓄えることも可能になります。

よく読まれてるおすすめ記事
ハウスメーカーランキング2021〜住宅メーカーの坪単価や評判と宅建士が教える選び方

さまざまな省エネ・創エネ設備により、快適でエコな暮らしができるZEH仕様の家が、ネクストハウスではリーズナブルに建築することが可能です。

シロアリ対策がしっかりしている

どんなに頑丈な構造の住まいを建てても、シロアリの被害にあえば建物が崩壊するリスクが高まります。

ネクストハウスはそんな深刻なシロアリ被害対策にも注目していて、木部に高濃度のホウ酸を施す水溶液処理や、噴射処理を行っています。

使われるホウ酸は、空気汚染の心配もなく、効果の持続力も高いのが特徴。

長期に渡り安心して暮らすことができるよう、住まいをしっかり守ります。

ネクストハウスに依頼するデメリット

デメリットに関してはあまり多く見つけることはできませんでしたが、1つだけ紹介します。

施工対応エリアが限られている

ネクストハウスは東京・神奈川・埼玉・千葉の南関東エリアと、愛知・岐阜の東海エリアに店舗やモデルルームを展開しています。

そのため施工対応エリアもその周辺に限られているため、エリア外に建築を希望している人は対応してもらえない可能性も。

エリア外の場合でも、まずは問いあわせをしてみましょう。

ネクストハウスを検討中の方へおすすめしたい特徴・こだわり

ネクストハウスの住まいにはさまざまな特徴やこだわりがあり、快適な暮らしを実現させています。

項目ごとに詳しくみていきましょう。

デザイン性・外観

実際に生活をするのは室内ですが、住まいの見た目も重要です。

片流れ屋根のモダンなスタイルから、ナチュラルテイスト、洋風など、豊富なスタイルの外観が選べ、経年変化が起きにくい耐久性に優れた素材を採用することで、メンテナンスの手間がかからないようにも配慮されています。

また通りに面した壁面には、プライバシーも考慮しながら採光性にも優れたスリットウィンドウを採用するなど、見た目の美しさだけにとらわれず、細かな部分まで考え抜かれたデザインが魅力です。

工法

在来軸組工法

しっかり施工した基礎の上に土台を作り、柱と梁をしっかり固定。

対角線には筋交いを入れて補強し、強度の高い構造体を実現させました。

木の特性やぬくもりがいかされる以外にも、屋根の形状や窓の大きさ、間取りなど、設計自由度が高いのも特長です。

増改築もしやすいので、将来的にリノベーションが必要になっても、比較的簡単にライフステージにあった間取り変更が行えます。

外壁通気工法

壁内の結露は構造体の腐敗などにつながり、住宅の寿命を縮めてしまいます。

そこで防湿対策として採用されているのが外壁通気工法。

外壁を2重構造にし、壁内に空気の流れを作ることで湿気を防止します。

基礎パッキング工法

床下の湿気防止対策として、基礎と土台の間に施されているのが、基礎パッキング。

床下にも空気の流れを作り、湿気を防ぐ工法で、従来の換気性能の約1.5倍の効果が期待できます。

耐震性

地震が多い日本では、住宅の耐震性能は特に重要視されています。

ネクストハウスでは、軸で支える従来の工法に代わって、耐震性能に優れた「モノコック構造」を採用。

地震などの外部から加わるエネルギーをキューブ状の6面で受けて分散させ、建物にかかる負荷を軽減させます。

また、構造体に使用する木材には、一般的な無垢製材の約1.5倍の強度を誇るエンジニアリングウッドを採用し、耐久性・耐震性をさらにアップ。

鉄筋コンクリートのベタ基礎も合わせ、さまざまな工夫で地震にも安心できる住まいづくりを進めています。

断熱性

一般的にグラスウール断熱材が多く採用されますが、ネクストハウスではグラスウール10kgの1.5倍の断熱性能を誇る「アイシネン」を採用。

アイシネンは、直接壁や床、屋根に吹き付ける断熱材で、どんな場所や素材にも約100倍に発砲して密着。

瞬時に硬化し、剥がれ落ちることもありません。

さらに外気の影響を受けやすい窓には、先進技術を駆使した断熱サッシを採用。

「一般複層ガラス」や「Low-E複層ガラス」で、熱さや寒さに影響されない快適な室内を保ちます。

気密性

高い気密性を維持するためには、隙間のない施工が必要不可欠です。

床梁と床合板を一体化させた構造を取り入れ、床下からの隙間風も防止。

また採用されている発泡断熱材は、密着度が高いため、あらゆる隙間をブロックし、結露の心配もない、高気密住宅を実現させています。

防火・耐火性

ネクストハウスの住まいに採用されている木材は、高耐火性。

木は燃えやすいというイメージがありますが、実際は鉄骨よりも倒壊の危険性が低く、避難や救助がしやすいという利点があります。

炎にさらされると表面が炭化し、中心部が燃えにくくなり、構造用合板が炎の燃え広がりもブロック。

万が一火災が起きても、被害を最小限に抑えることが可能です。

間取り

自由設計のため、規格住宅では形にできないこだわりや、ライフスタイルに合わせた間取りを実現させることができます。

ロフトやスキップフロアで空間を最大限に利用したデザインや、間接照明をつけた心地よい空間、家事動線が考えられた間取りなど、さまざまな要望に対応。

理想のマイホームづくりを一緒に進めていきます。

ネクストハウスで新築を建てたらいくらくらいになる?価格は?

やはり一番気になるのは、価格。どんなに高性能でもあまりに価格が高いと躊躇してしまう人もいるでしょう。

ネクストハウスの住まいは、いくらぐらいで建てられるのか、価格について見ていきましょう。

ネクストハウスの坪単価は?

「オリジナルオーダーシステム」を取り入れているネクストハウスでは、建築面積によって値段が決定します。

建築面積を縦横のグリッドに置き換えて、部屋数分のグリッドにカスタマイズ価格をプラスした金額が建物価格。

選択するプランや仕様によって価格に差はありますが、リーズナブルなものでは1,500万円台で家を建てることも可能です。

ホームページには詳しい坪単価は記載されていませんが、口コミや住宅関連サイトを参考にすると、平均的な坪単価は40~50万円と言えます。

比較的リーズナブルで、見積もりも明確な点が魅力です。

ネクストハウスで値引きするならいくら?

値引きが可能なのか、また可能な場合はいくらぐらいの値引きがあるのかなど、値引きに関する詳細を調べてみましたが、ホームページはもちろん、住宅関連サイトなどでも具体的な情報は見当たりませんでした。

ネクストハウスは迅速な見積もり作成でかかる時間を短縮し、それがコスト削減につながっているため、初めから価格設定も納得のいく価格になっています。

とはいえ、少しでも安く家を建てたいのが本音ですので、値引きが気になる人は直接担当者にたずねてみると良いでしょう。

ネクストハウスと同価格帯のハウスメーカーはどこ?

ハウスジャパン

完全自由設計の住まいからバリエーションも豊富な規格住宅と、予算に合わせた家づくりを手がけるハウスメーカー。

得意な土地探しから建築まではもちろん、資金計画やインテリアコーディネート、アフターサービスと、トータルでサポートします。

アットナチュレ

カリフォルニアスタイルやナチュラルフレンチ、ナチュラルカントリー、インダストリアルハウス、ナチュラルママン、ディフィールドといったおしゃれなスタイルから選べる、自然素材の家。

耐震性・耐久性に優れた工法や構造を採用し、断熱性・気密性にも優れているので、快適です。

ネクストハウスのおすすめプラン・ラインナップを紹介

それぞれが理想とする住宅づくりができるよう、ネクストハウスでは充実した商品ラインナップを用意しています。

いくつかご紹介しましょう。

1:SORATUS(ソラタス)

素材や色の異なる外壁を組み合わせた高級感ある外観は、木々の緑に映えるデザイン。

屋上庭園や家庭菜園、芝生の緑化テラスが、空との一体感を持たせる開放的で快適な空間を演出。

より暮らしを豊かにし、アイディアも広がります。

2:FAMILIE(ファミリエ)

シンプルかつスタイリッシュな外観が一際目を引くプラン。

無駄を省き住宅の機能性とデザイン性を重視しています。

さらにハイグレードな「PRIME」は、太陽光発電などを備えた省エネ住宅で、HEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)も導入。

モニターを使い家庭のエネルギー使用量が確認でき、家電機器を自動制御。

環境にも優しく光熱費削減にもつながります。

3:CERAGRAN(セラグラン)

「外壁タイルの家」で知られる、風格のある落ち着いた外観。

外壁タイルはデザイン性も高く、美しさも持続します。

室内は全館空調システムで温度管理が行われ、どの部屋にいても温度差を感じないため、ヒートショックの心配もありません。

高い天井は開放的なだけでなく、光を多く取り入れることで使用エネルギーも抑えるパッシブデザイン。

機能性と快適性を合わせ持つ住まいです。

平屋プラン

片流れ屋根が印象的な、落ちついた雰囲気の平屋シリーズ「LAVIE(ラヴィ)」。

生活動線が考えられた間取りは開放的で、気密性・断熱性にも優れた快適空間が広がっています。

さらに上質な空間を求める人にはプレミアムパッケージ「one-HAPPY」も用意。

スキップフロアを採用することでさらに開放的に仕上げ、自然を身近に感じられる癒しの住まいです。

ネクストハウスの保証・アフターサービスが充実!

長期60年保証

引渡し後10年ごとに定期点検を行い、必要なメンテナンス工事を実施することで、最長60年の保証が得られます。

10年の瑕疵保証

住宅の耐久力を維持する上で重要な部分や雨水の侵入を防ぐ部分に欠陥が生じた場合、その補修や賠償を保証します。

住宅価値保証制度

「Best Value Home(ベストバリューホーム)」は一般社団法人長寿命住宅普及協会が認定するシステムで、築年数が経っても適正な資産価値を保証。

万が一売却額と明示した建物資産価値が一致しない場合には、その差額が保証されます。

ネクストハウスは建て替え・リフォームも行っている?

年月が経っても快適暮らしができるよう、増築・改築やリフォームにも対応しています。

「新しい設備に変えたい」「家族が増えて家を大きくしたい」「暮らしやすい間取りに変更したい」など、どんなリフォームを希望しているのか、まずはネクストハウスに気軽に相談しましょう。

まとめ

高性能住宅がリーズナブルに建てられるネクストハウスは、さまざまな工法や構造を用いて、家族全員が笑顔で暮らせる快適で機能的な住まいを提供しています。

興味のある人は、ぜひ一度モデルハウスに足を運んでみてください。

構造見学会や完成現場見学会のほか、有料の宿泊体験も実施していますので、詳細は問いあわせましょう。

今月の人気記事
ハウスメーカーランキング2021〜住宅メーカーの坪単価や評判と宅建士が教える選び方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です