桧家住宅の最新の評判・口コミを編集部が徹底調査!坪単価や価格は?間取りや耐震性はどう?

住まいに対するこだわりは、各家庭によって違いますが、だれもが共通して思うのが、部屋の温度が快適できれいな空気環境に住みたいという、暮らしやすさではないでしょうか。

デザインや間取りは、家族構成や好みによって、違ってきますが、暮らしやすさ、住まいの性能は高性能を望みますよね。

桧家住宅の住まいは、Z空調が大きな特徴で、部屋間の温度差がなく1年中快適な温度でストレスなく心地よい暮らしを叶えました。

施工エリアも広く、手の届く価格で暮らしやすい住まいを提供している桧家住宅。

多くの人に支持されている桧家住宅のこだわり、住まいの性能、特徴、強みなど詳しく調べました。

また、実際に桧家住宅を購入した人の口コミ、感想をまとめましたので、桧家住宅に興味がある人は参考にしてください。

また、本文に入る前にあなたに一つ質問をさせてください。

「ハウスメーカーを選ぶ際に最も大事なことは何だと思いますか?」

もちろん正解は一つではありませんが、私は「しっかりとハウスメーカーの特徴や違いを理解し、比較・検討した上で絞り込むこと」だと考えています。

住宅業界で働いた経験があるような人以外は、ハウスメーカー毎にどういった違いがあるのか理解している人は少ないはずです。

それぞれの会社の坪単価やデザイン性の違い、耐震性や気密性・断熱性、購入後のアフターフォローに間取りの自由度、木造なのか鉄骨造なのかなど違いは多岐に渡ります。

事前にしっかりと情報収集を行わずに、いきなり住宅展示場等に足を運び、フィーリングで依頼するハウスメーカーを決めてしまう。

このような人は、「もっと自分の条件にあったハウスメーカーがあった・・・」と後から気づき、一生後悔するような羽目になります。

マイホームは人生でもっとも大きな買い物です。面倒だからといって事前の下調べや比較・検討を怠ることは絶対にやってはいけません。

ネットでの情報はもちろんのこと、より一次情報に近い信頼性の高い情報に多く触れるようにすることで、ハウスメーカーを選ぶ目が養われていきます。

またハウスメーカーの多くは、無料でカタログや資料請求ができるので、少しでも気になった業者からは積極的に資料を取り寄せるようにしましょう。

(カタログや資料の中には、Webサイトには掲載されていないより具体的で有益な情報が掲載されています。)

最初のころはどのハウスメーカーもそれぞれよく見えるのですが、情報を仕入れていくにつれ、それぞれの違いや自分にとっての良い・悪いが分かるようになるので。

ただし、何社ものハウスメーカーにいちいち資料請求をするのは、面倒ですし手間がかかるもの。

最近ハウスメーカーを選ぶ人の中で主流になっているサービスが、無料カタログ一括請求サービス」です。

 

0からハウスメーカーを絞り込まなくても、予算やローコスト住宅などのテーマ、建築予定のエリアを選ぶだけで、条件にあったハウスメーカーがピックアップされます。

利用料はもちろん無料ですし、資料請求をしたからといって、迷惑でしつこい営業に悩まされる心配もありません。

少しでも気になったハウスメーカーがあればひとまず資料を請求してみることで、最初は考えてもいなかったハウスメーカーの中に、自分の条件とぴったりマッチした出会いがあることも多いです。

大手や地場の工務店などの先入観を取り払い、フラットな目線でいろいろな情報を取り入れてみてください。

しっかりと比較・検討を重ねた上で依頼したハウスメーカーであれば、間違いなく依頼後も納得がいくはずです。

スマホやPCから3分もあれば依頼ができるので、ほんの少しの手間を惜しんで、一生後悔するようなことの無いようにしてくださいね。

 

それではここから、本文に入っていきましょう。

桧家住宅で実際に購入した人のリアルな評判・口コミ・感想集めました

桧家住宅で契約したいと思っても、本当に大丈夫なのかと心配な方のために、実際に桧家住宅で住まいを購入した方のリアルな声を紹介します。

桧家住宅の良い評判・口コミ・感想

昔から夢だったのが、インナーガレージのあるマイホームです。車が好きで、家族で2台の車を所持していたので、インナーガレージも2台格納できるスペースが必要。桧家住宅さんのアクティブガレージのアイデアがとても気に入り、お願いしました。室内に直接アクセスできるガレージはとても便利。特に悪天候の時はインナーガレージにしてよかったねと、家族が言ってくれます。車の手入れや整備などもインナーガレージで行うことができますし、外観もおしゃれでモダンにまとまっていて、お気に入りのマイホームができました。

友達が良く集まってくれるので、みんながくつろげる広い空間が欲しいなと思って、色々相談しました。桧家住宅のスタッフの方は、私たちの話をしっかり聞いてくれて、いろいろなアイデアを出してくれるので嬉しいですね。仕切りを設けずに、広い空間のリビングを作ることで、お客様や仲間が来たときに、くつろげる空間を作ることができました。青空リビングという考え方もすごく素敵で、バーベキューなどもよく集まってやりますね。自然を取り込み、自然に囲まれた素晴らしい環境に、住まいを作ることができたのも良かったです。

決して広い土地ではないのですが、3階建てにして空間を縦に自由に使うことで快適な間取りを作ることができました。収納もたくさんとることができて、部屋がすっきりしています。動線は家事がしやすくて、以前より楽にそして効率的に家事ができるようになって妻も喜んでいます。インテリアはコーディネーターの方に提案してもらって、住まいにあったおしゃれでモダンなインテリア。白ベースで統一したおしゃれなデザインは、友達が遊びに来たときにいつも褒められます。

マイホームを作るなら、夫婦で趣味を楽しむスペースを作りたいと考えていました。スペースを作るだけではなく、その空間を楽しむ、そんなおしゃれで素敵なガレージを提案してくれたのが桧家住宅さん。遊び心があって、デザイン性も高くて、一目で気に入って契約しました。ガレージにはアウトドア用品を飾り、見せる収納が気に入っています。そのほかにも、趣味の部屋、広い家族だんらんのリビングなど、様々なアイデアを出してくれて、参考になりました。いろいろな工夫がされている家で、まさに私たちだけのマイホーム。性能も高く、冬は家の中が暖かいいので、子供たちは薄着で遊んでいます。

桧家住宅に決めた理由は、性能が高くて、暮らしやすい住まいだと思ったから。高い断熱性、気密性、そして安心の耐震性、部屋の中はZ空調で穏やかな空気が流れます。うちは子供が小さくて喘息もあり、家の空調には住奥気を使います。全館空調にすることで、家の中の温度差がなくてストレスなく暮らすことができますね。カビやハウスダストのリスクも抑えていますので、喘息があまり出なくなりましたし、私は花粉症の症状が軽くなったと感じます。Z空調は導入コストも抑えられていて、月々の電気も抑えることができていますので、入れてよかったと実感。手入れも簡単ですし、絶対におすすめです。

桧家住宅の悪い評判・口コミ・感想

構造がしっかりしているし、デザインもよくいいマイホームができたと思います。残念だったのは、現場の作業が遅れたのか、完成して引っ越しする日にも片付けができていなかったところ。引っ越しの日に、現場の作業員の方が片付けを行っていて、もう少し考えてほしかったです。

展示場に行ったときの営業の方の対応が、良くなかったです。最初からため口で、なれなれしく感じましたし、強引に話を進めていくので不安になりました。私たちの話を聞かずに、自分たちの話ばかりするのも嫌で、結局営業の方と相性が合わずに契約しませんでした。

営業の方に電話して、折り返ししますといわれてもその後に電話がかかってこない、連絡がつかないということが数回ありました。忙しいのかもしれないですが、迅速に返信をくれないと安心できません。建った家には満足していますが、営業の対応は残念だったと思います。現場の方の対応がすごく良くて、そちらを頼りにしていました。

よく読まれてるおすすめ記事
ハウスメーカーランキング2021〜住宅メーカーの坪単価や評判と宅建士が教える選び方

桧家住宅に依頼するメリットとデメリットを徹底調査

ハウスメーカー選びは、そのハウスメーカーの強みや弱みを知ることも大切。

桧家住宅のメリットとデメリットについて紹介します。

桧家住宅に依頼するメリット

桧家住宅のメリットを紹介します。

全館空調「Z空調」

桧家住宅のZ空調は、他のメーカーの全館空調に比べて、導入の代金が150万円ほどというとてもリーズナブルな価格がメリットです。

空調はダスキン、換気システムは協立エアテックの専門技術で開発されていますので、性能、品質も安心できます。

全館空調は高気密、高断熱の環境で効率的に行うことができますが、桧家住宅の住まいは、高気密、高断熱の性能なので、効果も抜群です。

多彩な地震対策

住まいの地震対策は一つだけではなく、耐震等級3を全棟でクリア、オリジナル耐力面材、ハイブリット工法など様々な対策をしているので安心。

チャック体制もしっかり行っていて、検査を徹底しているところも安全性の取り組みとして信頼できます。

桧家住宅に依頼するデメリット

桧家住宅に依頼するデメリットを紹介します。

営業の対応に差がある

口コミでも営業に対する不満が多い印象ですが、素晴らしい営業という声もありますので、展示場、営業所によっても大きく差があるように感じます。

対応が遅い、話がなかなか進まないという声が多いので、自分からできるだけアクションを起こして進めていきましょう。

オプションが高額

標準仕様にせずいろいろつけたいと考える場合、別料金になり最終的には高額になるので注意。

オプションは、必ず価格を確認しながらつけましょう。

桧家住宅を検討中の方へおすすめしたい特徴・こだわり

ハウスメーカーの特徴をよく知って、自分たちにあっているのかを判断基準にしましょう。

桧家住宅のデザイン、性能、など特徴やこだわりを項目別にまとめました。

デザイン性・外観

屋上、ビルトインガレージなどアイデアあふれた外観、デザインが特徴的。

モダンでおしゃれな外観、和風、洋風、ビンテージ風など、様々なスタイルに対応しています。

工法

ハイブリット工法

耐震性

桧家住宅では、地震に対する対策をして安心して暮らすことができる住まいを提案しています。

全棟耐震等級3

桧家住宅の作る建物は、全棟で耐震等級3を実現しています。

建物ものを建てるときに地震や台風の時に建物にかかる水平力、それに対してどのくらいの耐力壁の量を満たしているかどうかを調べる、壁量計算を実施して、住まいの耐震性能を高めた建物を提供しています。

オリジナル耐力面材

オリジナルの耐力面材は7mmで壁倍率は2.7倍。

均一で安定した性能を維持する耐力面材を使用しています。

ハイブリット工法の住まいづくりをしている桧家住宅では、この耐力面材が大切。

面で地震の力を受け止めて分散させ、梁や柱の接合部分に負担をかけない工法です。

構造用集成材

構造用集成材を使用することで、強度のばらつきがなく安定した建物が実現。

高強度なので、耐震性だけではなく、耐火性、耐久性に優れ、また見た目も美しい集成材を使用しています。

剛床工法

柱と梁、床を一体化させる作り方、剛床工法を採用しています。

地震の時に床面には横揺れ、ねじれが起こる可能性があり、剛床工法は、これを抑える効果があります。

耐震金物

地震による倒壊の理由は接合部の強度不足です。

木材の場合は、年数が経過すると腐れ、変形による劣化があり、それが地震の力が加わることで建物を倒壊させます。

在来工法では弱点とされている、梁と柱の接合部分に、適材適所の耐震金物を採用することで、木造の強度を最大限に生かし耐震性の高い建物を実現しています。

ベタ基礎

建物の荷重を面で受けて、しっかりと支えるベタ基礎によって建物を安定させ、地震に強い建物を作ります。

断熱性

桧家住宅では、気密性と断熱性、そして空調システムを搭載することで、快適なだけではなく、エコな住まいを実現しています。

桧家住宅の断熱性能についてみていきましょう。

アクアフォーム

桧家住宅では、断熱材にアクアフォームを採用しています。

アクアフォームを住まいの隅から隅まで、包み込むようにすっぽりと覆って施工する、現場吹付断熱方法を採用。

柱や梁に密着して隙間なく断熱材が施工されるので、断熱効果だけではなく、気密効果もアップ。

暑さ対策のために、屋根には屋根断熱、寒さ対策としては、床下の基礎断熱を行うことでで、1年中快適な住まいを実現しました。

また、アクアフォームは経年変化がない断熱材なので、メンテナンス性も優れています。

断熱樹脂サッシ

断熱材だけではなく、開口部の断熱性を保つためにLow-Eペアガラスを採用。

断熱効果が高く、単発ガラスの4倍の断熱性能を誇ります。

Wバリア工法

一般断熱構法と桧家住宅が採用しているWバリア工法の住まいでは、夏の涼しさで5°差があり、冬も暖かさで5℃さがありました。

実験結果でもW断熱工法の断熱効果がわかります。

気密性

断熱性能と同じように、気密性能もクオリティが高い、桧家住宅の住まい。

吹付けて断熱材を施工する方法なので、柱や梁など隙間なく断熱材を塗布。

気密性がアップしますし、省エネサッシは、室内の快適な空気を逃すことなく、高気密な住まいが可能です。

防火・耐火性

桧家住宅で使用されている構造用集成材は、日本農林規格(JAS)で決められている規格なので、耐火性にも優れた木材です。

間取り

広い間取り、たくさんの収納など、お客様の要望の間取りに対応しています。

動線は、動きやすく考えられた動線を提案。

収納は適材適所に置くことで、使いやすい収納を可能にしました。

桧家住宅で新築を建てたらいくらくらいになる?価格は?

桧家住宅の新築の住まいは、坪単価どれくらいになり、値引きはしてくれるのでしょうか?

大切なお金に関することを詳しく紹介します。

桧家住宅の坪単価は?

坪単価40万円~60万円

桧家住宅で値引きするならいくら?

値引きの情報はいくつか口コミでありましたので、全くないというわけではないようです。

口コミでは、「消費税+α」の値引きがあったという声もありました。

値引き交渉を行ってみてもいいと思います。

桧家住宅と同価格帯のハウスメーカーはどこ?

桧家住宅と同じくらいの価格帯のハウスメーカーを紹介します。

アイコーホーム

昭和36年に創業のアイコーホームは、東京都で地元密着の住まいづくりを行っています。

高い断熱性能、自由設計のおしゃれなデザイン住宅という点では、桧家住宅と類似点が多いかもしれません。

地元密着のハウスメーカーですが、施工実績が多いので、様々なタイプの住まいに対応しているのも強みです。

アエラホーム

アエラホームの住まいは、省エネ大賞を受賞したエコな住まいです。

独自の外張りW断熱構法で、快適に1年を過ごすことができる住まいを提案。

ローコストで、自由設計が楽しめる、人気のあるハウスメーカーです。

桧家住宅のおすすめプラン・ラインナップを紹介

1:スマート・ワン

スマート・ワンは予算にあった住まいづくりができる、桧家住宅の規格型住宅です。

プランと金額が決まっているのですが、多彩なスタイルがそろっていて規格型住宅とは思えない自由なスタイルが魅力的。

打合せの回数が少なく、予算も抑えた住まいづくり、今までの住まいづくりのノウハウを凝縮したプランは、満足度が高いプランとなっています。

2:スマート・ワン カスタム

スマート・ワン カスタムは、大きさを最初に決めて、間取り自由でプランを決める、規格型住宅より自由度が高い注文住宅です。

オリジナリティがあふれるプランが可能で、ライフスタイルや家族構成に合わせて、住まいのプランを決めていきます。

オリジナルアイテムを組み込んで、唯一無二の住まいを作りましょう。

3:smart2

桧家住宅と建築家が考えた新しい価値の住まいです。

ライフスタイルに合った、お客様に最適な間取りをプランニング。

屋根、外壁、インテリアを自由に組み合わせて、自分たちだけの住まいを考えます。

平屋プラン:スローライフ

様々な構造、価格で選ぶことができる桧家住宅の平屋プラン。

例えば、テラスガーデン、アウトドア空間を楽しむことができる、庭園を提案する平屋建てのプランは、開放的なガーデンで食事ができるのが人気。

開放的な場所ですがテラス囲いをすることで、外からは見えなくプライバシーに配慮しています。

住居としてはもちろん、別荘や第二の移住でのスタイルとしても平屋プランは人気があります。

桧家住宅の保証・アフターサービスが充実!

住まいは、建てる時も大切ですが、住んでから長く生活をする場所。

安心して長く住むためにも、保証やアフターサービスが大切になります。

桧家住宅の保証とアフターサービスについて詳しく紹介します。

無料点検

引き渡し後6か月、2年、5年、10年、以降は5年ごとに、最長で30年まで無料定期点検を実施しています。

屋外、屋内、建具、設備などを徹底的に点検。

また、簡単なお手入れの方法、自分でできるメンテナンス方法のアドバイスも行っています。

自社保証30年

基礎、構造躯体、雨漏り等に対して、定期点検、有償メンテナンスを行った場合、引渡より最長で30年の保証を行っています。

設備保証10年

メーカー保証期間を含み10年間の設備保証を行っています。

保証期間に起きた故障に対しては無償で修理。

保証期間内ならなんででも修理を受けることが可能です。

住宅履歴書システム

住宅の新築時の情報、アフターサービス、リフォームなどの履歴情報をまとめた「住宅履歴書システム」を管理。

Web上で簡単に確認することができます。

住まいのコンシェルジュデスク

24時間365日対応のアフターサービス受付窓口を用意。

何かあった時にいつでも対応のアドバイスを受けることができるので安心です。

桧家住宅は建て替え・リフォームも行っている?

桧家住宅は子会社12社、関連会社3社によって構成されるヒノキヤグループの一つ。

様々な事業を行っているグループで、その中にはリフォーム事業も展開しています。

桧家リフォーミングでは、外壁などの見た目から、断熱耐震、などの性能、宅配ボックス設置、収納を増やすなど、様々なリフォームを行っています。

リフォームについて知りたい方は、桧家リフォーミングの公式サイトから相談してください。

桧家住宅は期間限定のキャンペーンを実施中!

Z空調体感2DAYS

2/6と2/7の2日間、完全予約制で、Z空調と、アクアフォームを体感できる見学会を行っています。

快適なZ空調をぜひ体感してください。

見学会に参加された方にAmazonギフト券を1,000円分プレゼントします。

まとめ

全国に展開している桧家住宅の住まいについて、どんな暮らし方をする住まいづくりなのか、こだわりや強みについてなど詳しく紹介しました。

規格型住宅、間取り自由の注文住宅、建築家と造る住まい、平屋スタイルなど、様々なスタイルの住まいづくりを行っている桧家住宅。

住まいの理想を叶えるための、様々なアイデア、確かな性能、安心の保証など、桧家住宅の住まいづくりが見えてきたのではないでしょうか。

リアルな住まいづくりを体感できる、各展示場にもぜひ足を運んでみてください。

今月の人気記事
ハウスメーカーランキング2021〜住宅メーカーの坪単価や評判と宅建士が教える選び方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です