アーネストワンの最新の評判・口コミを編集部が徹底調査!坪単価や価格は?間取りや耐震性はどう?

ハウスメーカーにはいろいろなタイプがあり、住まいづくりの特徴や性能、デザインも大きく違います。

そのため、まずは自分たちの理想にあった住まいを作ってくれる会社を探すのが大切。

これがとても難しく、ハウスメーカーのホームページ確認し、モデルハウスを見学とひとつひとつやっていくと、とても時間がかかります。

まずは、どんな住まいを作っているのか、調べることが大切。

ここでは、建売住宅から、分譲住宅、注文住宅まで不動産や住まいづくりの事業を幅広く行っている、アーネストワンというハウスメーカーについて詳しく紹介します。

アーネストワンの特徴、こだわり、強みなど詳しくまとめました。

実際にアーネストワンで住まいづくりを行った方の口コミも紹介します。

また、本文に入る前にあなたに一つ質問をさせてください。

「ハウスメーカーを選ぶ際に最も大事なことは何だと思いますか?」

もちろん正解は一つではありませんが、私は「しっかりとハウスメーカーの特徴や違いを理解し、比較・検討した上で絞り込むこと」だと考えています。

住宅業界で働いた経験があるような人以外は、ハウスメーカー毎にどういった違いがあるのか理解している人は少ないはずです。

それぞれの会社の坪単価やデザイン性の違い、耐震性や気密性・断熱性、購入後のアフターフォローに間取りの自由度、木造なのか鉄骨造なのかなど違いは多岐に渡ります。

事前にしっかりと情報収集を行わずに、いきなり住宅展示場等に足を運び、フィーリングで依頼するハウスメーカーを決めてしまう。

このような人は、「もっと自分の条件にあったハウスメーカーがあった・・・」と後から気づき、一生後悔するような羽目になります。

マイホームは人生でもっとも大きな買い物です。面倒だからといって事前の下調べや比較・検討を怠ることは絶対にやってはいけません。

ネットでの情報はもちろんのこと、より一次情報に近い信頼性の高い情報に多く触れるようにすることで、ハウスメーカーを選ぶ目が養われていきます。

またハウスメーカーの多くは、無料でカタログや資料請求ができるので、少しでも気になった業者からは積極的に資料を取り寄せるようにしましょう。

(カタログや資料の中には、Webサイトには掲載されていないより具体的で有益な情報が掲載されています。)

最初のころはどのハウスメーカーもそれぞれよく見えるのですが、情報を仕入れていくにつれ、それぞれの違いや自分にとっての良い・悪いが分かるようになるので。

ただし、何社ものハウスメーカーにいちいち資料請求をするのは、面倒ですし手間がかかるもの。

最近ハウスメーカーを選ぶ人の中で主流になっているサービスが、無料カタログ一括請求サービス」です。

 

0からハウスメーカーを絞り込まなくても、予算やローコスト住宅などのテーマ、建築予定のエリアを選ぶだけで、条件にあったハウスメーカーがピックアップされます。

利用料はもちろん無料ですし、資料請求をしたからといって、迷惑でしつこい営業に悩まされる心配もありません。

少しでも気になったハウスメーカーがあればひとまず資料を請求してみることで、最初は考えてもいなかったハウスメーカーの中に、自分の条件とぴったりマッチした出会いがあることも多いです。

大手や地場の工務店などの先入観を取り払い、フラットな目線でいろいろな情報を取り入れてみてください。

しっかりと比較・検討を重ねた上で依頼したハウスメーカーであれば、間違いなく依頼後も納得がいくはずです。

スマホやPCから3分もあれば依頼ができるので、ほんの少しの手間を惜しんで、一生後悔するようなことの無いようにしてくださいね。

 

それではここから、本文に入っていきましょう。

アーネストワンで実際に購入した人のリアルな評判・口コミ・感想集めました

アーネストワンの住まいがどんな住み心地なのか、建てるまでの流れ、営業の対応、アフターサポートについてなど、実際に経験した人の声を集めました。

アーネストワンの良い評判・口コミ・感想

最初は分譲住宅を考えていて、アーネストワンの分譲住宅を見学に行ったのがきっかけ。話を聞くと注文住宅も作っているということと、かなりのローコスト住宅も可能ということで、それなら注文住宅をお願いしようと決めました。注文住宅の場合、吹き抜け、広い間取り、性能のこだわりなどを叶えることができるので理想の住まいになります。資金面でもかなり相談にのってもらい、私たちの理想の住まいがローコストで完成。アーネストワンのメリットは、建てる時だけではなく、アフターサービスも充実しているということです。何かあった時は休日でも電話で対応してくれますし、定期点検、長期保証で安心。設備が故障したときには、無料で修理してくれたのでアーネストワンで作ってよかったと思います。

以前住んでいるマンションの不満が多かったので、一軒家を検討していて、アーネストワンにお願いすることにしました。規格住宅はかなりの種類が用意されていて、私たちの好みや要望を入れて作ることも可能。最初から設計するのはすごく大変ですが、ベースがあって、そこから好みに合わせていくのは、楽しいし難しくもなく、住まいづくりがこんなに楽しんで行えるのかとびっくり。家族全員で、いろいろと考えるのは楽しいですね。日の光を取り込み、風もよく入り、自然を感じることができる住まい。また、各個人の部屋があるので、自分一人の時間、家族で過ごす時間のメリハリがあるのが気に入っています。

住まいづくりは、土地探しから始めていたのですが、私たちが気に入った場所に土地を見つけてくれたのが、アーネストワンで、注文住宅も取り扱っているということでお願いしました。営業の方もとても親切で、わからないことは質問するとすぐにわかりやすい説明をしてくれるので、信頼してお願いしました。以前から夢だった、吹き抜けで天井が高いリビングを設計。開放感があり部屋の間取りも広く作ったので、家族だけではなくお友達もよく集まっています。一番心配だったのは、予算なのですが、もともとローコストでオプションを付けてもかなり安く抑えることができたのは、嬉しいですね。アーネストワンのおかげで、予算内で理想の住まいを手に入れることができました。

プランや間取りを、土地の広さからいろいろ選ぶことができたのが良かったです。プランはかなりの数、用意されていましたので、どんな家がいいのか家族で話し合いながら選びました。キッチンは対面式にして、子供たちの様子を見ながら料理することができて便利ですね。収納も多く、洋服が好きな私たちはクローゼットがたくさんあるのが気に入っています。ベースから、自分たちのこだわりを実現して、それが暮らしやすさにつながる。いちから間取りを考えるのはとても大変ですが、アーネストワンの規格型住宅なら、豊富なプランを選ぶだけなので簡単。ナチュラルなデザインの外観もとても気に入っています。

プランを選ぶのがとても楽しく、家族全員が参加して住まいづくりができたと思います。ある程度のベースがあると、そこからどうやって変えて住み心地をよくするか、シンプルに考えることができます。プランニングの時間もかからないですし、工期も短く済んだので、仮住まいの家賃も節約できて、結果的に予定していた予算よりも、大幅に抑えることができました。抑えた分は、新居で使う家電や家具に回すことができて、良かったです。

よく読まれてるおすすめ記事
ハウスメーカーランキング2021〜住宅メーカーの坪単価や評判と宅建士が教える選び方

アーネストワンの悪い評判・口コミ・感想

入居してから不具合がいくつかあり、修正するのに時間がかかったのが不満でした。サポートセンターに連絡して話を聞いてもらうのはすぐにできたのですが、その後に連絡が全くなく、再度電話してやっと来てもらいました。最終的には全部しっかり治していただきましたが、もう少し丁寧な仕事をして欲しかったし、修理するのが遅すぎると思います。

アフターサービスがしっかりしていないこと、現場の整理整頓がされていないことが不満です。アフターサービスは、連絡しても折り返しの連絡がない、現場は何度か見学に行きましたが、外国人が多く、話を聞いても答えられない、整理整頓していないので見た目も悪く、近所の目も気になりました。

営業の方はとても感じのいい人で、いろいろな相談にのってくれましたが、現場は雑で苦情が来るのではないかと心配でしょうがありませんでした。時間が過ぎても大きな音を出しての作業、現場のごみが散らかっているなど、見た目もよくなくて困りました。住んでからも、近所の方になんて思われているのか、心配です。

アーネストワンに依頼するメリットとデメリットを徹底調査

アーネストワンは他のハウスメーカーと違った点はどこなのか、メリットやデメリットについて紹介します。

アーネストワンに依頼するメリット

アーネストワンに依頼するとどんなメリットがあるのでしょうか?

強みやこだわり、どんな人に合っているのかを紹介します。

規格プランの充実

アーネストワンの一番のメリットは、300種類以上の規格プランがあり、家族構成、ライフスタイルによって選べること。

規格プランはベースになるものであって、好みに合わせてアレンジも可能。

満足度の高い住まいづくりを、ローコストで行うことができます。

工期が短い

効率的な住まいづくりを行っているアーネストワンでは、無駄な作業をなくし工期の短縮を目指して住まいづくりを行っています。

今までの実績から作られる規格プランは、材料仕入れから加工、施工までワンストップ体制で実施。

工期が短縮されることで、仮住まいの家賃などを抑えることができて、コストダウンにつながります。

条件によって異なりますが、着工から引っ越しまで約90日と短期間の工期で仕上げます。

コスパの高さ

アーネストワンが選ばれている理由、一番のメリットはやはりコスパの高さ。

性能が高く、ローコストで建てることができる住まいは、若い世代に特に人気があります。

アーネストワンに依頼するデメリット

アーネストワンに依頼したメリットを知ったところで、逆にデメリットがあるのかどうかも抑えておきましょう。

個性がない

アーネストワンの住まいは、規格型住宅、パッケージ住宅が主流なので、外観やデザインに個性的なものがなく、人によっては無難なデザインと感じてしまうかもしれません。

もちろん、お客様の要望やこだわりを実現することはできますが、ベースがあってそこからのこだわりの実現なので、建築家が作る住まいや、一からつくる間取りやデザインと比べると個性がないと感じてしまいます。

施工会社によって品質にばらつき

全国に対応しているアーネストワンですが、実際に施工する人によって、住まいの品質が悪いという場合もあるようです。

口コミを見た結果でも、現場の管理ができていないという声が多くありました。

アーネストワンで建てるときは、どの会社で施工するのかを確認して、口コミを参考にしてください。

アーネストワンを検討中の方へおすすめしたい特徴・こだわり

アーネストワンを検討中の方は、性能やデザイン、間取りについても知っておきましょう。

アーネストワンのおすすめの特徴やこだわりを項目ごとにまとめました。

デザイン性・外観

アーネストワンではお客様の要望に合わせたデザイン、外観が可能。

ナチュラルデザイン、ウエストコーストデザインなど様々なデザインに対応しています。

デザインを参考にしたい方は、アーネストワンの実例が参考になります。

工法

木造在来工法

耐震性

耐震性について高いクオリティの対策を行っているアーネストワンの住まい。

地震い強い建物を作る耐震性能に、地震の揺れを抑える制震性能をプラスして、高い耐震性を実現しています。

耐力壁

壁全体で地震の力を受け止めて分散する耐力壁を採用。

アーネストワンは「ダイライト」という耐力壁を使用して、防腐、防蟻性に優れた耐久性、耐震性の高い住まいを作ります。

接合金物

地震の時に木造建築の場合、接合部分に負担がかかり倒壊する恐れがあるのが弱点でした。

アーネストワンでは、結合金物に工夫を凝らし、構造体を傷めにくい金物を開発。

L型だった金物を斜めにすることで耐震強度をアップさせました。

制振装置 SAFE365

制振装置を付けることで、揺れを抑えて、何度も起こる余震にも対応できる住まいを作ります。

実証実験を重ねてその効果は証明されています。

基礎

建物だけではなく、建物を支える基礎も強くすることで、耐震性をアップ。

通常のベタ基礎の場合13mm鉄筋が使われていますが、アーネストワンでは16mmの鉄筋を使用し、耐荷重を通常の1.5倍にして、しっかりと建物を支えます。

断熱性

断熱材はただ貼るのではなく、マイスターが張ることによって、断熱の効果が全く違います。

アーネストワンではグラスウール断熱材を採用し、断熱材を施工するのは、800名を超える断熱マイスター。

ガラス繊維協会マイスター認定者によって、綺麗に効果的な施工技術で断熱材を施工しています。

気密性

断熱材を隙間なく施工することで気密性もアップします。

窓の気密性もアップすることで、快適な空気が外に逃げずに、エアコンの効率もアップしています。

防火・耐火性

アーネストワンの採用している耐力壁「ダイライト」は防火性も高い構造用合板。

万が一家事があった時も、耐力壁が火災延焼するのをとめて、逃げる時間を作ります。

間取り

間取りは、将来の家族構成の変化、ライフスタイルの変化に合わせて、リフォームがしやすい間取りが可能です。

アーネストワンで新築を建てたらいくらくらいになる?価格は?

ハウスメーカー選びで必ずチェックしておきたいのは、価格です。

新築を建てた場合、価格がいくらになるのか、値引きは行われているのか、同価格帯のハウスメーカーはどこなのかなど詳しく紹介します。

アーネストワンの坪単価は?

30万円~50万円

アーネストワンで値引きするならいくら?

口コミを参考にすると、アーネストワンは値引きに積極的な会社という声がありました。

初回の値引きから200万円値引きしてもらったという声もあります。

決算時期など、値引きの時期にもよると思いますが、積極的に値引き交渉を行ってみましょう。

アーネストワンと同価格帯のハウスメーカーはどこ?

ローコストな住まいづくりを行っているアーネストワンですが、同じくらいの価格帯のハウスメーカーを紹介します。

ロビンスジャパン

ロビンスジャパンは、建築家と造る輸入住宅が25万円から可能な、ローコストメーカー。

デザインは幅広く、モダン、北米風、南仏風、ビンテージなどお客様に合わせて提案しています。

エイ・ワン

自然素材にこだわった住まいを、ローコストで実現してくれるハウスメーカー。

無駄なスペースを省くことで、コストを抑え、住む人にとって心地よい空間を提案しています。

アーネストワンのおすすめプラン・ラインナップを紹介

アーネストワンのおすすめの商品を3つ紹介します。

1:クレイドルパレット580

建物価格が580万円という、ローコストの住まい。

家族の変化、ライフスタイルの変化で、住まいの間取りを変化させる「可変間取り設計」が特徴的です。

外壁サイディング、アルミ玄関ドア、など基本仕様も充実。

オプションでエコジョーズ、床暖房をつけることも可能です。

2:クレイドルパレット780

建物価格が780万円のクレイドルプレっと780

こちらも家族構成の変化に合わせて、リフォームが簡単にできる、可変間取り設計。

広いLDKが特徴的な開放感のある間取りです。

3:規格プラン

規格プランは、土地の広さ、家族構成、土地の形状によってプランが用意されていて、その数は300種類以上。

今までの住まいづくりの経験、実績からのノウハウを生かしたプランなので、納得のいく間取りを実現してくれます。

また、プランはあくまでベースになるものなので、お客様の要望に合わせた自由設計も可能です。

アーネストワンの保証・アフターサービスが充実!

安心して長く住まいに住んでいくためにも、保証とアフターサービスが大切。

アーネストワンの保証、アフターサービス、定期点検について紹介します。

定期点検

6か月、2年、5年、10年の無償保証。

さらに10年ごとの有償メンテナンスを行うことで10年間保証が延長され、最小で30年の保証が可能です。

防蟻保証

防蟻保証は、5年間の無償保証。

その後は5年ごとの有償メンテナンス防蟻工事を実施して5年間の保証を延長しています。

住宅瑕疵担保責任保険

新築住宅に瑕疵があることが判明したときに、補修する保険です。

万が一、瑕疵補修が困難な場合に、補修費用は、保険でサポートすることもできる制度。

安心して住まいを建てることができます。

住宅設備延長保証サービス

設備は基本的にメーカーの保証が1年ととても短いですが、アーネストワンでは、設備にトラブルがあった場合、お引き渡しから最長10年間の無償保証を受けられるサービスを実施しています。

保証期間中の修理は回数制限なく、何度でも受けることができ、規定内であればすべて無料。

専門のスタッフが対応しているので安心です。

サービス点検

引っ越した後に、アーネストワンが社内基準によるサービス点検を行います。

コールセンター

コールセンターは、専門スタッフが休日でも常時待機。

何かトラブルがあった場合も迅速に対応してくれるので安心です。

アーネストワンは建て替え・リフォームも行っている?

アーネストワンは飯田グループの会社ですが、この飯田グループでリフォーム、メンテナンス業務を行っているのは「エイワンプラス」。

リフォームを考えている方は、ぜひホームページからお問い合わせください。

まとめ

全国に対応しているアーネストワンの住まいづくりの特徴、性能、デザイン価格など詳しく紹介しました。

アーネストワンで実際に住まいを建てた方の口コミもまとめましたが、口コミは人によって感じ方も違いますし、わからないことは自分で確認することが大切です。

品質、性能、コストパフォーマンスにこだわった住まいづくりをしているアーネストワンでは、坪単価30万円台の注文住宅も可能。

今までの家づくりに固執しないで、新しい技術、システムを積極的に取り入れ、お客様に満足のいく家を作っています。

今月の人気記事
ハウスメーカーランキング2021〜住宅メーカーの坪単価や評判と宅建士が教える選び方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です