リブワークの最新の評判・口コミを編集部が徹底調査!坪単価や価格は?間取りや耐震性はどう?

リブワーク(旧SKホーム)は、家を建てて終わりではなく、家を建てることで暮らしを提供することを使命としているハウスメーカー。

高い住宅性能とコストパフォーマンスを合わせ持つプランは種類も多く、理想のマイホームが形にできることでも定評があります。

今回はリブワークがどんなハウスメーカーなのかを紹介するため、リブワークの住まいの特長や評価などを詳しくまとめました。

マイホームを現在検討中の人も将来的に考えている人も、ぜひ参考にしてください。

また、本文に入る前にあなたに一つ質問をさせてください。

「ハウスメーカーを選ぶ際に最も大事なことは何だと思いますか?」

もちろん正解は一つではありませんが、私は「しっかりとハウスメーカーの特徴や違いを理解し、比較・検討した上で絞り込むこと」だと考えています。

住宅業界で働いた経験があるような人以外は、ハウスメーカー毎にどういった違いがあるのか理解している人は少ないはずです。

それぞれの会社の坪単価やデザイン性の違い、耐震性や気密性・断熱性、購入後のアフターフォローに間取りの自由度、木造なのか鉄骨造なのかなど違いは多岐に渡ります。

事前にしっかりと情報収集を行わずに、いきなり住宅展示場等に足を運び、フィーリングで依頼するハウスメーカーを決めてしまう。

このような人は、「もっと自分の条件にあったハウスメーカーがあった・・・」と後から気づき、一生後悔するような羽目になります。

マイホームは人生でもっとも大きな買い物です。面倒だからといって事前の下調べや比較・検討を怠ることは絶対にやってはいけません。

ネットでの情報はもちろんのこと、より一次情報に近い信頼性の高い情報に多く触れるようにすることで、ハウスメーカーを選ぶ目が養われていきます。

またハウスメーカーの多くは、無料でカタログや資料請求ができるので、少しでも気になった業者からは積極的に資料を取り寄せるようにしましょう。

(カタログや資料の中には、Webサイトには掲載されていないより具体的で有益な情報が掲載されています。)

最初のころはどのハウスメーカーもそれぞれよく見えるのですが、情報を仕入れていくにつれ、それぞれの違いや自分にとっての良い・悪いが分かるようになるので。

ただし、何社ものハウスメーカーにいちいち資料請求をするのは、面倒ですし手間がかかるもの。

最近ハウスメーカーを選ぶ人の中で主流になっているサービスが、無料カタログ一括請求サービス」です。

0からハウスメーカーを絞り込まなくても、予算やローコスト住宅などのテーマ、建築予定のエリアを選ぶだけで、条件にあったハウスメーカーがピックアップされます。

利用料はもちろん無料ですし、資料請求をしたからといって、迷惑でしつこい営業に悩まされる心配もありません。

少しでも気になったハウスメーカーがあればひとまず資料を請求してみることで、最初は考えてもいなかったハウスメーカーの中に、自分の条件とぴったりマッチした出会いがあることも多いです。

大手や地場の工務店などの先入観を取り払い、フラットな目線でいろいろな情報を取り入れてみてください。

しっかりと比較・検討を重ねた上で依頼したハウスメーカーであれば、間違いなく依頼後も納得がいくはずです。

スマホやPCから3分もあれば依頼ができるので、ほんの少しの手間を惜しんで、一生後悔するようなことの無いようにしてくださいね。

それではここから、本文に入っていきましょう。

リブワークで実際に購入した人のリアルな評判・口コミ・感想集めました

まずリブワークが一般的にどんな評価をされているのかを知るため、実際にリブワークで家を建てた人の口コミを調べました。

いくつかまとめたものを紹介します。

リブワークの良い評判・口コミ・感想

マイホーム建築を検討し始めたきっかけは、家賃を払い続けるのはもったいないと感じたこと。展示場でみたデザインが素敵だったので、リブワークに決めた。パパはリラックスできる、ママは料理が楽しめる、子供は走り回れるなど、家族全員がいきいき暮らせる家が出来上がった。リビングには家族を身近に感じられるよう、大きな吹き抜けをつくり、仕事が終わった後に子供と幸せな時間を過ごしている。またキッチンからはリビングが見渡せ、子供を見守りながら料理ができるのも良い。家事動線が考慮されているので無駄な移動がなく、家事がとても楽になった。収納も充実しているので片付けやすい。

住んでみて満足度が高い。床材も気にいっていて、ちょっとした家具や棚は追加料金なしで作ってもらえる点もよい。デザインも友人宅と比べて、うちのほうが良い。社長さんの考え方はとても先進的で、会社の方針や企画も頼もしい。若い営業さんたちは、他社の営業さんと比べてもさわやかでやる気を感じ、要望に真剣に対応してくれているのが伝わった。

よく読まれてるおすすめ記事
ハウスメーカーランキング2021〜住宅メーカーの坪単価や評判と宅建士が教える選び方

大きな犬を飼っていることと、熊本地震で中古住宅に不安を感じたことにより、新築の建売住宅を第一候補に考えていた。自分達でいろいろ決めるよりも、プロの設計士がデザインする間取りのほうが暮らしやすいと思ったことが、この家にした大きな決め手。実際に暮らしてみると、住み心地がよく大満足。キッチンから子供が見守れるのも良く、広い玄関スペースは、夏場は子供達の遊び場になっている。十分な広さの土地とこの家でこの価格は、とてもいい買い物だった。

9月に入居したので夏はまだあまり過ごしておらず、冬のみの感想。平屋住宅を建て、暖房はエアコンではなく小さな石油ファンヒーターを使っている。24畳のリビングは十分暖かくなり、暖かくなると消すぐらい気密性も良い。ヒーターの付いていない部屋も寒く感じない。建具などが選べないのが残念だったが、リブワークさんで家を建てて間違いなかった。引き渡し後に建具や水回りなどで不具合があったが、迅速に対応してもらえた。

会社の上司がリブワークの平屋住宅を建て、新築祝いに訊ねたのがリブワークを知ったきっかけ。趣向を凝らした良い家で、細かな要望も聞いてもらえて断熱材も良いと聞き、リブワークで家をたてようと決断した。2つの大きな掃出し窓があるリビングは、とても開放的なのに暖かく、住み始めてから暖房をほとんど使用していない。大きな玄関は広くて片付けやすく、使い勝手も良い。家族や友人を招いてホームパーティーをしたり、庭でバーベキューをしたりすることが増えた。

リブワークの悪い評判・口コミ・感想

コーディネーターさんの提案を受け入れずに自分で決めた点に、あとで後悔をした。営業さんやコーディネーターさんは自分の要望を聞き入れてくれたが、客の要望を全て受け入れるかわりに、ライフスタイルや希望、価値観などを詳しく聞き、客が考えている以上の提案をしてくれたら、もっと良い家ができた。客の要望でも勧められないことは取り入れず、その理由を説明してくれたら良かった。

家を建て、小屋とガレージも同時に引き渡しのはずが、間に合わずに家のみの引き渡しだった。担当者は連絡もアフターも全て対応が悪く、最後には退職してしまった。

リブワークに依頼するメリットとデメリットを徹底調査

数あるハウスメーカーの中から1つを選ぶ際には、そのハウスメーカーのメリット・デメリットを知っておくことで後悔のない住宅づくりが進められます。

リブワークにはどんなメリットとデメリットがあるのか、見ていきましょう。

リブワークに依頼するメリット

まずはメリットから見ていきましょう。

たくさんある中から2つリストアップしました。

ローコストで理想の家が建つ

リブワークの一番の魅力は、デザイン力の高さと低コスト。

徹底したコスト削減を行いリーズナブルな価格で住まいを提供しているので、一戸建てをあきらめていた人にも手の届く価格に設定されています。

さらに自由設計でスタイルも幅広いため、自分好みの理想のマイホームを安く建てることが可能です。

実際の生活がイメージしやすい

豪華なオプションが付いた展示場見学も夢が膨らみますが、リブワークでは実際の生活がイメージできるよう、注文を受けて建てた住宅を引き渡し前に見学することができる「住宅モニター制度」を取り入れています。

仕様や間取りも現実的なので、自分が家を建てた時の生活をイメージしやすいだけでなく、さまざまな住宅オーナーのアイディアやこだわりなどを参考にすることができます。

リブワークに依頼するデメリット

デメリットはあまり嬉しいことではありませんが、メリットと合わせて事前に知っておくと、ハウスメーカー選びの参考になります。

施工エリアが限られている

全国展開をしているハウスメーカーもあれば、エリア限定の地域に密着したハウスメーカーもあります。

リブワークの場合は熊本県に本社を構え、その周辺の福岡、佐賀、大分で家づくりを進めているため、施工対応エリアは九州地方に限定されているようです。

住宅建築を他のエリアで検討している人は、対応してもらえないこともあるため、デメリットとしました。

リブワークを検討中の方へおすすめしたい特徴・こだわり

住まいの特長はハウスメーカーによって異なります。

リブワークではどんな家づくりをしているのか、デザインや性能、工法などについて項目ごとに詳しくみていきましょう。

デザイン性・外観

リブワークの住まいは、ローコスト住宅とは思えない高いデザイン性が魅力。

平屋住宅や2階建て住宅はもちろん、外観スタイルもさまざまです。

片流れ屋根やキューブ状フォルムの外観はモダンなイメージで、ダークカラーのインダストリアルな雰囲気や、白い外壁にウッドパネルが映えるナチュラルテイストといった、一際目を惹くスタイリッシュな住まいが実現できます。

工法

ベタ基礎

住宅を支える基礎部分にはベタ基礎を採用。

鉄筋入りコンクリートで底面全体を覆うため、地震の揺れから家を守るのはもちろん、不同沈下や地面からの湿気も防ぎます。

木造軸組工法

柱や梁を組み合わせて構造体をつくる、日本古来の伝統的な工法です。

設計自由度が高く、大きな窓や広い空間も実現しやすいのが利点。

耐震性

地震の多い日本だからこそ、耐震性能の高い家が求められます。

リブワークではさまざまな工夫を凝らし、大型地震や繰り返し起こる地震にも耐えられる、高耐震性の住まいを実現させました。

家の骨組みとなる構造体には、通常通し柱(土台から構造体の2階部までをつなぐ柱)だけに使われる4寸角材を、全ての柱と梁幅に採用する「オール四寸柱」を採用しています。

また制震にも着目し、特殊制振装置「EQ GUARD(イーキューガード)」を京都大学と共同開発。

鉄が伸縮しながら地震の揺れを吸収し、構造体にかかる負荷を軽減させます。

リブワークの住まいは、平成28年に起きた熊本地震でも倒壊ゼロの実績を誇る、耐震性の高い安心住宅です。

断熱性

リブワークで採用されている木質繊維の断熱材「セルロースファイバー」は、断熱性能に優れているのはもちろん、害虫が寄り付きにくく、高耐火性と高調湿性もあわせ持つ高品質。

窓には「LIXILサーモスX」を採用し、室内側と室外側のフレームを樹脂でつなげることで熱が伝わりにくく、外気温に左右されない快適な室内環境を保つことができます。

室内側にLow-Eガラスを使ったペアガラスは、高い断熱効果に限らず、紫外線や結露を防ぐこともできるハイブリッド窓。

さまざまな工夫で、高断熱の快適な住まいに仕上げます。

気密性

高品質の断熱材と確かな施工技術により、壁や床下から隙間風が入り込むことのない、高い気密性も保たれています。

そのため室内に空気の流動が起こりにくく、どの部屋にいても温度差をあまり感じずに快適。

夏の熱い日も冬の寒い日も、外気温に左右されない住み心地のよい環境が維持できます。

防火・耐火性

リブワークでは難燃性で万が一炎にさらされても有毒なガスを発生することがない、安全な断熱材を採用しています。

ホウ素系薬剤を含むため、熱によって溶けたホウ酸が保護膜を作って空気の供給を抑え、さらなる延焼をストップ。

その他にも不燃性ボードを資材として採用するなど、火災が起きても被害を最小限におさえる工夫がなされています。

リブワークの住まいは省令準耐火構造が標準装備。

建築基準法で定められた防火性能を持つため安全で、火災保険料も安く抑えることができて経済的です。

間取り

リブワークでは、ライフスタイルや希望に合わせたさまざまなコンセプトを基に、住宅デザインを行っています。

家事や子育てのしやすい動線や、趣味のスペース、ホームパーティーが楽しめるスペース、充実した収納など、空間を必要な形に変え、機能的で暮らしやすい住まいに仕上げます。

住宅設備には、LIXILやTOTO、Panasonic、クリナップ、サンワカンパニーなど高品質なものを取り入れ、標準仕様からオプションまで種類も豊富です。

リブワークで新築を建てたらいくらくらいになる?価格は?

リブワークでは、「高性能住宅を安く提供する」という難題を実現させるために、「リブシステム」を取り入れています。

これにより、インターネットを利用した集客や一括購入などでコスト削減が図れるため、通常の住宅建築よりも価格を抑えることが可能になりました。

では実際にいくらぐらいでマイホームが建てられるのか、価格について見ていきましょう。

リブワークの坪単価は?

リブワークは、ウェブサイト上で価格例やオプション仕様などの詳細が確認できるようになっていて、月々の支払い額までも知ることができます。

記載された情報をもとに坪単価を計算すると、40~60万円台が一般的です。

もちろんプランや広さによって価格が変わりますので、正確な金額については担当者に直接たずねましょう。

リブワークで値引きするならいくら?

通常の値引きに関する情報は見当たりませんでしたが、リブワークでは「住宅モニター制度」を用いて割引を行っています。

これは完成した住まいを引き渡しまでの2週間、見学会場として提供するシステムで、申込をすると200万円の割引が受けられます。

展示場はオプションが付いていることが多く、一般的な家庭の暮らしがイメージしづらいですが、このモニター制度を利用することで、見学者は現実的な住まいが体感でき、施主は割引が受けられお得にマイホーム建築を進めることが可能です。

リブワークと同価格帯のハウスメーカーはどこ?

ヤマト住建

省エネや高性能にこだわった世界基準の家づくりを進めるハウスメーカー。

自然素材や換気システム、浄水器などを導入し、住まう人が健康に暮らせるのはもちろん、快適な設備や間取りで家族全員が笑顔になれる住まいが実現できます。

サラサホーム

それぞれのライフスタイルや趣味に合わせた、十人十色のオーダーメイド住宅を手がけています。

フランチャイズシステムを導入し、全国に加盟店を持つため、広範囲で住宅建築が可能。

地域密着の行き届いたサービスで、ハイセンスで高性能な住宅が建てられるのが魅力です。

リブワークのおすすめプラン・ラインナップを紹介

ローコストでハイグレードな住宅づくりを進めるリブワークでは、好みやライフスタイルに合わせて豊富なラインナップを用意しています。

中でもおすすめのプランを3つご紹介しましょう。

1: Z・E・N

「和」の心安らぐ雰囲気に、現代の生活に合わせた「モダン」テイストを融合させたスタイル。

フローリングには自然素材のウォールナットを標準採用し、板張り天井や格子パネルなど、家のさまざまな箇所で木のぬくもりが感じられます。

多目的に使用できるウッドデッキはプライバシーも考慮されていて、家族や友人との団らんの時間も増えること間違いなしです。

2: GLASSA

高級ホテルのスイートルームをイメージしたプラン。

モダンでスタイリッシュな外観はもちろん、室内も他とは違った非現実的なデザインが魅力です。

機能的な設備に加え、大きな吹き抜けや柔らかなLED照明、クリアパネルが施されたスケルトン階段など、まるでリゾートにいるような贅沢な気分で快適に暮らせます。

3: COQUETTE

家事動線が考慮された暮らしやすい住まいをコンセプトとした、カフェテイストのお洒落でかわいい住まい。

タイル張りキッチンやオープンテラス風のウッドデッキはカフェでくつろいでいるような雰囲気を演出し、大きな吹き抜けや窓から降り注ぐ自然光で、明るく開放的な空間が満喫できます。

平屋プラン

自由設計を得意とするリブワークでは、平屋住宅の建築ももちろん可能です。

ワンフロア―の空間を最大限にいかし、生活動線が考慮された開放的な間取りに仕上げます。

耐震性能も高く、省エネにも対応しているため、安心で経済的なうえ、1,000万円台で建てられるのも魅力です。

リブワークの保証・アフターサービスが充実!

セルロースファイバー断熱材の最長30年間保証

断熱材「セルロースファイバー」による損害が起きた場合に、セルロースファイバーや構造体、その他の面材の損害を最大で500万円まで保証。

10年ごとに更新することで、最長30年間保証が続きます。

10年間の住宅設備保証

住宅設備のメーカー保証は2年が通常ですが、リブワークでは10年間の保証付き。

また床や壁、建具、給排水などの内装・外装については2年間の保証が付いて安心です。

定期点検

引渡しから6ヶ月・1年・2年・5年・10年のタイミングで、構造躯体や外装、内装、建具、設備機器などの定期点検を行います。

リブワークは建て替え・リフォームも行っている?

リブワークは、熊本県住宅リフォーム協会の登録会員企業です。

気候風土に合わせ、増改築相談員が最適なリフォームの提案をし、より暮らしやすい住まいになるよう工事を進めます。

増築のほかにも水回りの修繕や設備交換、バリアフリー工事など、幅広いリフォームに対応可能ですので、リフォーム検討中の人は気軽に相談しましょう。

リブワークは期間限定のキャンペーンを実施中!

200万円オフ + グレードアップサービス

ウェブサイトから住宅モニター制度へ申込をすると、毎月抽選で50組に200万円の割引とグレードアップサービスが得られるキャンペーン。

建築費用が抑えられ、大変お得です。

3月限定平屋フェア

平屋の見学会を8棟開催し、会場3か所に来場した人を対象に、3,000円分の商品券や平屋間取集&実例集の電子BOOKをプレゼントしています。

事前予約をすると子供むけの段ボール工作キットももらえますので、家族全員で出かけましょう。

まとめ

リブワークは、ただ「住む」のではなく「暮らしを満喫」できる家づくりを進める地元密着型のハウスメーカーです。

明瞭かつリーズナブルに価格設定された豊富なラインナップは、どれも高性能でスタイリッシュ。

長く住まうマイホーム建築を後悔なく進めるために、ぜひ一度リブワークの見学会や展示場に足を運んでみてください。

今月の人気記事
ハウスメーカーランキング2021〜住宅メーカーの坪単価や評判と宅建士が教える選び方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です