北洲ハウジングの最新の評判・口コミを編集部が徹底調査!坪単価や価格は?間取りや耐震性はどう?

北洲ハウジングは、東北地方を中心にスタイリッシュな高性能住宅を手掛けるホームメーカー。

理想の住まいになるよう、1棟1棟に希望やこだわりを取り入れた最適なデザインを提案します。

この記事では少しでも夢のマイホーム作りを検討している人のお役に立てるよう、北洲ハウジング住宅の特徴を紹介していきます。

実際の評判についても触れていきますので、ぜひ参考にしてください。

また、本文に入る前にあなたに一つ質問をさせてください。

「ハウスメーカーを選ぶ際に最も大事なことは何だと思いますか?」

もちろん正解は一つではありませんが、私は「しっかりとハウスメーカーの特徴や違いを理解し、比較・検討した上で絞り込むこと」だと考えています。

住宅業界で働いた経験があるような人以外は、ハウスメーカー毎にどういった違いがあるのか理解している人は少ないはずです。

それぞれの会社の坪単価やデザイン性の違い、耐震性や気密性・断熱性、購入後のアフターフォローに間取りの自由度、木造なのか鉄骨造なのかなど違いは多岐に渡ります。

事前にしっかりと情報収集を行わずに、いきなり住宅展示場等に足を運び、フィーリングで依頼するハウスメーカーを決めてしまう。

このような人は、「もっと自分の条件にあったハウスメーカーがあった・・・」と後から気づき、一生後悔するような羽目になります。

マイホームは人生でもっとも大きな買い物です。面倒だからといって事前の下調べや比較・検討を怠ることは絶対にやってはいけません。

ネットでの情報はもちろんのこと、より一次情報に近い信頼性の高い情報に多く触れるようにすることで、ハウスメーカーを選ぶ目が養われていきます。

またハウスメーカーの多くは、無料でカタログや資料請求ができるので、少しでも気になった業者からは積極的に資料を取り寄せるようにしましょう。

(カタログや資料の中には、Webサイトには掲載されていないより具体的で有益な情報が掲載されています。)

最初のころはどのハウスメーカーもそれぞれよく見えるのですが、情報を仕入れていくにつれ、それぞれの違いや自分にとっての良い・悪いが分かるようになるので。

ただし、何社ものハウスメーカーにいちいち資料請求をするのは、面倒ですし手間がかかるもの。

最近ハウスメーカーを選ぶ人の中で主流になっているサービスが、無料カタログ一括請求サービス」です。

0からハウスメーカーを絞り込まなくても、予算やローコスト住宅などのテーマ、建築予定のエリアを選ぶだけで、条件にあったハウスメーカーがピックアップされます。

利用料はもちろん無料ですし、資料請求をしたからといって、迷惑でしつこい営業に悩まされる心配もありません。

少しでも気になったハウスメーカーがあればひとまず資料を請求してみることで、最初は考えてもいなかったハウスメーカーの中に、自分の条件とぴったりマッチした出会いがあることも多いです。

大手や地場の工務店などの先入観を取り払い、フラットな目線でいろいろな情報を取り入れてみてください。

しっかりと比較・検討を重ねた上で依頼したハウスメーカーであれば、間違いなく依頼後も納得がいくはずです。

スマホやPCから3分もあれば依頼ができるので、ほんの少しの手間を惜しんで、一生後悔するようなことの無いようにしてくださいね。

それではここから、本文に入っていきましょう。

北洲ハウジングで実際に購入した人のリアルな評判・口コミ・感想集めました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず初めに、北洲ハウジングの家の性能や営業担当者の対応、アフターサービスなどがどんな評価をされているのかを知るため、実際に北洲ハウジングで家を建てた人の良い口コミと悪い口コミの両方を見ていきましょう。

北洲ハウジングの良い評判・口コミ・感想

まもなく入居から1年が経つ。モデルハウスを見て回る中、北洲ハウジングさんの家は高気密・高断熱住宅という印象が強かった。急遽、家を建てなければならなくなったことと予算の関係で、立地やプランは時間をかけて検討することができなかったため、後からこうしておけばよかったと思う点がありますが、だいたいは希望を汲んでもらえたので満足。初めは他社の建売にするつもりだったが、北洲ハウジングさんの提案や住宅をみた主人が、重厚な建物を気に入り建売住宅では我慢できなくなったため今に至る。自分は廊下やトイレが寒くなく、結露のない家がよかったので、北洲ハウジングさんの家で大正解だった。

営業担当者は、経験豊富ではなかったが、正直で勉強熱心な新人ならではの対応がとても良かった。設計士も若かったが、提案してくれたプランは無難ながらも自分達の希望以上のものだった。若くても柔軟性と冷静さを持っていて、安心して任せることができ、コーディネーターさんもいろいろ迷ってしまう自分には頼りになった。出来上がりに不満もなく、少し手直しが必要な箇所についても対応が良かった。

引き渡しから10年になるが、年月がたっても全く飽きがこない家。10歳の誕生祝いに花をいただいた。冬は暖かく、結露もないうえ、暖房費も節約できて生活臭もない。北洲ハウジングさんにして本当に良かった。

よく読まれてるおすすめ記事
ハウスメーカーランキング2021〜住宅メーカーの坪単価や評判と宅建士が教える選び方

アルセコと3層構造のガラスを組み合わせている点に興味を引かれた。以前は各部屋でエアコンを使用しても茶の間が氷点下になったりしたが、今は雨の音ですら全く聞こえず、リビング・ダイニングのエアコン一台でほぼ2階まで快適。相談してダイニングに設けた吹き抜けは、家の中が明るくなってリビング・ダイニングから光が広がる感じでとても気に入っている。

主人がサーフィンをやるので、玄関に土間収納を作ってもらった。キッチンは使いやすさを重視し、コンロ・シンク・冷蔵庫が三角形に並んでいる、家事効率が上がる配置にした。2人の娘が思春期になった時に、それぞれが扉で仕切られた場所で身支度ができるような間取りにしてもらったのがとても良かった。

北洲ハウジングの悪い評判・口コミ・感想

担当者さんは要件がある時は何度も連絡してくるが、予定が決まらない時は、その経過を知らせる連絡もない。聞きたいことがある時は、自分からどんどん連絡をいれれば、きちんと動いてくれる。

アフターサービスは時間がかかる。1年目の点検で見つかった箇所を補修することになったが、3ヶ月連絡もなかった。しかしこちらから連絡をいれたらすぐに対応してくれて、お詫びの手紙もきた。

北洲ハウジングに依頼するメリットとデメリットを徹底調査

一生にそう何度もないマイホーム建築は、後悔のないように進めていきたいもの。

契約をした後で「こんなはずじゃなかった」という思いをしないためにも、北洲ハウジングで家を建てた場合のメリット・デメリットに触れていきましょう。

北洲ハウジングに依頼するメリット

まずは北洲ハウジングの住まいにはどんな良い点があるのか、メリットを見ていきましょう。

健康に配慮されているので安心

高断熱・高気密のつくりは季節を問わず快適な室温を保つことが可能で、どの部屋にいても温度差を感じません。

そのためお風呂やトイレ、廊下でも快適な状態で、ヒートショックを防ぎます。

また、全館空調システムで、花粉やカビなどの小さな微粒子を遮断しつつ、いつでもきれいな空気を取り入れるため、喘息や花粉症でも安心。

健康が配慮された環境で、家族全員が安心して暮らすことができます。

光熱費が削減できて経済的

エネルギーロスを抑える省エネ仕様に加え、発電・蓄電設備も整った住宅のため、家計にも優しいのが魅力。

冷暖房にたよらずとも、快適な室温が保たれるため、光熱費もお得です。

北洲ハウジングに依頼するデメリット

決定的なデメリットと言える要素が見当たりませんでしたが、人によってはデメリットともとれる点をあげました。

注文住宅対応エリアが狭い

全国展開をしている大手ハウスメーカーも多い中、北洲ハウジングは地域密着型のハウスメーカーのため、施工可能エリアが岩手県・宮城県・福島県・栃木県・埼玉県に限られています。

他のエリアに家を建てたい場合に対応してもらえないこともあるため、限定エリアの対応という点はデメリットにもなりかねません。

現在北洲ハウジングで対応エリア外の新築を検討中の場合は、対応可能な場合もあるかもしれませんので、直接北洲ハウジングに問い合わせをしましょう。

北洲ハウジングを検討中の方へおすすめしたい特徴・こだわり

マイホーム建築を検討する際には、外観の美しさだけではなく、間取りや目に見えない家の構造、性能なども重要なポイントになります。

北洲ハウジングの住まいにはどんな特徴があるのか、項目ごとに追っていきましょう。

デザイン性・外観

北洲ハウジングの住まいは、見た目の良さだけではなく、素材の耐久性や維持のしやすさなども考慮されています。

屋根を美しく飾る陶器瓦は、200年以上も長持ちする耐久性に優れ、年月が経っても美しく、断熱性や防音性も抜群です。

また外壁に施されている還元焼成のタイルには、経年とともに風合いを増す美しさがあり、メンテナンスも水洗いだけで簡単に行えます。

南国リゾート風や和風、シンプルモダンなど、スタイルもさまざまで、理想の住まいが実現できる高いデザイン性も魅力です。

工法

2×6工法

一般的に採用されている2×4工法は、枠組材に構造用合板を張り合わせ、床・壁・天井を一体化させたキューブ型に組み立てる工法。

耐震性が高いことで知られていますが、耐久性・遮音性・防火性にも優れています。

北洲ハウジングでは、この2×4工法よりも構造材のサイズが大きい2×6工法を採用。

外壁の厚みが2×4工法の1.5倍あり、さらに高い性能を発揮します。

アルセコ外断熱システム

エコ意識の高いドイツから来た外断熱システム。

140mmの2X6充填断熱に加えて、80mmのロックウール・ラメラも標準仕様で施工。

ダブル断熱で室内をいつでも快適な環境に保つのはもちろん、遮音性にも優れているため、室内の音が漏れることも外の音が気になることもありません。

次世代省エネ基準を上回る性能で、冷暖房費も約半分になってお得です。

耐震性

耐震性の高い構造体や高強度の基礎を施し、地震国である日本でも安心して生活ができる頑丈な家づくりを進めています。

さらに耐震にとどまらず、繰り返し起こる地震にも対応できるよう、制震にも注目。

制震ダンパー「MIRAIE(ミライエ)」は、ゴムが伸び縮む力を利用して、地震の揺れを最大で95%吸収し、建物にかかる負荷を軽減させます。

また高減衰ゴムの耐久性は90年経っても性能がほとんど変わることがなく、メンテナンスも必要ありません。

耐震と制震で地震に強い安心住宅です。

断熱性

家の快適性を高めるためには、断熱性能は極めて重要です。

そこで充填断熱にトップクラスの外断熱メーカーであるアルセコ社の外貼り断熱を合わせた、ダブル断熱を採用し、高い断熱性を保っています。

窓にはアルゴンガス入り空気層の両サイドにLow-Eガラスを組み合わせた、スーパーエナジーガラスを採用。

断熱性に優れていながらも日射も取り入れることができるため、冬場も室内を暖かく保ちます。

国内最高クラスの断熱性を誇る次世代ガラス採用樹脂サッシ「シャノンウィンド」も取り入れることで、ハイグレードな断熱性能を持ち合わせた住まいです。

気密性

断熱性と気密性は関わりが深く、高い断熱性能が高い気密性も保ちます。

室内に風があると、風速1m/sにつき体感温度は1度下がると言われていますが、北洲ハウジングの住まいは、断熱材をしっかり充填し、すきま風が入り込むことがありません。

そのため室内気流が0.15m/s以下に抑えられ、室内環境はいつでも快適です。

防火・耐火性

家の骨組みとなる構造体に採用されている2×6工法は、耐火性にも優れたファイヤーストップ構造。

枠組みにファイヤーストップ材を使い、万が一火災が起こっても、火が燃え広がりにくい防火区画のようになっています。

また天井と壁の内部に施された石膏ボードは、引火して高温になると約25分間、水蒸気を放出し、延焼をストップ。

断熱材にも不燃性のものが仕様されていて、防火基準の厳しい欧州の最高基準であるAクラスに認定されています。

間取り

営業担当・建築士・インテリアコーディネーターが希望や条件をヒアリングし、最適な間取りを提案します。

また、トレンドばかりを追うのではなく、必要なものと不必要なものをしっかり見極め、本当に必要なデザインのみを取り込むことで、それぞれの生活にベストフィットする間取りが実現可能。

家事動線が考慮された間取りはもちろん、庭が見渡せる大きな窓やバーベキューが楽しめるウッドデッキ、勾配天井の開放的な吹き抜け、シアターリビング、ビルトインガレージなど、快適で毎日の生活が楽しくなる仕様が魅力です。

北洲ハウジングで新築を建てたらいくらくらいになる?価格は?

特徴が分かれば、次は価格。

住宅建築は決して安い買い物ではないため、できれば予算内に収めたいものです。

北洲ハウジングの価格について見ていきましょう。

北洲ハウジングの坪単価は?

高性能で高機能な北洲ハウジングの住まいは、だいたい坪単価55~65万円が一般的と言えますが、選ぶ仕様やプランによって坪単価も変動します。

また建物本体以外にも外構工事や設備にお金がかかるため、最終的な価格は営業担当者に確認すると良いでしょう。

ローコスト住宅のように安くて手頃というわけにはいきませんが、子供や孫の代までが安心して暮らせる家を建てるのですから、決して高くはないと言えます。

北洲ハウジングで値引きするならいくら?

値引きについてはっきりとした情報はホームページ上では見つけられませんでしたが、口コミサイトにいくつか投稿がありました。

「30万円ほど値引きをしてもらった」「100万円相当お得になるキャンペーンがある」などの声がありましたが、具体的な内容については不明です。

少しでもお得になるよう、値引きが可能かどうかを、打ち合わせの際に直接担当者に聞いてみると良いでしょう。

北洲ハウジングと同価格帯のハウスメーカーはどこ?

フィアスホーム

大手住宅設備機器会社のリクシルグループのハウスメーカー。

高気密・高断熱のハイグレード住宅を手がけ、日本地域開発センター主催の「ハウス・オブ・ザ・イヤー・インエナジー」で7年連続受賞という、高評価を受けています。

省エネや健康にも配慮された住宅は、デザイン性も高く、耐震性・耐久性も抜群。

家族全員が安心して笑顔で暮らせる住まいです。

アエラホーム

こだわりの断熱施工で、いつでも室内は快適。

省エネが考慮された設備の数々は、高品質で高性能。光熱費が抑えられて家計にも優しい住まいです。

確かな技術と経験を持って、こだわりの間取りも実現させる自由設計が魅力。

プランによってはローコストなものもあります。

北洲ハウジングのおすすめプラン・ラインナップを紹介

それぞれの好みやニーズに応えられるよう、北洲ハウジングではさまざまな商品を取り揃えています。

どれも高機能・高性能でスタイリッシュなものばかりですが、中でもおすすめの商品を3つご紹介します。

1:アルザス(Alsace)シリーズ

古民家のような懐かしさと、北欧のお洒落な三角屋根を融合させた大屋根が特徴的。

アーチ天井や飾り棚、らせん階段、書庫や書斎スペースなど、お洒落で快適に暮らせる仕様が魅力です。

省エネを重視した「E1」と、ヨーロピアンテイストの「HAUZE」の2スタイルから選択可能。

2:ペーゼルドルフ プレミアム

プレミアムシリーズの心身ともにリフレッシュできる癒しの住まい。

非日常的で上質な素材をふんだんに使い、リゾートにいるような贅沢な気分を味わいながら、快適に暮らせる設備が整っています。

「グッド・エイジング」をコンセプトとし、住み続けるほどに味わい深く、古びることがありません。

同じプレミアムシリーズには、雁行型のフォルムと開放的な大空間が特徴の「ワイマール」、趣味が楽しめる離れ家が魅力の「マッケンジー」もあります。

3:ノア(Noah)シリーズ

限られた土地スペースを最大限に活用した都市型3階建て住宅。

シンプルでもスタイリッシュな外観は3種類から、スタイルは省エネ仕様の「E1」か、北欧タイプの「HAUZE」のどちらかが選択可能です。

家事動線が考慮された間取りや、出窓ベンチ、大型収納、屋上スペースなど、生活をより快適にする工夫が凝らされている住まいです。

平屋プラン

北洲ハウジングでは、平屋プランに「あたたかいひ・ら・や」を用意。

耐震性・耐久性に優れた2×6工法を採用し、断熱性や気密性も抜群。

冬は暖かく夏は涼しく過ごせ、機能的な設備や間取りのほか、天井裏の収納スペースや、一人になれる「離れ」もあります。

コンパクトプラン・離れプラン・余裕のゆったりプランと、ライフスタイルに合わせて選択可能です。

北洲ハウジングの保証・アフターサービスが充実!

無償定期点検

引き渡し後、6ヶ月・1年・2年・5年・10年・15年・20年・25年・30年と合計9回に渡り、無償で定期点検を実施。

それ以降も5年ごとの有償点検を受けることで、60年までサポートします。

構造体/防水/防蟻10年保証

構造体や防水、シロアリ被害など、新築から10年が保証。

それ以降、5年ごとに更新することで最長30年まで保証が続きます。

エアロテック10年保証

部屋ごとに温度調節が可能な、全館空調システム「エアロテック」は、新鮮な空気を取り入れながら花粉やカビをしっかりカットし、いつでも安心でクリーンな空気を室内に保つシステム。

一般的には設備機器の保証期間は1年間ですが、エアロテックは最長で10年の保証付き。

毎年無料で定期点検も実施します。

施主向け情報誌「サヴァ」発行

セルフメンテナンスの方法など、施主に役立つ情報が満載。

ホームページからは、オーナーズサイト「サ・ヴァネット」も閲覧できます。

北洲ハウジングは建て替え・リフォームも行っている?

北洲ハウジングでは、独自の施工基準を設け、確かな技術で高品質リフォームを行っています。

その素晴らしい実績により、リフォーム産業新聞社が毎年行う調査である「住宅リフォームランキング」でも3年連続第1位を獲得しています。

ただ古いものを新しいものに置き換えるという考えではなく、建物の現状を住宅診断でしっかり把握し、適切に提案。

また改修計画には女性プランナーが対応し、インテリア・照明・家具を含めトータルでコーディネート。

高断熱・高気密施工はもちろん、より快適な暮らしができるよう、気になる点などのヒアリングもしっかり行います。

一戸建て以外にもマンションや店舗の改修も対応可能です。

興味のある人は、無料の「北洲リフォーム資料セット」がホームページ上から取り寄せができます。

まとめ

高品質・高機能の北洲ハウジングの住まいは、長期優良住宅にも標準対応していて、アフターサポートも充実しています。

子供の代、孫の代まで末長く快適な暮らしができる理想のマイホームを実現させるため、ぜひ北洲ハウジングをご検討ください。

今月の人気記事
ハウスメーカーランキング2021〜住宅メーカーの坪単価や評判と宅建士が教える選び方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です