バウハウスで家を建てる!バウハウスの注文住宅7つの特徴と坪単価や口コミ・評判

バウハウスは、家族で仲良く暮らす住まいを提案しているハウスメーカー。

2016年には「愛犬と仲良く暮らす住まい」が地域で最優秀賞を受賞しました。

大きな特徴は、無垢材などの自然素材をふんだんに使用した家づくりで、お客様の理想をかなえる間取り、デザインを実現。

外側のかっこよさだけではなく、家族が仲良くすむことができる住まい、100年先でも愛着を持って暮らすことができる住まい作りを行っています。

「人生を楽しむ家」を提案しているバウハウス。

ホームガーデンや、ガレージハウス、吹き抜け、薪ストーブがある家、ウッドデッキがある家など、家族のスタイルに合わせた住まい作り。

ここでは、バウハウスの住まい作りの特徴、商品、坪単価、口コミなど詳しく紹介しますので、参考にしてください。

また、本文に入る前にあなたに一つ質問をさせてください。

「ハウスメーカーを選ぶ際に最も大事なことは何だと思いますか?」

もちろん正解は一つではありませんが、私は「しっかりとハウスメーカーの特徴や違いを理解し、比較・検討した上で絞り込むこと」だと考えています。

住宅業界で働いた経験があるような人以外は、ハウスメーカー毎にどういった違いがあるのか理解している人は少ないはずです。

それぞれの会社の坪単価やデザイン性の違い、耐震性や気密性・断熱性、購入後のアフターフォローに間取りの自由度、木造なのか鉄骨造なのかなど違いは多岐に渡ります。

事前にしっかりと情報収集を行わずに、いきなり住宅展示場等に足を運び、フィーリングで依頼するハウスメーカーを決めてしまう。

このような人は、「もっと自分の条件にあったハウスメーカーがあった・・・」と後から気づき、一生後悔するような羽目になります。

マイホームは人生でもっとも大きな買い物です。面倒だからといって事前の下調べや比較・検討を怠ることは絶対にやってはいけません。

ネットでの情報はもちろんのこと、より一次情報に近い信頼性の高い情報に多く触れるようにすることで、ハウスメーカーを選ぶ目が養われていきます。

またハウスメーカーの多くは、無料でカタログや資料請求ができるので、少しでも気になった業者からは積極的に資料を取り寄せるようにしましょう。

(カタログや資料の中には、Webサイトには掲載されていないより具体的で有益な情報が掲載されています。)

最初のころはどのハウスメーカーもそれぞれよく見えるのですが、情報を仕入れていくにつれ、それぞれの違いや自分にとっての良い・悪いが分かるようになるので。

ただし、何社ものハウスメーカーにいちいち資料請求をするのは、面倒ですし手間がかかるもの。

最近ハウスメーカーを選ぶ人の中で主流になっているサービスが、無料カタログ一括請求サービス」です。

 

0からハウスメーカーを絞り込まなくても、予算やローコスト住宅などのテーマ、建築予定のエリアを選ぶだけで、条件にあったハウスメーカーがピックアップされます。

利用料はもちろん無料ですし、資料請求をしたからといって、迷惑でしつこい営業に悩まされる心配もありません。

少しでも気になったハウスメーカーがあればひとまず資料を請求してみることで、最初は考えてもいなかったハウスメーカーの中に、自分の条件とぴったりマッチした出会いがあることも多いです。

大手や地場の工務店などの先入観を取り払い、フラットな目線でいろいろな情報を取り入れてみてください。

しっかりと比較・検討を重ねた上で依頼したハウスメーカーであれば、間違いなく依頼後も納得がいくはずです。

スマホやPCから3分もあれば依頼ができるので、ほんの少しの手間を惜しんで、一生後悔するようなことの無いようにしてくださいね。

 

それではここから、本文に入っていきましょう。

バウハウスの間取りや外観7つの特徴

バウハウスの性能、外観や住まい作りの特長について紹介します。

高断熱・高気密な住まい

住まいを快適に過ごすために大切なのが、断熱性と気密性。

断熱性能は、各ハウスメーカーそれぞれ研究していますが、バウハウスでは、外断熱工法を採用しています。

柱と間柱の隙間に断熱材を入れる内断熱工法とは違い、建物全体を断熱材ですっぽり覆ってしまう工法で、構造体の外側に断熱材を入れます。

外断熱のメリットは、防湿性が高く外の影響を受けにくいこと、熱損失が少なくてポットのように一度温まったら、続くことです。

また、住まい全体を断熱するので、部屋間の温度差がなくなりヒートショックも予防できます。

結露も生じないので、木造がいたむことなく耐久性もアップ。

省エネ基準を上回る断熱性の高い、高性能エコ住宅を可能にし、光熱費も抑えられています。

耐震性能・耐久性能

バウハウスの住まいは、建築基準法で定められている耐震等級2を確保しています。

大きな地震のときでも倒壊の心配がない安心の住まいです。

また、耐久性能に関しても「劣化対策等級3」を確保。

長期有料住宅適合仕様なので、長くすむことができる安心の住まい。

ローンなど優遇され、減税措置の対象ともなる住まいです。

設計・デザインへのこだわり

バウハウスの作る家には、しっかりとした設計、デザインのこだわりがあります。

吹き抜けや大空間の可変プランが特徴的で、こだわりを感じます。

自然素材をふんだんにつかった住まいは、玄関から小屋裏までつながっている大空間を実現。

大空間の住まいを可能にしているのが、高断熱、高気密な施工。

家全体を暖める外壁断熱だからできる開放感です。

エアコンに頼らず快適な温度と湿度が実現可能。

バウハウスが、この大空間にこだわるのは理由があります。

もちろん開放感があってくつろぐ住まいというのもありますが、何年も先の暮らしの変化に対応する住まいだから。

5年後、10年後、など家族の暮らしの変化に応じて、住まいを柔軟に変化することができる家です。

また、家族のつながり、団欒を可能にするためにも、間仕切りのない空間にしました。

家具を造作する

バウハウスでは、収納などの家具をオリジナルで造作しています。

規制の家具は、サイズも合わないことが多いですし、デザインも住まいにあわせようと思うと難しいです。

バウハウスでは、その住まいにあった家具をひとつひとつ造作してオリジナルの家具を作ります。

まさにオートクチュールの家具、住まい作りのデザインとなります。

自然素材のこだわり

家の中で森林浴をしているような、そんな心が穏やかになってクリーンな空気の住まい。

バウハウスでは、無垢の木を多用してすがすがしさと心地よい安らぎを与えてくれる住まいを作ります。

よく読まれてるおすすめ記事
ハウスメーカーランキング2021〜住宅メーカーの坪単価や評判と宅建士が教える選び方

無垢の木のフローリングの床はとても柔らかく、はだしで歩きたくなりますし、コロンでも安全な素材です。

夏は冷たくて気持ちがいい、冬はじんわりと暖かくて癒されます。

自然の暖かさと優しさを感じるのが、本当の意味での豊かな暮らしではないでしょうか。

また、自然素材は傷がつきやすく、色も変わってきます。

メンテナンスしながら、自分の家にどんどん愛着がわくのが自然素材の家。

無垢材は、年月が経つとともに味わいや趣が出ます。

そんな自然素材の家で、100年暮らす住まい作りをバウハウスでは行っています。

薪ストーブのある暮らし

バウハウスの住まいの特徴、欠かせないアイテムが薪ストーブ。

バウハウスでは薪ストーブのある暮らしをお勧めしています。

薪はバイオマス燃料なので、CO2の排出はゼロという環境にやさしい材料。

それだけではなく、まきを燃やして見る炎はとても安らぎますし、リラックスしますよね。

薪ストーブを囲んで、家族が団欒する安らぎの住まいがバウハウスの住まいです。

薪ストーブのデザインは、アンティーク調のものからゴージャスなものまでいろいろ。

薪ストーブというと、どのくらい使うのか、保管はどうするのかと心配になるかもしれませんが、高断熱のバウハウスの住まいは薪の消費量も少なめ。

しっかり乾燥させるためにも、薪を軒下に乾燥させて保管しておくのがお勧めです。

薪の調達に関してですが、年に4~5回薪割り大会を実施して、供給をサポート。

他にはないお楽しみのイベントとして、バウハウスのユーザーにも楽しまれています。

バウハウス 住まいのスタイル

バウハウスでは、様々な住まいのスタイルを提案しています。

いくつかのお勧めスタイルを紹介します。

・大屋根タイプ

昔ながらの和風の外観ですが、モダンでおしゃれな都会的な部分を感じます。

内装は自然素材の無垢材をふんだんに使用して、リラックスできる空間。

基礎は鉄筋コンクリートのベタ基礎、断熱はウレタンボードの外張り断熱工法で高い断熱性をほこります。

薪ストーブがマッチした内装は、家族のリラックスルームですね。

・愛犬とくつろぐ木の家

バウハウスの住まいは家族であるペットとの暮らしも考えられて、建てられます。

エアコン1台で家中が暖かくなる高性能な木の家。

切妻屋根が特徴的な平屋建てです。

計画換気を行っているので、ペットのにおいも気にならない快適な住まい。

自然素材なので赤ちゃんにもワンちゃんにも安心な家ですね。

バウハウスの注文住宅の坪単価や平均相場はいくら?

バウハウスの坪単価は商品によって変わります。

大屋根タイプ坪単価

40坪 坪単価62.5万円 諸経費込みの値段です。

総2階タイプの坪単価

30坪1,800万円 坪単価60万円 諸経費込み

バウハウスでは原価と経費に分けた見積書を最初に作成しています。

必要経費を最初に提示しないハウスメーカーも多く、引渡しのときに価格が上がったびっくりという場合もあります。

バウハウスでは、お客様との信頼関係が大切と考えていますので、最初から経費も分けて提示しているのです。

坪単価はあくまで目安で、間取り、仕様、敷地条件によって大きく変わります。

バウハウスは値引きやキャンペーンはしているの?

バウハウスの値引きについて調べてみましたが、口コミがありませんでした。

今は大手のハウスメーカーに依頼するときは、値引きの交渉をするのが当たり前となっていますがバウハウスでは、最初から適正な価格の見積もりを出すので、値引きに対応していない可能性もあります。

バウハウスのカタログを資料請求する方法

バウハウスの資料請求は、ホームページから行います。

資料請求というアイコンがなかったので、お問い合わせのフォームから資料請求します。

個人情報を入力して、「お問い合わせ内容」の項目に資料請求があるので、それにチェックマークをつけて、アンケートに答えて送信。

その他、プランや設計の相談、質問も受け付けています。

バウハウスの注文住宅は完成するまでどのくらいの期間がかかる?

完成までには、様々なことをクリアしていかなければいけない住まい作り。

完成までの期間も人によって違います。

平均的な工事の期間は、3~4ヶ月。

それまでのプランの作成、工事の計画、などにも時間はかかりますので、1年~1年半は家づくりの期間としてみておいたほうがいいですね。

バウハウスの注文住宅の実例はどこでみる?実際の間取りとオプションについて

バウハウスの注文住宅の実例は、ホームページの実例セレクションから見ることができます。

実際に施工した住まいが写真つきでのっていて、住まいの特徴、こだわりが紹介されているので参考になります。

家を建てるときは、できるだけ多くの実例を見ることも大切。

モデルハウスでは見えない、暮らし方、ライフスタイルに合わせた住まいのかたちが見えてきます。

バウハウスの良い口コミと悪い評判

実際にバウハウスで住まいを建てた方の口コミは、良い口コミも参考になりますが、悪い口コミも参考になります。

すべてを鵜呑みにするのは危険ですが、参考になる口コミもたくさんあります。

できるだけ多くの口コミを見て、トータルで判断してくださいね。

ここでは、バウハウスの口コミの一部を紹介します。

良い口コミ

・木のぬくもりを感じながら癒される暮らしをしています。

家に帰ってくると香るクリーンな空気は本当に安らぎますね。

小屋裏まで吹き抜けがあってログハウスみたいに木の木目にも癒されます。

暖炉もとてもいいと思っています。

バウハウスさんにお願いしてよかったです。

・子供のためにも自然素材にこだわりたかったのですが、バウハウスの自然素材の住まいはとことん無垢材が使われているので、お願いしました。

住んでからは当然メンテナンスも大切になりますが、メンテナンスを行うたびに愛着がわいて、自分の住まいをずっと大事にしようと考えます。

・家全体が温まるので、夜中にトイレに行くときもストレスを感じません。

ホテルの中にいるような暖かさ。

そして木の家でしか味わうことができない爽快感がうれしいですね。

暖炉は今年の冬初めて経験することになります。とても楽しみです。

・デザインはシンプルですが、それだからこそ木のよさが良くわかります。

無垢の木のフローリングは、夏はひんやりしていますし、冬は温かみがあります。

ペットも居心地がよさそうで、自然素材の住まいにして良かったです。

・休みの日もずっと家に痛くなるほど快適な住まいです。

これからどんどん趣がある住まいになるかと思うと、とても楽しみです。

友達が良く遊びにくるのですが、あまりの居心地のよさに長居することも多いですね。

・住まいの内装だけではなく、家具も家のデザインにあわせてオリジナルの家具を作ってくれるので、それがすごく調和してすごく良い住まいです。

家具選びで友達が悩んでいるのを見ていたので、オリジナルの家具を作ってもらって本当に良かったと思います。

悪い口コミ

・暖炉はとても良かったですが、やはり、薪の調達と保管が大変でした。

あと薪はやっぱり高いですね。

バウハウスの住宅展示場やショールームはどこにある?

バウハウスのモデルハウスは、たくさんあるわけではないですが家を建てるときは訪問してください。

バウハウスのモデルハウスの場所と特徴を紹介します。

貝塚モデルハウス

貝塚のモデルハウスは、木のよさがわかる家。

小屋裏まで開放的な空間は、無垢材をふんだんに利用した木の香りがさわやかです。

床には、メープル、レッドパインを使用。

経年変化を味わう趣のある住まいです。

子供部屋を最初から作らず、楽しみながらそして工夫しながら子供たちと一緒に暮らす家。

何年後の住まいの変化にも対応する柔軟性も見ることができます。

小屋裏のロフトスペースは、隠れ家のような楽しい空間。

お風呂は檜風呂、リラックスタイムは檜の香りに包まれたいですね。

所在地 千葉県野田市山崎貝塚町22-10

石岡モデルハウス

石岡モデルハウスは薪ストーブがある家です。

シンプルなスタイルの住まいで、簡単な間取りは住む人によって作りこまれていくスタイル。

想定しているのは子育て世代で、吹き抜けのリビング無垢の床など家族が快適に過ごすことができる空間を作ります。

キッチンは、対面キッチンで、小さなお子さんがいる家庭でも目を離すことがなく家事ができますね。

収納もたっぷりあるのは、子育て世代にうれしいところです。

薪ストーブは、暖かい、癒されるだけでなく、子供に火の怖さや親しみやすさを教えるきっかけにもなります。

オリジナルの家具が、内装にマッチングしたデザインのすばらしさにも注目したいですね。

バウハウスのモデルハウスは2件しかないですが、家づくりを知っていただくために工夫がされています。

たとえば現場見学会もそのひとつ。

完全予約制で、実際に建てられた住まいの見学会を定期的に開催しています。

実際に住んでいる家の見学会は、リアルな現状を見ることができて参考になりますね。

また、構造見学会も定期的に実施。

こちらも完全予約制で、完成した家では見られない構造部分を見学することができます。

気密性、断熱性は構造部分から見えてきますので、施工中の構造が見られるのは貴重。

ホームページには、施工中の過程の写真も掲載されているので、参考にしてくださいね。

所在地 茨城県石岡市旭台3-1-9

バウハウスは建売住宅の販売も行っている?

バウハウスの事業内容は、新築とリフォーム、家具什器の製作と販売、住宅の設計施工コンサルティングなど。

ホームページには、建売住宅の販売のことは書かれていませんでした。

注文住宅の施工を中心に行っている会社です。

バウハウスのアフターサービスや保証内容について

バウハウスの住まいは、様々な保証がされています。

JIOによる住宅瑕疵担保責任保険。

地盤の保証は、ジャパンホームシールドによるものです。

そのた完成保証は、会社に万が一何かがあったときでも、完成まで保証される保証です。

このほかにも、何かあったときは問い合わせると随時、迅速に対応しているので安心です。

地域に密着したハウスメーカーのメリットでもありますね。

まとめ

バウハウスの住まい作りの特徴や価格、口コミ、モデルハウスのことなど詳しく紹介しました。

自然素材の無垢材にこだわった住まいは、断熱性と機密性がよくエアコン一台で家の中すべてを暖めるほど。

断熱性が高いから実現できるのが、大空間や吹き抜けの間取りです。

仕切りを多く設けないことで、家族のコミュニケーションを大切にして、将来のライフスタイルの変化にも柔軟に対応する家ですね。

また、暖炉やオーダーメイドの家具など、バウハウスには魅力がたくさん。

バウハウスの住まい作りが気になった方は、モデルハウスを訪問してくださいね。

今月の人気記事
ハウスメーカーランキング2021〜住宅メーカーの坪単価や評判と宅建士が教える選び方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です