富士住建の最新の評判・口コミを編集部が徹底調査!坪単価や価格は?間取りや耐震性はどう?

「完全フル装備の家」で知られる富士住建は、首都圏に24店舗のショールームを持ち、充実した高機能住宅を手がけるハウスメーカー。

省エネ・高品質な設備・防犯システム・生活必需品が標準仕様で揃う点が魅力で、自由設計の間取りと合わせて快適な住まいが実現できます。

この記事ではそんな富士住建の住まいについて、特徴や評判などを分かりやすくまとめたものを紹介します。

ぜひマイホームづくりの参考にしてください。

また、本文に入る前にあなたに一つ質問をさせてください。

「ハウスメーカーを選ぶ際に最も大事なことは何だと思いますか?」

もちろん正解は一つではありませんが、私は「しっかりとハウスメーカーの特徴や違いを理解し、比較・検討した上で絞り込むこと」だと考えています。

住宅業界で働いた経験があるような人以外は、ハウスメーカー毎にどういった違いがあるのか理解している人は少ないはずです。

それぞれの会社の坪単価やデザイン性の違い、耐震性や気密性・断熱性、購入後のアフターフォローに間取りの自由度、木造なのか鉄骨造なのかなど違いは多岐に渡ります。

事前にしっかりと情報収集を行わずに、いきなり住宅展示場等に足を運び、フィーリングで依頼するハウスメーカーを決めてしまう。

このような人は、「もっと自分の条件にあったハウスメーカーがあった・・・」と後から気づき、一生後悔するような羽目になります。

マイホームは人生でもっとも大きな買い物です。面倒だからといって事前の下調べや比較・検討を怠ることは絶対にやってはいけません。

ネットでの情報はもちろんのこと、より一次情報に近い信頼性の高い情報に多く触れるようにすることで、ハウスメーカーを選ぶ目が養われていきます。

またハウスメーカーの多くは、無料でカタログや資料請求ができるので、少しでも気になった業者からは積極的に資料を取り寄せるようにしましょう。

(カタログや資料の中には、Webサイトには掲載されていないより具体的で有益な情報が掲載されています。)

最初のころはどのハウスメーカーもそれぞれよく見えるのですが、情報を仕入れていくにつれ、それぞれの違いや自分にとっての良い・悪いが分かるようになるので。

ただし、何社ものハウスメーカーにいちいち資料請求をするのは、面倒ですし手間がかかるもの。

最近ハウスメーカーを選ぶ人の中で主流になっているサービスが、無料カタログ一括請求サービス」です。

 

0からハウスメーカーを絞り込まなくても、予算やローコスト住宅などのテーマ、建築予定のエリアを選ぶだけで、条件にあったハウスメーカーがピックアップされます。

利用料はもちろん無料ですし、資料請求をしたからといって、迷惑でしつこい営業に悩まされる心配もありません。

少しでも気になったハウスメーカーがあればひとまず資料を請求してみることで、最初は考えてもいなかったハウスメーカーの中に、自分の条件とぴったりマッチした出会いがあることも多いです。

大手や地場の工務店などの先入観を取り払い、フラットな目線でいろいろな情報を取り入れてみてください。

しっかりと比較・検討を重ねた上で依頼したハウスメーカーであれば、間違いなく依頼後も納得がいくはずです。

スマホやPCから3分もあれば依頼ができるので、ほんの少しの手間を惜しんで、一生後悔するようなことの無いようにしてくださいね。

 

それではここから、本文に入っていきましょう。

富士住建で実際に購入した人のリアルな評判・口コミ・感想集めました

まず初めに、富士住建の住まいはどんな評価がされているのかを知るために、インターネット上に公開されている口コミを見ていきましょう。

富士住建の良い評判・口コミ・感想

前に住んでいた家は冬になるととても寒く、室内にいても厚着をしていたが、今はリビングの空調一つで暖かく、朝まで室温も下がらないため、高気密・高断熱を実感している。担当営業さんは行動が迅速で、自分達の理想を実現するためにさまざまな提案をしてくれた。

高品質で充実の設備と営業担当さんの人柄の良さが、富士住建の決め手。以前の住まいでは不便だったキッチンが、収納が多く使い心地の良い仕上がりになって大変満足。料理するのが楽しくなった。「完全フル装備の家」は、住み心地抜群で毎日が暮らしやすい。

他社ではオプションになるものがフル装備なのが決め手。建築現場の見学をしたときも、とてもきれいできちんとしていたし、真冬なのに家の中もとても暖かかった。自分達の無理なお願いも聞き入れてくれて、楽しい家づくりを進めている。まだ竣工していないが、富士住建にして良かった。

契約を急かされることもなく、営業担当者と間取り変更を何度も行い、理想の家が完成した。他のメーカーではオプションの設備も最高グレードで施工されていて、遊びに来た人は標準装備と言うと驚く。完全注文住宅だが、間取りによって柱が必要などの提案がある。風向きなども考慮し、ドアの向きにもアドバイスをくれたおかげで、住み心地が良い。

初めは建売も検討していたが、ウェブのバナー広告で見た富士住建の「完全フル装備」がとても気になり、ショールームに行った。内容が充実していて驚いた。家づくりは分からないことばかりだったが、営業担当さんが話をしっかり聞いてくれて、提案もしてくれた。そのおかげで本当に満足できる家ができた。

富士住建の悪い評判・口コミ・感想

まもなく引き渡しになる。現場監督は良かったが、営業担当者は最悪だった。時間や約束を守らず、契約した後はこちらが連絡を入れないと音沙汰なし。上棟から全く連絡がなく、連絡がきたと思ったらお金の話をされた。改善を求めたが、もうあきらめている。

対応の悪さ、発注ミスなど、いろいろ問題があったが、引き渡しが完了。引き渡し前は担当者が不在時にこちらが連絡をすると、折り返しの電話があったが、引き渡し後は一向に連絡はない。

富士住建に依頼するメリットとデメリットを徹底調査

富士住建で住まいを建てた場合、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

順に見ていきましょう。

富士住建に依頼するメリット

いろいろなメリットがありますが、その中から2つ紹介します。

確かな品質と性能のマイホームが建てられる

富士住建は構造体や基礎などの目に見えない部分にもさまざまな工夫をこらし、ハイグレードな住宅づくりを手がけています。

そのクオリティは国土交通大臣が定める「日本住宅性能表示基準」の8項目で最高等級にも対応できるレベル。

何十年住んでも安心して暮らせる高品質・高性能の住宅です。

外出が多くても安心できる

住み良い家の条件は、室内の快適性だけではなく、防犯性能も求められます。

富士住建の住まいには、防犯ペアガラスをはじめ、電気錠とディンプルキーの玄関ドア、モニターフォン、電動シャッター、小窓用面格子、センサー付照明など、さまざまな防犯設備を導入。

よく読まれてるおすすめ記事
ハウスメーカーランキング2021〜住宅メーカーの坪単価や評判と宅建士が教える選び方

家族や財産をしっかりガードしてくれるので、外出が多い家庭や共働きの家庭でも安心して暮らすことができます。

富士住建に依頼するデメリット

メリットがあれば当然デメリットもあります。

人によってデメリットとしてのとらえ方は異なりますが、少し不便と思える点をあげました。

モデルハウスがない

富士住建はモデルハウスを持たないことでコストを削減し、その分リーズナブルに高性能住宅を提供しています。

モデルハウスは実際の雰囲気や質感などが体感できるため、マイホーム建築を検討している多くの人が利用する設備です。

そのモデルハウスがないと、理想のマイホームのイメージがしづらくなる場合もあるため、デメリットと言えるでしょう。

とはいえ、富士住建では設備や仕様が見られるショールームが充実していますので、そちらを利用しましょう。

富士住建を検討中の方へおすすめしたい特徴・こだわり

良い口コミも多い富士住建ですが、一体どんな住まいを建てているのでしょうか。

デザインや性能、工法、価格など、特徴を項目ごとに見ていきましょう。

デザイン性・外観

自由設計が魅力の富士住建は、外観のデザインも自分の好みに合わせて組み合わせることができます。

外壁材や屋根材など、種類やカラーも豊富で、組み合わせ方によってさまざまなスタイルの家が実現可能。

屋根材は、雰囲気ある色味の陶器瓦、美しい光沢のコロニアルグラッサ、高耐久性のガルバリウム鋼板から選択でき、耐久性も抜群。

外壁は雨水で汚れが落ちる「ナノ親水マイクロガード」など、見た目の美しさだけではなく、メンテナンスフリーが考慮されています。

工法

耐震ベタ基礎工法

耐震性の高さからも採用されることが多くなったベタ基礎を採用。

適切な間隔で配置された鉄筋を含めたコンクリートが全面に敷き詰められるため、地震に強いだけでなく、不同沈下なども防ぎます。

また負荷が集中してかかりやすいコーナー部分には、コーナーハンチを取り付けて補強。

予測できない地震が起きても、家と家族を守ります。

檜4寸工法(木造軸組工法)

苗木から徹底管理のもとで育てた、樹齢60年の「紀州檜」を木材として採用。

檜の断面は、定められている3.5寸よりも1.3倍の断面である4寸角を使い、部材の接合部分には耐震ジョイント金物を施すことで、さらに強度の高い構造体となっています。

J-WOOD工法(木造軸組工法)

経年変化による収縮や割れ・狂いなどが少ない構造用積層材「LVL」を採用。

1階部分の柱には、防腐・防蟻処理剤を施し、シロアリ対策も万全です。

木材の内部にまで薬剤を浸透させる「加圧式処理法」を用いているため、木材の表面に薬剤を塗る「表面処理法」と比べて3~5倍もの高耐久性能が期待できます。

Fパネル工法(2×4工法)

耐震性が高いことでも知られる2×4工法は、組み上げた構造躯体にパネルを張り付け、面全体で地震などのエネルギーを受けて分散させます。

富士住建では、さらに工夫を加え、2×4でもさらに強度のある2×6以上の性能を誇る「Fパネル工法」を採用。

2階の床根太には割れや収縮がしにくいI型複合梁TJⅠを用い、1階の外周の壁パネルには、Wスタッドとハイベストウッドを採用。

通常の2×4工法の約2倍の耐久性・耐震性を実現させました。

耐震性

まず家の土台となる基礎には、鉄筋コンクリートの強固なベタ基礎を施工。

家の骨組みとなる構造体には、一般的な木造軸組に構造用合板を合わせ、キューブ状に仕上げます。

地震など外部からの負荷が軸の一本一本に伝わる代わりに、面で地震エネルギーを受けて分散されるため、頑丈で耐震性能も高いことが特徴です。

さらに構造・耐力チェックシステムを取り入れ、間取りに合わせた耐力壁の量を計算し、全体のバランスや柱の引き抜き強度などを図面でしっかり確認。

震度7レベルの大地震を再現したテストでも、倒壊もなく、建物への損傷もないことが実証されています。

繰り返し起こる大きな地震にも強いことが証明された住まいで、万が一の震災でも安心です。

断熱性

富士住建の住まいの断熱性能は業界でもトップクラス。

シックハウスの原因となる有害物質を含まない、安心・安全な高性能グラスウールを断熱材に採用しています。

外気温の影響を受けやすい開口部であるドアには、厚みが70㎜の断熱パネルドア、窓には特殊樹脂サッシやLow-E複層ガラスを採用して、高い断熱効果を保持しています。

気密性

断熱性能に優れた富士住建の住まいは、気密性も抜群。

断熱材に使われているグラスウールを隙間なく施工することで、外気が入り込む隙間を作らず、高い気密性も保つことができます。

またツーバイフォー工法を選ぶことでさらに高い気密性を実現することができ、断熱性・気密性の両方がそろうことで、空調にたよらなくてもいつでも室内は快適です。

防火・耐火性

木造住宅は火災に弱いと思われがちですが、木材は内部まで火が通りにくく、鉄よりも安全です。

富士住建では良質な木材を構造体に用い、屋根材や外壁には不燃材料を採用しています。

断熱材「グラスウール」は長時間高温にさらされても変化することなく、有害ガス発生の心配もありません。

さらに壁内の石膏ボードは、表面が高温になると水蒸気を一定時間出し、火の延焼を抑える効果を発揮。

さまざまな工夫で耐火性にも優れた住まいです。

間取り

富士住建の住まいは、家事や子育てが楽な間取りや趣味のスペースなど、理想通りの間取りが叶えられる完全自由設計。

ペットとの生活を楽しみたい人にはキャットウォークのある吹き抜け、子供のいるファミリーにはリビング脇に設置した勉強スペースなど、ライフスタイルに合わせて、さまざまなアイディアを提案します。

富士住建で新築を建てたらいくらくらいになる?価格は?

マイホーム作りを検討するにあたり、やはり一番気になるのが価格。

富士住建の住まいを建てた場合、いくらぐらい必要になるのでしょうか。

富士住建の坪単価は?

完全自由設計の場合、坪単価などの価格は特に決まっていない場合が多く、富士住建も例外ではありません。

これは間取りや仕様などによって坪単価が一棟一棟変わってくるためで、家によっては高くも安くもなります。

公式サイト上に価格に関する記載はありませんでしたが、口コミや住宅関連サイトなどを調べたところ、坪単価40~60万円が一般的なようです。

大手ハウスメーカーと比べると比較的リーズナブルで、良心的な価格と言えます。

富士住建で値引きするならいくら?

結論から言いますと、富士住建では値引きを一切行っていません。

それは限界まで安い価格に抑え、例外なく公平に適正価格で家を提供しているからです。

メーカーによっては、ノルマの関係で割引キャンペーンを設けて購買を促したり、人によって値引きをしたり、値引き額が違ったりといったことがあります。

その点富士住建では、値引き交渉にかける時間やストレスもなく、価格も明瞭です。

値引きがないのは少し残念な気がしますが、実は紹介制度で値引きを受けることができます。

ショールームの初回来店時にアンケート用紙の紹介欄を記入すると、3万円が割り引かれるので、ぜひご利用ください。

富士住建と同価格帯のハウスメーカーはどこ?

アキュラホーム

国土交通省で定められた基準を超える高性能で、環境にも配慮された省エネ住宅を手がけるハウスメーカー。

資材の品質の良さはもちろん、職人の技術向上にも力を入れ、よりよい住まいづくりを進めています。

デザイン力の高さも魅力で、グッドデザイン賞の7年連続受賞をはじめ、さまざまな賞も獲得。

家族全員の夢がかなうマイホームが手に入ります。

クレバリーホーム

木造住宅建築を得意とする、全国展開を進めるハウスメーカー。

こだわりの木材や独自のハイブリッド工法を用いた、地震や台風にも負けない頑丈な住まいを、コスト削減を図ることによってリーズナブルに提供。

保証制度も充実しているため、安心して暮らせます。

富士住建のおすすめプラン・ラインナップを紹介

富士住建の一番の魅力である「完全フル装備の家」には、いくつか種類があります。

どれも違った特長があり、高性能で高品質。ここでは3つご紹介しましょう。

1:完全フル装備の家 スタンダード

高性能設備・防犯システム・省エネ仕様・生活必需品が揃った「フル装備」住宅。

自由設計なうえに長期優良住宅にも対応しています。

デザインキッチンやLED照明、テレビ付きシステムバス、カーテンなど、他メーカーではオプションとなる設備が標準仕様になっているため、引き渡し後はすぐに快適な生活をスタートすることが出来ます。

2:完全フル装備の家 ひのきの家

フル装備の仕様はそのままに、樹齢60年の高品質な檜をふんだんに使った木造住宅。

耐久性・耐震性にも優れているので丈夫なのはもちろん、木のぬくもりや香りに癒される空間が広がっています。

和風住宅「檜日和」とモダンスタイル「紀州の風」の2種類が選択可能です。

3:完全フル装備の家 ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)

省エネと創エネ設備が整った家。

小エネガス給湯機・LED照明・省エネ型24時間換気・太陽高発電システム・高効率エアコンなどの高品質設備が完備され、光熱費も削減できます。

太陽光パネルの増設とホームエネルギーマネジメントシステム(HEMS)を追加することでZEH仕様も実現。

平屋プラン:完全フル装備の家 HIRARI

富士住建は平屋住宅も「完全フル装備」。

ワンフロア―で空間をつなげながらも、それぞれのスペースを大切にした間取りは、住みやすく快適で、限られた空間を最大限に活用した開放的なプランに仕上がっています。

片流れ屋根やウッドデッキなどはもちろん、好みのままにデザインできる自由設計も魅力です。

富士住建の保証・アフターサービスが充実!

太陽光発電の保証

太陽電池モジュールは引き渡しから25年間、パワーコンディショナー・接続箱・システム部材は15年間の保証付き。

万が一故障した場合でも無償で修理してもらえます。

10年の初期保証

完成から10年の間、メンテナンスのサポートや住まいについての相談に対応。

10年以降に、提携保険会社による保証の延長も可能です。

2年間の無料定期点検

引き渡し後、1ヶ月・6ヶ月・1年・2年のタイミングで、無料定期点検を実施。

不具合などがあれば迅速に対応します。

富士住建は建て替え・リフォームも行っている?

豊富な実績のある富士住建では、建て替え・リフォームにも対応しています。

まずは要望をヒアリングし、どんなリフォームが最適かを提案。

子供の成長やライフスタイルの変化にあわせた間取り変更や、バス・キッチンなどの設備のアップグレード、外壁・屋根の塗装など、さまざまなリフォームが行えます。

ご近所への挨拶訪問も着工前と竣工後に行い、細かな配慮も忘れません。

まとめ

ハイグレード住宅を完全フル装備で提供している富士住建は、首都圏に注文住宅を展開しているハウスメーカーです。

確かな品質と快適な機能性のほか、メンテナンスフリーや省エネにも配慮し、削減したコストをリーズナブルな価格に反映させています。

何十年も安心・快適に暮らせるマイホームづくりを検討中の人は、一度富士住建のショールームに足を運んでみてください。

今月の人気記事
ハウスメーカーランキング2021〜住宅メーカーの坪単価や評判と宅建士が教える選び方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です