大和ハウスで家を建てる!大和ハウスの注文住宅 6つの特徴と坪単価

住宅業界で知名度の高い大和ハウスは業界トップクラスのハウスメーカー。

大和ハウスは歴史も古く、日本で初めてプレハブ住宅を建築したパイオニア。

また、大和ハウスですぐに思い浮かぶのは、独特のCM。

天井が高いでお馴染みの竹野内豊や歌と踊りが印象的な役所広司など、大和ハウスのCM力にも高い評価が。

そこで今回は、大和ハウスの注文住宅の特徴や坪単価、住宅展示場など、知りたい情報満載でご紹介します。

また、本文に入る前にあなたに一つ質問をさせてください。

「ハウスメーカーを選ぶ際に最も大事なことは何だと思いますか?」

もちろん正解は一つではありませんが、私は「しっかりとハウスメーカーの特徴や違いを理解し、比較・検討した上で絞り込むこと」だと考えています。

住宅業界で働いた経験があるような人以外は、ハウスメーカー毎にどういった違いがあるのか理解している人は少ないはずです。

それぞれの会社の坪単価やデザイン性の違い、耐震性や気密性・断熱性、購入後のアフターフォローに間取りの自由度、木造なのか鉄骨造なのかなど違いは多岐に渡ります。

事前にしっかりと情報収集を行わずに、いきなり住宅展示場等に足を運び、フィーリングで依頼するハウスメーカーを決めてしまう。

このような人は、「もっと自分の条件にあったハウスメーカーがあった・・・」と後から気づき、一生後悔するような羽目になります。

マイホームは人生でもっとも大きな買い物です。面倒だからといって事前の下調べや比較・検討を怠ることは絶対にやってはいけません。

ネットでの情報はもちろんのこと、より一次情報に近い信頼性の高い情報に多く触れるようにすることで、ハウスメーカーを選ぶ目が養われていきます。

またハウスメーカーの多くは、無料でカタログや資料請求ができるので、少しでも気になった業者からは積極的に資料を取り寄せるようにしましょう。

(カタログや資料の中には、Webサイトには掲載されていないより具体的で有益な情報が掲載されています。)

最初のころはどのハウスメーカーもそれぞれよく見えるのですが、情報を仕入れていくにつれ、それぞれの違いや自分にとっての良い・悪いが分かるようになるので。

ただし、何社ものハウスメーカーにいちいち資料請求をするのは、面倒ですし手間がかかるもの。

最近ハウスメーカーを選ぶ人の中で主流になっているサービスが、無料カタログ一括請求サービス」です。

 

0からハウスメーカーを絞り込まなくても、予算やローコスト住宅などのテーマ、建築予定のエリアを選ぶだけで、条件にあったハウスメーカーがピックアップされます。

利用料はもちろん無料ですし、資料請求をしたからといって、迷惑でしつこい営業に悩まされる心配もありません。

少しでも気になったハウスメーカーがあればひとまず資料を請求してみることで、最初は考えてもいなかったハウスメーカーの中に、自分の条件とぴったりマッチした出会いがあることも多いです。

大手や地場の工務店などの先入観を取り払い、フラットな目線でいろいろな情報を取り入れてみてください。

しっかりと比較・検討を重ねた上で依頼したハウスメーカーであれば、間違いなく依頼後も納得がいくはずです。

スマホやPCから3分もあれば依頼ができるので、ほんの少しの手間を惜しんで、一生後悔するようなことの無いようにしてくださいね。

 

それではここから、本文に入っていきましょう。

大和ハウスの間取りや外観 6つの特徴

それでは大和ハウスの特徴からお届けしましょう。

耐震性・天井高で大空間

大和ハウスで代表的な注文住宅モデルであるxevoΣは、震度7クラスにも耐えうる耐久性・吸収性・持続性に優れた独自の「D-NΣQST」(エネルギー吸収型耐力壁)が標準搭載されています。

大和ハウスの独自新開発によるΣ形デバイスが大きな特徴です。

縦だけでも横だけでも足りない力が出てきてしまう形状を、Σ形にすることで強さとしなやかさがアップ。

また、外壁や柱・梁のなどの構造体における損傷を防ぐことも出来ます。

そして、竹野内豊のCMでもお馴染みの天井が高いことに、D-NΣQSTが深く関わっています。

構造体の強固度によって壁や柱を最小限に抑えることが出来、2m72㎝という天井高や開口幅最大7m10㎝というゆとり空間が実現出来るのです。

耐震技術「DEAQT(ディークト)S」

鉄骨造の基本的な工法として、xevoシリーズ全てに標準仕様されているのがDEAQTSです。

阪神・淡路大震災クラスの衝撃にも耐えられるとされる独自の耐震システムがその役目を果たします。

それは「トリプルコンバインドシステム」と呼ばれ、柱である軸組を両側からパネルフレームで挟むという仕組み。

縦の荷重を柱が受け止め、横揺れの水平荷重は耐力パネルが支えます。

縦横のコンビネーションでしっかりと住まいを、暮らす人々を守ってくれるのです。

外張り断熱通気外壁

こちらも大和ハウスが独自に開発した高密度グラスウールボードを採用。

水がかかっても中まで滲み込まず、バーナーで表面を加熱しても燃え上がらないという、防水・撥水性と防火性を兼ね備えています。

外張り断熱通気外壁のこの断熱材で、建物全体を包み込む形となり、天井から床まで隅々にまで高い断熱性と気密性を実現。

ちなみに窓の断熱にも高性能使用。

熱伝導率が非常に小さい高断熱サッシや高断熱ガラスが採用されています。

地域によって雪国もあれば、温度差の激しい土地もあり、気候はさまざま。

そうした地域に合う断熱仕様が揃えられているのは大和ハウスの細かい心配りの表れです。

空調システム

大和ハウスは家づくりにいくつもの独自性を打ち出していますが、空調設備にもこだわりが。

大和ハウスでは、「フレッシュエアデザイン」と呼ばれる3つの要素からなる空調システムがあります。

1つ目は、「空気浄化ef」という空気清浄装置を採用されていること。

アレルギーの原因とされるハウスダストの除去やフィルターでも取り除けない水蒸気を急速排気します。

2つ目は、24時間換気システム。

家中の空気の流れが滞りないように働きかけ、快適な空気環境を維持。

また、スギ花粉を80%以上の割合でキャッチ出来るフィルターも付いています。

3つ目は、シックハウス対策建材を使用。

シックハウスの原因の元となるホルムアルデヒドへの対策として、建材自体シックハウス問題に対応したものを使っているというもの。

一時期問題になって以来ハウスメーカーどこもが敏感になるところで、大和ハウスもホルムアルデヒドに対応した建材、ホルムアルデヒドを含まない断熱材を標準採用しています。

スマ・エコ

大和ハウスのスマートハウスは、スマ・エコと呼ばれています。

安全・安心、おトクな経済性、快適な利便性と言う三位一体型。

大和ハウス独自のエネルギーシステム(D-HEMS3)と太陽光発電とでエネルギーを見える化することで、家中の設備等を一度に確かめることが出来ます。

それぞれを無駄なく制御することで、先ほどの三位一体が円滑に進むというものです。

他にも大和ハウスでは、ZEHレベルの高断熱仕様によりエネルギー収支ゼロを目指す「スマ・エコ ゼロエナジー」やプラス蓄電池で普段は基より停電しても安心な「スマ・エコ チャージ」があります。

注文住宅の商品の豊富さ

さて、抜群の高品質・高性能を誇る大和ハウスの注文住宅にはどのような商品があるのでしょうか。

その商品名をご紹介しましょう。

大和ハウスでは重量鉄骨3階以上以外は、xevoシリーズで統一されており、木造にはGranWoodという名称がつくのが特徴です。

鉄骨注文住宅 平屋・2階

・xevoΣ(大和ハウスの主力商品)、xevoΣ平屋暮らし、 xevoΣ和暮らし、xevoPREMIUM
・xevoE、xevoK―欅aoba―、xevoBK

鉄骨注文住宅 3階

・xevo03

鉄骨注文住宅 3・4・5階

・skye

よく読まれてるおすすめ記事
ハウスメーカーランキング2021〜住宅メーカーの坪単価や評判と宅建士が教える選び方

木造注文住宅 平屋・2階

・xevoGranWood、xevoGranWood平屋暮らし、xevoGranWoodPlus、PREMIUM

GranWood

木造注文住宅 3階

・xevoGranWood―都市暮らしー

大和ハウスの注文住宅の坪単価や平均相場はいくら?

大和ハウスの坪単価は、規格住宅に比べて注文住宅の方が高めの設定となっています。

大手メーカーにはよくあることですが、いろいろな大和ハウスの坪単価情報から総合的に判断しますと、大和ハウスの坪単価は大体65万円~80万円。

坪単価の低いハウスメーカーが何故そんなに低価格で出来るのかと言うと、大量生産が出来たりコスト削減に力を入れているから。

従って、大和ハウスの場合はそうした大量生産などを行っていない、寧ろ手作業が多くなるからというのが1つの理由です。

大和ハウスの家づくりは、設計、デザイン、品質、技術にこだわり、妥協を許さず丁寧に造り上げて行きます。

これだけの歴史と長く愛され続けているという実績は、納得の上での高坪単価であると言えるのではないでしょうか。

大和ハウスは値引きやキャンペーンはしているの?

大和ハウスは他の大手ハウスメーカーに比べれば、営業マンに相談しやく比較的値引き交渉しやすいとされています。値引き率とすれば5~10%と言ったところです。

大和ハウスのイベント・キャンペーンは全国的に行われています。

例えば、2018年12月時点で、全国一斉開催のキャンペーンは、xevoと太陽割というもの。

太陽光発電システムを導入することで、1KWあたり最大10万円もの割引が。

その条件にはD-HEMS(大和ハウスで販売するホーム・エネルギーマネジメント・システム)を採用することとダイワファミリークラブに入会することが必要です。

太陽割は、5KWH以上の導入で太陽光発電システムの通常額43.2万円/KW(税込)が、32.4万円/KW(税込)になり、10万円/KWおトクに。

また、2~5KW未満の導入では5万円/KW割引されます。

熊本地震復興支援として最大15万円/KWの割引も。

他には支社・支店でのイベント・キャンペーン情報を見て注文住宅のカテゴリーを選ぶと、全国地図で実施されている県が表示されます。

その県を詳しく見ることでイベントやキャンペーン、見学会などの情報を得ることが可能。

2018年12月時点では、2019年3月までに静岡県浜松市のSBSマイホームセンター内展示場で、防音室の体感キャンペーン実施情報が。

大和ハウスでのイベント・キャンペーン情報が知りたい方は、随時こちらをチェックすることをおすすめします。

https://www.daiwahouse.co.jp/eventHP/index.asp

大和ハウスのカタログを資料請求する方法

大和ハウスのカタログは、2階建て、3階建て、大和ハウスの家づくりについて、住まいづくりの参考になるもの、事例集と5つに分類されおり、簡単に選択できます。

何冊までという掲載はありませんので、いくつでも気になるカタログを選べるようです。

その後はお届け先を入力・確認で完了。

大和ハウスのカタログを見るだけでも楽しめます。

気になるカタログの資料請求をどうぞ。

https://www.daiwahouse.co.jp/catalog/regist_ctlg.asp

大和ハウスの注文住宅は完成するまでどのくらい期間がかかる?

大和ハウスでは、契約・プランに2ヶ月、そこから工期に3か月と契約から引き渡しまで5ヶ月くらいが目安となります。

大体4~6ヶ月が平均と言われるハウスメーカーの中で、大和ハウスは平均的と言えるでしょう。

先ほども触れましたが、大量生産などがなく、丁寧に建築される訳ですから、どうしてもこのくらいかかるのは仕方がありません。

大和ハウスの注文住宅の実例はどこでみる?

大和ハウスの公式サイトには、注文住宅の建築実例・建築事例が紹介されています。

条件に合わせて簡単に検索出来るようになっているのです。

その条件とは次の通りになります。

テーマ別:暮らし提案(子育て・ペット・二世帯・家事動線・収納・明るいリビングなど)

趣味とこだわり(音楽・映画、ガーデニング、車・バイク、狭い敷地など)

構造別:鉄骨、木造
階数別:平屋、2階建て、3・4・5階建て
延床面積別:~30坪、30~40坪、40~50坪、50坪~

ちなみに、おすすめや最新建築事例も一目でよく分かる写真一覧もあります。

大和ハウスのような大手のハウスメーカーの場合は、このように家族の条件に合った実例や事例を簡単に見ることが出来るので便利。

また、写真から選べるフォトギャラリーもあり、こちらではテイスト別と空間別とに分かれています。

テイストにはナチュラル・スタイリッシュ・南欧・エレガント・和テイスト・モダンがあり、空間には外観・玄関・リビング・収納・キッチン・トイレ・吹き抜け・趣味・子ども部屋など盛りだくさん。

気になるジャンルが決まって、例えば外観が気になるとして外観を押せば100枚以上の外観の写真、キッチンは70枚以上、子ども部屋は30枚以上など、それぞれ何かしらのヒントになるような写真数で掲載されています。

家の外観や各部屋の様子などは他の人はどのようにしているのかと気になるもの。

きっとお役に立つことでしょう。

大和ハウスの良い口コミと悪い評判

さて、お客様第一に家づくりを提供している大和ハウスの評価はどのようになっているのでしょうか。

ここでは大和ハウスの良い口コミと悪い評判をいくつかご紹介します。

良い口コミ

・営業・設計・インテリアなどの担当スタッフは、自分たちの意見に耳を傾け何度も練り直し求めていた家に仕上げてもらった

・営業の人がとても良い人で打ち合わせも全く苦も無く相性は大事だと思った

・アフターメンテナンスがしっかりしていて、おかしなところは後日レポートの知らせが、また簡単な修理は無料でしてもらえる

・天井高のある家に憧れて展示所へ行き、室内の広さや開放感が体験でき即断

・阪神淡路大震災を経験して高い品質と耐震性を求めていたところ、大和ハウスの実績や構造の仕組みに安心感を持ち契約に至った

悪い評判

・家の造りに問題はないが、打ち合わせが中々噛み合わず設計ミスからくるトラブルに対しての対処の仕方が全く出来ていない

・アフターサービスの対応が悪い

・いろいろな設備の不具合があり、高いお金を払って大手に頼んだ意味がなかった

・担当者が夜遅くに訪ねてきて押しつけのように家を売りつけて来たので唖然とした

総合的に判断をしますと、大和ハウスの注文住宅の商品については良い口コミの方が多かった印象でした。

ハウスメーカーでの評価ではあるあるなのですが、営業マンの悪い評判が目立ったのは事実。

営業マンの押しの強さによって大和ハウスに決めたという口コミも見られました。

どうしてもいろいろな営業マンはいるもので、そこを統一させるのが大手企業の役目とは言え、末端までの浸透が行き渡っていないところも多少はあるのかも知れません。

とことん担当となった方と話をして、それでも納得いかない場合は担当者を変えてもらうしかないでしょう。

せっかくの夢の家づくりに水を差すような思いはしたくないものです。

また、ハウスメーカーの口コミサイトでの傾向として、悪い口コミをする人の数が多いということ。

どのメーカーにもありがちで、大和ハウスにも驚くような悪評の書き込みが。

例えばですが、同じ人が何度も書いていたり、とても細かい部分の指摘(営業マンの1つの言葉を取り上げるなど)があったりとキリがありません。

なので良い口コミが嘘のような錯覚に陥りますが、そこは冷静に見て行きましょう。

大和ハウスの住宅展示場やショールームはどこにある?

大手のハウスメーカーである大和ハウスですが、鳥取県と島根県と沖縄県には注文住宅展示場はありませんでした。

それでは大和ハウスの注文住宅展示場の場所を全て一覧にしてご紹介しましょう。

是非ご参考になさってお近くの展示場に足を運ばれて下さい。

但し、展示場の明記は省略し、地名や名称のみとなっています。

北海道エリア

北海道:豊平、宮の沢

東北エリア

青森県:ダイワハウス青森 岩手県:みらいえxevoCLEVA(盛岡市)

秋田県:AKTハウジングセンター(秋田市)、さきがけハウジングパーク秋田東

宮城県:エコノハ(仙台市宮城野区)、長町モールサイド、泉ハウジングパーク紫山

KHB石巻木造、なとりりんくう(名取)、利府

福島県:福島TUF、朝日、福島テレビハウジングプラザいわき南(スマートハウス展示場)、FTVいわき

山形県:やましんハウジングプラザ平清水

北陸・信越エリア

新潟県:新潟東、新潟西

富山県:富山、高岡

石川県:県庁東(金沢市)、金沢ハウジングセンター野々市ダイワハウスxevoΣ

福井県:福井ハウジングパーク、家の森(福井市成願寺)

長野県:SBC長野南ハウジングパーク、松本南、SBC上田ハウジングパーク、諏訪、SBC佐久平ハウジングパーク

関東エリア

茨城県:水戸、日立、土浦、古河、牛久、つくばANNEX、つくば、ひたちなか、守谷、築西、鹿島

栃木県:西(宇都宮市)、ベルモール(宇都宮市)、佐野、小山、栃木二宮工場(xevoΣモデルハウス・完全予約制)、インターパーク(河内郡)

群馬県:前橋みなみ、高崎駅東、TBS伊勢崎、TBSハウジング太田、舘林

千葉県:青葉の森、ジーヴォΣ幕張、skye~スカイエ~幕張、市川住宅公園、船橋、木更津、ハウジングプラザ松戸、茂原、成田、柏の葉、かしわ沼南住宅公園、市原、我孫子、千葉ニュータウン(印西市)

神奈川県:平沼xevoΣ、戸塚、港北インター住宅公園、ハウスクエア横浜、新川崎、相模原住宅公園、相模原古淵、横須賀xevo、平塚、xevoCLEVA藤沢、西湘小田原、ダイワハウス秦野、厚木xevoCLEVA

栃木県:西(宇都宮市細谷)、ベルモール(宇都宮市陽東)、佐野、小山、栃木二宮工場(完全予約制)、インターパーク(河内郡)

埼玉県:大宮北、さいたま新都心コクーンシティ、さいたまハウジングパーク、プラザ浦和、熊谷、わらび、所沢、春日部、上尾、新越谷、新座、久喜、鶴ヶ島

東京都:新宿、本所吾妻橋、錦糸町、スマートハウジング豊洲まちなみ公園、馬込、駒沢、オークラランド(世田谷区)、瀬田、渋谷、浜田山、赤羽、王子、高島平、石神井、練馬、西新井(足立区)、葛西、八王子xevoCLEVA、立川skye、xevoGranWood、三鷹xevoΣ、町田森野、小平xevoΣ

山梨県:昭和住宅公園(中巨摩郡)

中部エリア

岐阜県:県庁前(岐阜市)、岐阜駅西、大垣xevo、多治見xevo、各務原xevo、可児xevo

愛知県:黒川東xevoΣPREMIUM、各駅北、神宮東、港xevo、鳴海、豊橋南xevoΣ、豊橋南xevoE、岡崎xevoΣ、岡崎美合xevoΣ、岡崎竜美南xevoΣ、一宮xevoΣ、一宮xevoE、半田xevo、春日井xevo03、春日井xevoΣ、豊橋xevoE、xevoE(豊田市)、xevoCLEVA(豊田市)、西尾xevoΣ、大府xevoΣGrande、大附Σ、刈谷・知立xevoΣ、日進xevoGranWood、日進xevo、長久手D001、長久手xevoΣ、蟹江xevoΣ

静岡県:葵Σ、静岡Σ、清水Σ、浜松、浜北xevoΣ、三島第1・第2、富士、袋井

三重県:津、四日市、桑名、鈴鹿、名張、明和

近畿エリア

滋賀県:びわ湖大津プリンスホテル住宅博、彦根、近江八幡xevo、草津シグマ

兵庫県:西神中央Σプレミアム、西神中央、神戸新聞ハウジングセンターリバーシティー(姫路市)、神戸新聞ハウジングセンター姫路東、明石海岸通り、西宮、伊丹xevoΣ、伊丹GranWood、神戸新聞ハウジングセンター加古川

京都府:五条、桃山、福知山、久御山

大阪府:なんば、花博xevo長期優良モデル、花博xevo GranWood、花博xevoΣ、中百舌鳥、堺 美原、ジーヴォΣグランデ(吹田市)、千里第Ⅱ、千里xevoΣPREMIUM、千里xevo GranWood、高槻、泉佐野、和泉中央

和歌山県:小雑貨、和歌山インター、橋本、KYVわかやま岩出

中国エリア

岡山県:問屋町テラス、RSK倉敷、RSK岡山(岡山市北区)、OHKハウジング(岡山市中区)、山陽新聞岡山住宅(岡山市南区)、ハウジングモール倉敷

広島県:吉島、牛田住宅情報スクエア[アスタ]、第18回こころ住宅(広島市佐伯区)、xevoΣ呉、ふれあいホームタウン尾道xevo03、福山(xevo-E)、東広島xevoΣテクノラボ、東広島

山口県:下関、宇部、読売新聞社ハウジングメッセ周南(下松市)、徳山KRY

九州エリア

福岡県:RKB小倉北、RKB小倉南、ひびきの、香椎浜、KBCふくおか中央、hit久留米、KBC(久留米市)、大野城木造、大野城

佐賀県:パティオ(佐賀市)

長崎県:KTNハウジングギャラリーin喜々津

熊本県:熊日・RKK、TKU住宅 住まいランド(熊本市北区)

大分県:ALPわさだハウジングタウン、hit明野住宅

宮崎県:UMK

鹿児島県:エコスクエアxevoΣ、KTS(鹿児島市)

大和ハウスは建売住宅の販売も行っている?

大和ハウスではもちろん、建売・分譲住宅も全国で多数取り扱っています。

また、建売・分譲住宅の情報が欲しい方には、大和ハウスの分譲住宅友の会「セキュレアクラブ」というのがありますので、こちらに入会されてはいかがでしょうか。

特典の中には会員対象のキャンペーンや分譲地来場プレゼントもあるようです。

大和ハウスで注文住宅を建てた人のブログ

それでは、大和ハウスで注文住宅を建てた方や建築中の方のブログを見てまいりましょう。

実際に大和ハウスで注文住宅を建てたという方の生の声は、真実を知る上で手っ取り早い方法です。

ここでは2ブログご紹介します。

2019年完成予定、ダイワハウスxevoΣの平屋ブログ

大和ハウスの注文住宅を只今建築中というブログを発見しましたのでこちらをご紹介。

2018年11月中旬から毎日記事が更新されています。

土地選びでの詳細や打ち合わせ、積水ハウスの名前まで出てきての大和ハウスに決まるまでの詳細。

基礎工事の進め方も分かりやすく書かれていますし、所々に写真が掲載されていますから、大和ハウスを検討されている方にとって参考になる点が多いはず。

https://ameblo.jp/kasumi-i-imusak/day-20181226.html

そうだ!ジーヴォリアンになろう

こちらは大和ハウスでxevoΣの二世帯住宅を建てた方のブログです。

大和ハウスブログ村のランキングで1位になっていました。

写真満載で、例えば基礎工事という項目で大和ハウスの基礎の勉強になるような記事内容があったり、他にはお役立ち情報、設備、web内覧会など気になる情報を入手できるブログとなっています。

なるほどランキングで1位になるのも納得の大和ハウスブログ日記ですので、是非ご覧下さい。

https://ameblo.jp/mimichin-com/

大和ハウスのアフターサービスや保証内容について

大和ハウスの強味はアフターサービスや保証内容にも見られます。

大和ハウスでの保証・プログラムは「AQサポート」と呼ばれ、他社にはない充実の最長50年の長期保証です。

その内容は、「構造耐力上主要な部分」では何と20年の無料保証。

他に、「防水の侵入を防止する部分」が15年保証、「防蟻」が初期10年保証です。

大和ハウスの保証は、有料の定期メンテナンスの実施によって10年ごとの延長が可能。

60年以降でも診断・保証されます。

また、点検や診断はと言うと1ケ月・6ケ月・1年・2年・5年・10年と10年以降は5年ごとの定期点検を実施。

そして、大和ハウスではお客様センターが設けられており、全国一律のフリーダイヤルで、1年365日24時間体制で受け付けています。

まとめ

高性能・高品質である大和ハウスの注文住宅は、アフターサービスや保証も行き届き充実しています。

トップクラスの大和ハウスは、日本のハウスメーカーを牽引していると言って過言ではありません。

大和ハウスの高い知名度は、面白く印象に残るCMも一役を担っています。

2018年は天井の高い家に力を入れていた大和ハウス。

大和ハウスは、これからもお客様第一に快適な家づくりを提供してくれることでしょう。

そんな大和ハウスで注文住宅を検討してみてはいかがでしょうか。

今回の情報が少しでもお役に立てれば幸いです。

今月の人気記事
ハウスメーカーランキング2021〜住宅メーカーの坪単価や評判と宅建士が教える選び方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です